★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
7_20191127234630002_20200121191735361.jpg8_20191127234632c96_20200121191736a2f.jpg
ヤリマン看護師ヤリマン看護師ヤリマン看護師ヤリマン看護師ヤリマン看護師ヤリマン看護師ナースのナンパは女子寮ナースのナンパは女子寮ナースのナンパは女子寮ナースのナンパは女子寮ナースのナンパは女子寮
病院の看護師にヤリマンは多いがその看護学生はもっとエロイ
看護学生
京都O病院の看護婦はヤリマンのリポート。
病院の近くでナンバが成功するワケないと、5月号の淫乱看護婦さんがおっしゃってたが、ちょっと待ってもらいたい。
地元民の私から言わせてもらうと、事実は微妙に異なる。実は、ターゲットは別にいるのだ。
地元民の私から言わせても女子短大の女子寮などのナンパスポットがある。
学校の並びのラブホ前に広いスペースがあるものの、明るいうちからそんな場所に停めていては露骨に怪しまれる。駐車位置は、学生が利用するバス停やら自転車の通学路など、あらゆる情報を分析し導き出させねばならない。
病院一帯はほとんど変わりなかった。さっそく、前記の駐車ポイントに停め、友人と辺りを物色する。オレの片手には作戦用のビデオカメラが握られている。おーおるおる。めっちやおるやんけ
金・赤・茶髪のヤリマンちやんたちが、群れをなして歩いている。制服は昔かり変わっとらんの。女どもが歩く姿を撮っていると、3人組が近寄ってきた。茶髪に金髪ルーズソックス。知能のレべルも変わっとらんみたいやの
「なあなあ、おっちやん、何してんの?盗し撮り?わはははははは」
初対面の私を捕まえて、おっちやんとは何事や。オレはまだ27ゆうねん。
「うっそー」
「ほんまや。今、ミニにタコの絵を撮ってんねんから、アッチ行け」
「きやはははは。オッチャン、やっぱりアホやろ」
「うっさいわ、ボケー」「きやはははは」
よしよしつかみはええ感じ。
「番組のロケハンしてんねやんか」「え、マジ?ドコのテレビなん?」
「関西テレビやけど」「うっそーいえーい、今イエーイ」
うーん、タマラン。この分なら話は早いかもな。
「軽く飲みいこか」
といえば、これがまたすんなり付いてくる。
0病院看護学生の尻軽度数は見ての通り格段にアップしていた。力ラオケの男子トイレでいきなりチンボを力プッー
これから彼氏とデートだという1人を途中で降ろし、四条の居酒屋へ。ほいほい付いてきた2人はルーズの好美に茶髪の由紀。両方とも目宅から通う19才らしい。彼女らのノリの軽さは、酔いが回るにつれエスカレートしていった。
「母乳ってどうやって出すか知ってる?」「え、母乳?」
「あ、おっちゃん、今、顔赤なったでー」「うっさいわ」
「妊婦さんの母乳が出るように、オッパイをこう下から上に操みあげて」
おお、おお。好美が由紀の胸を正面からグリグリやっとる。こりゃエエの
「なに、ョダレ垂らしてんのん?」
「はっ?」「きゃはははははー」
悔しいまでに、場慣れしてやがる。くそー、このままオゴリ損だけはせんぞ。なんて、気合いを入れたのがバカらしくなるほど簡単だった。居酒屋の後、カラオケボックスに連れ込み、トイレに立った好美を男子便所に誘ってみた。
「吸ってくれへん?」
どこまでノリがええのか見たろやないかとチンポを取り出せば、これがまたお見事。
うふふふと妖しい笑いを浮かべ、すぐさまカプリ。しかも、しゃぶりながら、余裕の顔でオレを見てやがる。もうホンマにおまえらは。
そのまま挿入したいのを堪え(人が来た)部屋に戻ると、友人の膝の上で由紀が腰をくねらせながら歌っていた。オマエはパッポンのダンサーかーいやそれ以上や。
★この後、オレたちはそれぞれ若いカラダを思う存分堪能させてもらったのだが、オレのパートナー、好美が貴重な情報を漏らしたので報告しておこう
「ぶっちゃけた話、自分ら結構遊んどるやろ。せやけど、ここら辺で一番Hな看護婦ってドコにおんのかな?やっぱり。病院なんかな」
「そんなんA病院ちゃう?」
A病院。なるほど。ずっと前だが確かにあそこの看護婦はすぐヤラせるって話を聞いたことがある。ウワサはホンマやったんかい。
看護婦ナースのナンパは女子寮が入れ食い状態
人間愛と奉仕の精神を持った白衣の天使、看護婦。世の男性たちの中には、看護婦と聞いただけで、特別な感情を抱く者が多い。日々を人の生死に関わる激務に追われ、カネを這うヒマもなければ、男と出会うチャンスもない。そのストレスは並大抵のものではなく自然と肉欲にはけ口を求めていく。
果たしてこれは、単なる男の願望なのか。我々が勝手に作り上げただけの妄想なのか。
いや、オレは断言したい。看護婦ほどエ口く、看護婦ほど飢えた女はいないのだと。
ナースをナンパし続けること5年(食った数約50人・医者でもない普通の男が、これだけの看護婦と出会うことがきたのは、ひとえに、看護婦寮が存在するからだ。高校時代からナンバ漬けの毎日を
送っていた。
「あ、久しぶり、元気?」「え?だ、誰ですか?」「ええ?覚えてないの」
特別なテクニックなんて何もない。バカを演じて、ノリのよさをアピールするだけ。それでもヤレる女はいるのだ。学校を卒業し、地元のレンタカー屋に就職。車を手に入れてからはさらに拍車がかかった。このころナンパした女の中に、1人の看護婦がいた・ルックスは中の上といったところだが、とにかくエッチが好きで仕方ない。飢えた看護婦のあまりのエ口さとテクニックに、すぐに虜になった。彼女は地元病院の医院長の娘で、小遣いがなくなると、オレを連れて病院の父親のもとにカネをせびりに行った。そこで、オレは新たに2人のナースと出会う。こいつらがまた驚くほどエロかつた。ホテルの部屋に入るなり、即フェラ即濡れの即入れ。何回戦終えても、しつこく迫ってくる。
まさにさかりのついたメスブタ・オレの頭の中には「看護婦=エ口くて、飢えた女の集団」という図式が完全にできあがり、ナンパヘの情熱は、彼女らだけに注がれるようになる。
看護婦に会いたいなら、病院に行けばいい・ヒマを見つけては、いくつもの地元病院の通用口へ、ナンパ行脚に出る日々が続いた。冬のある日・某救急病院の前で、看護婦待ちをしていると、通用口から1人のカワイイ女が出てきた。「ねえねえ、遊びに行こうよ-」
迷ねす接近&ナンパ。が、瞬時に撃沈。ガックリと肩を落とした直後、その女が、病院脇の細い道を通り、敷地内のマンションらしき建物に消えていくのがわかった。病院の寮だった。どうして、今まで気づかなかったんだろう・寮を狙えば、病院の前で待つより、はるかに効率的なナンパができるじゃないか。思わぬ金脈の発見に、オレは武者震いをおこした。
翌日の午後、ナンパ仲間のDとともに、寮の前に立った。しばらく離れた場所で観察してみると、仕事を終えた看護婦たちが、ポツリポツリと帰ってくる。看護婦専門の寮ではないのだろう・中には数人の男性も混じっている。医者かもしれない。バカは迷わず飛ぶしかない・彼女たちの部屋を直接訪問して、玄関先でナンパってのはどうだ。所詮、相手は男に飢えたエ口女なのだ。路上ナンパと同じノリで笑いを取れば、すぐに股を開くはずだ。さっそく寮の周辺を調べてみると、表札がないばかりか、部屋の窓も見えない。これでは、住人が男なのか看護婦なのか、判断がつかないぞ。
「だったらオレが上の階から順番にチャイム押していくから、誰が出てくるか見てくれよ」「わかった」まずは最上階の4階から。下で見守るDに合図を送り、ダッシュ。
ピンポンピンポンピンポンピンポン4階にある合計加個のチャイムを押し、階段の陰に隠れた。
ガチャ……パタン誰かが顔を出したようだ。すぐにDの元にかけよる。
「女が1人顔出したぞ。右から2番目の部屋。レベルはまあまあじゃね’か」
すかさずノートに書き写し、リストを作る。全ての部屋ごとに、男か女か、可愛いか可愛くないかを記していくのだ。
「よし、次は3階な」
そのまま2階、1階と全てのチャイムを鳴らすと、㈹部屋中、6人がドアを開け、顔を出した・内訳は、5人が女で、1人男。なかなかの確率だ。2時間ばかりおいて、顔を出した看護婦の部屋を再び訪問する。「どちら様ですか?」ドアが少しだけ開き女の顔が見えた・チエーンロックしてやがる・当たり前か。
「突然ですが、ナンパ訪問です」「はい?」
「ヒマだからさ、遊ぼうよ」
パタン、ガチャ。あっさり撃沈。カギも閉められた。おかしい、飢えてるんじゃないのか。
翌週、その翌週と玄関ナンパを繰り返した。バカと罵られ、警察を呼ぶと脅された。
4回目にトライしようとすると、入り口に警備員室ができていた。こっそりと警備員室の窓の下を潜り抜け、再びトライ。すると、
「おい、逃げろっ!」
下で待つDが叫んだ・急いで階段をかけ降りる。オレを背後から羽交い締めにする警備員。
「イデデデ……もうしません!二度と来ません」惨敗だった。
まったくメゲることなく、次に隣町の精神病院に狙いを定めた。病院自体は大きいのだが、周りは住宅街。さぞ刺激に飢えた看護婦が多いに違いない。確認したところ、病院の敷地内に寮はなく、仕事帰りの看護婦たちを後からつけてみた。たどり着いたのは1軒の大きなアパートである。4階建てこれが寮なのか。表札を探したが見つからない。安全のため、わざと表札を付けてないとも考えられる。明日また来てみよう。
翌夕方、アパート脇の駐車場で張り込んでいると、入口の一つから女が出てきた。
「○○病院の寮ってこちらですよね?」「はい?そうですけど…なにか」「いえ、いいんです」
そのまま深夜まで張り込みを続けた。夜中の2時を過ぎたというのに、明かりのついた部屋が多い。しかも、仲間同士で部屋を訪問し合っているのか、時おり女同士の笑い声も漏れてくる。
ふと、車の中に転がっていた100円のゴムボールを、一番騒がしい部屋の窓に投げつけてみた。
ポン・・・ガラガラ。窓から女が顔を出した。
「…誰ですか?」「キャッチボールしない?」
「キャハハーバカじゃないの?」
「とりあえず降りてきなよ・オゴルから、カラオケでも行こうよ」「ええ」
5分後、泥酔した3人の看護婦が降りてきた。ヤレはしなかったが感触は悪くない。
ナンバのとっかかりは、笑いをとることだ。今度は、駐車場で、ボーリングをやってみた・ボールとピンは、知り合いにもらった。響く異様な音に、すぐに窓が開いた。
「キャハハハ、何してんの?」
「ボーリングだよ・ボーリング。一緒にやろうよ」
信じられないことに、この方法で、4人の看護婦が落ちた。しかも、みな期待を裏切らないエ口女。オレは自信を深めた。
彼女たちの情報で、寮は他の場所に2つもあることを知り、ここでもキャッチボールとボーリングで責めた。結果、5人が股を開いた。
夜勤明けの女の部屋に行き、セックス。ヤリ足りないときは、別棟の女の部屋に行ってまたセックス。実に素晴らしい日々・しかし、
「ちょっと、他の部屋の子もナンバしてるでしよ?サイテーじゃん」
駐車場での派手なナンパを繰り返したせいで、オレは寮中で有名になっていたらしい。残念ながら、撤退を余儀なくされた。

ヤッた看護婦15人が全員0病院に勤務
白衣の天使。いまどき、こんな手垢まみれのことばで、看護婦を表現する人間がいるのだろうか。
オレは看護婦という存在に、これまで一度も特別な感情を抱いたことがない。偶然知り合った女が看護婦だからと、口説きに熱が帯びる、必要以上に興奮する、といった思考は皆無。
むしろ、相手が看護婦とわかって、少しガッカリしてしまう程だ。わんぱくだった幼少時代、生傷の麺えなかったオレは、しょっちゆう近所の病院で世話になっていた。
ところが、そこの看護婦というのが、そろいも揃っておばちゃんばかり。思春期まっさかりの少年には毒としか思えない下品な連中だった。
まず、風貌がオランウータンなのは基本で、傷口を消毒中、素知らぬ顔でへをこく者、白いタイツからスネ毛を飛び出させている者、尻に麻酔の注射を打つとき、
「ありゃー、パンツにンコついとるわ」と大声で言ってくれる者…。
とにかく、そんな痴れ者ばかりを目の当りにしたおかげで、看護婦=オンナを捨てた生き物という図式が自分の中で無意識にでき上がってしまったのだ。
なもんで今年8月中旬、笹島(30才)と名乗る裏モノ読者から「京都にね、ヤリマン看護婦ばかりの病院があるんですけど」と連絡をもらったときも、正直ウンザリした。
看護婦なんぞに興味はないし、第一、その手のネタは大体お寒い結果に終わるのが相場と決まっているのだ。
「本当ですかあ、ソレ」
「いや、ホンマなんですって」
ナンパ好きの彼が、過去5年間で喰った膨大な女の中に看護婦は15人。その全員が京都にある〇病院のナースだった事実が、その根拠らしい。
「でも15人っちゆうのはなんとも微妙な数ですよね。偶然の可能性だって十分ありますし」「それだけじゃないんです」
なんでも笹島氏の周りには、家に呼んだデリヘル嬢や、遊びに行った先のキャバクラ嬢が実はその〇病院の看護婦だったという話も珍しくないという。
「絶対あそこはヤリマンの巣窟ですって。いっぺん調べに来てくださいよ」
依然、話にウサン臭さを認める一方で、もし万が一という迷いが頭の中に浮上してきた。しょうがない。ヤリマンの巣窟、ダメ元で行ってみるか。
何だかんだいっても、女、好きだからな。
JR京都駅から某線に乗り換え、〇病院最寄駅に到着したのは正午を少し回ったころだった。情報提供者・笹島氏との合流は氏の仕事が終わる午後?時すぎ。
それから病院周辺で車ナンパしようという目論みだ。が、それまでに時間はタップリある。とりあえず偵察も兼ねて、一足先に乗り込んでみるか。
もしかしたら、氏の到着を待たずして誰かゲットできるやもしれん。件の病院は、小高い山のふもとに広がるひなびた町の入り口に建っていた。
しかし、よく辺りを見渡すと、病院を中心とする周囲30メートル圏内に、ラブホが3つも点在するのだ。イヤラシイ。ヤリマン看護婦たちもここへ患者などを連れ込んでるのかしら。
ガゼン期待を高めつつ、院内に潜入。スケベナースの仕事ぶりを観察しようと、そこら中をくまなく探索した。〇病院は総合病院のため、看護婦の数がやたらと多い。
しかも嬉しいことに、その大半が20前半とおぽしき若いコばかりだ。茶パツに濃い目の化粧の、下手すりや水商売風情すら目につく。…なんだかラクショーっぽいなあ。
状況証拠は限りなくクロでしょ。とはいえ、彼女らが仕事中に、いきなりナンパの態度をムキ出しにするのはイタダけない。
例え四六時中濡れてる色狂いとて、同僚の目は気になるハズだ。相手にされない可能性は十分ある。そこでオレは一計を案じた。
実際に診察を受け、患者の立場で話しかけてはどうか。これなら相手も気楽に受け応えできるだろうし、勤務終了を待ちぶせてのナンパも容易になる。
オレが狙いを定めたのは形成外科。ここに気になる看護婦がいたのだ。
モラルが要求される業界の無視するかのような金髪で緊張感もまったくナシ。つまり顔はかわいいが、アホっぼい女。うってつけだなあ。
受け付けで「寝ちがえた」と待つことしばし。呼ばれ診察室に人る。と、そこにはイスが3つ置かれており、順番を待つよう言い渡された。
この間に何かキッカケを掴んでやれ。オレは目の前を往来する金髪ちゃんを呼び止めた。
「今日いつ仕事終わるの?メシ屋とか教え・・」
「ちょっとゴメンなさい。石田さーん、2番の診察室にお入りくださーい」
ダメだ、忙しすぎる。おまけにオレ自身、軽い触診のあと、遠く離れたレントゲン室に回され、声をかける機会すら失う始末。
失敗だ。やはり、帰り際を待ち伏せするしかないのか。
調査で、〇病院の看護婦は3交替制勤務だと判明していた。看護婦たちは職員通用口から出てくるのである。当然、アホっ子の終了時間は5時だ。
「骨に異常はないので筋が伸びたのでしょ」
レントゲン撮影の後、医師からわかりきったことを言い渡されたときはすでに5時15分前―。首が痛くて歩けないと受付嬢に申し入れたオレだったが、とにかく時間がない。
清算が終わるやいなや、職員通用口に向け元気一杯駆け出し、待ち伏せ態勢に入った。ところが、肝心の金髪ナースは一向に姿を現さない。
あれ、と思い、グルっと病院を一回りしてみて愕然。なんと、ずっと待ち伏せしていた通用口は自転車、原チャリで出勤する病院関係者用のもので、必ずしも全員が使用する出口ではなかったのだ。
そしてそのとき、オレをあざ笑うかのように、アホ子さんの運転する軽4駆が目の前を走り去っていく。さすがは辺ぴな土地。車通勤のことなどすっかり見落としていた。
ショック。仕方なく、徒歩・自転車通勤組に狙いを変更してみたものの、これがやりにくいの何の。
想像してほしい。人気のないタ暮れの病院周辺で、クスリ袋をぶら下げた男が看護婦にオズオズ言い寄っているのだ。どう見たって怪しすぎる。
それでも、1時間ほどがんばってみたが、結果は予想どおり。思いっきり変質者の印象を与えた以外、なにも収穫はなかった
「うわ、これナンパやろ。ふふふ、どうしよっかな」
午後?時ごろ、ようやく仕事の終わった笹島氏から連絡が入る。
とりあえず、これまでの経緯も含め、計画を煮詰めようと、居酒屋で落ちあうことになった。
「いやーかなり難しいっすよ、コレ。ヤリマンを喰うどころか、まず声をかけることもままならないんですから」
「ああ、ホンマですか。ほたらもっとラクな方法もありまっせ」
前述のとおり、デリヘルやキャバクラに勤めている看護婦の情報は友人に聞けばすぐわかると笹島氏。どうやら、そのコたちを呼ぶなり、口説くなりすれば確実だと言いたいようだ。
が、これはいささか強引な理屈である。風俗嬢、キャバクラ嬢の存在云々は、あくまでヤリまくり病院の噂を検証する際の前フリであって、ゴールではない。
やはり、理想はこちらからナンパを仕掛けて何人喰えるかを実践することにある。なーんて偉そうに言っちゃいましたけど、どうです?
「確かにそうかもしれへん。じゃあ今夜の車ナンパに賭けるのみですなあ」
結局、他に有切な打開策を見つけられないまま、戦闘開始とあいなった。いつの間にやら、午後22時半。準夜勤終了は間もなくだ。
時間ギリギリで病院に到着。さて獲物はどこやろかと、周辺をグルグル回っていると、いたいたっ。昼間オレが張っていた職員通用ロの前に女が3人、キャッキャッと嬬声を上げ、立ち話をしている。
笹島さん、車止めて。ボクあれが欲しい
「ねえ、君らなにしてんの?」「別に。いまから帰るとこ」「もしヒマなら、ドライブでも行けへん?遊ぽうや」
笹島氏が、ベンツのボディをバンバン叩き、援護してくれる。
「わ、これナンパやろ?~っふふ、どうしよっかな」
聞けば、25才の看護婦仲間らしい。昼間のナースのように、許しげな表情を見せるでもなく、実にケラケラとノリがよい。
ようやくマトモな手応えを感じ、オレのテンションも高まっていく。特にその中の1人、トモは他の2人がズングリしているせいか、スラッとした体が妙にソソり、顔もグー。
『お嬢』というあだ名もなかなか味わい深い。しかもこのお嬢ときたら、こちらのたわいもない冗談に過剰な反応を示し、やたらオレの腕に触れジャレついてくる。
ときには意味ありげな視線もチラーリチラリ…。うわコイツ大当たりだ。とんでもないスキ者だよ、多分。
だがしかし、エロお嬢の携帯番号を聞き出した後、オレたちは3人組をあっさりリリースする。今日はもう遅いから翌日の?時にゆっくり会わないかと、彼女の方から提案してきたのだ。
しかも、いまいる2人より、もっとかわいい同僚を1人連れて来るという。
「ほな明日遊ぽうね。ちゃんと連絡してな」
わはは、遊ぽうねだあ、オイ。ヤリたいくせに。
保険を確保し、ようやく気持ちに余裕の出たオレは、引き続き笹島氏とともにナンパに励んだ。ただいま深夜12時半。病院からはポツポツとだが、獲物がまだまだ湧いて出よる。
視線を送ってきたのは、推定身長145センチ、オサゲ髪が死ぬほど似合わない石井館長である。おかしい。今日は確か大安の日じゃ・・

ヤレた相手も0病院の看護婦にあらず
とりあえず、居酒屋で悲しくゲッソリしているオレたちを他所に、お嬢と館長はヤンヤヤンヤと盛り上がっていくチキショー、なんでこんな寒い飲み会になるんだよ。
すぐにでもお嬢と1発やって帰りたいぜ、正味な話が。しかし、いくらなんでもここまで協力してくれた笹島氏に、館長を押し付けるのはあまりに外道。
人格を疑われかねない?ならば、仕方ない、氏と2人でバックレでもかますか。とそのとき、笹島氏が耳打ちをしてきた。
「罵野さんが宿泊しているホテルに連れて帰ってください。オレはマリ1人を適当なところで捨てて、家に帰りますから」「…」
感動した。きっと「ヤリマンの巣窟を体験してくれ」
などと大風呂敷を広げた責任を感じてるのだろう・・笹島さん、ありがと、どうか、あなたもご達者で。果たして、ヤリマンお嬢は、当たりまえのように、オレとホテルの前に降り立った。オレはお嬢と部屋に入るやいなや、ズボンをズリ下げた。
★京都。病院の看護婦はヤリマンばか町養った2日の滞在でその噂の結論を出ずのはいささか早急な気がしないでもないが、オレは敢えていおう。
そんなモンは根も葉もない噂だったと。結局、1人もゃれず終いだったのだから。1人も?
保険だ保険だと安心していたお嬢にすら、オレはスカを掴まされたのだ。以下、無事セックスが終わり、まったりタイムのオレとお嬢の会話を記し、このルポを締めーたいと思う。
「ねえ、お嬢みたいに軽いコって0病院にあまりいないの」「は、ナンの話?」「いや、だから0病院に…」
「あたし、△病院の看護婦やで」
「え、でも昨日、通用ロに立ってたじゃん」

「たまたまや。私の自宅あっこから3分のとこやねんもん」そういうことで

ナース看護師をナンパするなら準夜明けを病院の通用口で待て

テレクラを利用する看護婦ってメチャクチャ多いんですよね。休みが不定期で彼氏ができにくいんでしょう。淋しい女を狙うのはナンパの鉄則。僕も、ちょくちょく食わせてもらってます。病院の通用ロの前で仕事帰りの看護婦を待って1人切りのコがいたら猛ダッシュ…。とまあご想像どおりの方法ですが、やたらめたらに声をかけてもゲットできません。やっばりオチやすいコを探さなきゃ。
真夜中だけに、声をかけた瞬間ビクッとされちゃいましたけど、
「あ、すいません。友達の見舞いの帰りなんです」つて言ったら「ああ、そうなんですか」って
大きな病院なんで「患者さんのお名前は?」なんて突っ込みも入りませんでしたしばらく立ち話をした後、「急いできたんで、まだ晩メシ食ってないんですよ・よければ一緒にいかがですか」
って誘いました「じゃあ、ちょっとだけなら」つてアッサリOK
こんな時間に予定なんか入ってるわけありませんしね。ラクショーですよ・とりあえず車でファミレスに行って話を聞いてみると、彼女やっぱり彼氏がいないらしくて休みがマチマチで出会いが少ないともこぼしてましたね。あーあーっ感じでしょ。その後は、例のごとく車の中でやることやっちゃいました。相当飢えてたのか、ケツの穴まで訴めてきましたよ。もう1人茶髪のコは、看護婦じゃなくて、見舞い客の女です間違って通用ロから出てきたところを偶然引っかけたんですよなんでもキャバクラに勤めてて、遅い時間じゃないと見舞いに来れないらしい。ご報告までに写真を載せておきました。看護婦さんも注射ばかり打ってちゃさすがにうんざりするでしょう。たまには太い注射を打たれたいんじゃないですか。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ