9_202002242015229b3.jpg10_20200224201522d54.jpg11_2020022420152242a.jpg12_20200224201523c61.jpga150.jpga151.jpga152.jpga153.jpg
女子大の学園祭で見つけた小谷ちゃん。
一目で仔リスのような愛くるしいルックスと可愛い笑顔の虜になってしまった。ただ、ヤルノートに載せると決めたわけではない。可愛くて、可愛くて仕方ないのだが、正直、性的な対象として認識しているのかどうかは自分でもよくわからないのだ。
学園祭の翌日に友達申請してくれたSNSの彼女のページには、ライブについての感想が写真と共にアップされていた。
『最高に楽しかった。やっぱりライブはいいな』
小谷ちゃん、ほんまに楽しそうに演奏してたもんなぁ。
『お疲れさまでした。カッコよかったよ』とコメントすると『先輩や河内さんのようにずっと音楽されてるすごい方にそう言ってもらえるとすごくうれしいです^○^!まだまだヘタクソですけど』
歳くってるってだけで勝手にすごいと勘違いされているが、ここはあえて否定せずにおこう。
が、SNSでつながったものの、小谷ちゃんと実際に会うとなると、これはなかなかハードルが高い。なんせ、親子ほどの歳の差だ。(ちなみに彼女、大学1年で18才だった)バンドがらみの機会でないと会ってくれないだろう。
うちのバンドなどで主催する次回のライブイベントに参加したいとは言ってくれているが、しばらく開催する予定もない。どうやったら彼女と会う機会を作ることができるのか。さすがに、彼女の大学の先輩で俺のバンド仲間でもあるK子に相談するわけにはいかないし。
会いたいという気持ちがどんどん募っていく。小谷ちゃんが夢に出てきたほどだ。夢の中で、俺は一生懸命個人練習をしている彼女にアドバイスし、よく頑張ったと頭を撫でている。彼女はちょっと上目づかいで嬉しそうだ…。
我ながら重症だとは思うが、夢に見たことで一層気持ちが入ってしまった。ほんまに会いたい。
早く会いたいぞ!
彼女とバンドを組むっていうのはどうだ?そして、現在ただ一人のターゲット、女子大生の元手コキ嬢、トモカのことも忘れてはいけない。彼女とつながる接点は偶然にも会社の同期だった母親のS子。ブサイクでガサツなS子と会うのは気乗りしないが、年内には退職の慰労会ということで、一緒に飲もうと決めた。
ところが肝心のS子と連絡が取れない。後でわかったことだが、トモカの卒業旅行を兼ねて、母娘でオーストラリアに行っていたらしい。うーん、トモカに対するアプローチは年越しやなぁ。なんかこのままフェイドアウトしていきそうで嫌な感じだ。年が明けたら、早めに行動に移すとしよう。
話を小谷ちゃんに戻そう。次回のライブイベントを待たずして、彼女と会う機会をどうやって作ろうか? あれこれ思案しながら彼女のSNSでのコメントをチェックしていると、彼女、やっぱり音楽が大好きで、それも今大学のバンドでやっているジャンルにとどまらず、色んなことにチャレンジしたい、レベルアップしたいと思っているようだ。
それなら、いっそのこと彼女とバンドを組むっていうのはどうだ? 次のイベントに彼女の大学のバンドを呼んで、なんてまどろっこしいことをするよりも、もっとダイレクトに距離感を縮めることができる。
とはいうものの、50過ぎたオッサンとバンドを組みたいと18のコが思うだろうか?いきなりバンド組もうよと言ったところで断られる可能性は高いだろう。
「私なんて、そんな上手くないのに足引っ張るだけです」とか「K子先輩がいるじゃないですか」と言われるのがオチだ。うまくハードルを下げながら彼女を誘い込む方法を考えないと。
仕事中もなんかいい方法がないかと考えていたら、「河内さん、どうしたんですか? 難しい顔して。こんな真剣な顔、久しぶりに見ましたよ」と後輩の女性にからかわれてしまった。はぁ…。
でも、勤務時間まで使って考えた甲斐あって、一つの妙案が浮かんだ。以前、俺とK子と一緒に3人でユニットを組んで、バーやカフェでライブしたことがあるT子が「また気軽なライブをバーとかでしたいよね」と言ってたことを思い出したのだ。
T子を誘って、バーかカフェでプチライブを企画する。その際にキーボードのK子の予定が合わないとかなんとか言って、小谷ちゃんにサポートをお願いできないかと頼むのだ。固定的なバンドじゃないってこと、軽めのライブだということ、大学のバンドじゃないジャンルを経験できるということ、この3つの要素があれば、小谷ちゃんもOKしてくれるんじゃないか? 我ながらナイスアイデアだ!ライブをさせてくれる店があるかどうかはわからないが、とりあえず彼女とユニット結成さえできれば、会場については「店の都合で延期になった」とかなんとかいくらでも言い訳できるだろう。さっそくT子に連絡だ。
「あら、河内さん、久しぶりやん。ライブ、いいね! 私がよく飲みにいってるバーに頼めばライブやらせてくれると思うよ」そりゃ好都合だ。ぜひ店に頼んでみて。
「K子さんとやるのも久しぶりで楽しみやわ」
「いやいや、なんかK子、12月、1月は仕事がめちゃくちゃ忙しいようで無理みたいやねん。他のコ、当たってみようと思って」
もちろんK子のことはでまかせだ。よし! なんとかうまくいきそうだ。あとは肝心の小谷ちゃんに
オファーするだけだ。彼女が参加してくれないとまったく意味がない。T子と二人でライブする気なんてまったくないんだから。
さっそくSNSで小谷ちゃんにメッセージを送るとしよう。できるだけ参加のハードルを下げつつ、新しい経験についてのワクワク感が伝わるように、何度も何度も文章を推敲してから、送信。さぁ、どんな返事が返ってくるのか? ドキドキするなぁ。
是非お手伝いさせていただきたいです!
 翌日、彼女から返信があった。「こんばんは、お久しぶりです! バーでライブ! 素敵ですね。私にできそうであれば、是非お手伝いさせていただきたいです! どんな曲をするのか、教えてくださいね^^」
よっしゃー! 作戦成功だ。こんなにすんなりOKしてもらえるとは、正直思っていなかった。
さっそく選曲も兼ねて、初回の打ち合わせをしよう。やっと小谷ちゃんに会える!
できるだけ安心させようと、T子含めて3人で会う予定だったが、T子の予定が合わず、結局小谷ちゃんと二人で会うことになった。あぁ、なんか緊張するな。
2日後、梅田のスタバで待ち合わせ。ワクワクドキドキしながら彼女の到着を待つ。あの仔リスのような可愛い小谷ちゃんともうすぐ再会できる!
しかし、やってきたのは色褪せたデニムにダウンジャケット姿、メガネをかけたちょっと田舎くさい地味な少女だった。小谷ちゃんであることは間違いない。でも、あの学園祭で誰よりも輝いていた彼女と同一人物とは思えなかった。
SNSのプライベート写真を見た時にも、正直、若干気にはなっていたんだが、これが彼女の本当の姿なのか? だだ下がりのテンションの中、ライブの打ち合わせが始まった。
学園祭で誰よりも輝いていた小谷ちゃん。ステージの上でのあまりに愛くるしく可愛い姿に、俺は虜になっていた。
 一緒にライブをやろうと誘い、あこがれの小谷ちゃんと会うことに成功。その彼女が、今、俺の目の前にいる。あまりにも冴えない、地味な風貌で…。
 うーん、小谷ちゃんってこんな顔だったっけ? 決してブサイクという訳ではないが、正直、並のレベル。スタイルも結構チンチクリンだし。
服装が地味だからとか、今日はスッピンだからとかいう次元の話じゃない。別人と言っても過言じゃないレベルだ。なんでこんなことになったんだ。ステージ上できらびやかな照明を浴び、大勢の観客の前でパフォーマンスしているという状況が、彼女を実物よりずっと可愛く見せていたってことなんだろうか。確かにゲレンデで見るスキーウェア姿の女は、3割増しで可愛く見えるってこともあるしな。
 理由はさておき、萎んだ気持ちで〝地味小谷〞との打ち合わせを始める。
「私、同い年位のコとしかバンドやったことないので、今回、結構ドキドキなんです。初めての経験でメッチャうれしいけど、足引っ張るんじゃないかと心配で…」
「そんなん、小谷ちゃんなら大丈夫やって。楽しんでやったらええねん」
そう言ってる俺が、全然楽しくない。まぁ、客観的に見たら、地味で並レベルに下がってしまった外見とは言え、18歳の女子大生とこうやってバンドが組めて、二人っきりでお茶しながら話せているだけでも喜ばないといけないのかもしれないが…。あまりにも第一印象とのギャップが大きすぎたってことだ。曲は何にする? アレンジは? 練習はいつにする? テンションが下がってしまっている俺は必要事項を淡々と決めていくだけだ。
 でも小谷ちゃんは、あんなのもしたい、こんな曲をこういう風にしたら素敵じゃないかと熱心に話してくる。本当に音楽が好きなんやなぁ。女目当てで音楽を利用している不純な俺とは大違いや。
銀縁の地味な眼鏡の奥で目をキラキラと輝かせながら、少し紅潮して一生懸命に話す小谷ちゃんが少し可愛く見えてきた。まぁ、50点から60点になった程度やけど。
 腹が減ったし、飯でも食べにいく?と誘う。小谷ちゃん、学校の課題もあるから早く帰らないと、と言ってたし、サクッと食って今日はおひらきにしよう。
「お母さんが夕食作ってるかもしれないけど、でも、いいです。もっと河内さんと音楽の話、したいし」
と言ってスマホを触りだした彼女。親に連絡するのか? と思ったら、終電の時間を調べていた。
まだ7時やで。そんなにガッツリ行く気なんか? 俺はそんな時間まで60点の彼女を連れまわす気はない。近くのレストランで飯を食って、1時間ほどで解散した。
モチベーションが上がらない俺だが、やると決めた以上、話を進めていかないといけない。年末ギリギリにライブの日が決まり、それに向け、ボーカルのT子含めて3人での練習を2回行った。スタジオでキーボードを奏でる小谷ちゃん、すごく楽しそうだ。地味でダサいままだが、普段より少し可愛く感じる。今で70点くらいか。なんで音楽してると可愛く見えるんだろう? 特別なフェロモンでも分泌されているのか?
 少しずつ俺のテンションも上がり、ミナミのバーでのライブ当日を迎えた。
「バーでのライブだからちょっと大人っぽい格好で行きますね」
 と言ってた小谷ちゃん、期待していたほど大人っぽくはないが、可愛いワンピース姿。化粧もしっかりしている。やっぱり、格好って大事だよな。バーでの演奏は初めてという彼女は、少し緊張してる様子だ。
「大丈夫やって。河内さんも私も場数だけは踏んでるから、間違ってもあんじょうフォローしたるし」とT子がフォローする。でも、いったんライブが始まるとさっきまで緊張していたのがウソみたいに、イキイキと小さい身体でリズムを採りながら楽しそうに演奏する小谷ちゃん。音楽フェロモンが出まくっているのか、めちゃくちゃ可愛く感じる。そう、あの学園祭で俺を虜にした小谷ちゃんがここにいる。めちゃくちゃ可愛い! たまらん!100点や!!
『あぁ、今の小谷ちゃんとヤリたいなぁ』
 そんな不謹慎なことを考えながら演奏を続け、ライブは無事終了。「お疲れさま!」と打上げで飲んでいる彼女は、すでに70点レベルに下がっていた。
「今回、誘っていただいてありがとうございました! 河内さん、T子さんさえよかったらまた一緒にやりたいです」
 たしかにまた100点の小谷ちゃんに会えるし、続けてもいいかもしれない。でも、ヤルノートに載せるのはやっぱり無理だろう。ステージで演奏中にヤルわけにはいかないしな。小谷ちゃんのヤルノート入りをやめにした以上、ターゲットは女子大生で元手コキ嬢のトモカしかいない。元同僚で、彼女の母親のS子が頼みの綱だ。年明け早々にS子に連絡し、退職慰労の飲み会をセッティングした。

「河内くんと二人で飲みにいくって、初めてちゃう? 30年近くも一緒に働いてたのにね」
 電話の向こうでS子は嬉しそうだ。俺も、お前がトモカの母親じゃなかったら飲みに誘ってへんって。ブサイクでガサツで声がデカい、いいところが全くないS子だが、楽しく飲んでもらおう。そしてできればトモカについての情報をできるだけ引き出そう。そこから攻略の糸口が見つかるかもしれない。飲み会当日。会社で見かけたときより濃いめの化粧、派手目の服装で現れたS子、なんか気合が入ってそうだ。新人時代の懐かしい話から、退職の経緯までベラベラと大声で話すS子。ほんまにうるさいなぁ。
「私、同期の中では河内君は結構好きなタイプやってんで。1回もおんなじ部署にならなくって残念やったけど」
 嬉しくもなんともない。早く話題をトモカに向けなければ。家族の話に話題を振ると、今度は旦那に対するボヤキが始まった。かんべんしてくれよ。
「なぁなぁ、河内君って奥さんとはまだしてるの?」
「まぁ、時々な」
「ええなぁ、奥さんがうらやましいわ。私なんか旦那とはもう20年くらいしてないわ」
 これって、俺を誘ってるんじゃないか?結構直球で。トモカの歳を考えると、彼女が産まれてまもなくセックスレスになったってことか。

「そうやねん。私のことママって呼ぶようになったしな」
 この話題を機に、子供の話へと話が移った。いよいよ本題や。
「娘さん、もう就職ちゃうの?」
「そうやね。でも、あのコは結構大変で…」
そう言うと、少し間を置いて俺に問いかけた。
「河内くん、風俗ってよくいく?」
「いや、最近全然いってないなぁ。そんなに好きやないし」
嘘だ。お前の娘に相手してもらったって言えないしなぁ。
「…実はな、恥ずかしい話やけどうちのコ、風俗みたいなところで働いてたみたいやねん」
 えっ! 親バレしてるやん!?
「まぁ、風俗っていっても、裸にもならへんし、男の人が自分でするとこ見てるだけで一切身体の接触はないねんけどな」
ちょっと事実とは違うけど、まあええわ。S子によると、風俗で働いていることが彼氏にバレ、電話で口ゲンカしているのを聞いてS子の知るところとなったようだ。
「なんか、いい歳したオッサンが客みたいで、信じられへんやろ。うちのコもほんまにアホやけど、そんな店にいく奴、絶対に許されへんなと思って。娘みたいな歳の女のコに相手してもらって嬉しいって、人間としてクズやと思うわ」
 俺としては、ホンマやなぁとうなずくしかしようがない。
「名刺とか連絡先とか渡したヤツいるみたいで、見つけてシバいたろかって思ったんやけど、恥の上塗りになるからやめたわ。娘も連絡先ぜんぶ処分したみたいやし」
 ヤバい! 俺も連絡先渡してたしなぁ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中★★★


★★★空前絶後の出会い時代到来。18禁★★★
運命を変える奇跡の出会いは令和でもきっとある
PCマックス

春の季節だけはあなたに合った相手がドンドン見つかる
ワクワクメール

不況でパパ活に激美人が急増中の噂
芸能人もいるという交際クラブユニバース倶楽部にはどんな女性が!
40代~60代のための愛人マッチング【ユニバース倶楽部】

俺はやっぱり生身が良いが二次元の彼女の良さは何?
【にじげんカノジョ】

★★★最強のペニスを作る★★★
☆☆三冠達成!ペニス増大サプリ・ヴィトックス☆☆
グングン伸びたら彼女はきっと離れない
【ヴィトックス】
vitox[1箱+1箱無料]:13,824円(税込)

☆☆早漏はあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!

1カップ1100円(税込)

☆☆遅漏もあきらめる必要はありません☆☆
しかもオナニーしながら治っちゃう!
⇒遅漏改善用TENGA
1カップ1100円(税込)

☆☆元気が欲しけりゃこのサプリメント☆☆
⇒TENGA活力支援サプリ
初回999円(税込)

☆☆包茎はこっそり自分で治せ☆☆
⇒自宅で自分で治す包茎グッズ
包茎グッズ【キトー君】

本日の人気動画情報

生々しい素人のエッチな醜態・エログちゃんねる
生々しい素人のエッチな醜態


素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内