★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0078_20200215135909f3b.jpg0079_20200215135910ace.jpg0080_20200215135912a46.jpg0081_20200215135913373.jpg0082_20200215135915163.jpg0083_20200215135916abe.jpg0084_20200215135918992.jpg0085_20200215135919a57.jpg0192_20190620192335d6f_20191001201145c46.jpg0193_2019062019233650c_201910012011462f1.jpg0195_2019062019233932d_201910012011492c7.jpg
1おっさんレンタルでの出会い
「おっさんレンタル」というサービスを知っているだろうか?おっさんを商品として1時間千円でレンタルできますよ、というサービスだ。単なる悪ふざけのようにも思えるサービスだが、自ら登録して“商品”になってみたところ、意外に需要があるらしく、月に2回くらいはレンタルのお呼びがかかっている。依頼主は20代後半から40代前半くらいの女が多いだろうか。男から依頼されることはほとんどない。依頼の内容は「草刈りを手伝ってほしい」とか「倉庫の荷物を運び出してほしい」みたいな力仕事から「フリーマーケットの店番」や「父の日のプレゼントを選んでほしい」「お悩み相談」といったものまで多岐に渡る。力仕事の場合は終わったらはいサヨナラって感じで面白くもなんともないが、後者の依頼は女とお近づきになれる大チャンスだ。例えばフリーマーケットだったら、終わった後に「けっこう売れましたね。打ち上げしませんか?」と飲みに誘えば断られることはほとんどないし、プレゼント選びなら終わった後、向こうからお礼として食事をご馳走してくれる。お悩み相談の中身はだいたいが不倫や浮気といった人間関係なので、自分から「いま自分は弱ってます」とアピールしているようなもの。「心配なので、これからも経過をきかせてください。もちろんお金はいりません」とか言えば、スンナリ定期的に会う約束を取り付けられる。登録時に誠実さや親切さをアピールするようにプロフィールを作っていけば、特技がなくても依頼はそこそこくる。金をもらったうえに女とお近づきになれる、こんなオイシイ話があっていいのか?
2レンタル彼女
最近、テレビ等でも取り上げられ、メジャーになった感のある「レンタル彼女」。何度も利用している俺の経験から言わせてもらえば、風俗と違って写真やプロフィールにほとんど嘘はなく、登録しているのは女子大生ばかり。サイトを見てタイプでない女を避ければ後悔することはないだろ。下手すれば娘くらいの子と手をつないで水族館へ行ったり、公園でのんびりしたり。あまりの年齢差に通行人すら振り返るこの背徳感がたまらなく楽しい。また食事の際には若い女が屈託のない笑顔で「はい、あ~んして」なんて言ってくれたり、公園で膝枕をしてくれたりするんだからリピーターが続出するのもうなずける。残念ながらエロ要素はなく、エンコーなどに持ち込むのも無理そうだが、若い女とデートできるだけで大満足だ。レンタル料は女のランクによって異なるが、プレミアムやスペシャルといった高ランクの女よりも、レギュラーやフレッシュなどのランクが低い方が素人感があって楽しめる気がする。ご参考までに。
3憧れの女優さんのおまんこをクンクンできるなんて
初めてAV女優さんと触れ合ったときの興奮が今も忘れられない。場所は、メーカー主催の握手会である。こちらが手を差し出すと、その手を胸元にギューと押し付け、「やわらかい?」ときた。私はAV観賞くらいしか趣味のない、しがない中年オッサン。日々の暮らしはそこそこ虚しいだけに、そのときのオッパイの感触が胸に突き刺さった。以来、AVイベントにちょくちょく通うように。いま一番ハマっているのは、桃太郎映像出版が定期的に開催している『リアル一番くじ』というイベントだ。DVDを購入するとAV女優さんと触れ合えるという流れで、どんなことができるかはくじ引きで決められるのだが、その“アタリ”は、・『きっす』(クリアファイル越しにキス)・『だっこ』(お姫様だっこ)・『しんぴ』(パンツ越しに股間をクンクンそう、とにかく過激なのだ。毎回ついついDVDを何枚も買ってしまいます。
巷でレンタル彼女ならぬ「おっさんレンタル」なるサービスが話題になった。
あらかじめ登録した本物の「おっさん」を、1時間1000円で借りて自由に使えるというもので、意外にも女性を中心に利用者は現在も増えているそうな。おっさんなんぞ借りてどうするんだとも思うが、1時間1000円で経験豊富な中年をコキ使えるなら、やり方次第では便利なサービスだと言えるかもしれない。おっさんレンタルの黎明期から現在までのおよそ4年間、延べ数百人以上の利用者から依頼を受けてきたというベテランのレンタルおっさん氏(40代後半)から、その内実を聞いた。
おっさんレンタルというサービスが始まったのは2012年。その後、このサービスを始めた社長さんがテレビに出演したりニュースになったりして、世間でちょっとした話題になっていた。
小さな会社を経営している私も、テレビで見たのをきっかけに、やってやろうと思い立った。試しにパソコンを立ち上げてサイトを覗いてみたら、おっさん募集の文字が目にとまった。
応募する上での必須条件として、以下の内容が書かれていた。
・日本在住で、33才以上、68才未満のおっさん
・イケてると勘違いしているおっさん
・全力で人を応援したいおっさん
私が応募しようと思った理由は、単なる興味本位だ。人は社会に出ると何かしらの肩書きやスペックを求められるが、ビジネスやお金のことは抜きで、自分は一人のおっさんとしてどれぐらいの需要があるのかという興味。
どんな人間から、どんな依頼が来るのか、まったく予測できないが、何事もやってみないとわからないじゃないか。そんな軽い感覚だったと思う。
おっさんとして登録するには入会金として年間13万円を納めねばならない。1年終われば更新でまた
13万円が必要になる。冷やかしの登録を防ぐという理由もあるんだろうが、軽い動機で始めるには少し金額が高いと感じた。でも、それだけ大掛かりだからこそ、実験として価値があるという考えもある。
試しにやってみるか。そんなノリで13万円をポンと払えるぐらいの強い好奇心と行動力がないと、おっさんレンタルはできないのかもしれない。
正式な登録の前に、簡単な面接を受けるのが決まりで、最初に注意事項として、エッチなことはダメ、遅刻は厳禁、それと依頼者からクレームが3回きたら登録解除されると釘を刺された。
中には女性の依頼者に手を出して、クレームが来るようなおっさんもいるらしい。
採用が決まれば、登録してプロフィール作りだ。他のおっさんたちは、それぞれ自分のプロフに、こんなことができます、などと得意なものをアピールしている。有名音大出のおっさんが「楽器や歌を教えます」とか、アウトドアが得意なおっさんが「キャンプに同行します」なんてパターンも。みなそれぞれの得意分野を活かしてアピールしているのだろう。私は何も考えずに「何でもやります」と
書くことにした。
何しろおっさんに依頼する内容なので、部屋の掃除や引っ越しの手伝いなどの力仕事が多いだろうとは予想してたが、いざ始めてみたら本当に多かった。パソコンの不具合を見て欲しいだとか、
『ちょっとおウチに手すりを作ってもらえませんか?』というようなDIYのお手伝い。グッズ販売の並び代行なんてものもある。
『好きな作家のサイン本が発売されるけど、当日は仕事でどうしても買いにいけません。代わりに買ってきてくれませんか?』
そんな依頼が、オタク女子の皆さんたちから寄せられるのだ。並びといえば、パチンコ屋の並び代行も受けたことがある。パチンコ屋に並んでまで台を取るって、どういうことなんだ? 
という疑問が以前からあったので、試しに依頼を受けて並んでみたのだ。
実際、秋葉原のパチンコ屋にまどマギの台が30台ぐらい入るという日に並びに行くと、千人近い人がいたのには本当に驚かされた。いかにも便利屋的なもので言えば、サクラ系の仕事も多い。趣味で音楽をやってる人たちからの依頼で、ライブの集客に詰まってしまったというパターン。1時間2千円のチケット代を自己負担するくらいなら、レンタルした方が安いという発想らしい。
ロックバンドの人が多い印象だ。似たようなもので、色々な営業職の人たちから、商品モニターをやって欲しいとか、アンケートを集めたいなんて依頼もくる。
例えばマンションの営業。彼らはとりあえず名簿を作らないといけないらしく、色んな設問が書かれたアンケートを書いて欲しいと頼んでくる。
これもサクラ系だが、いわゆる覆面調査の付き添い依頼もある。飲食店などのサービスや食事をチェックするというアレだ。一人だと怪しまれるのでおっさんをレンタルして、カップル客のフリをして調査するわけだ。これもサクラになるかわからないが、映画のエキストラをお願いされたこともあった。こちらはコスト絡みの話で、1時間1000円だとエキストラの事務所に払うよりも安いんだそうだ。色んなジャンルで雑用のような依頼が多いのは、やはり1時間1000円というのが相場として安いからだと思う。
依頼のジャンルを多い少ないで分けるなら、ダントツで多いのは「同行系」になるだろうか。お茶やお酒に付き合って欲しいとか、イベントや買い物などに一緒に行って欲しいというもので、中でも、お茶やお酒に付き合って欲しいという依頼は、結局のところ仕事や恋愛なんかのお悩み相談になることがほとんど。中でもダントツで多いのが恋愛相談だ。
旦那の浮気や自分の浮気がバレそうだとか、自分の浮気相手が別れたがっていて困ってる、などなど。レンタルをやってみてわかったのだが、皆さんが思ってる以上に、人妻たちは浮気している。
「まだ旦那にバレてないけど、誰にも言えないので、誰かに聞いて欲しかったんです」
などと告白してくる依頼者は本当に多い。ほかにも、出会い系サイトで見つけた男性と浮気しているが、連絡が来なくて心配だとか、旦那と別れて浮気相手と一緒になりたいだとか、女性の場合、セックスがどうこうではなくて精神的な悩みが多い印象だ。女性の依頼ばかりだと言うと、色っぽい関係になってホテルに行ったり不倫関係に発展したなどと、ソッチ系の話を期待するかもしれないが、残念ながら私の場合は一切ない。
たしかに依頼者によっては、旦那の浮気相談などで何度か依頼を受けて会ううちに、
「ちょっとお隣に座ってもいいかしら?」
と近づいてきてボディタッチしてきたり、いつの間にか私に気があるような素振りをしてくる人もいる。おっさんによっては依頼者と色恋の関係になる人もいるみたいだが、ここでそうなると、あとで誰か別のおっさんにバレて、本業に影響が出る恐れがある。複数のおっさんに依頼してる女性は多いので、何か悪さをするとすぐに噂が広がってしまうのだ。
とある別のおっさんに何度か依頼をしていた女性から、『今度、おっさんとしてじゃなく、普通の男女として飲みに行かない?』というメールが来て困ってる、と相談されたこともあった。おっさんによるセクハラは、やはりあるにはあるのだ。
ごくたまにだが、男性からの恋愛相談が入ることもある。
これは若い男性からの依頼で『好きな人への告白の練習をさせてもらえませんか?』という変わり種だった。都内のカラオケボックスに二人で入り、私を告白相手に見立てて何度も告白してくるのだ。
「ちょっとやってみますね。『○○さん、好きになりました。私と付き合ってください』。…どうでしょう?」
「うん、誠実な感じで良かったと思いますよ」
 一応、真面目にアドバイスしたつもりだが、結果がどうなったか連絡が来てないので、たぶんダメだったんだと思う。普段は会えないような人たちに会えるというのも、おっさんレンタルの面白いところかもしれない。例えば、議員秘書とか、弁護士、あとはそんなに売れてない女優さん、という方もいた。その子は、副業で夜のバイトもしてるらしく、そのお客用にセクシー写真を撮って欲しいという依頼だった。「セクシー写真って、どんな感じのですか?」
「そうですね〜、パンツがチラっと見えてるようなのがいいかな」
ということなので、一応ちゃんとしたカメラを用意して、一緒に昼間の公園に行き、ブランコの上でオーダー通りの写真を撮ってあげたのだが、その写真が大好評だったらしく、以来、毎年ある時期になると、違うバージョンのセクシー写真を撮って欲しいと依頼がくるようになった。ちなみに、今年は水飲み場で胸元がチラりと見えるショットだ。
これは30代後半の一般女性だが、『両親の前で彼氏のフリをしてもらえませんか?』という依頼が来たことがある。
彼女は、親御さんに長いこと彼氏がいないと思われていて、そろそろ結婚を、というプレッシャーを受け続けていた。本人とメールで打ち合わせを続けた結果、私が彼女の実家に行って、ご両親とガッチリ話すとなるとボロが出るので、どこかで両親と待ち合わせして軽く挨拶するということに。
「セクシー写真って、どんな感じのですか?」
「そうですね〜、パンツがチラっと見えてるようなのがいいかな」
 ということなので、一応ちゃんとしたカメラを用意して、一緒に昼間の公園に行き、ブランコの上でオーダー通りの写真を撮ってあげたのだが、その写真が大好評だったらしく、以来、毎年ある時期になると、違うバージョンのセクシー写真を撮って欲しいと依頼がくるようになった。ちなみに、今年は水飲み場で胸元がチラりと見えるショットだ。
これは30代後半の一般女性だが、『両親の前で彼氏のフリをしてもらえませんか?』という依頼が来たことがある。
彼女は、親御さんに長いこと彼氏がいないと思われていて、そろそろ結婚を、というプレッシャーを受け続けていた。本人とメールで打ち合わせを続けた結果、私が彼女の実家に行って、ご両親とガッチリ話すとなるとボロが出るので、どこかで両親と待ち合わせして軽く挨拶するということに。
いざ、待ち合わせ場所で、見も知らぬ女風俗で働いていたことを旦那に話したいい
 いざ、待ち合わせ場所で、見も知らぬ女性のご両親と対面したときは、さすがに緊張したが、
「初めまして。○○と申します」 と笑顔で自己紹介したら、ご両親も笑顔で応え、お互い「お世話になってます」とペコペコとお礼合戦に。
その後も、2度3度と同じ依頼を受けたが、今年に入ってから音沙汰がないので、たぶんうまく誤魔化せたんだと思っている。誰でも一つぐらい、人には言えない秘密を持っていると思うが、自分一人で大きな秘密を抱えているとストレスを感じるものだ。そのはけ口としておっさんレンタルを利用するという人は少なくない。
「実は、若いころに風俗で働いてたことがあって。旦那には隠してきたんですけど、本当のことを言いたいんです」
 ファミレスでいきなりこう切り出してきた30代の人妻さんは、本人も旦那に言わない方がいいことはわかっているのだが、やはり隠し事をしてるのがしんどいらしく、ひとまずは相談のつもりで私に会って、洗いざらいをさらけ出そうと考えたらしい。
「もう自分が許せないんです。全部洗いざらい告白して、謝ってしまえばラクになれると思うんだけど…」
あまりに自分の過去を卑下していたので、一通り話を聞いたところでこう伝えた。
「理由があってその仕事をしてたんだから、そこは否定しない方がいいですよ。何事も経験っていう考え方もあるし」
結果的に少しラクになったそうで、旦那に言わないことに決めたらしい。話を聞いてあげたことで、ガス抜きになったんだと思う。
精神的な病気の方から依頼が入ることもたまにある。
最初のメールの段階で、『わたしは、境界性人格障害なんですが』と書いてきた40代の主婦は、常に誰かに見張られてるとか、追いかけられる、という恐怖に怯えていて、とにかく助けて欲しいと、切実な感じで相談を持ちかけてきた。
この手の依頼は、それこそ相手が納得するまで聞くしかない。
「自分の家族は誰も聞いてくれなくて、その話は止めてくれって言われるから、お願いしました」
本人の自宅に家族がいない時間にお邪魔して、3時間ぐらいみっちりと話を聞いてあげたらようやく落ち着いてくれた。こんなオッサンがただ聞いてあげるだけでも役には立つものなのだ。色恋沙汰があるわけでもなく、時給もたった1000円ぽっち。どうして年間13万を払ってまでおっさんレンタルを続けているのか、皆さん不思議に思うかもしれない。でも私にとっては、レンタルされてるときだけは100パーセント善人を演じていられる、というのが楽しいのだ。
誰でも若いころは自分のことばかり考えて生きてきても、年を取ると他人のために何かしてあげたいという気持ちになる。話を聞いてあげることで、スッキリできた、大事なことに気づくことができた、と喜んでもらえたら、それは自分の喜びにもつながるのだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ