★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0026_20191024112523a45.jpg0027_201910241125252aa.jpg0028_20191024112530b29.jpg0029_20191024112545082.jpg0030_20191024112545be5.jpg0031_20191024112545f2f.jpg0032_20191024112547815.jpg0033_20191024112547359.jpg0034_20191024112547765.jpg0035_20191024112547bd9.jpg
飲食店の壁やトイレでたびたび見かけるモノがある。
『にんげんだもの』で知られる相田みつをの詩だ。
 内容はこんな感じだ(オレの創作)。あくまでオレの自作だが、世界観はそう遠くないはずだ。要するに彼は、人間は誰しも弱く、不完全で、それでも愛すべき存在だってなことを、いろいろ表現を変えながらグダグダ書き連ねておるわけだ。マトモな人間ならば、薄っぺらすぎて恥ずかしい内容の詩を、なぜか飲食店の店長はこれ見よがしに貼っている。おそらくや、みつを信者なのだろう。そして信者ということは、みつをと思考が似ているのだろう。
ならば彼ら彼女らは、人間というものに対し常に寛容であるはずだ。客、すなわち人間の、面倒なお願いにも快く対応してくれることだろう。不完全な人間を愛することこそがみつをイズムなのだから。オレが無茶な注文をして、もし愛してくれなければ、エセ信者とみなして詩をひっぺがえしてやる。
「そばにうどんの汁を使ってもらえますか?」
まず、繁華街にある立ち食いそば屋に寄ってみた。この店にはみつをの、
『うばい合えば足らぬ わけ合えばあまる』
 という詩が飾ってある。当たり前の内容だ。でもこれこそがみつをイズムなのだ。分け合う心、人間への慈愛がそこには表現されている。天ぷらそばの食券を購入して、店員に渡す。まず最初の無茶として、天ぷらに注文をつけよう。作り置きではなく、新しく揚げてもらうのだ。だって揚げたてのほうが旨いもん。人間だから旨いの食いたいもん。
「トッピングの天ぷらを新しく揚げてもらえますか?」
「はい、できますよ。お時間5分ほどいただきますけど」
 あら、融通が利くじゃないの。では、汁に関してはどうだ。
「あの、うどんとそばの汁って使い分けてると思うんですけど、そばにうどんの汁を使ってもらえますか?」
「はあ、ちょっと店長に聞いてきます」
 奥から店長が出てきて言った。
「ああ、別にいいっすよ。少し味が薄くなりますけど」
 ほうほう、これも出来るのか。さすがだな。出てきた天ぷらそばを食べながら、さらなる注文を考える。天ぷら、汁、ともに融通を利かせてきたところは立派だが、じゃあこれはどうだ。
「あの、店内のBGMを消してもらえませんか?うるさくて食べるのに集中できないんです」
「じゃあ、音量を下げますよ」
「いや、完全に消して欲しいんですけど」
「他のお客様もいらっしゃいますので、さすがに難しいです」
 ボリュームをひねりきることが、それほど難しいのか! みつをファンの片隅にも置けない奴だ。
「食べ終わるまでなんですから、いいじゃないですか。そこの相田みつをみたいに優しくなりましょうよ」
店長が額縁に飾られた詩を見ている。
「そんなこと言われても困りますよ。あれはオーナーの趣味なんで」
「え?」
「ええ、別に私が好きなわけじゃないですし」
くー、オーナーの意向に逆らうって言うのか! あんた、クビ切られるぞ!
「300円で酒とツマミを作ってくれませんか?」
次の店は場末の居酒屋だ。
「いらっしゃーい」
ゆるい感じのおじさん店主だ。みつをの詩が二つ書かれている。自分を大切にしようみたいな抽象的な内容だ。店内では3人の老人がゆったりと酒を飲んでいた。
「すみません。お金があまりないので300円で酒とツマミを作ってくれませんか?」
 どうだ、この注文を受け入れられるか?
「別にいいよ。ビールの小瓶が200円とツマミを100円でいいだろ?」
 すんなり認めてくれるとは!さすがみつをを二つも飾ってるだけはある。
 出てきたのは少量の刺身だ。親切に爪楊枝も用意してくれている。
 お次はNHKが流れるテレビだ。チャンネルを変えさせてもらおう。
「あの、テレビ変えてもいいですか?」
「え? なんでよ?」
「見たい番組が始まるんです」
「ああ、別にいいよ」
 寛容だ!1時間たって、他の客がいなくなったところで最後のチェックだ。タバコを吸わせてほしいとお願いするのだ。この店は17時以降でないと、店内でタバコを吸えない。現在は14時。これを許可してくれればみつをファンと認めてもいいだろう。
「あの、タバコを吸わせてもらっていいですか?」
「いやあ、ゴメンね。この時間は禁煙なのよ」
「そこをなんとかお願いしますよ。他にお客さんもいないですし」
「吸いたいなら外で吸ってよ。荷物はそのままでいいからさ」
 うーむ、これは非寛容というしかないな。
「いやあ、相田みつをなら優しく許してくれると思うんですけど」
「はは、あのカレンダーのこと言ってるのか?」
 おっ、笑っているぞ。
「みつをならタバコ吸わせてくれるはずなんですけど」
「いやあ、俺は別に好きじゃないからなぁ。うちの女房が好きなんだよアレ。それで飾っとけって言われてさ」
「お金が足りないので皿洗いさせてもらえませんか?」
 お次は東京の下町にある個人経営のそば屋だ。
 飾ってあるみつをの詩は、『おかげさん』
 短い。というかこれは詩といえるのか? 拡大解釈すれば、人間はみんな互いに助け合って生きてるんですよ、ということだろう。ランチの最後の時間で客は俺だけのようだ。
「いらっしゃいませ〜。こちらのカウンターにどうぞ」
「あの、4人掛けの席でもいいですか?」「ええ、どうぞ」
おばちゃん店員が怪訝な顔をしたがなんとかOKが出た。寛容だ。
お次は注文だ。勝手にセットメニューを提案してみる。
「あの、カツ丼とそばのセットってできますか?」
「基本は単品なんですけど…」
「あまり、お金を持ってないもので…。そばの量を減らして値段もそれに合わせてくれると助かるのですが」
「ちょっと、店長に確認してきます」
厨房にいるガンコそうな親父となにやら話している。
「大丈夫ですよ。半そばとカツ丼で千円でどうです?」
なんと、寛容な店主だ。おかげさん精神、ここにあり!
お次はタバコだ。この店もランチの時間は禁煙らしい。
「すいません。タバコを吸いたいんですけど」
「はいはい、灰皿ね〜」
あらま。素晴らしいじゃないか。そば&カツ丼セットを食い終えたところで、最後の調査をしよう。
「ごちそうさまでした」
「では、お会計が千円になります」
金が足りない演技をしてみせる。
「あれ? すみません。ちょっと足りなさそうです」
「え? 千円ですよ」
「はい。なので皿洗いでもさせてもらえませんか?」
「それは…、ちょっと店長に聞いてきます」
 奥に行ってしまった。大丈夫だろうか。心配だ。数分して笑顔で戻ってきた彼女が言った。
「銀行で下ろしてきてもらえます? すぐに戻ってくるなら大丈夫ですよ。でも一応、身分証を置いていってください」
皿洗いではカンベンしてもらえないのか。それに身分証を置いていかせるってのは、人間愛からかけ離れてると思うぞ。
「身分証ですか? うーん、相田みつをならそんなこと言わないと思うんですけど…」
「相田みつを? あーこれね。でも、人を信用しなさいみたいな詩はないんじゃないの?」
「はあ、そうなんですか」
「変なこと言ってないで、早く下ろしてきてちょうだい」
「はい、わかりました」「味噌ラーメンに豚骨のスープを混ぜてくれませんか?」
 次に向かったのは郊外の国道沿いにポツンとあるラーメン屋だ。気前のいい店主が営んでいることだろう。
「いらっしゃ〜い」
 大声で出迎えてくれたのは、いかにも相田みつをが好きそうな男性店主だ。40代後半か。店内の込み具合はまばらだ。
入店して、詩を確認する。なんとこの店には3枚も飾られていた。かなりのファンだと推測できる。
そのうちの一つが、
『いつどこでだれとだれがどんな出逢いをするかそれが大事なんだなあ』
オレとの出会いも大事にしていただきたいものだ。
「カウンターどうぞ!」
「4人掛けでもいいですか?」
「はい! かまいませんよ〜」
嫌な顔一つしていない。これくらいはみつをファンなら当然なのか。
「ご注文は?」「味噌ラーメン一つお願いします。あとチャーシューを大き目にしてください」
「トッピングで追加ですか?」
「いや、同じ値段で大き目のチャーシューにして欲しいんですけど」
 店主は苦笑いだ。
「わかりました。気持ち分は大きくします」
 なんと快諾してくれた。それじゃあ、続けてお願いしよう。
「あの、味噌ラーメンに豚骨のスープを混ぜていただけませんか?」
「はい? 違う味にしてくれってことですか?」
「はい。最後に豚骨をちゃっちゃと振りかけてくれればいいんですけど」
「たぶん、おいしくないですよ」
 少し不機嫌な顔をしている。
「いえ、それが食べたいんです」
「…ええ、わかりました」
渋々ながら認めてくれた! 寛容だなあ。ラーメンが運ばれてきた。茶色の味噌の上に白い豚骨が浮いている。味はイマイチだったが、店主の寛容さは伝わったぞ。
さて、最後のお願いだ。金が足らなかったときに身分証なしで銀行に下ろしに行けるかだ。
「ごちそうさまでした」
「ありがとうございます。お会計が700円になります」
「あれ? すいません。ちょっと足らないです」
「え、お金がですか?」
「はい…」
店主の表情がどんどん曇っていく。警察を呼ばれたらどうしよう。早く金を下ろしてくることを伝えよう。
「あの、近くのATMで下ろしてきますよ。なので少し待っててもらえませんか?」
「しょうがないな。わかったよ。30分以内に戻ってきてね」
お、すんなり許してくれた。身分証の提示も求められていない。
「じゃあ、行ってきます」
 これは寛容といっていいのではないだろうか。このまま逃げてしまう可能性もあるのに。近くのコンビニで金を下ろして店に戻る。なぜ外に出してくれたのか聞いてみよう。
「あの、さっき身分証も置いていかずに外に出してくれたのは、どうしてですか?」
「あー、この店ではときどきあるのよ。それに監視カメラで録画もされているから心配無用だよ」
 何度も経験してたってわけね。相田みつをとは関係ないのか聞いてみる。
「人情がありますね。飾ってある詩と同じですね」
「あー、あれね。そうそう。大好きなんだよ相田みつを。あの純朴な感じがたまらないんだよね」
「すごく美味しいですね。レシピを教えてもらえませんか?」
お次はビジネス街にある定食屋だ。昼過ぎに入店。店内はサラリーマンが4、5人いるだけだ。
飾られた詩には『出会いは一期一会』と書かれている。なんか当たり前すぎて拍子抜けだ。
「いらっしゃーい」
元気なおばちゃん店員が出迎えてくれた。いつも通り4人掛けに座ろう。
「そこ、いいですか?」
「はい、混んできたら移動してもらうかもしれませんけど」
 ふむふむ。ここまでは当然か。サバのみそ煮を注文して席で待つ。
「お待たせしました。サバみそです」
 スグに食べ終えて、店員を呼ぶ。
「これ、すごく美味しいですね。レシピを教えてもらえませんか?」
「え? レシピ?」
「はい。自分も真似したいなと思って」
店員が厨房に行って何やら話している。店主はめんどくさそうだ。すぐに店員が戻ってきて言った。
「あの…、レシピは教えられないそうです」
 はあ、寛容じゃないな。詩のことを言ってみよう。
「一期一会じゃないですか。あそこの詩にも書いてありますよ」
「うーん、ちょっと待っててね」
またもや厨房に戻っていった。店主の怪訝な顔が見える。さすがに難しいか。おばちゃんが戻ってきて言った。
「なんでも、薬味は使わないで、なるべく新鮮なサバを使ってるらしいわ」
「新鮮なサバの特徴ってありますか?」
「表面にヌメリと光沢があるのを選んでるらしいわよ。忙しくなってきたからこれで…」
「最後にすみません。店長は相田みつをが好きなんですか?」
「ああ、そうみたいよ。仕事終わりには、あれを見ながら晩酌してるわ」
詩を見ながら酒を飲むとは、相当入れ込んでいるのだろう。
「どんなところが好きって言っていました?」
「ストレートなところがいいらしいわよ。私にはよくわからないんだけど」
忙しいランチの時間にここまで対応してくれるのだから寛容といっていいだろう。これなら金がなくても皿洗いで許してくれそうだ。
「ごちそうさまでした」
「はい、ありがとう。お会計が800円になります」
お決まりの金が足らない演技だ。
「あれ、すみません。ちょっと足らないみたいで…」
「そう。じゃあ、下ろしてきてくださる?」
「あの、1時間の皿洗いで足らない分を許してもらえないでしょうか?」
「はい? 皿洗い?」
「ええ、働いたぶんで勘弁してもらえないでしょうか?」
「ちょっと待ってて、聞いてみるわ」
と言って、またもや奥に行ってしまった。厨房では忙しそうな店主がこちらを見ている。小走りで店員が戻ってきて言った。
「店の備品を壊されたら困るからダメだって。銀行にお金があるなら下ろしてきてほしいみたい」
はぁ〜。やっぱりダメか。でもなかなか寛容な店主と言っていいでしょう!
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

タグ