★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
3_20191126212058a69.jpg4_20191126212100293.jpg5_2019112621210161a.jpg6_20191126212103a38.jpg7_20191126212104887.jpg8_20191126212106f2e.jpg

0117_20200716091953169.jpg0118_2020071609195555f.jpg0119_20200716091956448.jpg0120_202007160919581c2.jpg0121_2020071609195928e.jpg

小雨が降ったり止んだり、梅雨のじめっとした天気が続く7月半ばの平日の午後、志寿香さんと原宿で待ち合わせ。
「こんにちは〜志寿香ですぅ〜!」
「あっ、どうもこんにちは!」
立っていたのは、小柄で笑顔がとてもかわいい小動物のような女の子だった。スレンダーでオッパイのボリュームは乏しいけど、こういうタイプも結構好きですよ〜。簡単な挨拶を交わし、すぐに彼女が動きだした。
「じゃあ明治神宮にいきましょう!」
「あ、そうだね。行こうか」
「なんかすいませんね、わたし神社とかすごい好きで、たまに行きたくなるんですよ〜!」
べつに神社に行くのはいいんだけど、初対面のまだ会話もしてないうちからそんなに張り切られると少し不安になる。まぁいい。歩きながら話を聞いて、うまく距離を縮めようではないか。
「志寿香ちゃん、ほかにもいろいろ神社に行ってるの?」
「はい、連休がもらえると結構遠くまで行ったりしますよ!」
「遠くってどこらへんまで行ったりするの?」
「去年は出雲大社とか、伊勢神宮とかにも行きました」
メジャーどころは押さえてあるようだ。「神社は友達と行くの?」
「いえ、どっちも一人で行きました」
えっ、一人?友達いないのかな。
「うーん、友達と行くと自分の好きなように回れないじゃないですか。私ゆっくり見て回りたい派なんで!」
ふぅ〜ん、そんなものか。本当に神社が好きなんだな。
「俺もこの前、伊勢神宮に行ってきたよ」
「そうなんですね、いいですよねお伊勢さんは、私は3泊かけてじっくり回りましたよ!」すごいね。3泊は泊まり過ぎだろー!そんなにじっくり何を見るって言うんだい。「内宮は二日に分けて。もう、ものすごいパワーで圧倒されちゃって! 拝んでるとき、柔らかい光が全体に差してきたりして!感動しすぎて夜ねれなくて」
あれれ?なんかこの子ヤバい子なのかなぁ?ちょっと心配になってきた。そもそも初対
面の男と神宮を参拝するなんてどう考えてもおかしいよな。でも、ちょっとおかしな子って、意外とすぐヤラしてくれたりするもの。もう少し様子を見てみよう。
「今の仕事は長いんだっけ?」
「そんなに長くないです、まだ一年くらいですかね」
「その前は何してたの?」
「医療関係の職場で働いてました」
医療関係?看護士さんかな。
「わたし、身体が弱かったせいもあって、人の体に興味があって、それでかな」身体に興味があるだと?もしかすると、すばらしい床上手かもしれんなぁ。この子、まだ幼い顔をして、男を喜ばせる手段を早くも身につけているダイヤの原石だったりして。よし、がんばるぞ。その後も世間話をしながら神宮を参拝したあと、少し移動してランチを食べることにした。
「今日はすいません、いきなりお参りなんか付き合わせちゃって!」
参拝を終えて謎の高揚感に包まれたのか、満面の笑みを見せる志寿香ちゃん。やっぱりなんだか危ない感じがします。
「なんかみのやさんとの出会いも突然で不思議だし、こういうときには神様に会っとかないとと思って!」なんだそりゃ。よし、ここは彼女のノリに合わせてみよう。
「そっか。いや、実は俺もね、何かこの出会いは不思議な感じがしてるんだ。普段は手紙を渡したりなんてしないんだけど、なんか凄い志寿香ちゃんに惹かれたんだよね」「え〜そうなんですかぁ〜。なんか嬉しいです!出会いって本当に不思議ですよね〜」
「神のお導きだったりしてね」
「やっぱりそうですかね!」
この子、本気で思ってそうだな。この調子なら、お導きって言えば何でもしてくれるんじゃないか?
「志寿香ちゃん、学生時代はどんな子だったの?」
「そうですね、若いときは大変だったかな…」
彼女の人柄を探ろうと質問してみただけなのだが、いきなり暗い表情になった。何かあったのかな?
「わたし、実は中学のときに、少し不登校になったことがあって」
ひょっとしていじめられっ子だったとか?確かにいきなり神様の話とかしだしたらそうなりそうな気もする。
「何か辛いことあったんだね」
「はい、いろいろ大変でした…。先輩にはすごく良くしてもらって可愛がられてはいたんですが、同級生にはそれが良く思われなくって、陰湿にいじめられました」
そっか、なんか可哀想だな。
「で、学校に行けなくなって。さすがにずっと行かないわけにいかないので特別学級みたいなクラスに通って」
聞いたはいいけど、本当に暗い話になってしまった。話題を変えないと。
「人間の体に興味があるって言ってたけどいつぐらいから?」
「高校出てからですかね、少し体を壊して病気がちになったときがあって、看てもらった先生がとても尊敬できる人で、それからですね!」
「色々と教えてもらったんだ」
「一度、酵素サプリでプチ断食しましたよ!二週間くらい酵素ドリンクと少しの食べ物だけでやるんですが一週間くらいで頭がすっきりしてくるんです!」
「酵素?」
「はい、余分な体重も落ちるし、頭はすっきりしてくるし、おすすめです」
うん、なんだかこの話題もあまり突っ込むと面倒そうだぞ…。ごはんも食べ終わったし、どうしようか。と思ったけど、志寿香ちゃん、メールで夕方から用事あるって書いていたことを思い出した。
「今日この後、用事あるんだよね?」
「う〜ん、あれはウソです。一応変な人ならお茶したあと帰ろうかなと思ってて…。でも悪い人じゃなさそうですよね!」
そうか、一応防御線を張っていたわけだ。
「うん、悪い人ではないよ。ただ志寿香ちゃんを口説きたいだけ!」
「なんですか、それは!ハハハ」
「志寿香ちゃんお酒は飲めるの?」
「はい、少しなら飲めますよ!」 
そうとくれば、少し時間は早いがお酒の飲めそうな場所に移動しようではないか。会計を済ませ、歩いて5分ほどのワインバーへ。あらためてビールとワインで乾杯だ。さぁ、酒も入ったことだし、そろそろ男関係の話題も出さないと口説こうにも口説けない。
「いままで何人くらいと付き合ったことあるの?」
「そんなに多くないですよ!2人くらいです」
まぁ少ない方だ。
「少ないね、結構慎重な方なのかな?」
「そうですね、慎重だしあんまり出会いもないですし…」
待てよ? 2人くらいだと前回の子のようにまだ処女の可能性もあるな。
「その2人とはいつくらいに付き合ってたの?」「一人は高校で、もう一人は2年前くらいですかね」
2年前なら20代の半ばだし、たぶん経験はあるな。軽く酔わして勢いでホテルにでも誘えないかなぁ。でもそんなに軽そうな子に見えないしな。時間をかけるべきなのかも。
「身体に興味あるっていうのは、その…、男女が交わる肉体の神秘みたいなものも興味あるの?」
「やだ、酔ってるんですかぁ?そんなの恥ずかしいから答えれません!ハハハ」
あれ?思ったよりも反応が悪くないな。もうちょい攻めてみようか。
「変な話かも知れないけど、あれって凄い不思議だよね。神秘的っていうか」
とりあえず神秘的って言葉が好きそうなので使ってみた。
「確かに神秘的な行為ですよね!宇宙を感じるというか」
すげえなこの子。セックスに宇宙を感じるんだ。
「うん、俺もそう思うな。俺は志寿香ちゃんと一緒に宇宙を感じたいけど!」
「もぉ〜あせり過ぎですよ〜面白いけど〜」
面白いのか。なんかまんざらでもない感じじゃないか。
「ねぇ、俺と宇宙感じようよ」 
くぅ〜〜恥ずかしい〜。いままでの人生でこんなに恥ずかしい口説き文句を吐いたのは始めてだ。でも彼女にはこのくらいスケールのデカい表現の方が向いてるはず。
「ハハハ、みのやさん酔っぱらい過ぎ〜!でも、もっともっと仲良くなってからだったら、一緒に宇宙感じてみてもいいですよ〜!」
おぉー?よっしゃ!でももっともっと仲良くなるまでにはある程度時間かけないと無理そうだなぁ。いま冒険してホテルに誘うか、今日は紳士を装ってここまでに留めるか。

初対面でいきなり神宮参拝をし、その後飲みに行って仲良くなった志寿香ちゃん。セックスに対して「宇宙を感じる」という名言を残してくれたが、果たして俺と一緒に宇宙は感じてくれるんだろうか。参拝デートの後、次のデートにつなげるべく、メールを送ったところ、いい感じにコトが進んでくれた。引き続きメンズ雑貨店の店員さん、志寿香ちゃんとのやりとりをご報告したい。パワースポット巡りなど、スピリチュアル大好きな不思議ちゃんの志寿香ちゃんを、どうやったら口説けるのか?
明確な作戦はないが、とにかく彼女のペースに合わせ、機嫌良く不思議パワーを発揮してもらえれば、最後には俺と交わって宇宙を感じてもらえるはずだ。
「あ、みのやさん、こんにちは〜!」
 待ち合わせ場所に現れた志寿香ちゃん、今日もニコニコ笑顔で小動物のようにカワイイ。ピザが食べたいという彼女の希望で、食べログ点数高めのイタリアンに入り、いざ口説き開始。
「志寿香ちゃん、最近も神社とか行ってるの?」
「この前のお休みに、鎌倉の鶴岡八幡宮に行って来ました!」
 やっぱりパワースポット巡りは健在なんだね…。そう、志寿香ちゃんは休みのたびに一人で神社、寺などに行ってパワーチャージするのが趣味なのである。
「じゃあまた運気上がったね!俺は志寿香ちゃんに会ってるだけで運気が上がりそうだけど!」
「ほんとですかぁー! いくらでもお分けしますよ!」
 俺の冗談に真顔で答えてくる。かなり変わった子だけど、本当にピュアなのだろう。
さぁ、とりあえずお酒を飲めるだけ飲んでもらうとしよう。
「じゃ、カンパイ!」
「カンパイ〜」
 前回「お酒は少しなら」なんて言っていたけど、今日の志寿香ちゃんはガンガン行ってる。スパークリングを1杯空けて、新たにビールを注文した。いいぞいいぞ。
「最近は出会いとかはどうなの? 一人で旅行とかしてたら声とか掛けられるんじゃない?」
こういう押しに弱そうな子はナンパ師たちの格好の餌食になりそうだが。
「う〜ん、たまには声かけられますけど、出会いという感じじゃないですよ! でも最近…ちょっと…」
 何だろう少し言いにくそうにしてるけど、まさか彼氏が出来たとか? それはまずいぞ。
「相談乗るよ。なんでも言って!」
「最近、英会話教室に通ってるんですけど、その先生がしつこくて」
 英会話なんて習ってるんだ。ガイジン先生に言い寄られてるのかな?
「いや、日本人なんですけど。なんかやらしいんですよー! 触ってきたり」
 その先生、どうやらとんだエロじじいみたいで、コトあるたびに体に触れてきたり、外で会おうと誘ってきたりしているという。
「それ完全にセクハラじゃん!やめたら? そんなとこいくの」
「はじめはすごく親切にしてくださっていたのに…」
 それはそうだよ、男はヤリたきゃ親切なんてお安いもんだから。
「この前なんて最後に私だけが教室に残らされて…」
 えっ? ヤラれちゃった? それはいかん。俺より前にか!
「なにかされたの?」
「されそうになったから、急いで逃げてきました」
 そうか、それは良かった。変態おやじなんかにヤらせてたまるか。
「先生のくせに最低な奴だね、もう行かない方がいいよ」
 と言いながら、今からこの子を抱こうと頑張っているのは誰だ。俺です。
「そうですよね、もう行くの辞めます! なんか、みのやさんに言ったらスッキリしちゃった!」
 そうだよ、そんな奴のオモチャにならないでね。
「たぶんそういう奴は、ほかの人にも変なことしてるよ! やっぱりそういうことって、気持ちがある同士でしなきゃ気持ちよくないじゃん?」
 おぉ、なんかオレ、いいこと言ったんじゃない? 志寿香ちゃんも深くうなずいてるし。この勢いで口説いてしまえ。
「俺は志寿香ちゃんのこと、真剣に考えてるよ」
「……」
 もうこうなれば、押しまくっていくぞ。
「志寿香ちゃん、いい子だし、出来ればもっと仲良くなりたいし…」
「……」
 お付き合いもしたいし、と言いかけたが、こういうピュアな子は後々めんどくさくなりそうなので、やめといた。でも落とせなければ、最後の手段で言うけどね。
「そんな風に言ってくれて、ちょっと嬉しいですね」
 リアクション薄めだけど、感動してくれてるのかな。
 よくみたら、志寿香ちゃん、顔がかなり赤いぞ。というか、だいぶ酔ってるみたいだ。3杯も飲んだしな。よし、今が絶好のチャンスだな。このまま誘ってみよう。
「志寿香ちゃんさ、この後、俺ん家で飲みなおさない?」
 思い切って部屋に誘ってみた。もちろんウチにきたら宇宙を感じ合うことは想像してるはずだ。志寿香ちゃんは、うーんと言いながらちょっと考えている。
「家はちょっと…」
 あれ、やっぱり無理か。
「じゃあ甘いものでも買ってホテルでまったりするのは?」
 ちょっと冗談ぽく言うと。
「え〜そっちのほうがダメですよぉ〜!」
「じゃあさぁ〜、やっぱり俺の家で軽く飲もうよ」
「う〜ん…何にもしません?」
 ひゃほー! やったぜ。これで一緒に宇宙感じれるぜ! 女の子を家に呼んで何もしない男なんてこの世にいるんだろうか。
「うん、もちろん。映画でも観ようよ!」
 直後にお会計を済まし、目の前でタクシーを停めて自宅までぶっとばしてもらう。気が変わらぬうちに急がなきゃ。いや〜、彼女のおっぱいには期待していないけど、かわいい童顔の子とたっぷり楽しめると思うと、ワクワクするな〜。
「へ〜、素敵な部屋ですね〜」
 少々ちらかり気味の部屋にオドオドと入ってきた志寿香ちゃんを座らせて、一応は家にあった適当な映画のDVDを流しつつ、ワインで乾杯。最初は手をつなぎ、徐々に腰に手を回しながら世間話をしていく。まったく嫌がるそぶりがないので、軽くキスをしてみた。
「もう、何もしないって言ってたのに〜」
と、言いながらでも、やっぱり嫌がってはいない。もう大丈夫かな。
「ねえ、ベッドに行こうよ」
「うん…」
今度はねっとりゆっくりとしたキスをしながら服を脱がしていくと、予想どおりの小振りなオッパイが顔をだした。全裸にしてみたら学生のような幼い体だ。これはこれで、イケナイことをしてるようでいいかもね。コリコリな乳首を吸ってみる。
「あぁん〜」
小さな可愛い喘ぎ声がまた興奮する。下を触ると、意外にもアソコはもうビチョビチョだった。部屋に来た時点でこうなることは想像してたよね。軽くクンニした後、俺のも舐めてもらう。さすがは人体に興味があると言っていただけはあり、フェラテク、いいじゃないか! ゆっくり丁寧な咥え方が、すごく気持ちがいい。あまりにもいいので10 分くらい舐めてもらったけど、全然文句も言わずしゃぶしゃぶペロペロ。いいな〜この子。これ毎晩してくれるんだったら付き合いたいかも!
さぁアソコの締まりはどうですかねぇ? 細い腰をつかまえてバックからズブっと突いてみる。おぅ…。小柄なだけあって締まりもなかなか。キュッキュしていいじゃないですか!!
「はぁん〜〜はぁ〜ん」
志寿香ちゃん、バックではめられながら、俺にキスを求めてきた。かなりエロいぞ、この子。うん、これならオレも宇宙感じれるかも。今度は上に乗ってもらうと、自らゆっくり腰を使い始め、小さい声で感じている。誰に教わったのか、この腰使いもなかなかのものだ。たっぷりまったり幼い体を味わって、最後は正常位から小振りのオッパイに射精。久々にスゲー気持ちのいいセックスだった。


レディコミの占い欄で「東北の方向に住む年上の男性とセックスすると運が良くなる」という言葉を信じて俺の住む町まで来た女は、アナル舐めも拒まなかった。母親から「お前なんか産んで損した」

と言われて自殺まで考えた女子は、あるグラビア誌に紹介したほどの美人だった。が、3回目のセックスの時「AB型の男性とつきあっていると病気になる、って先輩からいわれた」と連絡を絶った。

ある人妻系の写真誌に紹介したハメ撮りOKの人妻はホテルで「私の前世は火星の、ある国の王女だったの」と真剣な顔で話し、俺と編集者を大笑いさせた。池袋のテレクラで知り合った力スミに会ったときの印象は、テレクラ人妻としては服も化粧もきちんとしたそれなりの女で、ブスブタでもなく援助の話も出ず、これでハメ撮りできれば大当たりの女だった。若い女と池袋や新宿を歩けば、いかにも『援交』として見られるが、この女の持つ雰囲気からして『ダブル不倫』として堂々と歩ける。その点が楽だった。電話で「オタクって犬好き、猫好き?」と聞かれたので「ノラ猫かな」と答える

と「よかった、犬同志じゃ喧嘩になっちゃう」とへンなことを言っていたが、その意味がわかったのはホテルへ入ってからだ。

サンシャイン方面が見渡せるホテル『R』の7,8階は塞がっていて、空いているのは6階の1室のみ。部屋は、窓が小さく解放感がない。しかたがないか。

ソファに座ってツーショットとキスシ-ンを撮影し、いつものようにペニスを出してしごきだしたときだ。「ちょっと待って、あたしの前世は将軍様に飼われていたお犬様なの」

女がペニスに手を合わせて「いただきます」と言い口に含んだ。

「どうして、お犬様ってわかるの?」

「先生にいわれたのよ。男の人とセックスするときは『いただきます」って言ってからしなさいって」思い込みの強い女はテレクラにはゴマンといるが、こういった例は少ない。まあ、ご愛婿としていいか。否、それではすまなかった。女は、俺のズボン、パンツと靴下を脱がせた後、足先を持つや、指の間や親指まで口に入れて舌で丹念に舐め始めた。洗ってないペニスをフエラされた経験はあるが、足の裏や指は初めてだ。それもいつくしむように「結麗なおみ足」といいながら両足の全部の指を舐つくすのだからたまらない。慣れないとくすぐったいが、その快感はアナル祇めにも匹敵すると言ってもいいだろう。なんといっても男に奉仕している顔が見られるのがいい。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

タグ