★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0056_20200210093122399.jpg0060_20200210093123e9d.jpg
ハードプレイも可のセフレだが超デブス
SnapCrab_NoName_2020-1-30_10-9-54_No-00.png
スナックのママは、陰のある男に弱いように思われる。彼女ら自身にやや不幸の匂いがあるからだ。オトコに疲れ、空虚な人間関係に疲れ、流れながれて水商売へ。そんな彼女らはどこか事情ありげな陰のある男に、自分と同じものを感じ取って心を許すのか。

場末のスナックではたらく女は、陰のある男に弱いように思われる。彼女ら自身にやや不幸の匂いがあるからだ。オトコに疲れ、空虚な人間関係に疲れ、流れながれて水商売へ。そんな彼女らは真っ当なサラリーマンなんぞに惚れやしない。どこか事情ありげな陰のある男に、自分と同じものを感じ取って心を許すのだ。そこをピンポイントで狙います。オレの設定は、ヤクザに追われてたまたまスナックに逃げ込んだ男。言葉少なに酒を飲みつづければ、そろそろ閉店となったころママさんは言うだろう。
「あんた、行くとこないんだったら、うちのアパートで飲み直す?」これだ。さぁママよ、どうする?

土曜、深夜0時。ジャンパー姿で高倉健さん風にキメたオレは、都内の場末街にやってきた。仲間は撮影役のAと、俺を追っているヤクザ役のB。今回はAを除く2人で芝居をうつ。まずAがスナック店内に入りビデオをセット。しばらくしてからオレが息を切らしながら駆け込み、ママさんに言う。「ちょっとトイレ貸してくれる?変な男が追いかけてきたら、いないって言ってくれるかな」
トイレに入ったところで、ヤクザBが登場し、ママさんに尋ねる。「今、ひょろっとしたニイちゃん、入ってこなかったか?」
ここでママさんがかくまってくれれば、ヤクザはしりぞき、トイレから出てきた俺は意味ありげにカウンターで飲み続ける。あとは閉店を待つだけだ。
「な、すごい陰のある男でしょ」「これはお互い、演技力がいりますね」「よし、行くぞ」
昭和のニオイのするスナックが並ぶ一帯で、まず撮影者が一軒の店へ。そして数分後、主役の登場だ。走って、走って、おおげさにドアを開ける。「いらっしゃい、おにーさん」
ママさんの声を受けながら、ずかずかと中へ。
「ねーさん、ビール。便所は?」「そっちだよ」「ちょっとかくまってもらっていいかな。ヘンな連中が来たら、いないって言ってくれませんか」
「ヘンなの来るの?」ママは表情をコワばらせながらうなずいた。便所に入り、ドアをちょっとだけ開けて様子をうかががっていると、まもなくヤクザが登場した。
「さっきここにひょろっとしたオトコ入って来なかった?」さぁママよ、どうする?「来てないよ」最初の関門は突破した。「もう行ったよ」ママさんが便所のドア越しに声をかけてきた。よろしい。完全にこちら側の人間になってくれている。カウンターでビールを一杯飲み干し、さらにもう一芝居。「…くそっ、あいつら!」「どうしたの。さっきの、変な男だったね」「…ええ」
「気をつけんといかんよ、このへんはヤクザ多いから」「ええ、自分、女に手を出す連中は許せないっすから」健さん風の抑えたトーンでぼそっとつぶやく。うふふ、どうよこのセリフ、深読みしてちょうだいよ(※以降、オレのセリフはすべて高倉健さんをイメージして読んでください)。ママさんが2本目のビールをあけた。
「あなた、どこから来たの?」「土佐です。事情があってこっちに……」「仕事は?」「いろいろやってきましたが、今はふらふらするばっかりです」「じゃあ仕事、紹介してあげようか?」
えっ!?彼女はいきなり携帯で誰かに連絡し始めた。「お客さんに建築関係の人がいるからね」「いや、自分は大丈夫なんで」「あなた困ってそうだし紹介してあげるよ」
誰かとしゃべっている。はいはい待ってます、とかなんとか言ってるし。
「そのお客さん、今からうちに来るとこだったみたい。もうすぐ着くって」
ややこしいことになってしまったぞ。面倒見のいい土建屋オヤジとかに、あれこれ事情を聞かれても厄介だな。この店はあきらめよう。

深夜1時半。2軒目に挑戦。例のごとくバタバタ入っていく。なかなか美人なママさんだ。「ねーさん、ビール。便所は…」「そっちだけど」便所に向かいながら、
「もし、自分を探しにヘンな連中が店に来たら、いないって言ってくれませんか」「ちょっと困るよ!面倒なのはやめてよ!」
かなり強い口調の声が返ってきた。「ちょっとそういうのは困るよ!」「すんません」「ちょっと、あんた待って!」
その声を無視して便所に入った。直後、入り口から物音が。「おい、今、ここに人が入ってきたと思うんだけど」こりゃ、かくまってくれないかもな。が、彼女はすんなり言った。
「誰も来てないよ」トイレから戻るとママの表情は引きつっていた。「行ったわよ」「…すんません」
「まあ、座んなさい。あんたはこっちの端っこが似合うわ」やはりスナックのママさんは、陰のある男を守りたくなる母性のようなものを持っているようだ。
「つええヤツをください。自分、酔いたいです」店内には、大ちゃんという客が一人座っていた。常連らしく、しきりとママに話しかけている。ジャマな男だ。
オレはグラスの酒を一気にあおった。「すんません、つええヤツもらえますか」「強いやつ?お酒?」「はい、つええヤツをください。自分、酔いたいです」「じゃあ、ブランデーね。あんまり飲み過ぎたらカラダによくないわよ」「ええ。だけど…」途中で口をつむぐ。わぁ、すごく意味深。どう、ママ、気になる?ダメだ。彼女はすぐ大ちゃんのほうに行ってしまう。早く帰れよ、大ちゃん。
ママが小鉢を持ってやってきた。「あんたも、食べる?」「ありがとうございます……ソラマメか、思い出すな」「どうしたの?」「いや、なんでもないっす」「そう…………」
思わせぶりな芝居にも、ママはなかなかついてこない。そうこうするうちに、大ちゃんがストレートな行動に出た。「ねえ、ママ、この前言ってた焼き肉行こうよ」「あら、そうね」「オニイさん、ごめんなさい。お店2時半までなんですよ。今日はママと焼き肉約束してるんで」なんだよこいつ、品のないヤツだな。ママもこんな朗らかな男、ほっときゃいいのに!
午前3時半。そろそろ開いているスナックがなくなってきた。あ、あそこにまだ1軒やってるぞ。レッツゴー!ドアを開く。げっ、ママさんはたぶん50過ぎじゃないか。しかも客も多いし。しゃーない、こうなりゃ進むのみだ。「ねーさん、ビール」「はいよ」「便所は?」「その向こうだよ」「あの、もし誰か来たら、いないって言ってくれませんか?」「なんだい、それ?」
問いにはこたえずに、便所に隠れる。まもなくヤクザ役がやってきた。
「すんませーん、今、若いヤツ入ってこなかった?」一瞬、店内がシーンとなった。ママさんが口を開く。来てないよ」「ホント?」「誰も来てないよ。ほら、見てごらんなさい、いないでしょ?」
しばらく後、カウンターに座っ たところで、ママさんがビールを注いできた。「かなりおかしな感じだったねえ」「…そうですか」「まあ、何があったかは聞かないけれど」
「…自分、女に手を出すやつは許せなくて」「はーん、そういうことね。そりゃあアレだねえ」
ママさんは一人で何かを納得している。
「私はね、あんたを先に入れた。あんたがどこの何者かは知らないよ。でもね。先に頼まれたものを引き受けたってことはだよ、そりゃあ守らなくちゃなんない」
「…ありがとうございます」「まあ、元気だしなよ」この人とねんごろになることに意味があるのか、さっぱりわからんようになってきたが、もうこのまま進みます!焼酎に切り替えちびちび飲み続けたところ、早朝4時を回り、客が一人ふたりと帰り、ついにママさんと二人きりになった。ママが食器を洗いながら話しかけてくる。
「あんた、家は?」「…自分、東京に出てきたばっかりで…」「ふーん、そうかい。どこから来たの?」「土佐です」「土佐かい。私は東京。生まれてからずっと東京だよ。それにしても土佐の人間がこんなとこにねえ」「ええ、自分、生き方が不器用なもんで」「そうかい。これから飲みに行くけど、一緒に来るかい」狙ったまんまの展開だ。相手がやや歳上すぎなことを除けば。

外はすでに明るくなっていた。連れられていったのは、小さな飲み屋だ。ママさんはビールを、オレは日本酒を頼み、隣に並んでちびちびと飲み始めた。目的はママの部屋、あるいはホテルへ向かうこと。それにはもっと憐れみを誘うべきだろう。何かを思い出したかのように、目をつぶって目頭を押さえる。「涙ながしていいですか」「まあまあいろいろあるね。そりゃあ、東京にもいっぱいいい人はいるよ」「はい」「あんたが何であいつらに引っかかったのかわからないけど、あんたがいいと思ってやったんなら、自信を持ちなさい」
「ありがとうございます。さっきかくまってくれたとき、自分、うれしくて」「いや、いいよいいよ」
雰囲気としては悪くない。でもこうしていつまでも飲んだところでラチが開かんぞ。さらに一芝居いっとくか。「ふぅ〜。どこで寝るかな…」「どうしたの?」「自分、宿無しですから」「あらそうなの。ねえ●●ちゃん、駅前のソファで眠れるお店、教えてあげて」従業員に話しかけている。なんだよ、ネットカフェに追いやる気かよ。こんなに陰のある男なのに泊める気ないの?相手が相手だけに最後はグダグダになってしまったが、作戦そのものは的外れじゃなかったと思う。全国のみなさん、色っぽいママさんのいるスナックで試してみてください。かくまってもらうとこまでは確実にイケますんで。

初めてのAVのデブスの全身舐めやアナルセックスの興奮がきっかけでB専に

世の中美人よりブスを選ぶ男もいる。いわゆるブス専(B専)最近読んだ女性誌のアンケー卜でも『イケメンよりブサメンを彼氏に選ぶ』という回答の方が多かった。これが、オレにはどうにも納得いかない。女がブサイクな男を好きだと言った場合、『中身で判断する人なのねjとプラスに働くのに、男がブスを好きで好きでたまらないと言っても、誰にもわかってもらえない。自分で言うのも何だが、オレはイケメンの部類に入る人間だ。昔の吉田栄作似で、小さいながらも地方のモデル事務所に所属、通販カタログや紳士服専門店のチラシなどの仕事をこなしている。月に30万も稼げればいいほうなので、決して生活はラクじやない。ただ、女友達はみな身長170近い現役モデルばかり。デ—卜に誘われるのもしよっちゅうだ。でも、オレには彼女らに何の興味も魅力も感じない。
高校時代、「実は同じクラスの〇〇が好きだ」と友人に相談したことがある。本気で可愛いと思っていた。が、友人はまったく取り合ってくれなかった。理由はそのコがブスだから。なんで、あんなのが好きなんだ。冗談はよせ。友人は信じられないといった顔でオレを見た。状況は社会に出てからも変わらない。事務所の社長には「二流とはいえ、モデルたるもの付き合うオンナもハイレベ
ルにせよ」と厳命されており、本命の彼女を紹介することができない。どころか'モデル仲間のデ—卜の誘いを断わっていたらホモ扱いされるまでになった。
恐らくや、皆さんにもわかつてもらえないだろぅ。ウケ狙いと思ぅ人もいるかもしれなぃ。が、オレは本気である。彼女らの外見はもちろん、セツクスや性格も含め、その全てに魅了されているのだ。なぜオレはB専になったのか。思い起こせば、思春期に見た初めてのAVがキッカケだったよぅに思ぅ。タイトルは忘れたが、少し太った女性が涙を流しながら全身舐めやアナルセックスに応じていた。その姿が強烈で、射精のとき脳髄まで卜ロける快楽が突き抜け『セックスとはかくあるべき』と思い込んでしまったのだ。高校卒業後、初めてエッチをした女は、当然ブサイクだった。いやオレはブスだなんて思ってない。友人に彼女のく写真を見せたらあっけに取られたのだ。しかし、彼女は素晴らしかった。外に出ればノリ君の格好がつかないと顔を伏せて歩き、セックスのときは、オレがいいと言うまで、足の指でも尻の穴でも喜んで舐めてくれた。もう、イジらしくて仕方なかった。彼女とは3年付き合った。別れた理由はオレの浮気である。とっかえひっかえ女(もちろん、世間的にはブス) を引っかけ、愛想を尽かされた。しかし、そのお陰で、導き出せた結論が3つある。
①ブスは男や職場に認めてもらうための努力を惜しまない
②料理や掃除が得意
③自分に自信がないので、控えめな性格が多い
要は男にとって都合のいい女なのだろぅ。今、オレが付き合ってる彼女とセフレ2人もぴったりこの3つが当てはまる。ただし、ブスだからといって性格がいいとは限らないのが、また難しい。むしろ、過去にイジメられて、心が歪んでしまってる場合も多い。人は外見だけで判断できないとはよく言ったものだ。今の彼女とは将来的にも結婚まで考えている。が事務所社長には、なかなか紹介できないでいる。会わせると、何を言われるかおおそよの想像はつく。いったいどぅしたら…
悩み多き日々を送っていた今春、事務所に新人の女性スタッフが入社してきた。外見はエラが張ったホームベース顔である。一目惚れとは言わない。が、実に気になった。挨拶すれば目をそらし、冗談でデー卜に誘ったらドギマギとした態度で逃げていく。最初はフザけていただけだった。が、気がつけば、彼女とセックスがしたくてたまらない自分がぃた。いつも眼鏡の位置をズラしながら伝票整理をする彼女のアソコを舐めたら、どんな喘ぎ声を上げるのだろう。ネコみたいな嬌声か。それとも消え入りそうな吐息を漏らすのか。嗚呼タマラン!
「大人の化粧を覚えたら、もつと可愛くなるよ。メイクさん、紹介してあげよっか」
完全に欲情した俺は、周囲のスタッフの目も気にせず彼女をデー卜に誘うようになつた。そして1力月後、ついにその日はやってきた。会社の飲み会で一次会が終わり、2次会へ流れる途中近くの公園にしけこんだ。オレはもぅ興奮の嵐。キスさせて頼む!ギラギラと迫るオレに、彼女が言いはなった。「いい加減にしてください!私、糸井さんの顔、ホンツトに嫌いなんです。自分でいい男だと思ってるんですか。整形でも考えてみたらどうですか、バカ!」
自らデブスと宣言する女は調教済みと言ってるのと一緒
自分、会社帰りとかによくナンパしてるんですが、町中である種の女を見つけたら必ず声をかけるようにしてるんです。どんな女かというと、ずばり、露出過多の服装をしたブスです。
たまに見かけますよね? ブタの鼻をつけたこけし顔のくせに、谷間ガツンでクッソ短いミニスカとか短パンはいているやつ。あれがイイ獲物になるんですよ。
ああいう女は自分のツラの不味さをきっちり自覚してるんです。
だから色気に走るわけですが、そうすると当然、男の反応がガラッと変わる。「なんかエロいねー」「イケてるねー」なんてコトを言われ始めるんです。
男側からすれば、カンタンにヤレそうだからお世辞を言ってるだけなんですけど、こういう女はバカだから「イエーイ、私の魅力が上がった!モテてる!」って勘違いするんです。
そこがブスの浅はかさっていうか。とにかく生まれてからずっとコンプレックスに苛まされてきたか
ら、容姿を誉められると脳内麻薬がドバドバ出て、次から次へとおかわりがほしくなるんですね。
だからこの手の女は、誉めて誉めて誉め抜いて自尊心をくすぐってやればイチコロなんです。
ただし、顔だけは誉めちゃいけません。何度も言いますが、連中はブス具合を自覚してるので、不用意に「カワイイ~」とか言っちゃうと逆効果。
あくまで「ホントに魅力的だよね」「すごい色気がある」など、女として総合的にレベルが高いことを伝えるのがポイントです。そしたらフニャフニャになってすぐ股開きますから。
セフレを作るにあたって、女に何を求めるかは意見の分かれるところだろうが、オレの場合は、すでに他の男にガッツリと調教されているかどうかが大きなポイントとなる。
こちらから言わなくても積極的にアナルを舐めてくるだとか、あるいは「お尻をぶってください」と懇願してくるだとか、要するにさまざまなエロいプレイをとことん仕込まれ済みの女のことだ。
こういう手合いは、セックスを存分に楽しむうえで打ってつけだし、そこからさらに自分好みに調教していく楽しみもある。もう最高という他ない。そんな調教済み女を探し出す
簡単な方法がある。チェックポイントは、変態がわんさかと集まるSNS「ナンネット」で、以下のような文言をプロフに書いている女だ。
「セックスは好きですが、体型はおデブ、顔も地味です。デブスが苦手な方はスルーしてください」
デブでブス。一見、誰もが敬遠したくなるが、実はこの文章は暗にこんなことを主張している。
「セックスが大好きです。デブスが気にならない人はぜひ遊びましょう」
男というのは美人に対しては引っ込み思案のくせに、醜い女には本性をさらけ出すどころか、自分さえ知らなかった性癖をも掘り起こしてしまう生き物だ。 
つまりヤリマンのデブスという存在は、過去、さまざまな男たちから徹底的な魔改造を受け続けてきたハイスペック・セックスマシーンなのである。
関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえH盗撮・エログちゃんねる

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!

エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。