★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0198_20200218075552305.jpg0199_20200218075553dca.jpg0200_202002180755557f7.jpg0201_20200218075556614.jpg0202_20200218075558c95.jpg0203_20200218075559bea.jpg0204_20200218075601584.jpg0205_20200218075602804.jpg0206_20200218075604dae.jpg0207_20200218075605d9f.jpg0208_2020021807560794f.jpg0209_20200218075608343.jpg0210_202002180756100a0.jpg0211_20200218075611399.jpg暴力のムチとセックスの飴・ドメスティックバイオレンスDVの恐怖
0260_20191209115236cc4.jpg0270_20191209115237e60.jpg0280_20191209115238f75.jpg0290_20191209115240c6f.jpg0300_20191209115241c59.jpg0310_20191209115243241.jpg

ワゴン車に連れ込まれてレ〇プされた話を、ここ最近かなりの頻度で耳にする。手口はどれも似たようなもので、夜中に独り歩きをしていたら、急にワゴン車が止まり、中から男が数人出てきて有無を言わせず連れ込んでしまうというものだ。現場は人気のない住宅街のこともあれば、薄暗い大通りで自転車に乗っていたところをわざとこかされたこともあったり。

昔からこういう犯罪者はいたのかもしれないが、ここ2年ほど、本当によく聞くようになった。この国はどこかおかしくなってるのかもしれない。どこに出没するかなんて、もちろんわかりっこないので、とにかく女性は夜の一人歩きは絶対に避けるように。

私はマンモス団地に住む主婦だ。小さな子どもがいるので放射能は気にしていたけれど、まさかあんなことになるとは…。平日昼間、団地の敷地内を歩いていると、1人の男から「この団地の方ですか」と声をかけられた。年齢は20代半ばから後半。えなりかずきを筋肉質にしたような風体だ。グレーの上下つなぎを着こなす姿は、まんま何かの作業員である。手にはアイフォンのようなサイズの小型の機材が握られ、腕には『調査』の文字の入った腕章が。
「私、放射線量の調査をしている者なんです」「え!」
「ほら、ホットスポットでしょう」彼は線量計(手に持ってる機材がそうらしい)を使って、このあたり一帯の放射線量を計測しているという。国や区の調査員なのかしら。
「奥さん……ですよね?失礼ですが、お子さんは?」「は、はい。いま保育園に行ってますけど」
「そうですか…。もしお時間ありましたら、ご自宅も計測しますよ」
「え?」「小さいお子さんがいると、なおさら気になりますよね。でも、ちょっとした工夫で放射線被曝は防げるんです」「……」 
一瞬迷ったけれど、せっかくの機会だからと、私は測定をお願いすることにした。男は部屋に入ると、室内を確認しはじめた。キッチン、リビング、子ども部屋…。ベランダへ向かった男が植木の上に線量計を置く。もし放射能に汚染されていたら、この機械が反応するらしい。
『ピピピピッ』突如、大きな金属音が鳴り響いた。
「うぁ〜!奥さん、高いですよ。この土なんて、完全に汚染されてしまってますね」
「えっ。そ、そんなにヤバイんですか」「ほら、これ見て」
男が液晶画面を見せてくる。数値は『0・21』。えっと、これはどういう…。
「0・21マイクロシーベルトってことですよ。福島ほどではありませんけど、かなり
のレベルです。この土はすぐに取り替えた方がいいと思います」
「は、はい!」
その後も男は排水溝や洗面台の上に機材を置き、数値を見せながらまくし立てた。
「残念ながら、内部被爆の危険が高いです」
「次に注意してもらいたいのは……」「外と変わらない数値です」
だんだん不安になってきた。まさか自分の部屋がこれほどまで汚染されているとは。呆然とソファに腰をおろしたそのとき、耳元に吐息が吹きかけられた。
「心配しなくても大丈夫です。ボクの言うとおりにすればいいですよ、奥さん」
「はい?」
気づけば、男は私の背後にいた。両肩を掴まれ、抱きつかれる。
「な、なんですか」「奥さん。不安でしょう。わかりますよ」 
男が胸を触り始めた。ちょ、ちょっと、何すんのよ!我に返った私が絶叫すると、男は廊下を猛ダッシュし、玄関から一目散に飛び出していった。 
私は夫と相談した上で、近所の警察に駆け込んだ。あの男、どうにも怪しい…。一部始終を聞き終えたところで、老年の刑事は頭を掻きながら呟いた。「同じような事案の相談が他県でも何件かあったって聞いたな」団地でも似たような件が報告されているという。

「同じ男が放射能の多いところを回ってるんじゃないかな」やっぱり。あの男、区の調査でも何でもなく、放射能をダシにして、家に上がり込んでくるレ〇プ犯なのだ。この犯人が捕まったという話は聞いていない。今もホットスポットを巡っているのかも。

【ドメスティックバイオレンス概略・全文は上記記事をお読みください】
みなさんはドメスティックバイオレンス(通称DV)という言葉をご存知でしょうか。
夫が妻を、彼氏が彼女を一方的に殴る蹴る。ときには熱い鍋でヤケドを負わされたり、割れたガラスで血まみれになったり…。最悪、死に至る。
元々は親しかった男女の間で起きる暴行です。第三者に正しく伝えるためにはセックスの話を避けて通れません。当然、ロは重くなり、その実態が世間の目に触れることは稀なのです。
3 年間にわたり暴力のムチとセックスの飴に支配されてきた私の話を聞いてください
殴られた後のセックスが最高
優しち着いた大人の雰囲気の持ち主でした。一方、その頃の私はデパートに勤める18才の小娘です。髙校時代は「常盤貴子に似てる」などとチヤホヤされたものの、彼の猛烈アプローチに、いとも簡単にオチてしまいました。
2力月後、同棲を始め、そこから4力月でSEX。出あってからわずか半年のスピード入籍でした。
「子供ができたワケでもないのに、なぜそんなにの?」
母親や友人には随分と諭されましたが、今となってはその理由がセックスです。ムード作りに指使い、舌の動き。どれをとってもテクは素晴らしく、特に20センチ近くもある極太ペニスを挿入されたときの快感といったら、もうトロけるばかりでした。彼の顔を見ただけでアソコが濡れてしまう。私はいつしか完全な淫乱に調教され、それをまた愛情と勘違いしていたのです。
2力月ほどたったある日のことです。勤め先から一民ると、夫が居間でTVを見ていました。
「あれ、仕事どぅしたん?具合悪かったら病院でも行く?」
「いや。ちよっとしんどいねん。しばらく仕事休むわ」
「えっ? 」
明らかに何かのタガが外れてしまったようです。しばらく見て見ぬふりをしていたものの、毎日、夫が家でゴロゴロしていればさすがにある夜、私はTVの前で横になる彼に怒鳴りつけました。
「アンタが働いてくれんと生活でけへんねん!」
その瞬間のことでした。
「ナニ言った、コラ! オマエはオレの言うことを黙って聞いてればええんや!」
拳で思いきり殴られました。歯と口内がグチャッと音をたて、同時に脳天に強い衝撃が走ります。
一瞬何が起きたのか、事情を呑み込めないまま、ソファにボーッと寝そベっていると、
「オマエはオレの親か?やかましい口調で学んやないぞ、オラ」
両足で私の腹と胸を踏みつける彼。振りほどいて立ち上がろうとすると、髪の毛を引っ張られ、目の前のテーブルにガンガンガン
灰皿が床に落ち、吸殻と一緒に血が飛び散っていきます。厚目のガラス天板にはヒビが入り、その隙間にも血液が。これが夫に潜む鬼を見た最初でした。間もなく私のに異変が生じます。夫のそばにいるだけで、殴られる恐怖に襲われ、身がすくんでしまうのです。正直、2 人きりになると吐き気を覚えることさえありました。
しかし、一方で私の中に潜む別の自分に気づいてもいました。恥ずかしい話ですが、ふるわれた後、レ〇プに近い形で全身をいたぶられると、たまらなく感じてしまうのです
「哀れむょ、ツラで何を見とんねん。ほんまに殺すで」
彼は私をうつ伏せに寝かせ、全身を踏みつけてきました。
「ほんならコッチはどないやねん」と、股問に。このときほど、彼の指と自分のおまんこを呪ったことはありません。
「ウチの両親も喧嘩ばかりしとつたで。すぐに謝りに来るから辛抱しいな」
誰も単なる痴話喧嘩としか見てくれません。セックスが気持ちいい。だから逃げ出さなかっただけで、殺されそぅなんです。こんなことはロが裂けても言えませんでした。
先輩の言ぅとおり、夫は私が逃げるたび謝りにやって来ました。
「頼む!頼むから、帰ってきてくれ。おらんとダメなんや」
そして、土 する夫を見るたび「しやあない」と許してしま、っ私。また元の木阿弥になるのはわかっているのに、迎えに来てくれたことが嬉しくて幸司の元に戻る私。この辺りの心境は、よく覚えています。
「美加が本気で別れたいんなら、それでもええで」
「え?」
意外なことばでした。が、心から言ってるとも思えません。
「私、本気や。別れたい…」
彼は無反応でした。黙ったままアクセルを踏み、国道を15分ほど北上。雨で湿った山道をゆっくり登
っていきます。エンジンが止まったのは、入り口から3 〜4キロの地点でしょうか。
すでに12時。月の明るさを頼りに前方を確認し、私は言いました。
「美加、さ、ここで降りて。オレ帰って見たいテレビあるし」
「何してんねん。はよ降り一や」
「…ごめん。私が悪かったです。別れません」
「そっか、そやんな!やっぱりオレら愛し合ってるもんな!」
私はただ黙って下を向いてるより他ありませんでした。
せやつたらソープで働かんかい!
デパート勤務では生活が成りたたず、キャバクラで働き始めました。家から車で15分のところにある雑居ピルの5階。コスプレサービスのある店でした。
ある夜、客の1人と同伴出勤すると、幸司が仲間を10数人引き連れ飲んでいました。
夫が店に来るのは珍しくないのですが、この日ばかりは様子が違ってました。
「おい、オッサン。誰が他人の女とメシ食つてええつて言ぅたんや。美加、おや。オレとやってるときはヒィヒィ泣いてビショビショのくせに、足りんのか!オラ、コッチ来ぃや」
「キャアアア〜」
引きされ、エレベー夕ーの中でビンタ。1階喫茶店の看板に顔を打ちつけられた後、道路で馬乗り顔面パンチです。出血とショックで徐々に気が遠くなした。
当然、店はクビになり、新しい働き口を求めて次の店へ。と、また同じよぅに夫が嫉妬心を燃やし店内で暴れるのです。もはや私に働き口などありません。
「せやったら、ソ—プで働かんかぃ!」
夫の鬼のよ、台詞に、ついに堪忍袋の緒が切れました。逃げたる。二度とアンタの前には現れん。
意を決して私はまもなく新宿のキャバクラで働き始めます。1人暮らしはまんざらでもなく、3 力月もすると、お店以外でも星の知りあいが増えてきました。
(新しい恋でもしよぅかな)
もはや夫には何の未練もありませんでした。しかし—。
幸司が心を入れ替え、マジメ人間に生まれ変わった。ヨリを戻すためにやっている。そんな風の便を耳にしてしまったのです。悩んだ末、私は幸司の元へ帰っていきました。救いようのないバカ女と言われれば返すことばもありません。ただ、そのときは信じたのです。
もう一度優しい主人に戻ってくれるのだ、と。
夫の机の引き出しから白い粉と注射器が
それから1年。奇跡のように平穏な日々が続きました。夫は現場仕事に汗を流し、私は彼のためにおいしい料理を作る毎日。夜のセックスも、トロけるように日でした。
そして、待望の赤ちゃんが誕生します。女のコで美幸。美加の美、幸司の幸から取りました。
「次に生まれた子はどないすんねん?加司じゃおかしいしなあ」
子供のいる男は責任感が強くなるといいますが、夫は実に生き生きとした目をしていたものです。
しかし、幸せは長きませんでした。ある夜、酒に酔った夫が帰ってくるなりシレッと言い放ったのです。
「喧嘩してクビになった。悪いけど、またキャバクラで働いてくれへんかな」
このときの私の落胆ぶり、どう現したらよいのでしょうか。
私は言い返しました。
「なに甘えてんの?アナタが働いてくれないとダメ!」
「. 、っるさいんじや、ボケ!」
抱きかかえる私の髪をつかみ、グーパンチでこめかみをガンガン。頭がおかしくなりそうな日々の中、先に変になったのは夫の方でした。暗い部屋に閉じこもつてブツブツブツ…。
かと思えば、窓ガラスを割り「でゅれうぼひゅややぁう」と意味不明
覚醒剤でした。ドコで手に入れたのか、彼の引き出しから白い粉と注射器が出てきたのです。
私は夫の実家を訪れました。幸司の母親にすべて事情を聞いてもらおうと思つたのです(夫は父親を亡くしていた) 。
久しぶりに訪れた夫の家は、異様な雰囲気に変わっていました。扉を開けた瞬間、魚の腐乱した匂
いが漂い足の踏み場もないほど古いサンダルや真つ黒なスニーカーが散乱。ゴミ屋敷さながらです。
「あら、美絮ゃ〜ん。さぁ上がつて上がつて」
「…おじやまします」
腐りかけた板張りの廊下をほんの少し歩くと、左手にはゴミだらけの居間。本題をどう切りだすか。そのことで頭が一杯だった私は、手にしたコップを見て吹き出しそうになした。なんと、ボロボロの紙コップだったのです。
「食器って面倒やん。家はお皿もコップも紙なんよ」
「はぁ…。それはそ一と、実は、幸司さんのことなんですが…」
一気にまくしたてる私のことば母はしばらく聞いていました。
そして、おもむろにこう言ったのです
「何いってんの?幸ちゃんナィーブで優しい子なのょ」
「え?」
その夜、私は幸司の叔父から数時間なじられ続けました。
★私はついに離婚しました
予想どおり彼は暴れましたが、すでにヨロヨロ。その姿には哀れみすら覚えたものです。私は強引に離婚届に判を押させに提出、そのまま故郷へと帰りました。
あれから1年。今、私は実家とは別の土地で娘と2人、平穏な日日を送っています。と心にできた無数の傷が癒えるまで、あと何年かかるのか。私の人生はここから再スタートです。

※この作品は創作です。実在するものとは一切関係ありません

関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえH盗撮・エログちゃんねる

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!

エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。