★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
耳が不自由な女の子が出会い系にいたので会ってみた
幸せな手紙を意味する某大手出会い系サイトで、印象的な女性を見つけた。
彼女は都内に住む20代で、夕方から深夜2時ぐらいまでの間に、アダルト系の掲示版
にほぼ毎日のように書き込みをしてるのだが、そのタイトルは「コチラの家で」。サイトで知り合った男を自分の部屋に招き入れてくれるらしいのだ。さらに彼女の自己PR文にはこんなことも書かれている。
『私には事情があって…耳が不自由です。筆談でお願いします!』
聾唖(ろうあ)のエンコー娘だ。筆談プレイってどうなんだろう。「チンチン舐めて」とか紙に書くんだろうか。結構燃えるかもしれない。試しにメールを送ったところすぐに返信があり、「ゴム付きで2万円」との条件を提示された。チョイ高めだが、こんな機会もそうそうないだろうと了承する。
︿ありがとうございます。では9時に●●駅のファミリーマートで待ち合わせましょう。
着いたらメールください﹀
細かく指定してくるあたり、いつも使ってる場所なんだろう。
夜9時、コンビニからメールを送ると、︿今から向かいます。ボードをもってます﹀と
の返事が。数分後、女の子が現れた。美人とまでは言わないが、思ったよりも可愛い。パッと見、その辺を歩いている普通の大学生のような雰囲気だ。右手に持ったおもちゃのようなメッセージボードに、彼女はマグネットペンで汚い文字を書いた。
『西村さんですか?』ボードを受け取り、こちらもメッシージを書く。
『そうです』
『私で大丈夫でしょうか?』
『はい。もちろん』
ニコっと笑顔を見せた彼女は、ゆっくり歩き出した。ほんとに自宅へ連れて行ってくれるようだ。数分ほど歩き、マンションに到着した。彼女の部屋は8畳ほどのシンプルなワンルームで、ベッドとテーブル、テレビなど必要最低限のものしかなかった。まるで業者の用意したプレイルームのようにも見えるが、ハンガーに大量の服が掛けてあるので、住んでるのは確かそうだ。
『先にお金いただけますか』
ボードにそう書かれたので、2万円を手渡し、一緒にユニットバスへ。胸はDカップほどだろうか。いいスタイルだ。部屋に戻った彼女は無言で(当たり前か)電気を消し、ベッドへ横たわった。手元にボードはない。ここからは身振り手振りのみでまぐわうしかないようだ。胸を吸う。反応は薄い。ならば攻めてもらおうか。
「フェラしてよ」言ってから気づいた。ジェスチャーで伝えないと。俺は手で筒を作り、口の前で前後させた。それを見て彼女が股間に顔をうずめてくる。なかなかウマイかも。ではそろそろ入れさせていただきます。えっと、ゴムはどうしよう…。
一瞬の迷いを察知したか、彼女が枕元のポーチを指さした。中に大量のコンドームが入っている。これはもうセミプロと呼んでもいいだろう。んじゃ、脚を開いてウリャッ。
「あぅあ〜ぅ」聾唖者特有の発声で彼女は悶えた。なんだか悪いことをしてる気がしてくる。まるで障害者施設の園長が生徒に手出ししてるような。声にも増して気になるのがベッドのきしむ音だ。ギーギー大音量がしてるのに、耳の悪い彼女は気にする様子もない。修理しなきゃとも思ってないんだろう。
あぅあぅ、ぎーぎー、あ〜ぅ〜、ぎーぎー。異様な空気に萎えながらも、なんとか射精を迎え、また一緒にシャワーへ。どさくさに紛れてスマホで写メを撮っても、シャッター音が聞こえないのでまったく気づかれなかった。
コトが終わってから、彼女はボードを使って自己紹介してくれた。会社員で、将来のためにお金を貯めている、ラブホなどはトラブルに対処できないので自室に男を呼んでいる、ということだそうだ。部屋を出るとき、玄関で肩をたたかれた。振り返ると、彼女は胸元にボードを抱えていた。『またお願いします』力になってあげたい気持ちは山々だけど、この罪悪感たっぷりのプレイをまたやろうとはちょっと思えない。
124_20200718113402e13.jpg125_20200718113404373.jpg
先月、誕生日に1人で過ごすのは寂しいと思い、誕生日の2日前にジモティーで遊べる女を募集することにした。 ジモティーには趣味仲間や友達などを募集できる「メンバー募集」という項目があり、いつも多くの書き込みで賑わってる。ここなら出会い系サイトにいるような素人売春婦ではなく、本物の素人女性と出会えると思ったのだ。
『明後日、誕生日なので会える人いませんか?』 
シンプルにこんな書き込みを載せたところ、すぐに一通のメッセージが届いた。
『あいましよおいわいしましよ!お金ないけど』 
マリンさんという女性で、年齢は46才。まあ、タダでヤラせてくれるなら贅沢は言えないか。ただ、気になったのは少し日本語の使い方がおかしな点だ。もしやガイジンさんか?
『ひょっとして、外国の方ですか?』『日本人てすよ〜どして?』
『日本語の使い方がちょっと変わってるかな〜と思って笑』
『あ〜よくいわれます。実はわたし精神病なんです(笑)統合失調症って知てますかあ?障害者手帳は2級だよ』
『知ってますよ。ふだん困ることってあるんですか?』
『そーですねーたとえば服は決まった順番じゃないと着れないし脱げません(笑)あと事件のニュース観てると自分のことを言われてるみたいで嫌なのですぐ消しちゃいます(^o^)幻聴も聞こえることあります』 
幻聴か…。大丈夫かな。その後、ラインを教えてもらってやりとりを続けていくと、『彼氏はいないけどかまってもらってないよ』、『ずっとエッチしてないな』などと話題を下ネタに誘導され、ついには『じゃ、明日わたしと大人の遊びしてもいいよ』とストレートな申し出があった。統失の46才と聞いて少しひるんだが、タダでヤラせてくれるなら万々歳だ。誕生日当日、マリンさんと待ち合わせて会うことになった。「まーくんですか?よろしく〜」 
待ち合わせ場所にやってきたマリンさんは、鶴瓶師匠似の80キロ以上はありそうな巨漢女だった。 
顔は予想以上にヒドいけど、そのぽっちゃり体型はオレ好みだ。どうにかヤレるぞ。
「マリンさんよろしく。さっそくだけど漫画喫茶行く?」
「どうしてマンガ喫茶?」「ラブホは高いしさ」
「そっかー、じゃあごはんご馳走してね」
事前のラインのやり取りでは色々と食べたい料理をリクエストしてきたが、コンビニ弁当を奢るということで強引に納得してもらった。漫喫でコンビニ弁当じゃさすがに嫌がるかと思ったけど、さすが統失の46才はハードルが低い。というわけで、コンビニで弁当を3つ買い(彼女が2つ食べたいとおねだりしてきたので)、駅前の漫画喫茶へイン。 
カップルシートに並んで座ると、マリンさんはすぐにコンビニの袋を開いて弁当2つを取り出し、ペロリと平らげてしまった。
「あ〜食べた食べた。ごちそうさまあ」 
マリンさん、ソファにもたれかかって寝ようとしてる。待ってくれ。セックスしないつもりか?無言のままズボンのチャックを下ろしてパンツを脱ぎ彼女の前にチンコを差し出すと、手コキが始まった。 スココココ…と、まるでケイレンのような速さの手コキ。ちょっと痛い…。ならばと口でお願いすると、モグモグ口を動かすだけの不思議なフェラが始まった。全然気持ちよくない。よし、こちらから攻めてみよう。 
服の上からおっぱいをモミモミ。「あー」 さらに服をめくって直にモミモミ。「あー」 さらに手マンだ。「あー」何をしても彼女の喘ぎ声は「あー」「あー」と一定で、少し気持ちいいと「あー!」と少し語尾が上がるという、かなり特徴的な喘ぎ方だった。鶴瓶みたいな顔をみてると興奮が覚めるので、意外にキレイな色をしているおっぱいだけを見て勃起させ、パンツをずらし
てナマ挿入。
「あー」「あー」 
タダなんだし、と心の中で呪文のように唱えながらガンガン腰を振り、3分ほどで発射した。 どうやら幻聴は聞こえなかったようで、手コキの速さと喘ぎ声を除けばまずまずのセックスだったように思う。 
まあ、こんなもんでしょう。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ