★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
1_20191027080636e03.jpg2_20191027080638de8.jpg0_2019102708063520f.jpg3_20191027080639116.jpg4_20191027080641600.jpg5_20191027080642ef2.jpg変態熟女のようなドエロお姉さん

20180525142214.png

女性向け服屋の店員さんは、男性客と接する機会が少なくてかわいそうだ。オシャレで色っぽい子が多いのにもったいないったらありゃしない。今回は彼女らに手紙を配ってみよう。都内の某駅で待ち合わせした。「こんばんは〜! 遅くなってすみませーん」
そう言いながら現れたのは、少しぽっちゃり目のマスク姿の女の子だった。なんたることか、まだ何番のコかわからない…。
「なんでマスクなの?」
「ごめんなさ〜〜い、カフン症がひどくてぇ〜」
「大丈夫? ご飯たべれる?」
「あざ〜す。鼻水だけなんでぇ〜」
 あざ〜すでわかった。2番の元気だったコだ。
「この前メールでうなぎが好きって言ってたから、一応予約しといたよ。そこでいいよね?」
「え〜うれし〜です。ありがとうございます!」
 ここは、あざ〜すじゃなくて、丁寧なんだ。笑える。
古い店構えのうなぎ屋に入り、カウンターに並んで座る。いきなりうな重を食べたら満腹ですぐお開きに、という展開もあり得るのでここはちびちびいきたいところだが…。
「お酒は飲めるの?」
「はい、飲めますよ〜」
「何飲めるの?」
「ビールとサワーくらいですけど」
 それだけいければ十分でしょう!
「じゃあビール飲もうよ。酒飲めば花粉症も治まるでしょ!」
適当なことを言いつつ瓶ビールで乾杯。2人でうざくと肝焼きをつつきはじめる。
「彩奈ちゃん可愛いけど、彼氏とかどうなの?」
このへんの情報は早めに聞いておかねば。
「いませんよー、しかもぜんぜん可愛くなんかないからー。目悪いんじゃないですかー?」
「そうなんだ、結構色っぽいけどなあ」
「またまたー。いっつも手紙配り歩いてるっしょ?」
おぉっと、いきなり核心を突かれたぞ。まさに配り歩いてます!
「なに言ってんの〜? 俺手紙なんか書いたの初めてだよ。渡すのもすごく緊張したし」
ちょっとわざとらしかったかな?
「なんか怪しいなーと思って…。まぁいいんすけど」
勘のいい女だな。ここは話題を変えるに限る。
「彩奈ちゃん、なんかスポーツとかやってた?」
「学生のときハンドボールやってました。今はたまにジムにいく程度だけど」
身体が少しガッシリしてるのはそのせいか。でもおかげでおっぱいは結構ありそうだ。そそるなぁ。
「職場で男の人と出会ったりとかってないの?」
「え〜、ないですよ〜。お客さんはみんな女性だし、スタッフもみんなそうだし」
やっぱり女性服の店員さんって本当に男日照りなんだな。
「でもいつ私のこと見かけたんすか? 全然覚えてなくて」
「あー、お店の外から何度か見かけただけだから、直接話してないしね」「ふーん、そうなんだ。やっぱり怪しいなあ」
うん、この話はこのぐらいにして、そろそろうな重を注文しようか。
「わー! いただきます!」
今後の予定を考えながらうな重をつつく。できればもう一軒飲みに行って、お酒の力も借りたいところだが。「彩奈ちゃん、今日は時間大丈夫なの?」「まぁすごい遅くにならなければ…」
よしよし。うなぎの後は居酒屋へ移動し、レモンサワーで乾杯。
「ぐいぐいくる男がいいってことは押しに弱いってこと?」
「まぁそういうことですかねぇ」
えぇ〜! なんか素直! そんなこと言っちゃっていいのか?
「昔付き合っていた彼氏がじれったい感じの人だったんですよ〜。だからそれ以来、男らしい人がいいな〜と思ってて」「彼氏はエッチの方もじれったかったりしたの?」
もう酔ってきたのでこれくらいの下ネタは解禁でしょう。
「え? エッチすか? まぁやっぱりじれったい感じでしたかね…。あんた何時間胸なめてんの、みたいな。フフフ」「何時間もー!」
「いえ、盛り過ぎました。何十分ですね、ハハハ!」
「でも彩奈ちゃんの胸なかなかいいボリュームだよね。俺も何十分でも吸い続けれるかも」「エロい〜〜!」思い切って下ネタトークに入ったが、予想以上にいい反応だ。やっぱり軽めに誘えばうまくいけそうな匂いがプンプンするなぁ。
「このあとさ、カラオケのあるホテルに行って、歌でも歌おうよ!」
口説くというよりも、ただやらせろと言ってるだけにも思えるが…。さて返事はどうだ? ノリ良く答えてくれ!
「えぇーー? いきなりホテルっすかー! カラオケだったらボックス行きましょーよ!」まぁそうだよなー普通は。
「いいんだけどさぁ〜。でもさぁ〜、カラオケボックス行っても、そこで俺、絶対キスしたくなるじゃん? それでするじゃん? その後いい感じになってホテルに行く感じになるじゃん!だったら今から美味しいお酒とデザートでも買ってさ、ゆっくりホテルで過ごすほうがよくない?」
ストレート一本勝負! どうだ!彼女はしばらく考えてから口を開いた。
「う〜ん、なんかそう言われてみると、なんかそっちでもいいような気がしてきた…ような」
やりましたよ!?これは大勝利じゃないですか!?いいねいいね! そうこなくっちゃ!それにしても話が早かった。昼間のうなぎ屋からホテルだなんて、過去最速の展開かもしれない。ホテルの部屋に入るなり、無言のまま彼女を抱き寄せ、ディープキスして胸をモミしだく。「ちょっと、カラオケはぁ〜?」と言いながらも、彩奈ちゃんの目はトロンとしてる。「うん、後で歌おうよ」
男って嘘つきだよねー。でもうなぎのせいで、俺の理性はいま微塵も残ってない。セックスのことしか考えられない! ベッドの上に移動だ。問答無用で服を脱がせ、直接たわわなおっぱいを口に含む。「あぁ〜あん」
結構大きめなのでちょぴり垂れかかってはいるが、これはこれで十分エロい。間に顔を挟んだりチンポを挟んだりと一通り遊んでみる。ズボンを脱ぐと、何も言う前に彼女がパックリ咥えてきてくれた。すばらしい! キッチリ仕込まれてるようですよ! 奥深く飲み込むようなフェラを見ていると、ドMの匂いがプンプンしてきます。たっぷりしゃぶってもらってバックから挿入。
「あ〜ん! ぁああ〜ん!」
彼女の尻に腰を打ち付けながら、大きめのお尻を軽めにペシペシとスパンキング。
「あぁっふ、あぁっふ」
嫌がるどころか変態熟女のような喘ぎ声を出す彩奈ちゃん。もう完璧なドエロお姉さんですね〜。いろいろな体位を楽しんで、最後は正常位からおっぱいにどどっと射精!!

もう一人

みなさんも、巨乳店員に遭遇するとつい手紙を渡したくなるのではないだろうか。いざ巨乳を探しに、変質者のような目をしながらあちこち歩き回ってまいりました。
前回同様、密室でイチャつくつもりで一軒目からカラオケに行こうと誘ってみた。
「あ、いいよ」
え、いいの?こんなあっさりでいいんですか?近くのカラオケに入店したところ、運悪くテーブルを挟んで座る対面式の作りだった。とりあえずは大人しく対面に座り、酒を頼んで盛り上げることに。
「今後はこっちで働くことになったの?」
「ううん。今日だけの臨時だよ。だけど、もしかしたら異働があってこの駅で働くかも」
「マジで!?  それがいい。そうしなよ」
「私の意思ではできないよ(笑)」
そう言いつつも、なんだか異動したがってるような匂いもする。これって脈アリだよな。雰囲気が和んできたので勝負に出ることにした。一回トイレに出て、戻ってきたところで彼女の隣にちゃっかり座る。
「なんで隣に座るの…」
言うか言わないかのところで、不意打ちでキス!
「ちょっとー。この前も彼氏いるからそういうのはダメって言ったでしょ?」
でも、そこまでイヤがった感じではない。
「でも、好きなんだよね」  といいつつ、肩に手を回した状態をキープ。隙を見てさらなるキスを狙っていく。
「ちょっとー…」
相変わらず否定的な言葉は発するものの、本気で怒ったり立ちあがって出ていこうともしない。これはもらったかも。さらに胸タッチ!
「もー」
胸でけー。この前は外だったのでゆっくり堪能できなかったが、これはなかなかのオッパイですぞ。たまらず服の中に手を突っ込んでみると、素直に受け入れてくれた。生乳をワシ掴みにする。これは本物だ。ガチででかい。
「オッパイ大きいね」
「そんなことないよ…」
「Fカップくらいある?」
「そんなないよ…」
彼女の表情にエロい変化が現れたことを俺は見逃さなかった。
「ちょっと立ってみて」
「え…うん」
なんて素直なコなんだ。抱きしめて壁に彼女を押し付けるような体制で、今度はお尻を触ってみる。よし、いったれ!そのままGパンの中に手を入れて、アソコをもぞもぞ…ヌルヌルだ。
「やめてっていいながらもアソコ濡れてるじゃん」
「もう…ゴーってSでしょ?」
「そーだよ。佐知子はMでしょ」
「…うん」
これはもうイケるとこまで行ってしまうか。
「ちょっとフェラしてよ」
「彼氏以外にそういうことはしないっ!」
それ以上の展開に進めないまま、利用時間の2時間が過ぎた。でもあきらめてはいない。ここまで来ればあとは栄光のフィニッシュに持ち込みたい。
「まだ時間あるよね?ちょっとお散歩しようか?」
「え、うん」
そう言いながら、足早に我が家の方向へと向かう。
「こっちに飲み屋あるの?」
「うん、そうだね…」
はぐらかしながらスタスタ歩き続け、住宅街に入ったところで、さすがの彼女も気づいたらしい。
「ね、もうずいぶんお散歩したから戻ろうよ」
「ちょっとだけ、家寄っていきなよ」
「ダメだよ、帰るよ」
「とりあえずどんな家かだけでも見てみて」
「うーん」 
などとやってるうちに家の前に到着した。
「とりあえず入る?」
「何にもしない?」
「うん、何にもしないよ」
「じゃあ…部屋に入るだけね」
こんな会話をして、本当に何にもしない奴などいるのだろうか。当然、部屋に入って1分でチチ揉みの再開だ。
「何もしないって言ったばっかじゃん。まあ、わかってたけど」
「でしょ?」
観念した彼女の胸を揉みしだく。うむ、でかい。巨乳ナンパで黙殺され、悶々としていた身にはたまらんものがある。やっぱりオッパイっていいな。揉みまくりつつ隙をつき、ズボンとパンツをすばやく脱いだ。
「ちょっと!脱がなくていいよ」
佐知子ちゃんは彼氏への義理のためか、最後まで抵抗する心構えのようだ。それに応じて「わかった、やめる」と言うのは彼女に失礼にあたる。フリチンのまま考えた。彼女のズボンを脱がすのが先か、フェラさせるのが先か。いつも悩む二択だが、ここはあえて別の道から攻めてみたい。
「パイズリしてくれない?」
やっぱりこのオッパイを堪能したい。ところが…。
「彼氏以外にはできないよ」
まだ言うか。どうやらあくまでも「俺に強引にされた」という設定にしたいのかもしれないな。 ベッドに座らせて、ズボンを脱がしにかかかる。
「ダメだよ〜」
と言いながら、腰を浮かして手伝ってくれるのはなぜなのだろうか。一気にパンティまで脱がして指を入れると、
「んん…」
いい声が漏れた。感じちゃってる。上の口と下の口は別物とはまさにこのことだ。ギンギンのモノとビショビショのアレ。もはや隔てるものは何もなく、
「ダメだよ、ダメだよ」と連呼をする彼女の脚を抱えながらゆっくりと挿入していく。
「ダメだよ〜、ああーん、ダメだって、ああーん、ああーん」

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

タグ