★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0500_20200208084853453_20200208090205fcd.jpg0520_202002080848553d2_20200208090207849.jpg59_20200619131210dd1.jpg
無料で出会えると評判のワクワクメール
ワクワクメール
ワクワクメールの既婚者コミュの攻略法ワクワクメールで「コミュニティ」なる機能が装備された。
中身はミクシィなどのSNSによくあるコミュニティと同じで、共通の趣味や好みなどを通じて女と出会えるというものだが、その中に「既婚者ОK」というコミュニティがある。これ、俺のような既婚者でセフレ探しをしてるような男にはもってこいの機能なのでは? ということで、実際にヤレるのか試してみた。
ワクワクメールを開き、トップ画面から下へスクロールしていくと「コミュニティ」の項目が。さらに先に進むと、アダルトカテゴリの中に「既婚ОK」のコミュがあった。自分が登録した地域の、既婚ОK女たちの顔写真がズラリと並んでいる。気になる女の写真をクリックし、プロフィールをチェックしていく。プロフを見ればすぐに気づくが、彼女たちの7割は『ご支援アリで食事に…』などと書いている愛人探しかパパ活の銭ゲバ女だ。特に20代の女はほぼ100パーセントお金目的。こんな女どもにメールを送ってもポイントが無駄になるだけなので、プロフ写真の上に表示された×ボタンを押して消していく。
また、1割程度だがここにも美人モデルの写真を使った援デリ業者が紛れていた。希望する男性のタイプの欄に、「20代から70代まで」などとストライクゾーンを拡げている女は営利目的の可能性が高いので避けたほうがいいだろう。やはりワクワクのアダルトだけに、ワリキリ女の巣窟なのかと落胆したが、よくよく見て行くと、どうやらコミュニティは参加女性すべてがワリキリ目的というわけではなく、純粋に男女の出会いを求めるピュア系既婚ОKさんもチラホラいるとわかった。
 彼女たちは、30〜40代がメインで中には50代の女性まで。割合で言えば、全体の1〜2割程度と少ないが、ピュアな既婚ОK女がいるのはありがたい。狙うは彼女たちだ。ピュア系の女を狙うならプロフィールも重要だろう。いくら相手が援交目的じゃないとしても、貧乏人だと思われたら相手にされない可能性が高いので、年収や肩書きなどは大きくゲタを履かせ、写真はスーツ姿で洒落たバーで友人と撮ったものにした。準備が整ったので片っ端からメールを爆撃していく。もちろん相手は普通の女性なので、いきなり『今から会える?』なんてメールを送ってはいけない。少々面倒でも、ちゃんとした挨拶から始めて、仕事や趣味の話題で何度かメールのやり取りを交わし、こちらのキャラを見せた方がいいだろう。『こんにちは。プロフィール拝見して気になったのでメールしました。よかったら…』こんな感じで20人ほどに爆撃メールしていったところ、4人の既婚女性から返事が返ってきた。結局、メールのやり取りを続けて実際に会えたのが38才のチョイぽちゃ人妻さん、ただ一人
だけ。結論から言うと、彼女とは都内で待ち合わせして喫茶店で軽くおしゃべりしてからホテルにすんなり入れたうえ、セフレの関係にまで発展することができてしまった。一人だけとはいえ、こんなにすんなりコトが進んだのだは、彼女が出会い系サイトを利用する既婚者ОK女だからだろう。なにせ我々がセフレを作るときの最大の壁は既婚であるということ。それでもОKだと言ってる女なのだから話は早いのだ。既婚者ОKコミュ。ヤリまくれるとは言わないが、試してみてもいいのでは。
1、私は今年で53になるオッサンだが、先日、ワクワクのピュア系で20才の女子大生とアポを取り、さらにあろうことか、セックスまでやってのけてしまった。よもやこの歳になって、ピチピチの若い娘さんの女体を味わえるとは。我ながら信じられない思いだが、これ、決して偶然の産物ではない。
自信たっぷりに言えるのは、ワクワクのピュア娘のなかから、オッサンとの交際がOKな女をあぶりだす方法がわかったからだ。今からそいつをレクチャーしよう。ご存じ、ワクワクには掲示板検索とプロフ検索という機能がある。どちらも自分の条件にあった女を探し出すためのものだが、その条件項目のひとつにこんなのがある。
「お相手の希望のタイプ」
この項目、デフォルトでは「指定なし」と表示されているのだが「、自分に当てはまる」に切り替えると、こちらのプロフに書かれた内容を希望のタイプとする女がズラリと並ぶ。
が、この検索は非常にあいまいで、こちらのプロフ項目(タバコを吸う吸わない、未婚既婚など)のひとつでも女側の希望項目と一致すれば、該当する女がすべて引っかかってしまう。したがってオッサン好きをピンポイントで探すには、自分のプロフを年齢の項目以外、すべて未記入の状態にし、その上で検索すればいいのだ。かりにプロフ年齢を50前半に設定していたら、50代前半まで、あるいはそれ以上の年齢を許容している女が表示されるわけだ。ただしこの方法、希望項目が未記入の女も選出してしまうため、検索結果のすべてが、オッサン好き女とは限らない。ムダ足を避けるには、メールを送る前に、相手の希望項目をチェックするといいだろう。
2、出会い系で勝つうえで、もっとも重要な要素はこちらのプロフ画像だ。つまり、オイシイ思いができるのはイケメンばかりという残酷な現実に直面するわけだが、だからといって、俺のようなくたびれオヤジがまったく成果を出せないと言い切るのは短絡的だ。実は俺、わりとチャットが得意で、そのテクのおかげでこれまで何人もの女を食ってきた。互いのプロフ画像チェックから始まる通常の出会い系と違い、チャットは会話スタートだ。この時点で盛り上がる、すなわち相手の気を引くことができれば、あとでこちらの非イケメン写メを見せたところでダメージはない。あったとしても最小限だ。なんせチャットの時点ですでに、相手は7割方、落ちているのだから。
数あるチャットサイトのなかで俺がオススメするのは出会い系サイト・ワクワクメール内にあるチャットルームだ。理由は2つある。ひとつは、やはり出会い系サイトだけあり、女の出会い願望が飛び抜けて強いことだ。チャットで盛り上がったものの、結局、アポに結びつかないということが起きにくいのだ。
もうひとつ、コスパがいいというのもある。他の大手出会い系サイトにも、チャットルームを設けているところはいくつかあるが、それらに比べてワクワクはパーティチャット(不特定多数でのチャット)は無料、ツーショットチャットも最初に5ポイント(50円)消費すれば無制限にできるなど、断トツで安いのだ。ワクワクのチャットでは、まずパーティチャットに入り、そこで見つけた好みの女をツーショットに誘うという流れが、もっとも効率的だ。顔に自信はない、でもチャットの腕に覚えがある人はぜひチャレンジを。
3、オレのような既婚男が、出会い系で女遊びしたいと思ったら、金を払って援交するか、既婚であることを隠して、独身の女にアプローチするぐらいしかないと思っていた。でも金は払いたくないし、嘘をついて女と関係を持つのはあとあと面倒だ。でもワクワクメールを使えば、既婚者でも堂々と安全に遊べる女探しができるのだ。ポイントは、このサイトの「既婚女性の登録者数の多さ」にある。探し方は簡単。プロフ検索を開き、自分の居住地に設定して交際ステータスを「既婚」にすれば、結構な数の既婚女性が出てくるはずだ。オレのような考えで既婚女性を狙っている男たちは多いようで、競争率は結構高い。だけに、こちらのプロフは前もってキッチリ作っておく必要がある。まず自分の交際ステータスは既婚に。なるべく写りのいい写真を選び、そこそこいい仕事をしていて充実した日々を送っている男だと思われるような紹介文を作っておきたい。あとは検索で出てきた既婚女性たちに爆撃メールを送るだけだ。相手は既婚者だけに写真を載せていないことが多いが、体型で絞り込み検索しておけば、地雷級のブスを引き当てることはないと思う。
『良さそうな方だったのでメールしました。お話してみませんか?』
オレの場合は、こんな感じの軽いメールを送り、相手がこちらを気に入ってくれれば返信が来るし、気にくわなければスルーされるだけ、という塩梅だ。成否はこちらのプロフ次第なので、収入などはなるべくゲタを履かせた方がいいが、中には愛人関係や援交が目的の女もいるので、返信が来たからと言ってぬか喜びしないように。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内