★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
1_20200117132942abd.jpg2_202001171328457e2.jpg3_20200117132847d6b.jpg4_20200117132848bca.jpg5_20200117132838fa5.jpg6_20200117132839d43.jpg7_202001171328413b7.jpg8_2020011713284279e.jpg

山形の七日町やっと街らしい街にたどり着いた。そうだなあ、東京でいえば三軒茶屋くらいの大きさだろうか。ここなら何とかなるかも…と思いきや、山形唯一のデパート松坂屋が潰れていたりして、いまいち盛り上がりに欠ける。人の数もボチボチといったところだ。とりあえず肩慣らしのつもりで2、3人の若い女性に声をかけてみた。反応は冷たい。

「東京から来た」とさりげなく口に出しても、特に関心はなさそうだ。やはりアマくないか・・それでも、どうにか5人目にして喫茶店に誘っことに成功。ホステスをやってるという20才のユカは、東京から来たという僕に期待どおりの関心を示した。

「そうなんだよ、ちょっとした仕事があってさ」

「大変ですね。お仕事は何をされてるんですか」

「あっうっうん。ファッション関係をちょっとね」

「素敵ですね」「うん・・」

ホステスとあってルックスはイケてるのだが、どうも口調が固い。経験上、こうしたコはなかなかHに持ち込めないことを僕は知っている。結局、彼女とは30分ほど話し、携帯の番号だけ交換して別れることになった。ま、出だしとしてはこんなものだろう。

しだいに人通りも少なくなり、店が閉まる8時ごろには、歩いている人自体チラホラ見かける程度だ。ったく、これじゃ話にならねーよ。期待の即アポ即マンなど夢の夢。はーあ…。山形初日の夜はこうして更けていったのだった。

2日目、僕のやる気をあざ笑うかのように曇り。予報ではタ方過ぎから雨らしい。せっかくの週末だといっのにツイてない。それでも、昼どきなら暇なギャルがラーメンでも食いに来るかと、改めて七日町へ出かけてはみたが、若い女なぞどこにもいない。

…イカン、イカン途方に暮れる思いでホテルへ戻ったのが3時過ぎ。と、アレレ、駅周辺に若い女性がいっばいいるじゃないの。明らかに昨日と雰囲気が違ってる。そっか、明日から連休だもんな。さっそく、ヒマそうにしていた矢田亜紀子似にアプローチ。「あのさ、時間あるならお茶でも飲まない?」直球勝負である。

「あっ、オレさ、東京から来たばかりで山形のこと全然知らないんだよ。で、よかったら山形のこと教えてくんない?」

「え、うん、別にいいけど」

彼女が東京に反応したことは明らかだ。乗り気じゃなさそうだが、経験上こういうコは意外と簡単に落ちる。さっそく、僕は彼女をメトロボリタンホテルのラウンジへ誘った。

「ふーん、大学に通ってんの?」「医療系なんですけど、なかなか就職先がなくて」

大変だよね。他愛のない会話ではあるが、亜紀子は徐々に心を開いてきている。も一うちょっとだ。

「あたしも東京に行ったことありますよ、渋谷に。109とかいいですよね」

東京の知識があるコはやはり喰い付きが違う。ここが押しどころである

「まだ時間あるでしょ、よかったらご飯一緒に食べようよ。休みだし、いいじゃん。もつと東京の話とかしようよ」

とこうして、何だかわからないうちに、部屋まで付いて来てしまった亜紀子。となれば、やるコトはーつで僕は当然のように彼女をいただいてしまった。ま、その後、近くの定食屋に入り山形名物の米沢牛の鉄板焼きなどをこ馳走してあげたから、彼女も喜んでました。

秋田に旅発った。同じ東北、2時間も電車に乗れば着くだろうと思いきや、これが大間違い。いったん仙台に戻り、改めて新幹線に乗り換え秋田を目指す、この一番近いルートでも4時間近くかかるのだ。まっこれも旅の醍醐味であろう。

昨日の成功に気を良くしてか気分も軽やかだ。秋田は想像以上に近代的で規模の大きい街だった。人の流れも山形より多い気がする。またしても駅近くのメトロポリタンホテルに宿を取り町中へ。まずは、周辺の情報を仕入れるため近ぐのコンビニで地元タウン誌を購入した。

テレクラの広告なども掲載されており、もしものときの役に立ちそうだ。が、当然ながら、ナンバに適した場所など載ってない。例によって、ホテルのフロントに聞いてみた。

「若い人ですか・・飲み屋なんかたくさんあるのは、川反ですけど」

川反か、よくわからんが行ってみよう。地図で見るとそんなに遠くでもなさそうだ。こうしてストリートを歩きだした僕ではあったが、進むにつれ人が少なくなっていくのに正直、驚いた。通り沿いにはビルや結構大きなホテルなどがそびえているのに、だんだん暗くなっていくのだ。これが東北なのか。大きな川を越え、ようやく川反へたどり着いたのが、歩いておそよ30分後。

しかし・・人が全然見当たらないのだ。ハハハ。思わず渇いた笑いがもれてしまう。いや、ここはまだ川反のはずれ。奥に行けば違うはず、と自分を納得させるが一向に変化が見られない。

これが歓楽街だとでもいうのか。悪い冗談だろ。大半の店が営業しているんだかいないんだか、看板に明かりもついてない。まるでゴーストタウンじゃねーか。と、そのとき、狐につままれたような感覚に襲われた僕を救うかのように、コウコウと明かリを灯したー枚の看板が現れた。

〈川反夜遊びガイド〉と書かれている。地獄に仏とはこのことか。迷わず入る。広さは5坪程度か。20代のメガネ男が1人で客はゼ口。壁にキャバクラやヘルスの張り紙がまばらに貼ってあった。

「情報が少ないですね・・」

「そうなんですよ、まだ出来たばかりなんでね。本当すいません」

何が申しわけないのか、やたらとへりくだった腰の低い対応である。しかし街がこんな状態じゃ、僕も何をどう聞いていいのかわからない。まったく、これではナンパどころじゃないが、せっかく来た川反。ここは一発テレクラで勝負してみるか。

しかし、そこは築30年はゆうに経っているだろう、壮絶なまでのボ口家屋。しかも、フロントに今日の鳴りを聞いたところ、ふて腐れた調子で

「なんないすね…」としか返ってこない。ダ、ダメか…。結果は言うまでもなかろう。2時間半いて、コールは皆無。イタズラと無言のオンバレードだ。おかげでワタシ、店にあった漫画を6巻まで読んでしまいました。
秋田にこれ以上いても、成果も挙げられないに違いない。仙台に向かった方が正解だろう。

翌日午前10時新幹線の時間までまだー時間もあり、僕は外をうろつ<ことにした。もちろん何も期待しちゃいない。単なる時間ツブシだ。しかし、ここで信じられないことが起きてしまう。なんと、ホテルを出て1分もしないっち、たまたま見かけたフリーターあゆみに声をかけたところ、これが網にかかってしまったのだ。

よく言えば鈴木あみに似たルックス体系はいかにも男好きしそうである。買い物に出てきたという彼女をとりあえず駅前のミスドに誘い、コーヒーを飲む。会話の感じもま
ずまずってところだ。しかし、一方で新幹線の時間が迫り気が気ではないの事実。ど
うしよう。いっそこのまま秋田に留まるか。

ただもう一度チェックインしていたら、その隙にトンズラされる恐れもある。僕の脳みそは高速で回転した。

「オレ、この後仙台いくんだけどさ、よかったら一緒に行く?」

「えっ行く行く。どうせヒマだったし」

信じられない。冗談のつもりだったのに、OKするとは。しかし、ここで躊躇していても仕方がない。僕はあゆみを連れて仙台行きの新幹線へ時間ぎりぎりに飛び乗った。

もちろんこの時点で、まだあゆみがどういうコなのか皆目見当もついていない。しかし、これも成り行きである。

電車が動き出して、彼女は早々と眠りについた。おまえなんて大胆なんだよ。あきれる一方で、もう1つの邪悪な考えが脳をかすめる。チャンスちょっと触ってみるか。それで嫌がるなら、それだけの女。仙台に連れてったところで、決してヤレはしないだろう。試す価値ありだ。静かに足から尻、そして胸。調子にのりナマ乳をもむ。と、思わず吐息を漏らすあゆみ。これならいけるぞー
まあ考えてみれば見知らぬ男にホイホイついで来るようなコである。そう心配するようなこともなかったか。秋田から約2時問。仙台のホテルに着くや、僕はさっそく頂戴した。思ったとおりピチピチで、文句の付けようがない。しかし現金というか鬼畜というか、一発やってしまえばいもう足手まとい以外の何モノでもないから困りもの。

とりあえず2人で市外見物した後少し早いを飯を済ませ、僕は彼女を無理矢理新幹線に押し込んだ。仕方ないんだよ。許せあゆみ
さて、仙台で改めて勝負。しかしやっば都会ですわ、ココは。へたすりゃ渋谷なんかよりデカいんじゃなかろうか。これならナンパも楽勝じゃん。なんて実に甘い考えで街へ繰り出してみたものの、やばり現実はキビしかった。すでに夜8時を回っでいるのも災いしてか、声をかける口のほとんどに

「家に帰るから・・」と断られてしまうのだ。しかも明日からまた学校、会社に行かねばという思いがあるようで、たいていのコが不機嫌だったりもする。仕方ない。こんな日はもうホテルに戻ってふて寝しよ、幸い昼間あゆみとヤったので下半身は軽い。

翌朝、起きてカーテンを空けたらき眼下に快晴の街が広がっていた。遠い東北の地に降り立ってからすでに4日目。ここまでの成果を思い返してみれば、まあまあと言えなくもない。〈東京もん〉の効カもそこそこ発揮されているような気もする。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ