★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0170_201812141845322cf_2019101715341723b.jpg0171_20181214184533c5d_20191017153419748.jpg0172_20181214184535672_20191017153420de6.jpg0173_201812141845363c1_20191017153422278.jpg0174_20181214184538b94_20191017153423c3c.jpg0175_20181214184539d18_20191017153425524.jpg

年の瀬のデパートでも、暇そうにしてる店員さんをたまに見かける。彼女たちがどこか寂しそうに見えるのは俺だけだろうか。今回はそんなデパート店員さんを狙ってラブレターを配ることにした。彼女たちだって、恋人がいないまま年越しするのは寂しいはずだ。もう師走も残りわずかだというのに、ぜんぜん寒くないので調子が狂う。生暖かい小雨が振る中、待ち合わせの場所に現れたのは、前髪パッツンの可愛い子。3番の色白さんだ。「こんばんは」「こんばんは〜。お待たせしてごめんなさい、雨も降ってるので駅チカのお店にでも行きましょうか」かなか清潔感があって素敵な雰囲気だ。ビールなら飲めるということだったので居酒屋でいいかな。近くの良さげな居酒屋に入店し、ビールで乾杯だ。「めぐみさんは色気と爽やかさ、両方あるね」お世辞じゃなくて実際そう見える。スレンダーでおっぱいのボリュームはいまいちだが、色気はそこそこある。

「え〜そうですか?なんか周りからは歳の割に子供っぽいってよく言われますよ!」
「そう?歳はいくつなの?」
「いきなりですね〜ハハ!いいですよ引かないでくださいね!33です」
おぉ…なかなかのお歳ですね。でも20代に見えるのは少し童顔なせいかな。
「そうなんだ、ぜんぜん若く見えるね!」「引いてないですか?」
「ぜんぜん、俺のがぜんぜんいってるし、むしろそのくらいの人のが落ち着いてて話しやすいからいいよ」そのくらいの年齢の方が、経験もたっぷりあってエロそうで楽しみですよ!とは言えない。「よかった!おいくつなんですか?」 少しだけサバを読もう。「今年35になったんだ」
「へ〜、若く見えますね。同い年くらいに見えますよ!」
お世辞なのかどうなのか?まぁありがたい。めぐみちゃん、エロさもあっていい感じだ。でもさすがにまだシモネタは早いので、もう少し彼女について聞いてみよう。
「めぐみちゃん、休みの日は何してるの?」
「最近は走ってますね!体動かすのが好きなんで、午前中は運動して、午後は友達とランチしたりビールも飲んでます。フフフ」爽やかではないか。自己管理のできる大人なんですね。
「俺も腰痛がひどくて接骨院行ったら、筋肉つけるために走った方が良いって言われたよ。いや〜歳は取りたくないねぇ〜」
「なんかお爺ちゃんみたいですね。ハハハ」
「でも運動してるなら筋肉すごいんじゃない?」と言いながら、軽く二の腕あたりを触ってみる。どんな反応をするだろう?
「あはっ、くすぐったい!そんなにはないですよー!」 
おー、何だか敏感な反応ですよ。「走ると楽しいですよね。やっぱり体動かした後はキモチいいですよ」じゃ、このあとホテルで一緒に身体動かそうか!
なんてゲスな下ネタはまだ早いよな。もう一杯ずつ生ビールを追加しながら、彼女の男性遍歴を聞いてみよう。「めぐみちゃんはどんな男の人が好きなの?」
「結構硬派な人が好きですね!俺について来い、みたいな」
「へーなんか意外だなー。めぐみちゃんドMなの?ハハ」「ドMなんかじゃありませんよー、古風なだけ!ハハハ」「前の彼氏も硬派な人だった?」「それが全然…ハハ!なよっとしてましたね」「長く続いた?」「はい、私、付き合うと毎回長めなんですよ〜その彼とも5年くらいでしたね」30過ぎの女が5年も付き合って別れるって、ショックが大きそうだ。別れた理由を聞くのはやめておこう。さてどうするか。これくらいの歳なら性欲も絶好調だろうし、酔った勢いでエッチ、みたいなことは十分ありうる。でも本気で今付き合う人を求めているなら、そう簡単にはいかないだろう。今のめぐみちゃんはどっちモードなのか?「最近は二人で会ったりしている男はいないの?」「え〜最近ですか?たまに飲みに行く人はいますよ〜」それくらいはいるか。問題はどういう関係かだ。「ちなみにその人とは付き合ってないの?」
「なんか微妙な感じですね…」 おぉ?意味深な答えだね〜。少しセフレの匂いもしますけど。「まぁ、もう一杯飲みながら話聞くよ!」「え〜なんか私ばっかり話すのずるーい、ハハハどうなんですか〜?」ここは無難に答えておこう。
「2人で会ってる子はいないなぁ。できればめぐみちゃんと仲良くなりたいなと思ってるし」ビールを追加する。
「そうなんですか〜。嬉しい。ほかにも会ってる人いるかと思ってましたけど…」
どういう意味だろう。そのくらいの人との方が楽に会えるということだろうか?
「めぐみちゃんは今どういう人が欲しいの?」
「え〜もちろん彼氏が欲しいですよ?どうなんですかぁ?」
「俺ももちろん彼女が欲しいけど。もし嫌じゃなかったら俺と付き合わない!?」「……」 あれー! ?冗談ぽく言ってみたのに、ナニこの沈黙!!
「さっき言えなかったんですけど…。私いま、好きな人がいて…。その人とたまに会ってるんですよ」ほ〜そうだったのか。俺は好きな男がいようがいまいが、キミと一発やりたいだけなんだよ!!と胸の中で叫んでみたものの、今軽くフラれたよね。でもそれって恋人ってわけでもなさそうだし、うまく言いくるめてエッチできないだろうか。
「さっきその人とは微妙な関係って言ってたけど、ぶっちゃけどんな関係なの?」
「なんかごめんなさい…。そんな人がいるのに会うなんて…」いやいや、責めてなんかいないんだよー。そんな真剣に言われるとますますフラれた感が出ちゃうじゃん。
「いいんだよ俺は。めぐみちゃんと話してて楽しいから飲み友とかでも全然いいし!で、どんな関係なの?」
「付き合ってはいないけど、たまに会っていて…。でも向こうには奥さんがいて…」
はぁ? 不倫なのねぇ〜!なんだかテンション下がり気味だけど、まだあきらめちゃイカン。この状況からホテルに連れ込むには…。ひとまず彼女に理解を示しつつ、自分の好意も伝える、でいいのかな?
「そっかー、なんかツライ関係なんだね。でも好きだったらあんまり考えすぎずにしばらく会ってればいいんじゃない。また、時間が経つと気持ちも変わってくるし」
「なんかそんなこと言ってくれて優しいですねー!」

うん、そう思われるのが狙いだからね。少し笑顔が戻って安心。

「なんかけっこー酔っぱらってきちゃいましたねー!フフフ」

おっと、その台詞は誘ってるのか!?でもビール4杯も飲んでるし、少しは酔ってくるころだろう。「なんか目もとろんとしてきて、エロっぽくなってきたね」
「エロっぽくってなんですかぁー!!」「間違えた。色っぽくだね! ハハハ」
軽く手を握ってみた。こっちを見て笑っていたが、5秒くらいで手を離されてしまった。

「も〜、軽ぅ〜い!」

まんざらでもない感じがひしひしと伝わって来るぞ!どうする。テンションが戻った今のうちになんとかねじ伏せるか?今夜は紳士を演じて、次回に勝負をかけるか?でも不倫に熱中しているこの子は、時間をかけてもダメな気がする。やっぱり今夜だ!どうにか誘ってみよう。
「明日は仕事早いの?」「明日は遅番なので、11時からですけど…」

今は夜の10時前だ。まだ余裕はある。「じゃあ、よかったら俺の家でゆっくり飲まない?」 
さぁーどうだ?「う〜ん、それもいいけど…」いいけど?
「やっぱり…好きな人もいるし、中途半端な感じになっちゃうから…。友達がいいかも…」はぁ?またやんわりフラれてるし!俺は中途半端な関係でぜんぜんいいんだよー!「俺もめぐみちゃんと友達になれたら嬉しいよ。だからもっと仲良くなりたいな」
「でもジャスト友達でいられないでしょ!」

ジャスト友達?なんだよその言葉は!こうなったら思い切って真っ向勝負だ。
「うん、まぁ、友達でもいいんだけど、まだその人と付き合ってないんだったら、俺も男だし…。めぐみちゃんといい関係になりたい気持ちもあるけど」「いい関係って…?」「まぁ、そういう関係というか…」「ないです!」おぁー、食い気味に!これは見事なまでの撃沈だ。あーあ。せっかく可愛い子だったのに失敗したなぁ。やっぱり急ぎ過ぎたのがいけなかったのか?以前も不倫中の子がいたけど、簡単に口説けそうな雰囲気なのに、結局うまくいかなかった気がする。恋をしてるからか、意外となびいてくれないのだ。俺の口説き方が下手なだけかな…。無念…。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

タグ