★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0061_2020021817124017f.jpg20190728205356.png

結婚してからも、男は遊ぶ。うまい具合に浮気をするし、フーゾクにも足を運ぶ。やや後ろめたさはあるけとソレはソレ。男の甲斐性ってやつは治らない。でも女は違う。遊ぶ人妻はいても、そのほとんどは結婚して数年を経ているもので、結婚直後はまずおとなしくしてる。

旦那への愛情ゆえか、世間体のせいか、他の男に抱かれたいなんて願望すら持たないのが普通だ。その代わり、女ってのは結婚直前になって、ふと大胆なことを考える。遊ぶなら独身のうちにしとかなきゃと。男には出てこない発想だ。

いくら時代が変わろうと、やはり人妻には貞淑さが求められる。だから縛りのない今、独身でしかできないことをやっておこうと焦るのである。皆さんの周りにも思い当たる女性がいるのではないか?今回、オレはそいつを狙う。婚約者へのちょっとした後ろめたさを持ちながら悶える女、すげー興奮しそうだ。
結婚直前の女はどこにいて、何をするか。簡単である。「ゼクシィ」を買うに決まってる。結婚情報誌で、式場や心構えや両親への挨拶なんぞを研究するのが女ってものだ。某書店。ゼクシィ発売週とあってか、さっそく20代前半っぽい女が熱心に立ち読みしているのを見つけた。どうやらウェディングドレスのページが気になってるようだ。10分後、結局買わずに店を出た女のあとを追い、声をかけた。

「こんにちは、これからどこに行くんですか?」女はこちらをチラッ一瞥しただけで、スタスタ歩いていく
「あのー、良かったら遊びに行きませんか?」

「すみません、待ち合わせしているので」

「そっかー。さっきゼクシイ読んでたけど結婚するの?」

「え?あ、はい」

「おめでどうございます」

「ども・・」

素っ気ない。遊ぶなら今のうちなのに、なんだこの態度は。再び書店に戻ると、またゼクシィ立ち読み中の女がいた。ジュエリーや海外旅行の本なども読みあさり、でも一冊も買わずに店を出た。追いかける。

20190728205312.png

「すみません、これからお暇だったらお茶でもいきませんか?」「いや、ちょっど…一
「いいじゃんお茶、息抜きにね」

「えー」

会話を交わすが、首をたてには振ってくれない。

「あの、本屋でゼクシイ読んでましたよね?もしかして結婚するの?」

「そうなの、だからゴメンなさい」

だからゴメン?おかしいな。なにカッコつけてんだ。だから遊びましょうが正解だろうに。

書店で見張りを続ける。ようやくゼクシィを手に取ったのは、大人の色香を漂わせる、タレントの高田万由子に似た女だ。いいな、こんな子と結婚したいな。20分後、女が店の外に出てきたどころでアタック開始。

「いやー、今日はめちゃめちゃ寒いですねー」

目が合うと、女は笑みを見せながらいう。

「コート着てなかったら寒いのは当たり前でしょ」

「ちょっど追いはぎにあっちゃって」
「はははっ、何それ」

しょうもないギャグに、口元を手で押さえながら品のいい笑みを見せてくれた。

「寒すぎるんで、コーヒー飲んで温まりたいっスわ」

「だったら飲みにいけばいいんじゃない」

「そうですよね、それなら一緒に行きましょうか」

「なんでそうなるのよ」

「だってこうして出会ったのも何かの縁だし」

女は何か考え込み、迷っているようだ。婚約者の顔でも頭に浮かんでいるのだろうか。

「1時間後に友達ど待ちあわせしてるから、それまでだったら」

20190728205648.png
婚約者には相談しづらい悩みをオレにマユミ(31才)と名乗った彼女は、趣味の映画やファッションの話題をぺらぺらどしゃべった。最初の反応からして取っつきやすい子だとは思っていたが、ずいぶんフレンドリーだ。

「マユミさんは彼氏とかいるの?」

ゆっくりと間をとってマユミは答える。

「いるよー」

そりゃいるよな。ゼクシイ読んでるんだから。

「最近はバタバタしててあんまり遊んでないけどね」

この言葉、どう受けどるべきか。最近は結婚に向けて手続きなどで忙しいから遊べていない。だから今日は遊びたいのよってか?

「そういえばアナタは結婚しているの?」

唐突な質間が飛んできた。ここはどう答えるべきなんだろう。

「・・いや、していないけど」「ふーん、そうなんだ」

なんなんだその意味深な間は。結婚していた方が良かったのかな。

「ワタシ、実はもうすぐ結婚するんだ」

「え、そうなんだ。おめでとう」
いま知ったかのように大げさに驚いてみせるど、マユミは少しはにかんでみせた。

「ありがとう。でも結婚ってなるど色々ど大変なのよ」

「なんかウルサイ親だったりするの?」

「そんなことはないんだけど、やっぱり家によって文化が違うでしょ?細かいことだけどね」

その後もマユミは「結婚式に呼ぶ人が決めづらい」「姑と本音で話せない」などと、お昼のワイドショーなんかでよく聞くグチを語り続けた。どれも婚約者には相談しづらいことなのだろう。こうして悩みを漏らし始めたのは、オレにどっては高ポイントだ。「あっ、そろそろ待ちあわせ場所に行かなきゃ」

約束の1時間が過ぎた。新居に引っ越すため、カーテン会社に勤める知人にオーダーメイドを頼むのだそうだ

「まあマリッジブルーにでもなったら連絡してよ」

「なにそれ。わかった」

連絡先を交換するとマユミは「後でメールするね」と席を立った。ところが連絡はなかった。メールしても返事なし。いざ冷静になると遊んでる場合じゃないこどに気づいてしまうのかも。
次に出向いたのはウエディングブーケ教室だ。結婚式で使用するブーケを、新婦が精魂込めて作るという、まさに結婚直前の女しかやってこない場所だ。教室は雑居ビルの1階にあった。入り口には、白や赤など色どりどりのフラワーアレンジメントが飾られている。

店内を覗くと、年配の女の先生ど、30代らしき生徒1人が楽しそうにブーケを作っていた。どこどなく女優の和久井映見に似ていて、可愛らしいじゃないか。ホッカイロを採みながら寒空の下で待っていると、教室の終了時間を大幅に過ぎて、大きな白い紙袋を手に持った和久井映見が出てきた。

紙袋からは作ったばかりのブーケが飛び出している。

「こんばんはー。この辺で美味しい店ご存知ないですか?」

ピタリど彼女は足を止めた。

「ありますよ、そこの公園前の通りに出て…」

「よかったら、一緒に行きません?一人で食べるのは寂しいし」

「えっ、いやあ、それはちょっとすみません」

「友達と約束していたのに、残業が終わらなくなったどかで、すっぽかされちゃったんですよ」

同情作戦にうってでる。

「残業ですか。私の彼氏も帰ってくるの遅いですよ。どのお仕事も大変ですね」

いきなり彼氏アピールされてしまったが、ここはピンチをチャンスに変えなければ。「そっか、一人でお留守番していてもつまらないでしょ。軽くご飯でも行きましょうよ」

「うーん、すみません、彼氏に怒られちゃいますから。ほら、これ、結婚式で使うブーケなんですよ、結麗でしょ」

いかん、ここまで幸せ全開な女だど付け入るスキがない。狙いが悪かった。わざわざ教室に通ってブーケを作りにくるぐらいなら幸せに決まってるわ。
いよいよ結婚が現実的になってくれば、連中はブライダル会社へ相談に行くものだ。式場選びからドレスやハネムーンまで具体的に詰めていく、いちばん面倒な作業だとも言える。だからマリッジブルーにもなりがちだ(たぶん)。

大手ブライダル会社をガラス越しに見張ったどころ、やってくるのはラブラブそうなカップルばかりだった。もちろんこれは想定の範囲内だ。聞いたこどがある。こういった打ち合わせの段階で彼氏の頼りなさに愛想を尽かす女は驚くほど多い。

だからオレは尾行する。2人が散り散りになったところで、女に近づく。彼氏にうんざりしてるどこだから誘いに付いてくる。見事な皮算用だ。さっそく出てきたカップルの後をつける。ほら、早く別れろ。

男、電車に乗れ。女、買い物に行け。ど念じに念じたオレだったが、仲良さげに手をつないで映画館に向かわれては為す術もなし。
元に戻ってーからやりなおすも、どいつもこいつも結構べタべタしてやがる。
うーん、なんだかなあ。頼りない彼氏じゃないのかなあ。どそこに、なんどたった1人で店内から出てくる女がー従業員じゃないことは、手に持ったパンフレットからもわかる。
ブライダル会社から出てくるのはカップルばかり
お、女ひとりだ
おやおや、頼りない彼氏を置いて、一人で相談に来たってか

「ちょっとごめん、時間あれば遊びに行こうよ」

女は立ち止まった。

「遊びって何して?」「どこでもいいよ、カラオケでも映画でもいいし」

女はさり気なくパンフレットをカバンにしまった。

「映画よりはカラオケかな」

よしきた、いきなり個室なんて最高じゃんかよ。女の名前は、ナツ。29才だという。30前に結婚が決まって一安心といったところか。
カラオケボックスで、ナツはテーブルを挟んでオレの対面に座った。もっど近くにきてもいいのに、さすが結婚前、そう軽くはないか。

「俺ビールにしようかな。どうする?」

「うーん。じゃあワタシも」

おっ、いいねえ。まだタ方なのに飲むなんて、スキありな感じじゃない?

「カンパーイ。なに歌う?」「えー、そっちから入れてよ」

ビールにちびちびど口をつけながらナツは携帯をいじっている。歌う気ないのか。

「なに歌う?」「先どうぞ。カラォケ久しぶりだなー」

「彼氏どかと来ないの?」「うん、ぜんぜん」

あっさり彼氏がいるこどを認めるんだね。まあ知ってますけど。

「彼氏いるんだ?」「うん、夏に結婚する」「え、そうなの」

わざと驚いたフリをすると、ナツは少し照れた表情を見せた。どいつもこいつも、結婚することを発表するときは嬉しそうだ。

「そりゃめでたいねー。じゃあ手は出せないな」「そうだよー」

とは言うけれど、もう個室に入ってるんだからなし崩しを狙うしかない。交互に懐メロを歌いながらビールを薦めること3杯目。ナツはずいぶん陽気になってきた。

フリつけで歌うって、いったい何才ですか、あなた。どさくさに紛れて真横に座ってみる。肩が触れ合うほどの距離だ。ナツは手で軽く胸を押してきた。

「お席間違えてますよー」「まあいいじゃん」

ナツはまっすぐモニターのほうを見ている。照れ隠しか?さりげなく腰に手をまわすと、マイクから「ムリムリ」という声が聞こえてきた。

「くすぐったいー」
「ゴメンねー」ならばと肩を採む。「ああ、気持ちイイ」「けっこう凝ってますね」
もう大丈夫だろう。女なんてまでくれば後はあれよあれよで崩れるものだ。オレは服の上から胸に触れた。「ダーメ」手でキツくガードしてくるが、本気の拒否ではない。「ちょっどだけ、ね?」「ダメダメダメ」

我慢できず、その口を唇でふさいでやった。

「ん・・」と動きが止まったが、口は閉じられていて舌が入らない。そのまま服の上から胸をサワサワ。結構デカイ。旦那になる男は毎日この胸を独り占めできるのか、羨ましすぎるぞ。ではそろそろ手を股間へ。

「ダメだよ」「どうして?いいじゃん」

「結婚するんだって」

「でも結婚したら、こんなこどできないでしょ。今ならまだいいじゃん」
「そういう問題じゃないって」

あきらめるわけにはいかない。オレのを触らせるか。手を取ってチンコへ誘導する。ズボンの上からツンツン。おっ、やけに積極的じゃないか。パンツをずらし、強引にチンコを握らせる。黙ったまま上下にこするナツ。

「なめてよ」「やだ」「いいでしょ」「病気とか怖いし」

「大丈夫、先週検査したばっかだし」「ホントにー?」

先端のヌルヌルを親指でもてあそんでいた彼女が、おもむろに口にくわえた。やったぜ、どんなウソでもついてみるもんだー

「挿れたい」「ダメ」の応酬の末、最後は手で発射させられてしまった。独身のうちしか遊べないのに中途半端な女だなあ。

「結婚前にこんなこどしちゃダメじゃない」
軽くからかってみる「ほんとだよー」と笑顔で応えた。どうか幸せになってください。

→ここからはモテ男のうらやましいエッチ体験談

知人の娘の結婚式で新婦よりかわいいの同級生と出会う

20191006154248.png20191006154301.png

ヨガのクラスに通いだして10カ月、ついにKEIKO先生を落とすことに成功した。 
スタジオへの出資話の一件で、マインド的にはもう一つすっきりしない達成だったが、柔らかい肉体を駆使した神がかったテクニックの前に、肉体的には目くるめく気持ちいい射精だった。ヤッてしまった以上、出資に向けての攻勢が始まるに違いないと覚悟していたら、翌日に『昨日はありがとうございました!楽しかった』と短いメールが1
通来ただけだった。 
俺も『こちらこそ、楽しかった』とさらりと返事するにとどめ、二人のやり取りはこれで終了。ヤリ逃げした形なので、面倒くさくならなかったのはラッキーだったが、半面、少々寂しい気持ちもないわけじゃない。「もう俺と会いたいと思わないのかな」とか「脈のない俺に見切りをつけて他の男に行ってるんじゃないか」とか思ってしまうが、一番はあの超エロくて気持ちいいセックスに未練があるんだろう。
いずれにせよ、これでヤルノートに載っている女はいなくなった。
思い起こせば、去年の夏に美人ランナーの渡瀬さんに出会ってから、公園を走り、フィットネスクラブにも入会した。
そこでKEIKO先生に出会い、ヨガのクラスにも通い詰めた。  渡瀬さん、KEIKO先生というアスリート系のいい女二人を追いかけている日々は長くてしんどかったが、なんとか結果に繋げられたし、充実していた。それに副産物として、1年半前とは明らかに違う、引き締まったタフな身体を手に入れることができた。
あとはこの強化された肉体をぶつける新ターゲットを見つけるだけだ。でも、瀬さんやKEIKO先生に匹敵する、俺が心底『ヤリたい』と思えるいい女と再び出会えるんだろうか? しばらくは現れないんじゃないか…。 
そう思っていた矢先に、偶然にもとびきり美しい女性との出会いが待っていた。
まさにフランス人形のような美しさだ 
11月のある日、知人の娘の結婚式に招待された。直前の予定が長引き、開始ギリギリに某ホテルのチャペルに到着。セレモニーが始まりそうだったので、新婦側の一番後ろの席にこそっと腰かけた。
前の席では新婦の学生時代の同級生と思われるかわいい女性たちがグループで腰かけている。皆、着飾ってばっちりメイクしていることもあってとても美しい。
『こいつら、かわいいなぁ』と眺めていたら、俺の横に一人の若い女性が申し訳なさそうに、すっと腰かけた。ちらりとそのコを見てびっくり。 
かわいい! めちゃくちゃ美人やん!
色は透き通るほど白く、眼はぱっちりとして、表現は古いがまさにフランス人形のような美しさだ。素人じゃない、女優レベルといってもいいほどで、このコと比べると、さっきまでかわいいと思っていた前の席の女たちなんてジャガイモみたいなもんだ。
讃美歌斉唱、誓いの言葉、指輪の交換など滞りなく厳かに式は進行したが、隣が気になって新郎新婦にはまったく目がいかない。 
式が終わり、披露宴の会場に移動することになったが、隣の彼女は前の女たちとは知り合いじゃないみたいでポツンと一人でいる。これはチャンス! 
すかざず声をかけた。「一人で来られてるの?」
「はい。新婦の小学校の同級生なんですけど、知り合いがいなくって。たぶん披露宴からは友達も参加するはずなんですけど…」
そうか、じゃ、25、6才ってことか。「久しぶりの大阪で、このホテルも初めてなんで迷っちゃいました。式もちょっと遅れちゃったし」
聞けば、大学時代からずっと東京に住んでるらしい。
「そうなんや。じゃ、披露宴会場まで一緒にいこか」
会場まで二人で歩きながら話をする。こんな美人と話せる機会はめったにない。ドキドキするなぁ。
「讃美歌、上手に歌われてましたけど、ご存じなんですね?」
「あぁ、一応、高校がキリスト教系やったからね」
「私もそうだったんですよ。どこの高校だったんですか?」
こんな感じで、彼女からも話を振ってくれる。きれいだし、愛想もいいし、なんか話ができているだけで幸せやなぁ。周りの男どもも「こんなきれいな女を連れやがって」とうらやましがっているに違いない。まぁ、年齢的に親子だと思われているかもしれないが。披露宴会場の受付に到着すると彼女の友達がいたようで、
「友達、いました。心細かったので、うれしかったです。ありがとうございました!」
と、さわやかな笑顔で俺のもとから去ってしまった。あぁ、もっと一緒に居たかったなぁ。俺も知り合いと合流し、披露宴に参加。
残念ながら彼女とは別のテーブルだった。座席表で彼女の名前を確認する。立花レイちゃんか。名前もきれいや。
披露宴中は、目が合ったときに会釈するくらいでレイちゃんと話もできずに終了した。
2次会の会場に来たらヤルノートに載せよう
新郎新婦にお祝いの言葉をかけた後、友人とロビーで話していると、なんとレイちゃんから声をかけてきた。
「さっきはありがとうございました。2次会は参加されるんですか?」 
友人たちと行く予定だったのでそう伝えると、
「私も参加したかったんですが、友達が子供が小さいので帰らないといけなくって。参加しても知っている人がいないのでどうしようかなって悩んでるんです」
「そんなん、俺でよかったらなんぼでもお相手するし、参加したら。〇〇ちゃん(新婦)も喜ぶと思うし」
「ありがとうございます。じゃあ、行こうかなぁ…。2次会までだいぶ時間があるので、この後、久しぶりに母と会うんです。それでどうなるかちょっとわからないですけど、もし行ったら、よろしくお願いしますね」なんか、来なさそうな雰囲気やなぁ。まぁ、期待せんと待っとこか。「誰やねん、あのコ。めっちゃキレイやん!」 
知人たちに冷やかされながら、少し飲んで時間をつぶし、2次会の会場に移動。
果たしてレイちゃんは来るのか? 
開始時刻が近づいてくると、なんかドキドキしてきた。半分あきらめていた俺ではあるが、あんなきれいなコと偶然にも出会えたのに、このまま終わるのは残念すぎる。やっぱりレイちゃんに会いたい!
そして、もし会えるなら、絶対に仲良くなりたい!そして、ヤリたい!よし、決めた! もし彼女が2次会の会場に来たら、ヤルノートに載せよう。来なかったらそれまでだ。開始時刻になったが、レイちゃんは現れない。やっぱりアカンかったかと思ったが、もしかしたら迷ってるのかと、会場の外に出てみた。新郎新婦が入場の準備をしている。あきらめの気持ちで会場に入ろうとしたら、息をきらしてレイちゃんがやってきた。「ごめんなさい。また遅れちゃった」
申し訳ないが、そこにいる新婦より100倍かわいい笑顔だ。その瞬間、レイちゃんの名前がヤルノートに刻まれた。

恋愛を謳歌してきたマジメな人妻は結婚直前に一発だけ遊ぶ

俺、結婚間近の女とセックスしたことがありまして。しかも3人も。おまけに全員80点クラスのカワイ子ちゃんだったりするんです。最初の一人目とヤレたときは単なるラッキーくらいにしか思ってなかったんですけど、2人目が上手くいったときに「あれ、これはもしや︙」ってなったんです。

で、3人目に関しては半信半疑で結婚前に飲みに誘いました。そしたらやっぱり成功でしょ?だから俺、ある法則にたどり着いたんです。どういうことかというと、この3人には共通点があって、みんな独身時代、存分に恋愛を謳歌してたんですね。彼氏の切れ目がなく、常に誰かと付き合っていたんです。そしてもうひとつの共通点は、真面目さ。彼氏の切れ目がないっていうと軽い感じもするけど、そんなことは全然なくて、その時点での彼氏には一途なんですよ。浮気とか絶対にしないタイプというか。
この浮気しない真面目さが、結婚が迫ってくるとジワジワ効いてくるんです。だって彼女たちにしてみれば、結婚を機に、いままで散々楽しんできた恋愛と縁がなくなるわけですよ。まして浮気をするつもりもサラサラない。ああ、私の青春はもう終わっちゃうんだと、まあこうなるわけです。そんなときに俺みたいな男から飲みに誘われたらどうなるか。ついつい大胆な気分になって、そのまま自然にセックスしちゃうんですね。この行動、一見、浮気しない真面目さとは矛盾しますが、たぶん彼女たちのなかではスジが通っているんだと思います。今後、絶対に浮気をしないためのケジメの浮気みたいな感じなんじゃないでしょうか。
証拠に、3人とも一発やったあとは、こっちがいくら誘ってもまったく相手にしてくれないし。とにかく、独身時代に恋愛を謳歌した美人は結婚間近限定でヤラせてくれるのは間違いない。みなさんも周りにそういう子がいたらぜひ試してみてください。
ラインに名字を書かない人妻の深層心理とは
みなさんラインを開いてください。﹃友だち﹄がずらーっと並んでいますね。中には人妻も何人かいることでしょう。試しに1人をタップしてみましょう。名前は佐藤花子さんとなっていますが、それはあなたがわかりやすいように書き換えたからで、その下の薄い文字、すなわち本人が登録したのは別の名前になってませんか?
HANAKO
佐藤(旧姓中野)花子
ハナ
パターンは色々あるでしょうが。注目すべきはそこに「名字」が入っているかどうかです。人妻である以上、そこには旦那の名字が入っているのが一般的なはずです。8割ほどがそうでしょう。
でも残り2割は、なぜか下の名前だけだったりしませんか? あるいは妙なニックネームだったりとか。これ、深層心理のあらわれと見ていいでしょう。彼女らは「妻」としてではなく、まだ「女」として活動したいのです。不倫の隙があるのです。強引な理論だなと思われた方は、誰かご存知の不倫人妻、あるいは遊んでそうな人妻のラインをタップしてみてください。ほら、名字が入ってないでしょう。もうおわかりでしょう。あと腐れなく遊ぶなら、名字のない人妻を狙うのが正解ですよ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ