★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
1人目横浜のテレクラで熟女ブームなるワードを後ろ盾に初老のババアに出会う

20191018073237.png

横浜にやってきた。本連載でもこの地はすでに何度か訪れているが、時期的にゴールデンウィーク直前ということもあってか、街ゆく人々も心なしか浮足だっているように見える。重い足を引きずり引きずり、いつもの陰鬱な小屋に閉じこもらなければならない俺とはまったくもって対照的だ。
では、長期戦に備えて大盛り牛丼をテイクアウトし、お仕事スタートといきますか。
「逮捕歴はどう?前科とかない?」
横浜のテレクラは他の場所と比べて電話の鳴りはいい部類に入るが、本日は各段に調子がよかった。
待機時間ほぼゼロですぐに1本目のコールがあり、それを切ってもすぐ次が、また切ってもすぐ次と、ひっきりなしの状態で、わずか4本目のコールで、横浜駅周辺にいるという好条件(気楽にアポれる意味で)の女とつながることに。
「私ね、オニーサンより少し年上だけど大丈夫?」
「はあ。おいくつでしょうか?」
「50才よ」
少しどころじゃない。一回り以上も年上のババアじゃねえか。
「大丈夫ですよ。俺、年上の女性は好きでなんで」
「あら、あなたもなの? 最近そういう人多いのよ。いま熟女ブームなんですってね」
テレクラに通っていて近ごろ痛感するのが、まさにこの「熟女ブーム」なるワードを後ろ盾に、初老のババアどもが調子づいてる不愉快な現象だ。妙齢の30代も加齢臭くさい50代も同じ枠にカテゴライズするエロ業界にも大いに問題がある。即刻、改善していただきたい。「なるほど50才かあ。食べごろですねえ」
「ふふ、あなた甘えん坊ちゃんでしょ?わかるわ。でも私、ワリキリだけど大丈夫?」
「もちろんです」
「良かった。ときどき熟女ならタダで会えるって考えてる気持ち悪い人がいるからさ。本当、びっくりするのよね」
「とりあえず俺はワリキリで問題ないです。ちなみに条件はおいくらで?」
「1万2千円ほしいんだけどいいかしら」
「はい、大丈夫です」
「ところでオニーサン、いまお仕事は何を?」
「まあ、自営業みたいなもんですかね」
「自営業って何? どこで商売してるの?」
「まあ、フリーのデザイナーみたいな仕事ですね。普段は東京の杉並区の自宅で作業してますが、どうかしましたか?」
「じゃあ逮捕歴はどう? 前科とかない?」
「いえ、ないですけど…」
 何かやたらと質問攻めしてくるな。どういうつもりだ?
「ごめんね、私、心配性なのよ。ほら、ワリキリとかしてると怖い目に遭う可能性もあるでしょ」
「はあ」「あ、でもね、私、しょっちゅうワリキリしてるわけじゃないのよ。こういうのを仕事にしている人じゃないから。結婚もしてるし、子供もいるし」
「お子さんって、結構大きいんですか」
 受話器の向こうから、わざとらしいため息が聞こえてきた。
「はぁ〜〜。アナタねえ、フツー初対面の人にそんなプライベートなこと聞く? ちょっと失礼だよねえ。どう思う?」
逆に教えてほしい。ついさっき、俺に対して根掘り葉掘りプライベートな質問をしたことについてはどう思っているのだ。
「いや、すいません。お子さんの話が出たんでつい聞いちゃいました。以後、気をつけます」「うん、そうしてね。常識がないと信用なくすよ」
かなりの強敵かも。電話の時点でこれほど人をムカつかせるとは。俺が引ったくりするとでも?
約束の時間に待ち合わせ場所の横浜駅前へ足を運ぶと、みすぼらしい50代女がひとり立っていた。一瞬、コイツがそうかと思ったが、ピンクのジャケットにベージュのワイドパンツという出で立ちは電話で聞いた服装とは違う。お目当ての人物ではないようだ。
だが、それからしばらく、そのピンクジャケットの女がふいに近寄ってきた。
「さっきテレクラで私としゃべったオニーチャンよね? 和田さんだっけ?」
え、やっぱり、このオバハンだったのか。
「あ、はい、和田です。僕も最初この人かなと思ったんですけど、電話で聞いていた服装とぜんぜん違うから」
オバハンがイヤらしい笑みを浮かべる。
「バカね。正直に服装を教えて、先に相手に見つけられちゃったら、こっちが不利になるでしょ。オニーサンが危ない人じゃないか確かめられないじゃない」「は?」
「知らない人間と会うんだから、ある程度は用心しとかなきゃって話よ。なんでわかんないかな」
もっともらしいことを言っちゃいるが、実際はアポすっぽかしの回避策なんじゃねえの? なんせ見た目が笑点の山田隆夫にそっくりな50才オバハンだ。しょっちゅうテレクラ男に逃げられるていることは想像に難くない。
「じゃ、とりあえず行きますか」
ここからラブホ街へ向かうには、いったんテレクラの近くまで戻る必要がある。なのでその方角へ歩を進めかけたとき、オバハンから声が上がった。
「ダメ! ダメよ!」
 なんだ、いきなり。
「どうしたんですか?」
「その道は人通りが少ないから別の道にして」
「え、どういう意味です?」
「はあ? どういう意味もなにも、そのまんまの意味に決まってるじゃない」
「本当にわからないんですけど」「あれ〜とぼけるの? 怪しいなあ。怪しい怪しい。オニーサン、悪いこと企んでないよね?」
ようやく理解した。このオバハン、俺が人通りのない道で引ったくりなどをやらかさないか警戒しているのだ。さらに言えば、電話で質問攻めしてきたことも、待ち合わせでウソの服装を教えたことも、同じ理由だろう。
それにしてもムカムカする。金持ちマダムならいざしらず、こんないかにも貧乏くさい初老オバハンが、引ったくり被害を心配する自意識過剰ぶりにも腹が立つし、何より善良な俺を捕まえて、犯罪者と疑う性根が気に入らない。ったく、どんだけビビりなんだよ。ガラケーから時報の「ピーン」音が 

わざわざ遠回りをしてホテルに着くや、ビビり初老さんがおもむろにガラケーを取り出した。
「もしもし? 私いまね、横浜の●●ってラブホテルにいるの」
誰かに自分の居場所を教えているようだが、なぜそんなことを?
「とりあえず2時間以内にはここを出るから近くで待っててくれない? …うんうん…わかった」
なるほど、この電話で俺をけん制しようって腹なんだな。何かよからぬことをしでかせば、近くにいる仲間が部屋に駆けつけるぞとほのめかしているわけだ。
でも、それならもっと慎重にやってほしいものだ。ガラケーから時報の「ピーン」って音がめっちゃ漏れてるんですけど。一人芝居してるってバレバレなんですけど。もはや浅はかすぎて哀れだ。そうとも知らず、電話を切ったビビり初老さんは「どうだ、ビビったか?」と言わんばかりの表情で、手を差し出してきた。
「じゃあ、先にお金もらえる?」
「あ、はい」
彼女は受け取ったカネを財布に入れず、テーブルの上に置いた。
「お金は帰るときまでここに置いとくからね」
 これも自衛策の一環だろう。誰の目にも見える場所にカネを置いておけば、男はうかつに盗めない。カネがなくなった途端、盗みが発覚するからだ。
しかしこの人、何でここまで用心深いんだろ?
「あのー、まえにテレクラで男の人とトラブルとかあったりしたんですか?」
「ナニ言ってるの。ワリキリなんてトラブルばっかりじゃない」 彼女がふんぞり返る。
「シャワーしているすきに財布からカネ抜かれたりさ」「はいはい」
「あと、ホテルに入ったら、男に財布出せって」
「え、そうなんですか。強盗じゃないですか、それって」
「そうそう。でもまあ、いまのは全部、人から聞いた話だけどね」
 実体験ちゃうんかい!
「こっちにカメラを向けないで!」
 風呂へ入ろうということになり、2人で浴室へ。
 と、そこで、バスタオルを用意し忘れていたことを思い出し、急に振り返ったところ、背後をついてきたビビり初老さんがキュッと表情をこわばらせた。口を半開きにして、目をパチクリさせている。かすれた声が届く。
「な、なに?」
「いや、バスタオルを用意しようと思って…」
「はあ〜〜もうなによぉっ。襲われるかと思ったじゃん」
 あやうく吹き出しそうになったが、さほどに怖い思いまでしてワリキリをやらなければならない彼女の身の上を考えると、やや気の毒でもある。しかし、温かい湯船につかるとさすがにもう警戒を解いたのか、彼女は饒舌になった。
「娘が去年、結婚したのよ」
「そうなんですか。おめでとうございます」
「それがホントにいい旦那をつかまえてさ〜」
「へえ」
「慶応卒でソニーの社員なの。気も利くし、男前だし、ホントにいい相手を見つけたわ。ねえ、そう思わない?」「ええ、思います」
「でしょ? これだけでも完璧なのに実家もすごい金持ちで…」
あれほどプライベートな質問を嫌がっていたくせに、自慢したいことだけはベラベラとしゃべるってか。ウゼー。だが、ビビり初老さんはやはりビビリなままだった。風呂のあと、LINEの通知音が鳴ったので、スマホを取り出しチェックしていたところ、ふいに鋭い声が。
「ちょっと、こっちにカメラ向けないで!」
「はい?」
「最近、こっそり写真を撮る人が多いって話をあちこちで聞くのよ。本当にデリカシーがないね。用が済んだらさっさとケータイしまってよ」
とことん、ムダな警戒をする人だな。こっちはもうすでに何枚も写真撮っちゃってるんだけど。
ゴムつけてる?こっそり外してない?
プレイはフェラから始まった。意外にも丁寧に舌を使い、亀頭やサオだけでなく、内ももや玉裏までしっかりと舐め上げてくる。正直、上手い。これで山田隆夫似の顔面がなければ、すぐ射精しそうになるレベルだ。
「気持ちいい?」
「はい、気持ちいいです」
「ふふ、そうでしょ。定期で会ってる70のおじいちゃんにたっぷり教え込まれたの」
たしかに、この人と喜んでセックスするのは、70の助平ジーサンくらいだろう……。急にいま俺が置かれている状況を客観視すると切なくなった。
とはいえ、すでにチンコはフル勃起状態だ。体勢を入れ替え、バックで挿入する。
「あ、ああっ、あん」
わざとらしさのない、抑えめなあえぎ声が部屋に響く。おまけに彼女の背中はさほど歳を感じさせず、腰から尻にかけたラインもほどよく丸みをおびていて妙にセクシーだ。
一気に興奮が高まり、ピストンを速めだしたそのとき、ビビり初老さんがグイっと腰をひねった。勢い、アソコからチンコがすぽりと抜ける。なんだ?
「ね、ちゃんとゴムつけてる?こっそり外してないよね?」
どこまで心配性なんだ!
「はい、見てください。ちゃんとゴムついてますよ」「あらホント。じゃ続けて」
ふたたび挿入する。が、しばらくしてまた、「もう1回、確認していい?」
あまりにウザいので無視することに。代わりに、勢いよくガンガン突いてやった。
泣きそうな顔でビビり初老さんが振り向く。
「ちょっと、ゴムついてるの?」
無言で腰をふり続けた。
「ねえ、ちょっと! ヤダ、ゴム外したの?」
ガンガンガン!「やめて、生はダメ! ねえ、本当にダメだったら!」
憎たらしいオバハンの悲鳴は耳に心地がよく、加虐の快感をも味わいながら、ゴムのなかに大量の精子を放出した。帰り支度をはじめながら、ビビり初老さんが「ねえ」とこちらを見た。心なしか、目つきがネットリしている。
「なんかさ、久しぶりに楽しかったよ」
「そう言ってもらえると俺もうれしいっす」
「よかったらまた遊ぼうよ。お金は抜きでいいから」
最後の最後で彼女から信頼を得たようだが、こんなうっとうしい人と関わり合うのはタダでもゴメンこうむりたい。

2人目風俗産業が盛んな街のテレクラは地雷女が多いが横浜はどうだろうか

横浜といえば一般的にハイソなイメージが漂うが、その実、フーゾク産業が盛んだったり、日本を代表するドヤ街があったりとダークな一面も持ち合わせている。
経験則から言って、そういった街のテレクラでは、パンチの効いた女と遭遇する率がかなり高いのだが、さて、横浜の場合はどうなんだろうか。 
どうか災難が降りかかりませんように、と願いつつ目的の店舗に向かった。
よく22とか23に見えるって言われますよ
店に入ってしばらくは待ちの状態だった。想像した以上に鳴りが悪く、持参した文庫本で時間をつぶす他なかったのだが、そのうちようやく待望のコールが。
「えっと、ワリキリで会える人希望なんですけど、大丈夫ですか?」
「はいはい、大丈夫ですよ。俺もワリキリ希望だし」
「そうなんですね。よかった」 
何だかやけに声が若々しい。いくつなんだろう。
「26ですけど、よく22とか23に見えるって言われますよ。あ、でもおデブちゃんだからあんまり見た目は期待しないでください」
少しでもプロフを盛るのが当たり前のワリキリ界にあって、この謙虚さは好感がもてる。それにデブとはいえまだ20代。痩せぎすの40ババアよりマシかも。
「ところで、今日は仕事休みだったの?」
「ううん、夜勤明けです」
「夜勤ってことは、工場勤めとか?」
「特別養護老人ホームの介護ヘルパーなんですよ」
「介護かぁ。大変そうだね」
「重労働だし休みも少ないですからね。もう慣れたけど」

受け応えはしっかりしてるし、ややこしい性格の持ち主でもないようだ。どうせカワイイ女などテレクラにはいないのだから、キャラ重視でコイツにしとくか。
「よかったら今から会おうよ」
「はい、いいですよ」
「こっちは横浜駅近くのテレクラにいるんだけど、どこに行ったらいい?」
「ちょっと遠いんですけど、○○ってところまで来れます?私、車も免許もないから動けなくて」
○○は横浜から車で40分近くもかかるド田舎らしい。が、こんなこともあろうかとレンタカーを借りておいたので問題ナシだ。
「わかった。じゃあ今から急いで向かうよ」
待ち合わせは国道沿いのコンビニ。ワリキリ条件はホ別のイチゴーだ。完全に小人レベルと言っていい
約束のコンビニ前で電話をかけると、店からそれらしい女がノソノソと出てきた。トラックのタイヤを縦に3つほど巻きつけたような超ファットボディが、全身黒の出で立ちであたりをキョロキョロしている。
なんだろう、この違和感は。彼女のそばにあるコンビニのドアやゴミ箱がやたらとデカく見えるのだ。遠近感がおかしくなったような感覚というか。 
いやそうじゃない。彼女の背が異様に低いのだ。パッと見は小学校低学年くらいで(あとで本人に聞いたところ137センチ)、完全に小人レベルといっていい。 
テレクラ恐るべし。デブでもいいと譲歩した殊勝な俺に、まさかこんなひどい追い討ちをかけてくるとは。 
すでに車のそばまでやって来た小人ちゃんがニコニコと頭を下げた。ペコちゃんを彷彿とさせる顔立ちはどこか愛嬌があり、たしかに26よりもずっと若く見える。
「どうも、はじめまして。わざわざ遠いところまで来てくれてありがとうございます」
「いやいや。…しかし、背ちっちゃいんだね」
「はは、そうなんですよ。ビックリしたでしょ」 
そう言って笑顔を見せる彼女だが、一瞬、表情が曇ったことを俺は見逃さなかった。今後、この話題を持ち出すのはやめておこう。
助手席に座った小人ちゃんが短くて太い首をにゅっと伸ばし、前方を見た。
「じゃあホテルまでナビしますね。まずそこのパチンコ屋の道を左に入って…」
車の進行に従って、そのつどテキパキと指示が飛んでくる。この手慣れた感じからして、しょっちゅう同じホテルでワリキリしていることが伺える。 
ハンドルを握りながら尋ねた。
「結構テレクラで会ってるの?」
「そうですね、だいたい月5、6回くらいですかね。まあ、おデブちゃんだから、バックレとかもたまにありますけど」 
バックレの理由はデブというか、ソレも含めた異常体型だろうと思ったが、むろん口には出さない。
「やっぱり介護の仕事だけじゃやってけないの?」
「無理ですね。手取りで10万くらいしかないし、私の場合は全額、家に入れなきゃいけないんで」 
現在、小人ちゃんは両親と小中学の弟妹3人の、計6人で借家住まいをしているらしい。しかも土木作業員をしている父親の収入は不安定で、母親は体調が悪く入退院を繰り返しているという状況。当然、家計は火の車で、長女である彼女も相当な負担を強いられているそうな。
「家ではほとんど母親代わりですから。弁当やご飯を作ったり、洗濯や掃除したり、ロクに寝るヒマもないですよ」
「それはキツいね」「おまけに毎日の通勤も大変で」
職場である老人ホームは山間部にあり、車のない小人ちゃんは片道1時間以上もかけてチャリンコで通っているという。アップダウンの激しい山道を、真っ赤な顔して立ち漕ぎする小人デブ。なんて切ない光景だろう。
「てことはワリキリも家計のためなんだよね?」
「そりゃそうです。じゃなきゃこんな嫌なことしないですって」
少し間をあけて彼女が続ける。
「貧乏な家に生まれたからしょうがないけど、はっきり言って死にたくなるときもありますから。なんで私、こんなことしてるんだろうって」
ウソ偽りのない、小人ちゃんの本音なのだろう。けど、これからキミを買おうって男の前で、そこまでストレートに告白する必要なくない?
死にたいって…。なんだかすげー気分が重くなったんですけど。
やがてホテルに着いた。靴を脱いで部屋に上がった途端、不快なニオイが鼻をつく。 
悪臭の出所は、サンダル履きしていた小人ちゃんの足のようだが、何をどうしたらこんなにもクサくなるのか。まるで雨に濡れたノラ犬の体に納豆を刷り込んだみたいな激臭だ。とにかく、このまま部屋中に充満すれば命にかかわる。すぐ彼女を風呂に入れねば。 鼻呼吸から口呼吸に切り替え、小人ちゃんの方を振り向く。
「さっそくで悪いんだけど、風呂に入ろうよ」
「あ、はい。いいですよ」
その場で小人ちゃんがシャツを脱いだ。その途端、大きな乳がボロンとこぼれ落ちる。
「え、ノーブラなの?」
「はい。薄着のとき以外は面倒くさいから、だいたいいつもノーブラです」
彼女のそんなダラシナサ以上に驚いたのは胸のサイズだ。ノーブラのせいで最初はわからなかったが少なく見積もってもGカップはある。爆デブの小人が特大巨乳だなんて。この人、どこまで常人離れすれば気が済むんだ? 
一緒に風呂場に入り、俺が湯船を溜めていると、その間にシャワーで股間だけ洗い終わった彼女がもう出て行こうとする。ちょ、ちょ、まだ肝心の足を洗ってないよ。
「まだ体、洗ってないでしょ?」
「大丈夫です、アソコはもう洗ったし」
「ちゃんと全身も洗おうよ」
「…え〜。私、お風呂好きじゃないんで」

アナタね、そんなんだから激臭がするんでしょうに。
「じゃ、せめて足だけでも洗わない?実はさっき、ちょっとだけ臭った気がしたから。ごめんね、俺、神経質なのよ」 
くそ、なんでここまで気を遣わなきゃならんのだ。
「あ、サンダル履いてたからかな。ごめんさい。すぐ洗うね」 
ボディソープで手早く、しかし念入りに足の裏を洗い終えた彼女は、そのまま逃げるように風呂場を後にした。うーん、何か様子がおかしいぞ。
「風呂嫌いなのは何か理由でもあるの?」
体を拭く彼女に尋ねたところ、思わぬ答えが。
「…和田さんが他人だから言えるんだけど、私、中学のとき叔父にレ〇プされたことがあって。その場所が叔父の家の風呂場だったんですよね。そういうことがあってから、風呂場に入ると目が回ったり、息苦しくなるようになっちゃったんですよ」
うっ、まだそんな不幸話を隠し持ってたのか。もう、げんなり。
執拗な裏スジ舐めで7割勃起に
世の中には相手の女が薄幸であればあるほど欲情する男がいるらしいが、あいにく俺はそんな趣味など持ち合わせていない。ただただシンプルに、心が萎えていくだけだ。
すでに小人ちゃんはベッドの上でスタンバっている。気乗りしないまま近づき、チンコを口元に持っていくと、彼女は黙ってチュウチュウと吸い始めた。
きつく目を閉じ、挙句、眉間にがっつりシワまで寄せて。 
嫌々やっているのが手に取るようにわかるが、それは俺とて同じであり、望まぬ性交に挑まねばならない我々はなんと悲しきことよ、などと思ったりした。 
とはいえ、小人ちゃんはマジメである。いったんフェラを始めれば、手を抜くことなく執拗に裏筋をペロペロと舐めてくる。これが思いのほか気持ちよく、7割ほど勃起した。よし、いまが挿入チャンスだ。 
ムチムチの短い足を持ち上げ、一気にチンコを突っ込む。腰を激しく打ちつけるたび、キツめの膣が適度にチンコを刺激した。なかなかいい感じだぞ。これなら射精できるかも。しかし。
「あん、あん!」
「………」
「すごい、あ、ダメ、もうイキそう!」 
何だ、この演技丸出しの乱れ方は。いくらなんでも10コスリ未満でイクわけないだろ。愛撫だってロクにしてないのに。そんな考えが頭をよぎったせいで、チンコはみるみる元気を失っていく。小人ちゃんにしてみれば、興奮させて早く射精にこぎつけたかったのだろうが、完全に裏目に出た形だ。
もっとも、俺だってセックスを続行する気はない。
「なんか今日はチンコの調子が悪いみたい」「じゃあ、やめますか?」
「そうだね」 
そう言ってベッドを離れ、風呂場に向かった。チラッと振り返った視線の先では、小人ちゃんがどこかホッとした様子でパンツを履いている。この期に及んでも、シャワーを浴びる気はさらさらないようだ。シャワーから戻ると、すでに着替え終えた小人ちゃんがベッドで缶ビールを飲んでいた。 あわてて彼女が口を開く。
「あ、すいません。勝手に冷蔵庫から出しちゃったんですけど、ビール代は自分で払いますから」
「あ、ううん、大丈夫だよ。お酒、好きなの?」
「はい、毎日欠かさず飲んでますね。もう半分、アル中みたいなもんなんですよ。ふふふ」 
あらためて彼女の体をまじまじと眺める。ベッドにどっかりとあぐらをかく姿は、稽古後、自室でくつろぐ新米力士のようだ。 ふと気になって尋ねた。
「彼氏とかいるんだっけ?」
「え、彼氏ですか?」
小人ちゃんの表情が硬くなった。
「…いません。ていうかそういうの、今はいらない感じですね」
「今まではいたんだ?」
「普通にいましたよ。昔は今より全然ヤセてたんで」 
たしかにヤセたら、そこまで酷いルックスじゃないんだよな。小人とはいえ、顔の造りはごく普通だし、巨乳でもあるし。
「でも、なんで彼氏はいらないの?」
「男なんてただヤリたいだけじゃないですか。ヤルために見栄張ったり、かっこつけたり、ウソついたりして、なんかバカだなって思うようになったんですよね。ワリキリやってると男の本性がわかりますから」
小人ちゃんが2本目の缶ビールを開けて、ごくごくノドを鳴らす。
「でも昔、結婚しそうになったこともあるんですよ。その人とは1年くらい付き合ったのかな」
「結婚すればよかったのに」
「私もしたかったんだけど、相手の親に反対されたんですよ」 
彼氏が小人ちゃんを初めて実家に連れて行った晩、その彼氏は両親に「もしあの子と結婚するなら親子の縁を切る」と詰められたんだそうな。
「理不尽だね、それは」
「ま、いいんですよ別に。どうせもうこんな見た目だし、体も売るようになっちゃったんだから、普通の幸せなんて望んでませんよ。いまはとにかく家族がちゃんと食べていくことだけ考えてます」 
体を弓ぞって残りのビールを飲み干すと、彼女は重い体を起こしてベッドから立ち上がった。
「そろそろ出ましょうか?これからお母さんのお見舞いに行ってから、夕飯の支度もあ
るので」
はぁ、けなげすぎて泣けてくる。いまさら幸せになれなんてウソ臭いから言わないけど、せめて元気に生きていってほしいものだ。

3人目丁寧な言葉遣いだったが会ったら下品なおばさんだった
横浜のテレクラのポテンシャルは計り知れない。
かつて市内だけで数十店舗あったという横浜のテレクラだが、いまや残るは横浜駅前に位置する一店舗のみ。街を行き交う人もまばらな平日の昼下がり、店内に足を踏み入れた。入ってすぐに電話が鳴った。
「もしもし」
少し上品な声の女性だ。40才くらいかな。
「お姉さんはワリキリですか?」
「うん、そういうのも含めて、どうするか話そうかと思ってるんです」
「と言いますと?」
「ワリキリするかどうかは、これからお互いお話しして決めていこうと思うんです」
「はあ」
「先に言っておきますけど、こういう互いの顔の見えないところでは、信頼感が重要じゃないですか」
あれこれゴタクを並べ始めたぞ。どうせ金額の交渉をしたいだけなんだろうけど。
「たしかに、女性からすればいきなり会うのは怖いでしょうね」
「そうなんです」
「ちなみに、ワリキリ以外で会うことってあるんですか?」
「それは考えてないですね」
結局やることはエンコーだけじゃないか。
「お兄さん、ガチャ切りってしたことあります?」
急に話題を変えてきた。
「いえ、ないですね」
「あの、最初に断っておきたいんですけど」
「はい」
「私、横浜駅前の待ち合わせじゃなけいど大丈夫ですか?」
「どちらですか?」
「綱島ってご存知ですか?」
電車で15分ほどの場所だ。まあ問題はない。
「はい、大丈夫ですよ」
「あら、本当ですか?」
「そこまで遠くないので。お会いしましょうか」「私、いつも近くにいないってわかったらガチャ切りされちゃうんですよ」
なるほど、だから事前に確認しておいたわけだな。用意周到な人だ。
「全然大丈夫ですよ。ちなみに、ワリキリでお会いする男性の条件ってありますか?」
「それより先に言っておきますけど、私は40才なんです。お兄さん、若いですよね? 興奮できますか?」
99%興奮できないが、格付けする以上アポるのが責務だ。
「大丈夫です。お姉さんは苦手なタイプの男性っていませんか?」
「苦手な人っていないんですよ。先に言っておきますけど、私テレクラ始めて日が浅いんですよ。だからわからないですね」
「先に言っておく」ことが多い人だ。いったい何を恐れているんだ。
「まだお会いしたいとは思わないかんじですか?」
「…」
「あの、なにか質問がありましたらお答えしますけど」
「お兄さん、今日の服装は?」
「白いワイシャツで、下は青いデニムですね」
「時計は?」
「ノーブランドの茶色い時計です」
「バッグは?」
「皮の茶色いトートバッグです」
服装を聞いてくるってことは、もう会う前提ってことでいいんだよな。
「これからワリキリでお会いできるってことですかね」
「いえ、まだ考えさせてください。お仕事されてるの?」
「はい、普通の会社員ですよ。お姉さんは?」
「…1万5千円でいいですか?ホテル代は別にしてもらって」
この人、話を聞いていないのか。なんだ、この気の変わりようは。
「綱島に着いたら連絡してください。駅を出たところにバス停があるからその前で待ち合わせしましょう」
「わかりました。20分後には到着してると思います」
番号を交換して、店を出た。食品関係の仕事をしているというヒロミさんの服装は、茶色いコートに黒いパンツ。「すぐにわかるから大丈夫」とのことだ。15分ほどで綱島駅に到着した。指定されたバス停に向かうと遠くからでもヒロミさんの姿が確認できた。バス停には他にも女性が立っていたが、茶色い毛布をかぶった雪だるまのような彼女以外、エンコーしてそうなビジュアルの女性はいないからだ。
「お待たせしました」
「ああ、どうも」
東南アジア風の顔つきをした太眉の彼女が、やはりヒロミさんだった。茶色いダボダボのコートに身を包み、下は黒のジャージにスニーカー。右手で部活帰りの野球部のような大きいバッグを抱え、左手は同じデザインの小さいバッグを抱えている。
「荷物大きいですね」
「ああ、これは仕事着ね」
「食品関係でしたっけ」
「そう。シフト制でいろいろ惣菜つくってるの」
電話ではけっこう丁寧な言葉遣いだったが、今ではすっかり下品なおばさんだ。まんまと騙されたな。彼女の案内で綱島街道の近くのラブホテルに入った。ソファにどかっと腰を落ち着けたヒロミさんが、ポケットから取り出したタバコはゴールデンバット。おじいさんが吸う安価な銘柄として知られている。
「ずいぶん渋いタバコ吸ってるんですね」
「これ? ゴールデンバット。好きなのよ」
「昔からゴールデンバットなんですか」
「うん」
ヒロミさんはゆっくりとタバコを吸いながらテレビをザッピングし始めた。慣れてるなあ。
「お住まいはずっと横浜なんですか」
「うん、実家。引越したりもないね」
「じゃあ出かけるときは横浜駅のほうに行かれるんですかね」
「ううん、出かけない」
「え、買い物とかされないんですか?」
「行かない。だいたい近くで済ませちゃうもん」
「都内も行かれたりしないんですね」
「しないしない。昔はやんちゃしたりもしてたけどさ」
そう言ってゴールデンバットの煙をフーッと天井に向かって吹かす。
「やんちゃって言うのは、飲み明かしたりですかね」
「お酒は飲まないから」
「じゃあ男の人と遊んだり?」
「…」
 聞こえなかったのか?
「やっぱり男の人と出かけたりとかですかね」
「…ここ、ちょっとクーラー効きすぎてるね」
よくわからないタイミングで人の話を無視するタイプらしい。
「お兄さん、こういうので会ったことってけっこうあるの?」
「そうですね、何人かお会いしてますね」
「でもさ、テレクラで恋愛に発展することはないからね」
「そうですか」
「えーだって当たり前でしょ!こういうとこでは彼氏つくる気ないもの。私はテレクラはワリキリだけ。そう決めて始めたから。それはちゃんと言っておくね」
なんだか、いきなりこっちがフられたみたいで不快だな。ゴールデンバットを吸ってい
る彼女の手元に、赤いラバーのみすぼらしい時計が見えた。
「その腕時計おしゃれですね」
「これ?これね、ダイソーで買ったの」
100均の腕時計をつけてる大人は初めて見た。
「今日は赤だけど、あとは青と黒、それからピンクも持ってるよ」
「おしゃれさんなんですね」
「でもさ、赤は今日の寒さだと季節感がないわよね」
そこまで気が使えるなら、他の店で買うという選択肢は浮かばなかったのだろうか。そういえばコートの中のインナーも赤い。
「その赤い服はどこなんですか」
「これはね、どこだったかな?えっと商店街かな。そうそう、今日は時計と合わせてるの」そういうオシャレもあるのか。
「原色系も着こなすんですね」
「うん。ダイソーはね、けっこうアクセサリーなんかもあるし、色違いもまとめてそろえられるからいいのよ」
ダイソーコーディネイトを説く女性など、テレクラじゃないと到底お目にかかれないだろう。貴重な体験だ。ダイソーさんが赤い服を脱ぐと、ねずみ色のてろーんとした肌着が現れた。
「これもね、ダイソーで買ったの」
「へぇ、買い物上手ですね」
「しかもね、これメンズなの」
「それをね、ここのところ(襟の部分)を自分で切って広げてるの」「アレンジしたんですね」
「そうそう」
アレンジした肌着の両脇から、ワキ汗が染み出ている。すぐにぷ〜んとワキガの臭いが漂ってきた。
さっさとシャワーを先に済ませて待っていると、シャンプーハットを装着したまま、ガウンを羽織ったダイソーさんが現れた。就寝前のお母さんか?ダイソーさんがテレビのリモコンを持ち、慣れた手つきでAVに合わせる。画面に映るのは、バス車内でチカンされているOLの姿だ。
「音量ちょっと小さいわね」
「いや大丈夫ですよ」
「だめ、これじゃ女の人の声が聞こえないでしょ」
「はあ」
「ちょっと待ってね」音量が上がり、テレビからしっかりあえぎ声が聞こえてきた。この人、男を興奮させる役割をAVに外注するつもりらしい。たまにいるんだよな。
「じゃあ攻めてくから仰向けになって」
ベッドに横たわり、黙って指示に従う。
「もうちょっと左かな。真ん中くらいに寝て」
「こうですか?」
「そうそう」
シャンプーハットをかぶったままのダイソーさんが近づいてきた。
「あ、それと明るいうちにアレ置かないと」
彼女はベッド上部の照明ボタンの位置にティッシュを一枚敷き、その中心にコンドームを置いた。なにもかも準備第一の人だ。さらにAVの音量が上がり、照明を落としたところでプレイスタートだ。チクチクとした舌使いで乳首を吸われながらの、しゃかしゃか手コキが始まった。太い腕にホールドされているため、安定感は抜群だが、手の握りがキツすぎてぜんぜん気持ちよくない。
「ちょっとキツいですかね」
「なに?Mなんだ?」
 へ?「いえ、刺激強すぎてくすぐったいっていうか」
「あーMなんだ!」
ついに日本語が通じなくなった。
「Mってわけではないんですけど。あの、それだとちょっとあんまり気持ちよくなれないんですよ」
「……普段はオナニーいっぱいしてるの?」
話を逸らしてきた。ひょっとすると難聴なのかもしれない。
「すみません。手を弱めにできますか?」
「あーMなんだー?」
こりゃダメだ。どうにもしようがない。
「すみません、このままだとちゃんと立たないんで入れられないです」
「じゃあ、手でする?」
これは通じた。
「手はキツいんでフェラってできますか?」
「それはできない」
しっかり通じてるし!結局、埒が明かず一秒も興奮できないままプレイは終わった。プレイ時間、わずか7分。ダイソーさんはガウンを着たままフィニッシュだ。7分間の労働を終えたダイソーさんが再びゴールデンバットに火をつけた。
「ほんとにテレクラは最近始めたんですか?」
「高校のころからかけてたかな?でもこうやって会うようになったのはほんと最近だね」
「それは、なにかきっかけがあったんですか?」
「…あ、そういえばこのキティちゃんのハンカチもダイソーかな」
最後までよくわからない人だ。確実なのは、彼女が今日のワリキリ代を握り締めてダイソーへ向かうだろうということだけだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ