★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0021_20180319102827ac9.jpg
気分をスカッとさせるには風俗しかない。それも「タマらん!」と唸ってしまうほどのエロエロ全開フーゾクだ。そんじょそこらの店ではダメ。体験した客が思い出すだけでガマン汁をしたたらせるような、そんなレベルじゃないと。不安な時代に立ち向かうため、キンタマの奥の奥から濃ゆ〜いのをぶっぱなすのだ!
「ヌキありマッサージなんですけど、あんなシステムの店、日本中探しても1軒だけですわ。そりゃもうタマりませんわ」
そうおっしゃるのは大阪のフーゾク広告代理店社員さんである。そりゃもうタマりませんと言われたら、そりゃもうじっとしてられません。JR京橋駅の北口から数分のところに、ひときわ大きな看板があった。T乱堂。まさにこの企画のためのような名前だ。
「いらっしゃいませ!」
威勢のいい店員に迎えられ、数枚の写真を見せてもらう。
「今いけるのはこの5人です」
どの子も若くて平均点以上だ。写真を修正してる感じはないし、迷うなぁ。
「オススメはAちゃんです。リピート率の高い人気者ですよ」
よっしゃ。店員さん、アンタを信じるよ。Aちゃんでヨロシク!待合室はギュウギュウだった。さすがの人気店だ。無料のお茶を飲みながら待つこと15分、ようやく声がかかった。
「カーテンの向こうにAちゃんがおりますので、どうぞ」
そこにいたのは写真と変わらない、八重歯の可愛らしい女の子だった。薄いキャミソール越しに谷間が見えている。手をひかれて個室に入る。
「地元の人ですかぁ?」
「いや、出張でね」
「わざわざウチの店にきてくれてありがとうなぁ」
会話しながら服を脱がされた。このままシャワーに行って、ベッドでマッサージか?これだとそんなにタマらん感じじゃないぞ。日本で唯一のシステムはどこ?オレが腰にタオルを巻き終えると、Aちゃんが廊下へ向かって大きな声を出した。
「お願いしま〜す」
入ってきたのは、下着姿の別の女性だ。
「じゃあ一緒にお風呂に行きましょう」
ほう、お風呂がついてんのか。ここは下着ちゃんの担当なのね。下着ちゃんの後について薄暗い廊下を進んでいく。ドアを開けたところに脱衣所があった。一緒に中へ入る。
「お客さん初めてですか?驚きますよ」
なによ、その思わせぶりな台詞。期待するじゃん。ブラを外してトップレス+Tバック姿になった彼女が、奥のドアを開けた。目の前に広がるのはまるで銭湯のような大浴場だ。ん?他の客がいるんですけど!それぞれ、横に半裸の女の子がくっついてるんですけど!あっちもオッパイ、こっちもオッパイ。おっと、あのおっさん、勃起してないか?
「はい、シャワー浴びましょうね」
すりガラスで仕切られたブース(健康ランドの洗い場をイメージしてください)に座り、下着ちゃん、というか今ではトップレスちゃんに、体を洗ってもらう。ヌルヌルーヌルヌルー。泡まみれの手が全身をなでまわす。すりガラス越しのおっさんも同じように身をまかせている。なんちゅう光景だ。乳首をいじられ、チンコをいじられ、もはやチンコはギンギンだ。またそれを周りに見られてるかもと思うと恥ずかしい!
「お客さん、もうこんなになって〜。お楽しみはこれからですよ」
シャワーでチチクリあった後は、一緒に大きな湯船へ。他にも3組のペアが浸かっている。なんだろう、この嬉し恥ずかしの状況は。あまりに特殊すぎるだろう。複数で混浴だなんて。おっぱい眺め放題だなんて。
「お兄さんは初めてです?」
おっさんが声をかけてきた。
「ビックリするでしょ?大阪でもここだけですよ。こんなオープンなのは」
二人の嬢もウンウンとうなずいている。大阪じゃなくて全国でもここだけじゃないかな。たっぷり楽しんで部屋に戻ると、八重歯のAちゃんがハグで迎えてくれた。
「お風呂でヘンなことしてないやんな?ウチがイカせてあげるんやから」
この後は密着マッサージを受けて、手コキでフィニッシュ。それはそれで気持ち良かったけど、やっぱタマらんのはあの風呂場でんなぁ。
京都美人と乱交・混浴スケべ宴会ツアー
京都美人15人と行く温泉ウッフッフッツアー
インターネットでそんなホームページを見つけたのは、5月半ばのこと。これ、誰がどう見ても、男のためのスケべ宴会にしか思えないのだが、どうだろう。一応詳細を並べてみると…
●昼、京都駅前に集合、コンパニオンと一緒にバスで出発。タ方、福井県芦原温泉の旅館(貸し切り)に到着。タ方から混浴と大宴会、Hなゲームなどを開催。現地集A暑可。限定70人。
●料金は、京都集合組が4万円。現地集合組は3万円(1泊2食付き)
でも温泉コンパニオンやら男女混浴といった企画を何度かやっていたが、インターネットで募集をかけるとは珍しい。
しかも、場所は北陸のエ口?温泉としても有名な福井県の芦原温泉。実はここ、オレの自宅かり車でー時問ほどの近さなのだ。なんともソソられる条件である。ホームページに主催している旅行代理店の連絡先が書いてあったので、さっそく電話を入れてみた。
「フ口も宴会も女性が付きますよ。ただ、その後の遊びはないですけどね」電話に出たオッサンからお遊びナシと言われたのにはガッカリしたが、スケべ宴会と混浴ができるのだ。どうせ乱交状態にでもなっちゃえば同じようなモン。これはもう行ってみるしかないだろう。翌日、オレはオッサンに教えられた銀行口座に3万円を振り込み、今や遅しとその日を待った。
いよいよ当日の午後、オレは車を飛ばして芦原温泉へ。着くと、まだバスが到着してなかったようで旅館はまだ閉じていた。やっとのことで京都組が着いたのは予定よりー時間遅れの午後5時ころ。揃った男性陣は約40人だった。予想どおり脂切ったようなオヤジばかりで、30才のオレがいちばん若いくらいだ。肝心の京都美人はといえば、たったの11人。しかも、正直いってレベルは「並」ってところである。水商売の臭いがそこはかとなく漂う茶髪ネーチャンがほとんどで、京都美人というよりは浪速ギャルといった感じなのだ。
「じゃ、みなさん、2組に分かれておフ口の方へどうぞ。男湯、女湯どっちでもええですから」
タ方5時半、主催のオッサンが一言う。さあいよいよ待ちに待った混浴タイムである。オレは意気込んで服を脱ぎ、女湯へと乗り込んでいった。
と、これがすごい混みよう。確かに女のハダカも確認できるのだが、それの倍以上、男の体が目に入ってくるからたまらない。まるでおしくらマンジュウでもやっているかのようだ。
「女のコは半分くらい男湯の方に移ってくれんか」
主催のオッサンが浴槽に向かって叫ぶ。女のコのほとんどが女湯にいるから、もう少しバランスを取ってくれといつことらしい。さっそく、女のコの3分の2ほどが男湯へ移動。と、今度は去っていった女のコらを求めて女湯の男どもがゾロゾ口と男湯へ去っていく。なんなんだよ、いったい。
最後のパンツをなぜ脱がん
「今日は時間が遅れてしもたんで、女のコ、サービスしますよ。好きに触ってくれて構いませんから」主催者のオヤジはそう言って煽るが、みんなシャイなのか、派手なマネをしでかすヤカラは皆無。それどころか「オニーサン、デカイやん」とネーチャンにからかわれる始末だ。男どもはいったいナ二しに来たんだといいたいところだが、結局、オレも隣にいたハイヒールモモコ似のオッパイをモミモミする程度に留まってしまった。
午後6時過ぎ、なんだかテンションが上がらないまま、場は宴会へ。司会には吉本興業の一云人(名前は覚えてないが、無名)が呼ばれていたが、別に漫才、なんかは聞きたくない。ハダカの女と戯れればそれでいいのだ。しかし、そんなささやかな願いも裏切られる。女のコは浴衣を着てお酌しているのがほとんどで、野球拳ができることになっていたが最後の一枚でゲームセットとなり、その後は皆そそくさ戻る。なぜ脱がないんだ、最後のー枚を。お触りどころか、これじゃハダカも拝めんじゃないか。とまあ叫んでみたところで後の祭り。わざわざソレ目当てに京都かり来た人はさぞかしガッカリしただろう。これで3万なんて、オレには高すぎる。ホントにスケべでヤリ放題の宴会ならいくら払ってもいいんだけどな。
浴場で密着女がおっぱいをぷるんぷるん
2015122_20191022182358f8d.jpg2015123_201910221823593cd.jpg00082_201801032252199f5_20191022182346260.jpg洗体エステ女の口説き方
ツムツムというゲームがある。いま女の子に大人気のスマホゲームで、制限時間制(60秒)の間にツムと呼ばれるキャラクターを消しまくってスコアを競う。昔のぷよぷよみたいな感じと思ってくれればいい。まずスマホにこのアプリを落としてから洗体エステへ。女がついたところで「ツムツムやってる?」と切り出す。たいていの子がやってるので、「オレ全然スコア伸びなくてさぁ。ちょっとやってみせてよ」と言って、自分のスマホを渡すのだ。ゲームスタート。女はワーキャー言いながらプレイしているので、その間に乳首やアソコを弄り倒す。当然「ちょっとダメ〜」などと言うけれど、「いいから、ほら、時間なくなっちゃうよ」とごまかしながら愛撫を続ける。こんなことを30分もやってたらマジで感じてきちゃう子も多い。そのまま店内で本番するのが俺の鉄板コースだ。で、連絡先交換。これにもツムツムが役立つ。
「そっちの記録(スコア)いくつ?オレ絶対超えるわ。協力してよ」ツムツムではライン友達のスコアが表示される仕組みになっているので、競うためにライン交換をしよう、と言うわけだ。そのあと再び店の外で会えたのは二人だけだ。「ツムツム大会しようよ」とカラオケに誘いだし、ゲームに興じるところで乳首弄りから最終的に本番までできた(酒のチカラも借りた)。一人に対して2、3回はヤレている。それほど簡単にコトが運ぶわけでもないのだが、昨今の若い子とここまで遊べるなら万々歳だ。
浴場で密着女がおっぱいをぷるんぷるんの性感エステ
裏モノに某性感エステの広告が載っているのだが、それについてある読者から疑問の声が届いた。
『あの浴場ってどういうことなんですか?』
広告写真に、風呂場でたわむれる男女の様子が写っているのだが、あれはどういうこっちゃというわけだ。確かに気になるので、その様子を撮影しに行くことに。見てビックリ。なんとこの浴場、同じ空間で他の客の洗体も同時に行われているのだ。シャワーごとに軽い仕切りはあるものの、他の客の
様子がほとんど丸見え。せっけんがついたおっぱいをぷるんぷるん揺らしながら密着する女たちの天使っぷりと言ったら!日本広しといえども、こんなシステムの性感エステは他にないだろう。広告主のご機嫌をうかがうわけではないが、体験する価値は大いにアリだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内