★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0188_2020020922024958c.jpg0189_20200209220250151.jpg0190_202002092202518bd.jpg0191_202002092202533d7.jpg0192_20200209220254824.jpg0193_2020020922025687f.jpg0194_202002092202575b3.jpg0195_20200209220259492.jpg
0182_20200307105658487.jpg0183_202003071056599c5.jpg0184_20200307105701e73.jpg0185_20200307105702a53.jpg0186_20200307105704976.jpg0187_20200307105705008.jpg0188_20200307105707929.jpg0189_20200307105708464.jpg0190_202003071057109b5.jpg0191_202003071057115d5.jpg
茨城県の水戸にやってきた。駅前には真冬を感じさせる北風が吹きすさみ、通行人はみな首を短くして足早に歩いている。俺の手足もまるで氷のようだ。 ここまで寒いと気分まで滅入ってしまうが、そのうえでこれからテレクラへ入らねばならんというこの地獄。女と一発ヤッてホテルを出たあと、自殺したくなったりして。
水戸駅前のテレクラは昭和感に満ち溢れていた。個室の壁はタバコのヤニで黄ばみまくり、テレビ横にはアダルトチャンネル用の料金箱が。店内にかすかな精子臭が漂っているのもなかなか不快だ。エロ映画館かよ。おまけに鳴りも悪い。入店してから2時間、コールが1本もないとはどういうわけだ。ここが潰れちゃうのも時間の問題だな。ようやく待望のコールが鳴ったのは、それからさらに30分が過ぎてからのことだ。「もしもし〜?」
耳ざわりな低音ボイスが受話器に響く。中年女確定だな。
「こんにちは。はじめまして」「はいはい、こんにちは。オニーサン、今日の目的は?」
「ワリキリで会える人を探してまして」「あ、私も同じ。市内の人?」
「いや、東京から来ました」「へえ、そうなんだ。私も昔、東京で働いてたよ」
東京と言った途端、茨城訛りのイントネーションが標準語のソレに切り替わった。方言で話すのが恥ずかしいようだ。「それで今どちらに?」「水戸駅ですよ」
「近いですね。あと年齢とか教えてもらえます?」「いま39才です」
ふむ。となると実年齢は45ってとこか。こいつら絶対にサバ読んでくるし。
「体型は?」「背は大きめだけど体型は…うーん、子供産んでるからちょっと下腹がポッチャリしてるかな」はいはい、関取級のデブで決まりだな。はあ…。
「芸能人で例えると誰似です?」
「えー誰だろ。あ、この間子供に整形した大仁田厚に似てるって言われちゃったわ。さすがにひどくない? あはははは」
笑いごとでは済まされない。自己申告の段階で大仁田厚似だったら、実物はそのままシリアスにバケモンじゃないか!ショックを受けていることに気づいたのか、すかさず女がことばを継ぎ足す。
「てか、そんなこと言ってたら誰も会ってくれないよね。冗談、冗談。美人じゃないけど昔はフツーにモテてたよ。いまはさすがにオバチャンになったからアレだけど。まあ、それなりの外見ってことでよろしく」
「えっと、それでいくらくらいを希望ですか?」
「イチニーでも大丈夫?」
迷いどころだ。年増のリアルモンスターにイチニーは高すぎる。しかし、この鳴りの悪さを考えると…。うーん、仕方ない。
「わかりました。その条件でいいですよ」
さて、どんな女が来ることやら。心臓がドキドキしてきた。待ち合わせのビックカメラ前に到着してすぐ、背後から声がかかった。
「あのー、さっき話したオニーサンですよね?」
振り返った先に、やたらと背の高い女が立っていた。大仁田厚似の顔、39才という年齢、下腹ポッチャリ体型と、彼女が自己申告したとおりの見た目だ。いや、顔に関しては、大仁田ほど酷くもないレベルか。女がペコリと頭を下げる。
「ごめんね。外寒いし、まだ来ないだろうと思ってたからお店の中にいたの」
「あ、そうでしたか」
「オニーサン、若いね。テレクラだとサバ読んでくる男の人も結構多いからどうせ40過ぎのオッサンかと思ったよ」
互いに同じ事を考えていたとは笑える。そして、そこまで警戒してしまうくらいテレクラ経験値の高くなった男女というのも、なんだか切ない。思いにふけっていると、女が腕を回してきた。
「腕組んでいい? ほら、なんか変なことしてるって疑われないようにね」
いつもならテレクラ女と腕を組んでもいい気はしないが、それほどのデブスババアではないせいか、さほど拒絶感は覚えない。
「最近ちょっと仕事が忙しかったから、今日はひさしぶりの息抜きなの」
「へえ。普段どんな仕事をしてるんです?」
「んーと、ジャンルでいうと福祉関係かな」
彼女はバツイチのシングルマザーで、現在は高校の息子さんと2人暮らししているそうな。
「うちの息子、ジャニーズの山下智久に似てて、学校でもすごくモテるらしいのよ」「はあ」
「で、最近、彼女ができてよく家に連れてくるのね」
「へえ。たしか17才でしたっけ。そんくらいの歳ごろだともうセックスしてますよね」
「そうなのっ! 部屋からかすかに、ヤッてる声とか聞こえてくるの。そういうときって必ずテレクラに電話しちゃうんだよねえ。ていうか、今日もそうだし」
息子のセックスにムラムラしてテレクラへ。言ってる内容がまんまAVの設定で泣けてくる。まったく、トンデモない母ちゃんもいたもんだ。チェックインを済ませ部屋に入った直後、女がぴたりと体を寄せてきた。
「ねぇ、触っていい?」
股間に伸びた手がすりすりと妖しい動きを見せる。どうやら本当にムラムラしているようだ。
「同世代の人とエッチするのチョー久しぶりなの。だから興奮してきちゃった〜」
やがて女は床にひざまずき、ズボンを脱がせにかかった。ここでおっ始めるつもりか?
「まだシャワーもしてないし、臭うかもしんないですよ」
「いいのいいの。私、臭いフェチだから」
チンコを指でつまみ、サオの側面で鼻を左右にスライドさせる女。スーハ、スーハと臭いを嗅いでウットリしている。つづいてタマと太ももの間にも鼻を押し付け、クンクンやりはじめた。
「ああ〜いいニオイ。オスのフェロモン、タマんな〜い」
こりゃ相当な変態さんだ。たっぷりニオイを堪能してからいよいよ咥えだした。「ん! おいひぃ〜」フェラテクは想像以上だ。ゆっくりと上下に顔をスライドさせ、チンコが口から抜ける瞬間、カリの部分を上下の唇でグッと圧迫してくる。これが気持ちいいのなんの。おかげでもうギンギンだ。しばしフェラに没頭したあと、ふいに彼女が動きを止めた。
「このままエッチしちゃう? それともシャワー浴びる?」
「シャワー浴びましょう」 迷わず答えた。さすがに体も洗ってないテレクラ女とはセックスなどできない。これまで数々のマン臭事変で傷を負ってきたおかげで、トラウマになっているのだ。
風呂場の前までいくとまた彼女がぴたりとくっついてきた。
「服、脱がしてあげる」
「え、いいですって。自分でやりますから」
「いいじゃない、ほらバンザイ」
なかば強引にシャツを脱がせる際、彼女が顔を近づけてくる。
「ねえ、チューしよ」
「え、はあ」
薄々感じていたことだが、どうも恋人プレイが好きなようだ。俺も嫌いではない。しかしそういうのは見た目がまともな女とやるから楽しいのであって、相手が大仁田レベルではうっとうしいだけだ。
濃厚なディープキスが終わったと思ったら、今度は突然、こんなことを言い出す。
「ねぇ、ちょっと見てて」「なんです?」
「ズズズズ! チャチャチャチャ!」
曲を口ずさみながら腰を激しく振り出した。
「何やってんですか?」
「ベリーダンス。むかし習ってたの。ほら、エロくない? パ〜ララララ、パラララ〜!」
ケツをクネクネさせながら、その合間に服を一枚、また一枚と脱いでいく。そしてときおり飛んでくるキメキメの流し目。ストリッパーのつもりなんだろうか。ウザい、いい加減ウザくなってきたよ、かまってちゃん!風呂場に入っても、かまってちゃんはピッタリくっついてきた。ボディソープを塗りつけた体で、俺の胸や背中をヌルヌルとこすってくる。「気持ちいいでしょ」
「ええ。サービスがいいですね」
「そうそう。私、男の人に奉仕するのが好きなの」
その気持ちは買うし、このボディ洗いもたしかに気持ちいいが、何でもかんでも一方的に押し付けてくるのがこの女の欠点だ。空気が読めないんだろう。先にシャワーを終えベッドで待っていると、かまってちゃんがバスタオルを巻いて現れた。そのままドスっとベッドに上がり、隣りににじり寄ってくる。耳元で甘ったるくささやかれた。
「気持ちいいことしようね。どんなことしてほしい?」
「うーん、お任せします」「いいよ」
ディープキスから始まった愛撫は、乳首舐め、ヘソ舐め、フェラタマ舐めと順々に移行していき、ついに舌先はアナルへ。俺をチングリ返しの体勢にさせ、肛門をほじくり返す勢いでむさぼってくる。おお、恥かしいけどめっちゃ気持ちいい!
驚いたのはアナル攻撃の武器が、いつのまにか舌から鼻の頭にチェンジしていたことだ。肛門に鼻を突き刺したまま、頭を獅子舞のように左右に振り乱している。こんな技、見たことない!
「ああん、すっごい! すっごい臭い! 興奮する〜〜。どう?そっちも気持ちいい?」「はい」
「そうでしょ。私もすごい興奮してるの。あ〜臭い、すっごく臭いよ〜〜」
 …あまり臭い臭いを連発されるといい気はしないが、気持ちいいのは本当だ。
「はい、じゃあそろそろ入れちゃおうね〜」
おもむろに立ち上がったかまってちゃんが、騎乗位の姿勢で腰を沈めてきた。この体位はしっかり勃起していないと挿入が困難だが、すでにチンコはギチギチに屹立している。スルッと入った。
「ああん、チンポ入った! ねえ、チンポ入ってる? 私のマンコにチンポが入ってるの見える?」
「ええ、見えます」
「ああん、ヤダ、言わないで!イヤらしいいいっ!」
いや、アンタが聞いたんでしょうに。それにしてもすばらしい騎乗位だ。ベリーダンスの応用なんだろうが、腰の動きが8の字になったり、超高速で前後したりと実に多彩。しかもそれだけ激しい動作でも、まったく圧迫感がなく、むしろ心地がいいというのもポイントが高い。いはやは、舌を巻くほどのテクニシャンである。最後は乳首を舐められながらの正常位で発射にいたり、かまってちゃんの豪華なセックスショーは幕を閉じた。脱力しながら服に着替えていると、そばで「あっ」と彼女が声を上げた。
「いけない、私、まだお金もらってないわ」
そうだそうだ。部屋に入った途端、プレイが始まったもんだから渡しそびれてしまった。
「はい、イチニーだったよね。どうぞ」「ありがとう」
 扇状に広げた3枚の紙幣を、かまってちゃんはニヤニヤと眺めている。
「そのお金でなんか買うんですか?」「ううん、特に決めてない」
彼女の場合、ワリキリはあくまで性欲を満たすのが主な目的であり、生活に困ってのことではないという。「でもまあ、せっかく臨時ボーナスが入ったことだし、今晩はいい肉を買ってきて、すき焼きでも作ろうかな」
「それいいじゃないですか」「いいでしょ。息子の好物だし、絶対に喜ぶよ」
この話、息子くんにもぜひ教えてやりたいものだ。今日、好物のすき焼きにありつけたのは、キミと彼女のセックスにお母さんがムラムラした結果なんだよ。
水戸のテレクラで出会ったバツイチのシングルマザー
今月は茨城県の水戸にやって来た。この時期、北関東の空気は一段と寒さを増している。 
テレクラに突入して、心まで寒々しくなるような展開はゴメンだが、きっといつものごとく俺の願いは天に届かないだろう。無視するのはわざとなのか?
目指すテレクラは水戸駅からほど近い場所にあった。みすぼらしい外観から予想したとおり、個室はどこか小汚く、居心地も非常に悪い。今どき、こんな体たらくでよくツブれないものだと感心せずにはいられないが、その理由はすぐにわかった。電話の鳴りがやけにいいのだ。 部屋に入ってものの5分で2本のコール。残念ながらその2本とも、こちらに車がないことを理由にアポには至れなかったものの、幸先のいい出だしである。そして数分後、またコールが。
「もっしもぉーし!こんにちはぁー!」
ずいぶん茨城訛りの強い、ハイテンションな声だ。低めの声質からして40代後半くらいか。
「こんにちは。なんだかお元気ですね。今日はお仕事お休みですか?」
「あれー、きれいな標準語。あなた地元の人じゃないでしょ?」
「あ、はい。東京から仕事で来てる35才です」
「あっらー、東京からぁ。東京の人は優しい人が多いから好きなんだわ」
「へえ、そうなんですか。東京にお知り合いでも?」
「茨城の人間はひどいのばっかりよ。会ってから平気で値切ってきたり、気に入らないと殴ってきたりする人もいるし!」 
はて?この人、なんでさっきからこっちの質問を無視するんだろう。わざとなのか?だったら殴りたくなる人もいるかもな。
「俺は殴ったり値切ったりもしないんで大丈夫ですよ」
「うんうん、やっぱり東京の人は違うわ」
「ところで俺、ワリキリで会える人を探してるんですけど」「いいよ。いま水戸駅の近くにいるんだけど遊ぶ? でも結構年上よ。それでもいい?」
45才、バツイチ子持ちのテレアポスタッフ。それが彼女の申告プロフィールだ。
「はい、問題ないですよ。ヨロシクお願いします」
「ほいじゃ、近くに公園があっからそこまで来てよ。あ、お金なんだけどホテル別1万でいい?」
「はい、大丈夫です」
店に入ってからここまでの所要時間わずか15分足らず。これほどトントン拍子にアポまでこぎ着けたのは初めてのことだ。
「おしゃぶりクラブで働いていたの」 
指定された公園のベンチには、全身黒ずくめの女が座っていた。どうやらアレがそうらしいが、メイクの最中でこちらの存在には気づいていない。というわけで遠慮なくその姿を観察してみる。抱いた印象はまんま、女装した岸辺一徳だ。女性ホルモンが枯れ果ててしまったのか、面相が完全にオッサ
ン化している。これで45才とはよくぞ言ったものだ。下手したら50代半ばでもおかしくない。 
ふと彼女と目があった。
「あっれぇ、ゴッメーン。全然気がつかなかった。若い人に会うから、ちゃんと化粧を直しておこうと思ってね」 
いちおう最低限のマナーはあるらしい。その化粧直しにいかほどの効果があるのかという問題はさておき。
「それにしても水戸は寒いですね。ずっと外にいたんですか?」
尋ねると同時に彼女は「ホテルこっちよ」と言って立ち上がり、スタスタと歩き出した。また無視ってか…。
「オニーサン、風俗とかよく行くの?」
「え?いやぁ、あんまり行かないですね」
「あそう。じゃテレクラの素人女とばっかり遊んでるわけだ?」
「まあ、はい」
「私、若いころはおしゃぶりクラブで働いてたの。だからフェラは期待していいわよ。自信あるし」
どうやらピンサロのことを言っているようだが、おしゃぶりクラブとはまたずいぶん時代がかった呼称だ。マジで何才なんだよ。
「あのころは良かったなー。チップくれるお客さんもたくさんいたし、本当イイ稼ぎになったぁ〜」
「そうなんですね。テレクラの方はどうです?」
「まあ、悪かないよ。お小遣い稼ぎにはちょうどいいよ。自分の好きなときに電話すればいいんだし気楽だね」
「そういえばテレアポのお仕事もやってるんですよね?そっちは長いんですか?」
「うーん、やっぱテレクラはいろんな人と会えるのが楽しいね。この間もさ……」
だんだん無視の傾向がつかめてきた。どうやらこの人、何か話したいことがあるときは、途中で何を聞かれようが、最後までしゃべり切らないと気が済まない性格らしい。オチンポの角度はこれで合ってます? ホテルに入ると、彼女は俺の手を引いて、フロント近くのドリンクコーナーに向かった。
「ここでジュースを選んでから部屋に行きます。何になさいますか?」
「あ、じゃあ、コーラで」
「はい、かしこまりました。少々お待ちください」 
…また何か様子がおかしくなったぞ。急に敬語なんかしゃべりはじめちゃって。
「あの、飲み物くらい自分で持ちますよ」
「いえいえ。ホテルに入ったらもう私のお客様です。そういうことは全部おまかせください。私、プロですので」 
本人は〝できる売春婦〞を気取ってるつもりなんだろうけど、そうやって急に態度を豹変させて、客(俺)を困惑させているとの自覚はないようだ。ま、この人らしいっちゃらしいけど。 
部屋に入ってすぐ、今度はうやうやしく頭を下げてきた。
「前金制なので、まずはお金をお願いします」
「うん。はい、これ」
「ありがとうございます。では、準備をして参ります」
そう言ってプロ売春婦さんはせかせかと動き出した。歯ブラシを袋から出して洗面台に設置し、ポットのお湯を沸かし、さらには風呂にもお湯をためてと忙しい。 そんな様子を尻目にミヤネ屋をぼけっと観ていると、慌てて戻ってきた彼女が、自分のカバンをゴソゴソと漁りだした。 
出てきたのは表面に何も描かれてない白面のDVDだ。しかし、セットしても、プレイヤーが故障しているようで画面には何も映らない。
「ごめんなさい。ちょっとダメみたいです」
「それって何のDVDなんですか?」
「常連のお客様にいただいた裏ビデオです。せっかく楽しんでいただこうかと思ったのに…」
「あのう、気持ちはうれしいんですけど、そんなに頑張らなくていいですよ」
「ダメです。私、お金をいただくからにはしっかりやらないと気が済まないタチで」 
そう言って彼女はシュンとしている。 
そうこうするうちに風呂が沸いた。んじゃ入りますか。でもちょっとその前に…。 
尿意を覚えたため、全裸になってトイレへ。が、ドアを閉めようとすると、なぜかプロ売春婦さんまで中に入ってくる。
「お持ちしますね」 
言うが早いか、背後から両手をスッと回し、彼女の指がチンポを支えた。
「オチンポの角度はこれで合ってますか?」
「え?いやいや、自分でやりますから」
「大丈夫です。どうぞ」 
大丈夫かどうかの判断は俺がするんですけど。マジでうっとうしいんですけど。 しかたなくそのまましたものの、案の定、不安定な軌道のせいで、ションベンの一部が便器を外れて床に飛び散った。
あらら。プロ売春婦さんがニコリと口を開く。
「さ、お風呂に入りましょうか」
プロを自称して、あれだけ甲斐甲斐しく立ち回っているのに、ションベンの汚れは気にならないようで。
「精子を絞りだして育ててきたのに」
風呂でさっぱりした後(ご想像どおり、彼女が全身をくまなく洗ってくれた)、ベッドへ。
「じゃあ、うつぶせになって寝てください」
プレイ前にマッサージをしてくれるらしく、黒のセクシーランジェリー姿のプロ売春婦さんが腰にまたがってきた。 言い忘れていたが、彼女のボディは特異なシルエットをしている。前方へ派手に膨張したアンコ腹、それに反して脚はほっそりとしており、ちょうどゆで卵にツマ楊枝を2本刺したような案配だ。醜悪というより、むしろ滑稽味に溢れている。 マッサージは意外なほど心地よかった。どこで覚えたのか、親指が的確にツボをとらえ、力加減もちょうどいい。
「はぁ〜〜〜」 
あお向けになって足を揉んでもらっている際、ふいにプロ売春婦さんがタメ息を吐いた。何だろうと思っていると今度は声まじりの大きなタメ息が。
「あ〜〜あ!」 
ふと目をやれば、彼女がジーッとこちらを眺めている。明らかに「どうしたんですか?」と聞かれたがっている顔だ。
「どうしたんです?」
「いえね、最近、息子のことで悩んでるんです」 
彼女は、ずいぶん前に事故で旦那さんを亡くして以来、女手ひとつで一人息子を育てているという。
「息子は今年で23才になるんですけど、最近、付き合っているキャバクラ嬢と結婚するなんて言い出して」
「はあ、なるほど。ちなみに息子さんは何の仕事を?」
「その女ってのがまあ、ひどいあばずれなんですよ。首や腕にイレズミを入れてて、私と顔を合わせても挨拶もしないんです。おまけに覚せい剤にも手を出してるらしくて」
「マジっすか。なんで覚せい剤のことわかったんです?」
「たしかにバカ息子ですけど、やっぱり親としてはかわいいじゃないですか。なのに近々、婚約するとか言い出して。いままで必死に他人の精子を絞り出して育ててきたのに情けなくて」 
プロ売春婦モードでも、やっぱり無視するときは無視するのか。てか今のセリフ、当の息子が聞いたらどう思うだろう。俺ならガソリンかぶって炎上したくなるな。
「あっつ〜い、オチンポあっつ〜い」
「じゃ、おしゃぶりしますね」 
プロ売春婦さんが、股間にうずくまった。舌を丁寧に動かしつつ、同時に頭を上下運動させる教科書どおりのテクではあるが、それだけにほどよい快感が下腹部を走り、チンコは徐々に勃起していく。
やがて完全にカチコチになると、彼女はそっと俺の上半身を後ろに倒し、騎乗位の体勢で挿入してきた。
「ふう〜〜〜〜、あっつ〜い、オチンポあっつ〜い。子宮にさきっぽが当たってジンジンしちゃう」
AV顔負けの三文芝居は萎え萎えものでも、マンコの締まりはハンパなかった。日ごろ、握力50キロの俺のオナニーに耐え抜いているチンコが、悲鳴を上げそうなほどだ。うわ、これは本気で気持ちいいかも! そのまま前後左右に激しく腰をグラインドさせるプロ売春婦さん。その鬼気迫る顔に、ようやく本物のプロ根性を見た気がした俺は、それから間もなく果てた。ホテルの前で彼女がぺこりと辞儀した。
「おつかれさんね。これ、私の連絡先。良かったらさ、また遊ぼうよ。東京の人は金払いもいいからまた会いたいわ」
すっかり元の口調に戻っているのは、仕事が完了したからだろう。いろいろと変な人だったけど、あのブレないおもてなしの姿勢は評価してやってもいいかも。ま、だからといって、もう1回遊べるかと聞かれれば、絶対にイヤだけど。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ