★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0094_2019070220035387e_20191106222257900.jpg0105_20190128085631746_2019110622225820f.jpg20190817181042.png
特集で中年オッサンに向けたセフレの作り方がこれでもかと紹介されていたが、そのうちの一つにこういう記事があった。
『職場でいつも怒鳴られている地味なバイト嬢に手紙を渡せばコロリと落ちる』
 厳しい職場環境に加え、地味なルックスゆえに出会いもない日々。そういう子に告白
めいた手紙はことのほか効くという理屈だが、その記事を読んだ瞬間、俺がよく行く中
華屋の存在がパッと浮かんだ。というのもその店には、いかにも鈍くさそうな若い地味子ちゃんがバイトしており、メシを食いに行くたびに、石倉三郎似の店主からどやしつ
けられていたからだ。
「てめえっ、いつになったら仕事を覚えやがるんだ!このバカ!」
そんな罵詈雑言を毎度のように食らい、そのたびにメソメソしている彼女。これぞまさしく手紙作戦の格好のターゲットでは?てか是が非でもアタックすべきだろ!
というわけで先日、店でメシを食い終えた後、そっと彼女に便せんを手渡した。手紙の内容は、
『いつも頑張って働くアナタの姿を見守るうち、好感を持つようになりました。オジサンですが、ぜひ仲良くなりたいと思ってます。よろしく』書き添えたメアドに返事が届いたのは、翌日のことだ。
︿今夜11時にお店に来ていただけますか?﹀
仕事が終わってから会ってくれるってのか。にしても、わざわざ店で待ち合わさなくても。ともかくその夜、店へ。俺を待っていたのは地味子ちゃんではなく、石倉三郎似の店主だった。
「アンタ、彼女につきまとってんだって?」
は?なんだよあの子、店長に手紙のことをバラしたのかよ。つきまとってるだなんてあんまりじゃないか。石倉はぼそっと言う。
「そういうのやめてくんないかな。アイツ、俺の女なんだからよ」
はぁ?なんだって?嘘だろ!あんた、いっつも怒鳴りまくってんじゃん!
「いや、ウソじゃないから。もうあきらめてくれ。な?」
自宅へ帰る道すがらどうにも腑に落ちなかった。あの2人が本当に男女の仲なのなら、なぜ石倉のとっつあんは営業中にあれほど彼女をどやすのか。普通は逆だろうに。
 となると答えはアレしか考えられない。あの罵倒は一種のプレイで、仕事が終わると店主はコッテリ彼女を愛でているわけだ。「今日はちょっと怒りすぎたかな?」「ううん、私ドMだからチョー感じちゃった」てな会話を毎夜のごとく繰りかえしていると。け、ただの変態じゃねーか!
今も俺は中華屋に通い、彼女は相変わらず店主に怒鳴られ続けている。そのたびに股間をじゅんじゅんと濡らしているのかと妄想すると、何かこう、複雑な気分になるのだった。
フリータ—対象の就職斡旋イベントで将来不安娘をナンパする

オレは東京ド—ムシティ内のブリズムホ—ルを訪れた。本日開かれるフリーターズスクエアに参加するためだ。
そもそもオレがこの催しを知ったのはーカ月前。地下鉄車内の釣り広告を見たのがきっかけだった。文面を読めば、フリータ—を対象とした、就職斡旋のイベントとある。要は会社説明とハ口—ワークを合わせたようなものか。無料で誰でも参加できるらしい。
ふと考えた。この会場で、参加女性に声をかけたら、簡単にナンパできるのではなかろうか。
相手は安定した職を持たないフリーター。ましてやこんなイベントに参加しようなんて連中、不安感は相当なものに違いない。
そこで、自分も同じ境遇だとアピ—ルしつつ彼女たちの悩み相談に乗ってやる。女は感情の生き物。心が開けば自然と股も開くに違いない。
ちなみにオレは服飾関係専門学校生で、現在は世田谷の1Kに1人暮らし。親から15 万円の仕送りがあるため、バイトはやっていない。
ナンパについては、過去3度だけ経験があるが、いずれも失敗に終わっている。ルックスは'南海キヤンデイ—ズの男の方を多少マシにしたような感じだ。
学校の体育館ほどの広さのイベントホ—ルを進むと、正面ステ—ジでは卜—クショ—が開かれていた。その向こうには様々な企業のブ—スがあり、就職希望者はここで説明を受けるらしい。企業関係者からは
「こちらにどうぞ!」と威勢の良い声が飛び交っている。
では、さっそく女のコに声をとはいかなった。ステ—ジに人が集まりすぎてるぶん、フロアは閑散としているため、へたな動きをすればすぐにバレバレなのだ。
仕方ない。ホールの出入口の前に陣取って、会場から出てきた女の子に声をかけるか。
ナンパ開始から一時間、3人の女にフラれたところでモ—娘。のヨッシ—をふっくらさせたような女が立ち止まった。
何でも彼女、地元は干葉で、週3 日パン屋でバイトしてるとのこと。今日のイベン卜には、「なんとなく」参加したそうだ。
「ネットを見てたら、たまたま広告を見つけて。ちょっと寄ってみようかなって」
「仕事、探しに来たんじやないの?」
「ははは、フリー夕—の方がラクじやん。それにこんなイベントで仕事なんて探さないって。あ、友達待ってるからもう行かなくちゃ、またね〜」
引き止める間もなく、去っていく彼女。…次だ、次、行くぞ〜。
「ライブ、一緒に行きませんか?」
1時間後、今度は川崎で一人暮らしをしている山瀬まみ似の洋子(20才) が捕まった。
普段はスポ—ツクラブの受付嬢( 時給850円) で今日は転職先を探しに来たらしい。オレの期待は高まった。なにしろ彼女、リクルートスーツを着ているのだ。この気合の入れ方、相当悩んでいるに違いない。ところが、「まあ、ダメならダメでいいんだよね〜。もともと仕事なんてしたくないし」
「でもきちんと就職した方がいいんじやないの?」
「ぅぅん。今付き合ってる彼氏に、結婚してくれって言われてるのよ。それもいっかな
って」
…何なんだ、この切迫感のなさ。キミたち就職して社員になってボ—ナスもらいたいんじやないの?
洋子を見送って、さらに20分。白い力ーディガンにチェックのスカ—卜、髪の長いお
嬢様系の女のコがやってきた。どこか沈んだ表情だけど'顔立ちはなかなか可愛い。
「こんにちわ。オレもそこのイベントに来たんだけど。よかったらお茶でもしない?」
しばしの沈黙の後、オレの顔を見上げるや彼女が想定外の一言を発した。
「…ライブ行く?」
「へ?」
ワケのわからぬ顔のオレに、彼女は言う。
もともと彼女は、隣の東京ド—ムで行われるコンサ—卜に行く予定だったらしい。が、一緒に行く約束だったカレシがドタキャン。チケットが余り、どうしようか迷っていたのだという。
「じやあ、なんでフリー夕ーズスクエアにいたの?」
「まだ時間あるしヒマだったし…。それより、今からライブ一緒に行きませんか?」
当初の予定と違うが、これはこれでアリかもしれん。作戦変更といくか。
「おっけ、じや、行こうか」
彼女からチケットを受け取り、2 人して東京ド—ムへ。ライブを見始めて間もなく、オレは勝利を確信した。
手を握っても抵抗しないし、ソバに寄り添えば、向こうからベタベタ。男にフラれて、自暴自棄になってるのかもしれん。いいぞ〜。
「これから飲みに行こうよ」
「ぃぃよ〜」
ライブが終わった後、タクシーに乗り、渋谷のレストランバーに移動。散々、飲ませたところで、円山町のラブホへ向かった。
しかし、彼女、ホテル街のど真ん中で急に言い出すのである。
「やっぱりやめよう」

「はぃ?」
「いいじやん、カラオケとかあるし、入ろうよ」
「ん—、ここまで来てそれはなぁ…」
「ね?いいでしょ」
「でもなぁ…」
「だって軽いよ、軽すぎる…うなだれたまま'黙りこくる彼女。でついには、泣き出し

って、カンベンしてくれ
たまらずホテル街を飛び出し公園へ。その後オレは朝まで彼女と語り明かした。は〜。
果たして、オレの狙いはまちがっていたのだろぅか。とりあえず来年もまたド—ムには足を運ぶつもりだが。

1、以前、裏モノで、編集部・仙頭さんが工場バイトに潜入し、女工さんをナンパする企画がありましたよね。結果は散々でしたが、僕に言わせれば敗因は明らか。選ぶバイトを間違ってるんですよ。弁当工場なんか、オバチャンしかいないに決まってるじゃないですか!
長年、派遣バイトを繰り返してきたボクが正解、すなわち若い女の子だらけの短期バイトを教えましょう。山崎パンです。
この会社のパン工場で働くスタッフのほとんどはアルバイトで、男女比は2対8と圧倒的。さらに女バイトの過半数が学生やフリーターといった20代なのです。
そんな環境だけに、女子と仲良くなるのは当然の流れといいますか、嫌でもそうならざるを得ないってのが実情です。山崎バイトをキッカケに彼女を3人も作ったボクが言うんだから間違いありません。
2、高校卒業以来ずっとフリーターのボクは、いつもバイト先選びは女子の多いところと決めている。給料が高くても野郎ばかりのところは、心が腐ってくるので。特に短期バイトは女子狙いだ。1週間ほどで人間関係を築き、狙った子と飲みに行ってセックスできた日には、バイト代なんていらなくなるほどだ。女性が多い短期バイトを挙げておくので、ご参考に。

放送関連のビデオチェック
PCによるデータ入力
データスキャニング、書類チェック
郵便物の開封、チェック
通販商品の梱包、発送
リゾートホテル、旅館での接客給仕
塾の学習サポートスタッフ
ネットプロバイダのキャンペーンスタッフ
大学のテスト採点
電話カスタマーサポート

バイト情報誌を読む女は狙い目です
俺のナンパは、絶不調を極めていた。海でも山でもオナゴは一向につかまらない。裏モノで紹介されたナンパ法を真似ても、ことことく惨敗の憂き目だ。その日も、俺は新宿の路上で「キモイ」「ウザイ」「死ね」と罵倒されまくっていた。もはや限界。肩を落としつつ地元へ戻り、コンビ二へ立ち寄ったとき、バイト情報誌を立ち読みする女が目に飛び込んできた。息子がテントを張った。キャミにサンダルのめちゃ好みのタイブだ。ダメ元で、ここはイクしかない。彼女がコンビーーの外に出てくるのを待ち、声をかけた。
「ねえ、バイト情報誌読んでたけど、仕事探してんのっ」「えうん、まあ」
女はアッサリ立ち止まった。何でも、最近、バイトをやめたばかりのフリーター嬢らしい
「ふーん、ひょっとして、前はファミレスとかでしょ?」
「え、なんでわかったんですかあ。ちょっとビックリなんですけど」
「ハハハ、顔にそう書いてあるよ。歳はいくつっけっこう若そうだよね」
「19です。待遇よくなるのハタチからだから、どこの職場も時給安いんです。それでちょっと迷っちゃって」
ココは頼りになる男を演じなければ。
「俺も色んな仕事経験してるからさ、良かったら相談に乗らせてよ」「えー、でもお」
「いいからいいから、メシでも食いながらゆっくり話そうよ、ね」「じゃ、ちょっとだけね」
その後の展開はまさに夢を見ているようだった。居酒屋で話を聞き、2軒目のバーでは肩を抱き、そのまま傾れ込むようにホテルへ。これだけでも相当ラッキーなのに、彼女、よほどストレスが溜まってたのか、チンポにむしゃぶりついては「お願い、もー回」と迫る淫乱ぶり。結局、朝までに5回も昇天と相成った。
世にもオイシイ思いを体験したオレが思わないわけがない。バイト情報誌を立ち読みする女は、落としやすいのではっ
根拠はどこにもないが、翌日さっそく試した。と、なんと10人目にして、巨乳娘のお持ち帰りに成功するから堪らない。今さら聞くのもナンだけど、キミ、どうしてオレについてきたわけ。ラブホで一戦終え尋ねたところ、
「べつにい。仕事してないから、時間だけはあってさ。まあ、いっかなって」
確かに、バイト情報誌を読む時点で、無職かフリーター。当然、金もなく、出会いも少ない。どこか世間にうしろめたいようなコンプレックスも感じているのだろう。
「弱ってる女を狙え」はナンパの鉄則だが、彼女らはまさにピッタリ当てはまるのかもしれない。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ