★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
寝取られ掲示板で出会った本当にあった話である。自分の彼女が他の男とヤッてるところを見学したいという月並みな募集に応じたときのことだ。そのカップルは男女ともに40代で、見た目もごく普通。とりあえずセックス前にビールを飲みながら3人で歓談することになったのだが、その流れで、ふと男が妙なことを女に口走った。
「そういえばオマエさ、小6のころからオナニーしてただろ。ベッドの下に隠してた俺のエロ本の位置が、ちょいちょい変わってたんだよね」
「ははは、バレた? 今だから言うけど、ケンちゃん(男のこと)が彼女を部屋に連れこんでセックスしてたのも、しょっちゅう盗み聞きしてたからね。自分の部屋の壁に耳
を当ててさ」
 ん? それってどういうシチュエーションなんだ?
「あの、お二人は子供のころからの知り合いなんですか?」
 尋ねたところ、男の口からまさかの返答が。
「いやぁ、隠してもしょうがないんで白状しますけど、僕ら実の兄妹なんです」げ、マジで!?
「以前、僕が離婚して落ち込んでる時に、こいつが何かと世話を焼いてくれて。で、そ
の拍子につい手を出しちゃったんですよねえ。妹にもダンナや子供はいるってのに」
 言われてみれば、確かに2人の目元はよく似ている。が、にしても、インモラルすぎるだろ! 実の妹を義弟から寝取って、さらに他の男に寝取られようとするとは。
 そんな願ってもない場に居合わせた俺の興奮がいかほどだったか、説明するまでもな
いだろう。いざセックスタイムとなり、妹の体にむしゃぶりつくと、またたく間にチンコはギンギンに。その側では、同じくフル勃起した兄貴が、ビデオカメラを回しながら俺たちの絡み合う様子を凝視している。
 クライマックスは、俺が正常位で彼女をガシガシと突いていたときに訪れた。押しよせる快感に朦朧としながら、妹が叫ぶのである。
「ケンちゃん、私イヤらしい? 妹が犯されるの見て興奮する〜〜〜?」
 その言葉に、兄貴がワナワナと声を震わせる。
「ああ、ヤラシイ〜。兄ちゃんもチンポを入れたくなってきたよぉぉ」
 というわけで最後は40代ド変態兄妹との3Pに発展。何から何まで異常尽くしの状況
に、死ぬほど大量の精子をぶちまける俺だった。寝取られ掲示板は、歪んだ
性の欲望の宝庫だ。強烈な体験をしたいならぜひ飛び込んでみることをオススメする。必ずやあなたを虜にするだろう。
娘を女として意識し始めた父の苦悩

初めて娘のヨシミに対し性的衝動に駆られたのは、そう昔のことではありません。昨
年の春、彼女が県立高校の3年生になったころの話です。
夕食の席で、卒業後は福岡の大学に行って一人暮らしをしたいと彼女がこぼしたひとことに、私はひどい動揺を覚えました。
彼女の姉である長女のメグミは2年前、すでに大阪の大学へ進学し、実家にも年に数回しか帰ってきません。妻によれば、恋人ができて旅行なんぞにもしばしば出かけているそうです。
そんな中、次女のヨシミまでもが一人暮らしを始めれば、残された私たち夫婦は何を張
り合いに生きて行けばいいのでしょう。市の合唱団の行事で忙しい妻はいいとしても、とりたてて趣味もない私は職場と家を往復するだけの毎日になってしまいます。
熊本の大学で十分じゃないか。私は何度も諭しました。
しかし娘の決心はくつがえりません。親元を離れて自由に遊び回っている姉の姿に感化
されてしまったのでしょう。吹奏楽部の練習に明け暮れているヨシミは、ルーズソックスもはかなければ髪の毛を染めることもない、親の私から見てもいたって真面目な学生で、まさか彼女まで家を出たがっているとは、正直、ショックでした。そしてこの瞬
間、私はヨシミを女として意識し始めたのです。

なぜそれが性的衝動を生む原因となるのか、理解に苦しまれることでしょう。手放したくない、いつまでもそばに置いておきたい。そのような世間一般的な父親の感情ならまだしも、性的欲望とはどういうことかと。
毎日朝6時に家を出てタ方の6時ころには帰宅する生活を繰り返してきました。いきおい家族と過ごす時間も多く、娘たち2人の成長も暖かく見守ってやれたと思います。タ食は必ず一緒に食べ、年にー度は家族旅行にも行きました。親子としては少々仲良くしすぎのような気もしましたが、おかげで思春期を迎えてからも2人ともこれといった反抗もせず、成績こそイマイチとはいえ、学校の先生方の評判もおおむね良好のようでした。

この時期の女の子は父親に対して生理的嫌悪感を覚えるものだと、何かの本で読んだ記憶があったのですが、我が家に関しては当てはまらず、

「お父さん、私らが相手してくれて幸せでしょ」と、いつまでたっても小さな子供のように話しかけてくれました。長女のメグミが大学進学のために大阪に出たときも、私はそう心配していませんでした。どうせさびしくなって毎週のように帰ってくるだろうとタ力をどくくっていたのです。しかし彼女は、帰省どころか電話すら滅多によこさなくなりました。ときどき届く手紙でも母親(妻)の心配ばかりしていて、最後のほうにちょろっと「お父さんにもよろしく」と書き添えられている程度です。つれない娘と、ふがいない父親。世間的には当たり前のことなのかもしれません。しかし卒業するまではあれだけなついていた娘が突然豹変したことで、私の心には例えようのない空虚感が襲
ってきたのです。

そんな中での次女ヨシミの1一人暮らしは、まさにモヤモヤとくすぶる私の心にあったー本の導火線に火をつけることとなりました。

娘は私のもの。他の誰にも渡さない

長女はともかく次女だけは守りたい。その思いを現実のものとする手段として、私にはーつの方策しか浮かんできませんでした。それが、ヨシミの「初めての男」になることだったのです。

長女の上阪以来、不眠症気味で通院していた私は、レンドルミンという睡眠薬を処方してもらっていました。この薬を娘に飲ませ、熟睡しているところを襲いかかれば、いびつな形ながらも私の願望は充たされるのではないか。心の準備が着々と整っていくのが、我なから恐ろしくありました。

実行は夏の夜でした。風呂上がりにレンドルミン4錠の溶けたジュースを口にした娘は、何も知らずいつものように受験勉強を放ったまま居間でおしゃべりを続けていましたが、9時ころになって「何かフラフラする」と言って2階へ。

夜の11時が過ぎるころには妻も寝室に引き篭もり、居間に残されたのは私ー人になりました。行動開始です。そろりそろりと階段を上ると、右手に娘の部屋が見えます。ドアには元々力ギなどついていません。この歳になっても隠しだてするようなことのない娘のあっけらかんとした性格。これも教育の成果でしょう。そっと部屋に入ると、娘はグッスリ眠りこけています。肩を軽く叩いても反応はなし。私はタオルケットをめくりあげ、短パンの上から股間をゆっくりなぞった後、裾から指を入れてみました。パンティの布地の感触が伝わってきます。娘は寝返りもうたず寝息をたてたまま。下腹部の異常に気つく様子はまったくあ一りません。睡眠薬の効果を確認した私は、短パンとパンティを同時にゆっくりと脱がせにかかりました。
私に似て毛は濃い目のようです。気つくと、私の下半身はギンギンに硬直していました。わずかに、ほんのわずかに脚を広げてみました。暗くて色まではよくわかりませんが、見慣れた妻のソノ部分とは形状に雲泥の差があります。母と娘でこうも違うものだとは。ゆっくり顔を近づけて息を吸い込むと、かすかに石鹸の香りがします。しまった。匂いがわからんじゃないか。風呂の前にジュースを飲ませるべきでした。さあ、どうしましよう。ここまで来れば、行くところまで行くべきでしょうか。割れ目を広げてクリトリスを愛撫した後にペニスを挿入すべきでしょうか。

「・・」私には無理でした。万が一目を覚ましたときのことを考えれば、さすがにそこまではできなかったのです。やはり私は父親でした。
その日以来、私は次のステップに移れないまま悶々と日々を送っています。この本か出るころには大学受験の合否も判明していることでしよう。結果次第では、私も素早い行動を取らなければならないかもしれません。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ