0184_2020021609040026a.jpg0185_20200216090401283.jpg0186_202002160904026db.jpg0187_202002160904048ed.jpg0188_20200216090405ce5.jpg0189_2020021609040792b.jpg0190_20200216090409f16.jpg0191_20200216090410eb0.jpg0192_202002160904112d1.jpg0193_202002160904135a5.jpg0194_20200216090414f04.jpg0195_2020021609041653d.jpg0196_20200216090418bad.jpg0197_20200216090419362.jpga228_201912041041022ab_20200206101711e8b.jpga229_20191204104103384_20200206101713823.jpga230_20191204104105211_202002061017148e6.jpga231_20191204104106cc6_20200206101716e53.jpgこの乳首も唇も、全部あの委員長のものテレクラで遭遇したエンコー女は小学6年時の初恋の相手だった
初恋の甘酸っぱい経験は誰もが持っているだろうが、時を経てその相手と再会しても変わらず同じ気持ちでいられることはそうないと思う。思い出の人との遭遇は往々にして過去の美しい記憶を破壊する。あまりの変貌ぶりに失望し、会わなければよかったと後悔するのがお決まりのパターンだ。私も初恋の相手に会いたいなどという願望は、まったくといっていいほど持っていなかった。会ったところでどうなるわけでもないし、変わり果てた自分の姿を見られることにも抵抗があったからだ。しかしこの夏、思いもよらぬ形で、それも見方によれば最悪と言ってもいい形で、私は憧れだった女性と22年ぶりの再会を果たしてしまう。
待ち合わせ場所に見覚えのある顔が
今年6月、大阪出張が週末の休みに重なったので、奈良の実家へ立ち寄ってみた。34にもなっていまだ独身。仕事にかまけて盆や正月にすら帰省しない私ではあるが、両親は久しぶりに見る顔がうれしかったのか、ずいぶんと歓待してくれた。が、盛り上がったのも初日の晩のみで、翌土曜には何もすることがない。昔の友人もみんな所帯持ちでは遊んでくれないだろう。(もう東京に戻るか)と考えつつ、市内をブラブラ散歩していたときに見かけたのがテレクラの看板だった。ほんの暇つぶしのつもりで、私は店内に入った。
ロクに掃除もされていない室内でガチャ切りコールだらけのー時問が過ぎたころ、ようやく落ち清いた声が受話器の向こうから聞こえてきた。
「もしもしー」「もしもしー、名前はっ」「ミキ」「ミキちゃん、何才なんっ」「えー、恥ずかしいわ」「なんでっ別にええやん」「四捨五入したら30やなあ」
この古くさくも微妙な言い方で、私は彼女が34才なのではないかと推理した。てことは同級生じゃないか。東京なら、同級生談義に花を咲かせるのも手だが、こんな田舎では、下手に身近感を持たせると裏目に出る。もし知り合いだったらと、警戒してしまうからだ。ここは嘘をついておこう。
「オレ37やけど、ええかな」「うん、別にええよ」「結婚してんのっ」「ううん、そっちはっ」「オレもまだや」「へえ、そうなんや。で、ちょっと相談なんやけど」
やはりと言うべきか、彼女は援助希望だった。希望額2万円。どんな女かだけでも見てやろうと、私はその申し出を承諾した。ブタなら引き返せばいい。待ち合わせ場所のスーパー駐車場に、女は立っていた。黄色いTシャツにブルージーンズ。まるで24時間テレビの関係者のようだ。
「あ、さっきの電話のっ」
話しかけると、彼女は素早い動作で振り向いた。丸い顔、大きな目、そして薄い唇。見覚えのある顔だった。もう言わずともわかるだろう、彼女こそが私の初恋の相手だったのだ。
言葉をかわしたことすらなかった2人
小6のある時期から私は、クラスの1人の女子を意識し始めていた?彼女、長谷川杏子(仮名)は、身長がクラスで前から2番目といっ小柄な体ながら、ドッジボールやバスケでは抜群の運動神経を発揮し、学級委員にも選ばれるような活発な生徒だった。まだ子供なのでスタイルがどうこうという記憶はないが、顔はやはり可愛かったと思う。
当時、聖子ちゃんの物真似がいちばん上手かったのも彼女だった。一方の私は、粘土細工で市の賞をもらったことだけが唯一の取り柄という、地味で目立たない存在だった。クラスの中心的存在に憧れる、控え目な男子。ほのかな恋心が叶うことはなかった。
というより叶えようという気すらなかった。何をどうしていいのかわからなかったのだ。実際、面と向かって話したことすら数えるほどしかなかったように思う。今でもハッキリ覚えているのは、3学期に行われたソフトボール大会で同じチームになったときのことだ。誰かのヒットでホームに!チームメイトとハイタッチをかわそうとすると、その中に彼女の姿がなかったのだ。このときのショックは忘れられない。彼女は3塁ベース上にいたのだ。卒業後は別々の中学に進んだため、顔を合わすことは一度もなく、同窓会もなければ、噂を聞くこともなかった。それがまさかこんな形で。
唇も陰部もすべてあの長谷川なのだ
「あんた、若いなあ」私を見て、長谷川は無表情に言った。同級生の中西だと気づいていないのか。もともと、影は薄かったから無理ないのかもしれないが。今思えば、この段階で何か理由をつけて帰るのもーつの判断だったかもしれない。これ以上、思い出を汚す必要性はどこにもなかった。しかしそのとき私を支配していたのは、紛れもない興奮だった。それは「あの長谷川とヤレるー」といった単純な喜びではなく、初恋の相手に遭遇し、その熟れた肉体を陵辱する自分、というシチュエーションに燃えたのだろうと思1つ。2人は言葉少なにラブホに入った。
女なんて脱いでしまえばすべて同じだとはよく言うが、そこはやはり長谷川の体、感慨の沸き上がらぬわけがない。赤みがかった乳首も、舌を小刻みに震えさせてフェラチオする唇も、水のような愛液を滴らせる秘部も、すべてあの長谷川なのだ。運動会でバトンを落として泣き、法隆寺前の記念写真でおどけてみせ、クラス会の司会で教壇に立った、あの長谷川なのだ。
★「私、実はバツイチやねん」帰りの車の中で、問わず語りに彼女はしゃべり出した。出た後、大阪で就職し、取引先の男と結婚。しかし2年も経たぬうちに離婚し、今は実家で暮らしているー。
「ほなら、その人が初恋っ」「えー、初恋は」
「じゃあいつころなんっ」「小学校かなあ。チョコレートあげたし」
ショックだった。誰がもらったんだ。大野か。渡部か。私は尋ねた。
「その人。今どうしてるか気にならへんっ」
「そやなあ、気になるけど会わんほうがええんちゃうっ変わってたらショックやもん」翌日、私は東京に戻った。
関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえH盗撮・エログちゃんねる

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!

エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。