★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
1_202001232102227c9.jpg2_2020012321022309b.jpg3_202001232102257f8.jpg4_20200123210226e42.jpg5_202001232102281d1.jpg6_20200123210229560.jpg117_202003230723251a6.jpg118_20200323071940abf.jpg119_202003230719419c4.jpg120_20200323072055be3.jpg121_20200323072327d1c.jpg
0117_202003241318489c8.jpg0116_20200324131846a1e.jpg0118_2020032413184973a.jpg0119_202003241318515cc.jpg0120_20200324131852378.jpg0121_20200324131845a1d.jpg
透き通るような白い肌の女子大生のお嬢さまのアナルタッチフェラ
「膝に乗って開いてるの、あれは恥ずかしい」「お願い。最近してないんだ」「んー、でも毛が濃いから」承諾した女の下着を取り、藤に載せてリモコンを押そうとしたときだ。「あっ、ちょっと」女が膝から下り、ティシュで陰唇あたりを試いている・「キスだけでも濡れちゃって」軽く指マンすると確かに潤いがある。これは楽しみだ。次はお得意の人前オナニー。ソファに座った加奈子の前でベニスをしごく。加奈子は慣れた手つきで畢丸の下をくすぐってきた。舌を出して近づける顔も真剣そのものだ。加楽子の舌がベニスに当たった。が、引っ込めようともせず、ベニスの先を証めている。「ちょっと、拭くから」「ううん、キレイだから大丈夫」女はそのまま全体を口に含んで顔をスライドさせる。癒されるフェラチオだ。
シャワーを浴びた後は、加奈子をバイプに縛って遊んだり、ブルマを着せて撮影をしたり、楽しい時間を過ごす。乳は小型でつぶした肉マンのようだが、尻はふっくらとしながらも肉の弾力はよく、アナルのシワはほとんど確認できない。まったく少女体型だ。陰唇とクリトリスはそれなりに遊んでいる形状だが、一目をつむろう。クリを軽く舌でつつく。「ひっ」と脚を霞わせる女。肛門にも同じことをすると「いや、そこ」と、いいながらも穴はビクピクしている。加奈子に促され、尻を開いた。加奈子の舌がアナルに感じる・。安っぼいロリマンガだが、俺にはよく効く。濡れのおかげでベニスは支障なく入り、腔に押さえられた。少し腰を入れただけで女はアーッと息を吐<。唇を軽<つけると舌を吸われた。手を握られたまま射精。風邪気味だったので2回目の意欲はない。つい最近、今年の春に東京に戻れる、とメールがあった。が、帰ってくれば、いつでも喰えるので、慌てて電話はしない。フーゾクで鍛えたテクを見たいのは山々だが。信じられないほど清楚な女が待っていた美香ほどの女がなぜ所沢のテレクラに電話してきたのか、今もってわからない。玉川上水ちかくのB女子大といえば、それなりのお嬢学園。彼女もまた、どう見ても渋谷か銀座を遊び場所にしている風情の女だ。決して池袋や新宿ではない。「家に帰るのヤなの・お茶くらいなら」話がまとまり、東口、くすの木ホールのエントランスで待ち合わせた。信じられなかった。真っ白な上質のロングコートにシャネル・カンボンラインのトートバッグに、清楚ながらも・高質のマスク。しかも潟面の笑顔をたたえて俺に頭を下げる。その日は凍えるほど寒い日で、テレクラの客は2人だけ。幸運に感謝した。「お父さんと喧嘩したの」「いやいや、ただね」「9時ごろまでに帰ればいいんです」今は午後5時半。力ラオケか食事か、それとも。緊張する瞬間だ。「僕的には、うーんと、仲良くっていうか、あのう、つまり・・」「わかってます。いい人みたいだから」あまり簡単にOxされても信じられない。本当にいいのか「仲良くって、あの、ホテルですよ」「はい」女が白い歯を見せる。できるのだ、この女と。急にドキドキしてきた。「で、条件とかは?」「ご褒美、いただけます?」「検定のー級に合格したんです」ウソでもホントでもいい「援助で」といわれるより気持が楽だ。冬のアサリは味が濃い。ボンゴレとグラスワイン、それに現金ー枚半で彼女を祝い、西ロのホテルコフハイナ【へ移動した。部屋に入り女がコートを脱いだ。下は半袖のセーターとチェックのミニスカート。まさに少女ルックだ。これだけでオナニーのオカズになる。「ガマンできないよ。美香ちゃんの前でコレしたい」ベニスを出してシゴけば、美香は徴笑んでいる。ここは六本木ヒルズの高級オフィス。新しく採用した秘書、美香に、「これができないと採用はキャンセルだよ」とセクハラしつつ、人前オナニーの濃儀を教える俺・東京タワーを背に、美女に「見られオナニー」。ウーッ。頭を低くしてミニスカの奥を覗くとブルーのバンティが見えた。その奥にあるヒダを議めたい、入れたい。すでにベニスはビンビンだ。いつも俺は賓人よりチョイブスデブに燃える」などと、ってるが、いい女を目の前にしてはその言葉も無意味だ。下に白い手をもってゆくと「ネコちゃんの肉球みたい」と言いながら操んでくれる。「もっと奥の穴も、いい?」「ここですか?」女の手が俺の紅門を撫でる。もうイキそうだ。レビトラも飲んだし、2回はできる。軽くキスすると、柔らかい舌に触れて、ベニスをしごいている右手がビーンと張った。イッちゃえ。床に射精した・美香はティシュで精液を拭き、さらにティシュに包んでゴミ箱へ入れた。育ちのいい女だ。
前は処女のごとく後は娼婦のように
「お風呂一緒に入ろうか、」「えー、それはちょっと」女はやんわり断り、洗面台の前で服を脱ぎ、1人でシャワールームへ入った。初対面の男の前だというのに、恥じらいもなく脱いだ服を放り投げて風呂場に入るテレクラ女とはえらい違いだ。きっと生まれは埼玉ではない。数分たって女が出てきた。スッボンボンの全裸で乳も陰部も陣さずに「お先に」と笑顔だ。入る前は処女のごとく、出た
ら娼婦のごとくか。まいった。女は俺の前に紅茶を置き「風呂上がりは冷えますから」と言う。気のつく女だ。紅茶を飲んでキス。大き<もな<小さすぎでもなく、ちょうどいい口だ。舌を入れると、美香は顔を斜めにして吸いやすい姿勢になった。20分前に射精したというのに、早くもペニスに力が入る。バスタオルを取る。乳はやや不足気味。だが、初々しい女の体があった。ベッドに押し倒し、両脚を拡げて性器を紙める。陰唇、クリトリスを唾液で濡らした後、アナルにも舌を。「あっ、そこは」構わずねじ込んだ・尻全体から背中、すじまで舌を這わして乳に進む。すでに乳、はツンと立っていて舌の感触がいい。勃起したベニスを美香の顔に近づけた。女が一瞬えっといった顔になるが、先に口をつけた後、舌で軽く舐め、全体を口に入れた。美女のフェラはなんて気持いいんだ。美香の手が自然に俺のアナルに触ってきた。美女プラスアナルタッチ。
最高だ。美香の顔が俺の後ろにまわる。まさか。軽くではあったが舌が当たっている。もはやベニスは限界だ。今すぐ挿入したい・ゴムを着け、陰唇を開いてベニスを入れる・濡れはなかったが奥までヌルリと入る。女は半分目を閉じて静かにしていたが、農を入れると少し「ハアハア」と息をした。2回目にも関わらず性感が高まる。もっと性交感を楽しみたい。が、終わりが近いのがわかる。美香の口へ軽くキスしながら射精した。もう一度逢いたい。そう願ったが、女は「ー回だけ主義なの」と携番を教えてくれず、タクシーで帰っていった。秩父から吹き下ろす風が冷たい。
ここから新たな意外なナンバスボット
出会い系サイトやクラブなど、常に新たなナンバスボットの探求に余念がないナンパ師たちの間で、近ごろ、都内に建つ某定時制高校が、新たな狩り場としてブームを呼んでいる。
ここ、日本で数少ない単位&無学年制を採用した都立校で、生徒は学歴をアップさせたい中卒の若者から生涯学習に熱心な大人まで様々。
自由な校風のせいかノリのよい女学生が多く、自然とナンバ師たちの間で口コミが広がったという。口説きの手口は、フリーライターを装い校内に侵入、雑誌の取材と称して近所の居酒屋に連れ込むというお馴染みのものだが、凄いのはここから。
なんと彼ら、さんざん女を酔わせた後で再び学校に戻り、教室内でセックスまで済ませてしまうのである。
「近所にラブホがないものですから。それに、定時制なんで真夜中まで校舎が使えるんですよ」
そう語るのは、現役ナンパ師のK氏だ。彼の協力の下、平日の学園内に潜入を試みたところ…。近代的な自動ドアの入り口を潜るや、中ニ階でヒマをもてあます女たちへ、氏が端から声をかけていく。キャッキャとはしゃぐギャル系から、自ら謝礼の話題を持ち出すOL風まで、おおむね反応は悪くない。
「取材で学校のことを教えて欲しいんですが」
「えー、いいですよ」
フリーターの加奈子嬢(19才)の捕獲に成功。さっそく近くの一杯飲み屋へ連れ込むと、K氏、女に大量の焼酎を飲ませつつ、こっそり持参のカロリーメイトをパクつき始めた。体内の血糖値を上げ、自分だけ酔わないように済ませる作戦らしい。
「じゃ、そろそろ校舎の中を案内してよ」「オッケー」
かくして2時間後、学園最上階の一室は、2人のためのラブホテルと化したのだった。
ローションたっぷりのマットプレイに興味のある女子大生の願望を叶える
大学のサ—クルで「山歩き部に入ってるんです」
待ち合わせの喫茶店でカフェラテを飲みながら裕実さんは言った。アイドルの吉井怜似で実に健康的なイメ—ジではあるが、今どきの女子大生が山歩きってのはどぅよ。なんか面白そうだから。ん、よくわからない。その程度で誌面上で僕とエッチしちゃって構わないのか。
「あと、すこし今中さんにも興味がありましたね」
えっマジっすかグフッ、そんなこと言われたの久しぶりだなぁ。なんか急にうれしくなってきたぞ。
「ところでHに関しては何か希望ありますか」 
今まで5人と少ない彼女キスの仕方もどこかぎこちない。
「キスしたのも、もしかしてひさしぶり?」
「ははい…」
蚊の鳴くような声で応えるその姿に、思わず僕の股間も固くなる。服の上から胸の膨らみに手を伸ばすと、Cカップ大の張りのある乳が出現した。
「あああん」「うん、すごい感じちゃう…」
服の合間から乳首だけ露出してチュチュっと吸い付く。
「ダメ我慢できなくなっちゃう…」
胸をもんだだけでもうこの反応。続いてジーンズのジッパーを下ろすと、花柄のパンティが露になった。「あああん、恥ずかしいです」抵抗する裕実。パンティの上からでも、すでにかなりの湿気をおびているのがわかる。「濡れてるね…」「ぃやん」
ジーンズを脱がし、下着だけになった裕実をベッドに誘いこむ。全裸姿は肉付きのいいポッチャリ体型だ。決してデブではない、本物のポッチャリ。改めてディープキス、そして勃起した乳首を念入りに愛撫…そして下腹部を通り、陰部へと舌を這わせる。クリは若干小さ目で、まだ皮を被った状態。舌で刺激すると、ピクンと反応した。「あああ…いや…ダメ…」
さほど大量ではないものの、小陰唇からは透明の蜜がジワジワ。まさかソ—プでバイトしてたんじゃ…。そう疑いたくなるほど、慣れた腰つきだ。ん—ますますもってわからん。
お風呂に入りラブラブな雰囲気を演出したところでいよいよ本番へと突入。
「しゃぶってくれる?」
まずは景気づけにいきり勃つチ〇ポを裕実の口元へもっていくと、彼女黙ってロに含んだ。チュポチュポとしゃぶる舌使いは稚拙で経験の浅さを如実に物語っているが逆にそれがロリっぽくて興奮を呼ぶ。途中から彼女の丸い尻をこちらに向けさせシックスナインの体勢に。陰部をじっくりと観察すれば、クリが赤く露出気味になっているのがわかった。愛おしいなあ。
「あああっっ…気持ちいい…」
続いてクリを舌で転がす。「どう?」「あああん、もうダメ入れてお願いだから入れて」
「何をいれるの指?」
「いやん、いじわる、指じゃなぃよ…」
あまり焦らすと、挿入前に絶頂を迎えてしまいそいだ。ジットリと濡れたおまんこは何の苦労もなくスルリと人ってしまいそうな洞穴と化している。
「入れるよ」ヌルツ。陰茎が裕実の暖かい膣奥へと吸い込まれた。
「あつ、イイあつ…すごい気持ちいい…あああああ…」
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ