★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0080_20180327192636fb8_20190813144434271.jpg0081_2018032719263783d_201908131444358da.jpg0082_2018032719263856c_2019081314443792c.jpg0083_20180327192640a3d_2019081314443809e.jpg201507060.jpg201507061.jpg201507062.jpg201507063.jpg201507064.jpg201507065.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
混浴温泉に出没するノゾキ男のことを“ワニ”と呼ぶ。湯船に浸かって女性客を待ち続ける姿からついた異名だが、実際には彼らは単にじーっと待機してるわけではなく、時間帯によって待ち方を変えている。かしこいワニのやり方とは?
混浴温泉にのぞき目的で行ったことはないだろうか。今、最もお勧めの混浴と言えば、やはり岡山県の湯原温泉の「砂湯」だろう。温泉街の無料の公共露天風呂は近郊の旅館からふらっと入りにくる女性客が多い。混浴温泉のカップル客なんてのは、男が強引に誘ってきたケースばかりだ。
さまざまな嬉しいハプニングが起きる混浴温泉ぜひ出かけてみて下さい。
岡山県の湯原温泉の「砂湯」体験談
男女が「混」ざるからこそ混浴のはずなのに、全国どこの混浴も男だらけなのが悲しい実情だ。女性客が入ってくるのをひたすら待ち続けるオッサンばかり。男湯よりもかえってムサ苦しいほどだ。
しかし湯原温泉・砂湯は、他とやや一線を画すらしい。温泉評論家や愛好家によって作成された「露天風呂番付」でみごと西の横綱に輝いた
ため、女性客の姿が多く、おまけに水着不可、タオルは一枚までなんて都合のいいルールも存在しているため、湯煙の向こうに柔肌がたんまり見えるのだ。
東の横綱・宝川温泉は以前に制覇したオレ。当然こっちも行くしかないっしょ!2月初旬。中国勝山駅からバスに乗りこみ現地へと向かう。山道に入ったとたん景色へと変わっていった。なん泉の一帯はマイナス4度なしい寒さらしい。こんなんるのか?不安がよぎる。バスを降りて5分、雪にれながらもようやく湯原温泉・砂湯に到着した。あのさきにあるのが脱衣所か。
服を脱ぎながら温泉を見うやら混浴は3つあるよう タタミ10畳ほどの広さの「長寿の湯」、その隣に20畳ほどの「その奥がいちばん広い「子およそ30畳くらいか。すべ無料で入れるのはありがた が、気持ちよさそうに浸るのは、数人の単独男性だんかウワサと違うんだけどまだ昼の2時だから、本チれからか。1時間ほど浸かっても状況は変わらなかった。すげー不安だ。そこのオジサンに話しかけてみるか。
「いつもお客さんってこのくらいなんですか?」
「う〜ん、夕方からはもっと増えてくるよ」
近くの旅館はほとんどチェックインが夕方なので、そこから人が増えてくるのだと。考えてみればあたりまえか。
「兄ちゃん、女、見にきたんか?」
「えっ?まあ…」
オジサンはニヤニヤしながら肩をこづいてくる。どうやら目的は一緒みたいだ。
「ワシは地元の人間やからよく来るんやけど、夜中でも客はおるから来たらええよ」
なんとも心強いお言葉。期待が膨らみます!6時を過ぎたころに再び温泉に向かうと、さっそく楽しげな声が聞こえてきた。キャッキャと騒いでる黄色い声だ。
急いで服を脱ぎ「長寿の湯」に入るとその主がわかった。女の子がお父さんとお兄ちゃんとで楽しそうに泳いでいる。…なんだ。残念だけどそっちは興味がないんだよな。落ちついて周りを観察する。客は全部で20人くらいだろうか。なにしろ湯煙がすごいので男女の区別ができない。かたっぱしに接近するしかないだろう。美人の湯に入ってそろそろと移動するとまもなくカップルを発見した。二人とも30代前半だろうか。美男美女だ。注目すべきは彼女の胸元だ。ときおり上半身が湯から出てくるのだが、タオルの上からもわかる巨乳ちゃんだ。Eカップくらいか? きっちりとタオルを巻いているので谷間までは見えないけど、オレの股間を元気にするには充分のインパクトである。少し離れたところにもイケメン&ぽっちゃりのカップルがいたが、すぐに出ていってしまった。ムチムチした体に張りつくタオルを眺めながらオレは「子宝の湯」に移動した。
なぜかやたらと単独男性が多い。理由は単純だった。30代前半の女性2人組が楽しそうにおしゃべりをしているのだ。一人はガリガリのロングヘアーでもういっぽうは磯野貴理に似た感じ。男たちはときおり視線をやりながら適当な距離をおいて周りを囲んでいる。しばらく二人を観察するうちに、ついにハプニングが。二人が湯船から出ようと岩場に足をあげた瞬間、磯野のタオルのすきまからマン毛が見えたのだ。彼女もそれに気づいたのか恥ずかしそうに笑ってスタスタと去っていく。残された男たちは皆ニンマリだ。8時過ぎ、ついに待望の女子グループがやってきた。3人組で、しかも若い!大学生ってとこか?やっぱり肌のツヤが違いますなぁ。湯をはじきまくってますなぁ。
彼女らに引き寄せられるように、「美人の湯」が男でいっぱいになっていく。 チラチラと谷間が見えたり下がってくるタオルを直しているのがいい眺めだ。「けっこう熱いねぇ」なんていいながら顔をあおぐたびに腋チラも披露してくれるので見ていて飽きない。
「あの子らええなぁ」振りかえると昼間の常連オジサンがすぐ後ろにいた。
「兄ちゃんしっかり見とけよ。いいシーンが見れると思うわ」
「どういうことですか?」「なんとなくや」
なんとなくか。なんだそのテキトーな予想は。しかし、驚くことにその予想は的中する。ショートカットの子が岩場に座ったとき、股間がガバっと開いたのだ。チラ…なんてもんじゃない。ずっと開いてる。気づいてない!30秒ほどだろうか、再び湯につかるまで股間はおっぴろげのままだった。ワレメまでは確認できないが、ワカメはしっかり目に焼きついた。
おまけに3人同時にお湯からあがろうとするとき、タオルがずれておケツがプリン!
「やっぱりな。ちゃんと脳裏に焼きつけとけよ」
地元のオジサン、恐るべし。
いったん退散して深夜0時ごろにまた温泉へ。さすがに客は少ないが、いたいたカップルがいるじゃないか。男性のそばで落ちつかない様子の女性がキョロキョロとしている。長澤まさみに似たエライべっぴんさんだ。横目でその様子をみまもること10分、いきなり女がタオルを巻いたまま立ち上がった。なにをするでもなく立ったままだ。他の単独男性とともに息を飲んでいると、女はタオルの胸元に手をやる。え、なになに?
そのままバサっとタオルはほどかれ、全身が露わになった。マジかよ!ほどよいサイズの胸に少し黒ずんだ乳首、濃い目の陰毛まですべてをこちらに披露してくれている。
彼女はその場でくるっと回って再び湯につかった。まるでストリッパーのように。
なんてサービスなんだ。ありがたすぎるぜ。おっと、彼氏のほうは湯船に横になって勃起したチンコをシゴいてやがる。オンナを自慢して興奮するってやつか。こんな露出プレイもあるんだな。
深夜1時を過ぎたころ、男女3人組がやってくるのが見えた。男ひとりに女が二人。全員20代後半だろうか、女2人はしっかりタオルを巻いている。どういう関係なのか。とにかくうらやましい男だ。
男は湯に浸かり、女性二人は岩場に座った。なんだなんだ?まるでギャラリーに見せびらかすように、女は同時にタオルをずり下げた。おっぱいがポロンとお目見えする。なんだろう、このフランクなノリは。ついでにオバチャンたちの谷間もごっつぁんだ。嬉しいハプニングが起きる混浴の実態

岡山県真庭市の湯原温泉に、『砂湯』という露天混浴温泉がある。無料の公共風呂なので近隣の旅館からふらっと入りにくる女性客も多い。
自分は、混浴ノゾキを趣味とするスケベ男(通称ワニ)で、これまで20回以上は砂湯に足を運んできた。オイシイ光景は何度も見てきたが、最近の状況は本当に素晴らしい。
以前は、深夜0時以降が女性客の多い時間帯で、その人種の大半は露出狂のヘンタイだったが、近頃どういうわけか、日中に普通の女性客がわらわら来ているのだ。お湯が熱いからオッパイ丸見え。
オレの場合、砂湯でワニをやるときは、早朝に現地入りして24時間ほどずーっといる。
バカじゃないかと言うなかれ。さほどに長居しても飽きないほど女性がよく訪れるのだ。まずは早朝。5時から8時くらいは、付近の温泉旅館の女性客が朝風呂にやって来る。多いのは、40代オーバーのおばさんグループだ。彼女らは堂々としたもので、タオルで隠したりもほとんどせず、おっぱい丸出しで場内を歩く。
年齢層は高いものの、ナイスバディの熟女を見かけたときなどは、やはりグッとくるものだ。朝風呂の旅館客が引いた後、次の盛り上がりは午後3時ごろだ。比較的若いカップルがパラパラ現れ出す。週末の午後には10組以上はくるだろうか。さすがに、若い女がタオル無しで歩き回るケースはないが、大半の人間は胸を隠すくらいで、股間や尻はほとんど気にしていない。そして湯船に入るときはタオルを外すので、お湯の中でおっぱいもチラチラ――。いくら見ていても飽きない。
ちなみにオレが注目するのは、3つある湯船のうちの一つ「子宝の湯」に浸かる女性だ。お湯が熱いため、みんなだいたい上半身を浮かせる。おっぱい丸見えだ。にしても、なぜ、普通のカップルが混浴などに来ているのか。デートスポットは他にもいろいろあるだろうに。
そこはやはり、男が強引に誘って連れて来たケースが多いと思う。実際、目の前の道路(露天風呂を見渡せる場所)までやって来ているのに、2人でダラダラ喋っているカップルが多いのだ。ノリ気ではない女、それを説得する男、という構図だろう。
夜8時ごろになると、再び館客が増え始める。宴会終わりに風呂にきているような連中で、旅行の夜で浮かれているのか、30代くらいのOLグループなども珍しくない。この夏は、女子大生らしき3人組と遭遇した。一人のワニ(オレではない)がやけにジロジロ見ていたところ…。なんと、その視線に気をよくしたのか、女のコの一人が岩場に座って涼みだした。他の女のコもキャーキャー言って大はしゃぎだ。こんなラッキーなことがあっていいのか。また、あいかわらず、深夜には露出系が集まっている。あやしいオッサンとやけに若い子とか、熟年夫婦みたいなカップルが集まってきては、痴態を見せ合っているのだ。お触りなどは基本ない。
ただ最近、朝4時ごろ、一組おかしなカップルがいた。女性がすーとこちらによってきたと思ったら、その後ろに男がいる。オレの目の前でバックでハメ出したのだ。マジでやってるのは始めて見た。さまざまな嬉しいハプニングが起きるこの混浴、盛り上がりはおそらく日本一だろう。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内