★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0048_20200205173032bc8.jpg0049_20200205173033d94.jpg
0188_2018092412443158c_20191108232516b7f.jpg0189_201809241244330ea_201911082325197c3.jpg0190_20180924124434128_20191108232522e84.jpg0191_20180924124436eb2_201911082325253f8.jpg0192_201809241244375f9_20191108232528bed.jpg0193_20180924124439a52_20191108232531283.jpg誰にでも女ともだちの一人や二人はいるかと思います。色気を感じさせない、どちらかと言えば男寄りの性格の女が。そういうのと一緒にファミレスなんかに行って、ちょっと可愛い店員がテーブルに来たとします。もう、そんなときはとにかく女に話しかけさせるに限ります。可愛いね、どこの大学? 名前は?彼氏いるの? いつから働いてるの? 髪形似合ってるね、などなど。自分はただただ「へえ」「そうなんだ」とあいずちを打つだけ。
まあツレの女の懐に入る技術にもよるんですが、これで少しはフランクな間柄になれるわけです。店員側からすれば、カップル客と親しく会話しました、はいそれだけです。ぐらいのもんですが、それでオッケーです。で、ちょっと間を置いて、今度は一人きりで店に行くんです。前回のことがあるから、「あ、〇〇さん、大学は休み?」ぐらいの声かけは簡単ですね。
こうなってしまえば、その日、あるいは次の機会ぐらいに、誘いやすいわけです。
「〇〇さん、もしよければ今度、ご飯でもどう?」
あれ、彼女さんいらっしゃるんじゃ? と反問されますが、「あれは友達だよ」で問題なし。このやり方で30才オーバーの恋人を2人作ったことがあるので、間違ってないはずです。とにかく何が言いたいかといえば、最初のとっかかりは女友達を利用したほうが断然スムーズに進むということです。
もう40代も半ばになると、単独で声をかけるのは正直キモがられます。謝礼を払ってでも女友達を使いましょう。
会社の近所のソバ屋さんに綺麗な人妻さんっぽいパートさんがいたので、しばらく通い詰めていた。名刺を渡すか、電話番号を書いて渡すか、なんてウジウジ考えていた折、ある出来事が。たまたまスマホを座席に忘れて外へ出たら、その彼女が走って追いかけてくれたのだ。忘れ物ですよと。咄嗟のことでその場は「ありがとう」としか返せなかったのだが、この偶然、なんとか利用したいところだ。で、動いてみた。500円程度のクッキーを買って「この前のお礼に」と渡すことにしたのだ。今度ソバを食った後に。
あまり高価なのもおかしいし、連絡先を添えるのもヤラシすぎる。ちょろっとラッピングされただけの安いクッキーがいいだろう。この作戦、悪くなかった。以降、店内で会話がしやすくなったのはもちろん、どこか彼女の態度も知り合いに接するようなものに変わったのだ。ここまで来れば、どういう攻め方でも出来そうなものだ。私の場合はやや遠回りで、会社の飲み会に誘ってからようやく個人的な仲になったのだが、他にもやりようはあっただろうと思う。さてこの方法、もうお気づきのように、わざと忘れ物をすることでももちろん再現できる。アタック法に悩んでる方はどうぞ。
アクセサリー屋のショップ店員と仲良く
「ちゃんと付き合ってくれるんですか?」
待ち合わせ当日。まだ相手がどの子かわからない状態なので、目の前に本人が現れても気づかない可能性がある。そこで「auショップの前にいます」と自分の居場所を伝えておくことにした。
「お待たせしました」「あ、どうもですー」
グレーのコートに黒のカーディガンという出で立ちで彼女は現れた。5番のコだ。うん、可愛いじゃん。まずは近くの居酒屋へ。
「今日は忙しかったの?」
「あ、いえ、逆にヒマすぎて疲れてしまいました」
メールや電話と変わらない丁寧な印象の彼女だが、料理が運ばれてくるとテンションがいきなり上がった。
「お通し、ネギトロだー」「ネギトロ好きなんだ。お酒は結構飲むの?」
「そんなでもないですよ。月に1、2回くらいですね。職場の人間同士で飲みにいく感じでもないし」確かに彼女の職場はオパハン達が多かった。では男と飲みに行ったりもしないのか。というか彼氏がいるかどうかぐらい確認しておこう。
「彼氏…とかはいないの?」
「いないです。男の人と2人で飲むなんて久しぶりだし・・」
「そうなんだ。男の客に誘われたりとかしない?」
「ああ…たまに番号聞かれたりとかはありましたね。でもそんなの断りますよ」
やっぱりいきなり番号を聞いても警戒されるんだな。手紙を渡して正解だった。
「じゃ手紙渡されたことは?」
「ないですよ(笑)。いつもあんなことしてるんですか?」
「まさか。緊張して手が震えちゃったよ。だけど、どうしても気持ちを伝えたいと思って」
「一回見ただけでそう思ったんですか?」
「一目ぼれ…もあったんだけど、メールしたり電話したりしているうちにますます好きになっちゃったから」
「えー、早いですね」
確かに早すぎかもしれないが、好意をしっかり伝えておいて損はないはずだ。
「俺のことどう思う?」
「全然いやじゃないけど・・会ったばっかりですからねえ(笑」
そりゃそうか。1時間ほどでずいぶんアルコールも入り、互いの趣味趣向も語り尽くした。さて、ここからの攻め方をどうするか。前任の竹中氏は慎重に事を運ぶ戦略だった。十中八九脈アリと踏んでから部屋やホテルに誘う、やや弱気な手法だ。でも俺は性格的に、イケそうだと思ったらイチかバチか強引に誘うタイプだ。どっちが正しいのかわからないが、ここは俺のやり方を通してみよう。
「そろそろ場所奪えてみない?」「え、はい、いいですよ」
彼女はもう動くの?と言いたげな様子だったが、有無を言わさず会計を済ませる。さあ、付いてこい。
「うわあ、寒いー」「寒いねー」と言いつつさりげなく手をつないでみると、彼女もあっさりと握り返してきた。おっ、これはイケるぞー無言のまま、駅の裏側にあるホテル街へと足を運ぶ。このまま連れ込むか、いや、やっぱりさすがに強引か。と、いいタイミングで人気のない駐車場を発見した。「ちょっと、こっち来て」
彼女の手を引き、駐車場の出入口で歩みを止める。キョトンとこちらを窺うような表情だ。よし、キスしちゃえ。
「えー」「ダメなの?」「だって…、ちゃんと付き合ってくれるんですか?」
そう来るかーうんうん、付き合いますとも(少なくとも今日は)。
「もちろん。付き合おうよ」「でも…ここだと人がいますから」「じゃ、人のいないとこ行こ」
彼女はホテルへ入るやいなや「とりあえずシャワー浴びよっか」と切り出してきた。
後ろから脱ぐ姿をじっくり眺めつつ、ふと思う。なんでこんな普通に可愛い女の子に彼氏いないんだろう。セックスに問題があったりして?交互にシャワーを終え、いざベッドへ。抱き寄せてキスすると、彼女の方からレロレロと舌をからめてきた。なんかエロい子だな。そのまま身体に舌を這わせな
がら下に移動する。オッパイは…そんなに大きいとは言えないが形がよく、ちょっと触るだけでピクピク体を震わせる。ではアソコへ。うわ、もうこんなに濡れてる。
「Hするの久しぶり?」「アン…久しぶりだよ…」「前の彼氏とこういうことしてたの?」
アソコをかき回しながらの質問責めだ。
「うん…」「責めるのと責められるのどつち好き?」
「えー…どっちも好き」「じゃあ…触って」「うん…」
昼間はアクセサリーを扱っている手がチンポに触れた。両手で包み込み、ゆっくりと上下させたかと思うと、指先で亀頭周りをサワサワとくすぐる。ヤワヤワと金玉を採む手さばきも、まるで宝石を扱うかのようだ。素晴らしい。そして無言でパクリ。カリをチロチロしたかたと思うと、ハーモニカのように手で抑えながら竿を上下に紙めまくる。たまらずナマのまま正常位でハメ、腰を振る。途端に彼女は大きな声をあげた。
「ア、ア、アン、気持ちいいよーすこいよ。私イッちゃうよ。ああ、ヤバいよ」
関連記事

本日の人気動画情報

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!

エロアニメも見放題U-NEXTアダルトがすごい!
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

カテゴリ
タグ