★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0224_201912311405264df.jpg0225_20191231140528cab.jpg0226_201912311405295ac.jpg0227_2019123114053154f.jpg0228_20191231140532c99.jpg0229_2019123114053442a.jpg

最初は単なる子供の成長日記
若い頃はそれなりに遊びもしたが、合コンで知り合った力ミさんと結婚し、ー人息子が生まれてからは家庭一筋。真面目な日々を過こしてきた。「裏モノ」は創刊4号目から愛読しているものの、平凡な生活の力ンフル剤に過ぎず、毎月、掲載されるナンパ法を実践しようという気などこれっぽっちもなかった。去年、ブログを付け始めたのも、ナンパが目的だったわけじゃない。
《息子が笑った》《目のあたりがボクに似てると言われた》《急に熱が出た》
毎日、写真を撮ってはコメントを書く。最初はそれで満足だった。が、不思議なもんで、日が経つに連れアクセス数が気になり出した。今日は何人が覗いてくれたのか。帰宅後、立ち上げるのももどかしく数を確認する。が、多くて3人、ゼロの日も少なくない。なんとか大勢に見てもらえないもんか。単なるスナップにならないよう、力メラ雑誌を読んでアングルを工夫したり、会社のパソコンから自分でコメントを書き込んでもみた。また、使っていたサイトがミクシィ同様、アクセスした人の痕跡が残る《足跡機能》が備わっていたので、育児関係のブログを書いてる人たちのページを訪れては足跡をつけまくった。見知らぬ人間が自分のブログを覗けば、どんな相手か確かめに飛んでくるはずだ。
が、効果はなかった。確かにみな、一度はやってくるが、それで終わり。見も知らぬ子供の話など面白くも何ともないのだ。ああ、アクセス稼ぎてえ。成長日記そっちのけで考えるうち、一つの答が出た。工ロを書いたらどうだろう。ネットが急速に普及したのは、居ながらにしてエ口画像が見られることが大きい。お堅い『週刊文春』やダカーポに工口雑誌の抜粋を載せてるのも、固定ファンがいるからと聞いたことがある。元手が要るわけじゃなし、試してみるか。私はいったんブログを閉め、新たなページを立ち上げた。
好きな人に告白する前に、Hの相手をしてください
《吸い上げたり、甘噛みをしたり、舌全体で証め上げたりと、十分にクリトリスを刺激して》《ゆっくり腰を入れると、「いたっ」。彼女が苦痛の声をあげる。俺は覆いかぶさる形で彼女をきつく抱きしめた》
まずは大学時代のセックス体験を書いてみた。彼女が処女だったため痛がってなかなか挿入できす、3回目にやっと成功。彼女の部屋のシーツが大量の血で汚れ、新しいのをプレゼントさせられた。ボクのそう多くない体験の中から、印象深い思い出を、箇条書きのように綴った。すべて事実ではあるが、セックスシーンは3割ほど膨らました。ブログの中の私は、あくまで優しく男らしい。エ口ページを立ち上げたからといって、自然にアクセスが増えるはずもない。日記を書き進めるのと併行し、こまめな宣伝活動も行った。例の、足跡作戦だ。サイト内の女性、それも県内に絞って検索し、次から次と足跡を残す。下心は正直、あった。努力は報われ、日に10人と徐々にだがアクセス数は伸び、2週間ほどかけ一連の話を書き終えるころには続きを楽しみにしてますなんてコメントが付くまでになった。心底、うれしかった。
《私とHしてくれませんかっ》そんなメールが届いたのは、エ口ブログを立ち上げ、ー力月ほどしたころだ。オレとセックスしてくれだとっそんなムシのいい話があるのかっ何かの悪戯かっトモコという女性のメールは、長文だった。短大と彼氏はできたものの、いざコトに及ほうとすると怖くなって失敗。ギクシャクして別れたのだが、それがトラウマになって22才まで処女のまま。現在、会社に好きな人ができたが、またセックスが原因でタメになるんじゃないかと不安で仕方ない
《彼と付き合う前に経験しておきたいんです。洋都さんなら優しそうだし、ぜひお願いします》
処女が会ってもいない男に身を捧げる、ありえないだろう。きっと冷やかしのネカマに違いない。《メールありがとう。でも、やっばり最初は好きな人と体験した方がいいよ。初めてだって言われて悪く思う男はいないから、彼に頼みなよ。頑張ってね》
断りのメールを送ったものの、それでも彼女は引き下がらず、その後何度かのやり取りの後、私たちは会う約束をした。どうせ、相手はやって来ない。すっぽかされて終わり。それならそれでいいと思った。痛い怖いはしないから恥ずかしいは我慢して
果たして、彼女はやって来た。ピンクの力ットソーを着た、セミロングの女性。悪くない。心臓がバクバク鳴り出した。とりあえずファミレスに入り、奥の席に。しばし話した後、私は切り出した。「本当にボクでいいのっ初めて会ったのに」「知り合いにはこんなこと頼めないから」口調や表情からして、どうやら本気らしい。いいのか。本当にいいのか。頭と体が熱くなるのを感じながら、まずはルールを決めた。今日はそれで終わりにしよう。
・Hだけでキスはなしー回だけでなくトモコさんが大丈夫と思えるまで●ハンドルネームだけで本名は聞かない●終わったら携帯番号やアドレスは消去する
2週間後、待ち合わせの四分前にシティホテルのロビーに着くと、すでにトモコがいた。かなり緊張してる様子だが、それは私も変わらない。部屋に入っても、彼女は落ち着かないままだ。奮発して海の見える部屋を取ったのに「高そう」と、関係ないところで心配している。このままでは失敗は確実だ。ー階のバーで力クテルを飲んだ。酒が入ればトモコも多少はリラックスするだろう。イケル口の彼女は、2時間もするとホロ酔い加減になった。部屋に手をつないで戻るころには緊張も解けた様子だ。順番にシャワーを浴び、ベッドに入った。
「トモコさんに合わせてゆっくりやるけど、ダメなときは《ストップ》ね。甘い声でイヤなんていわれてもわかんないし」「…はい」恥ずかしそうに顔を伏せるトモコを抱きしめ頬にキス、唇をうなじから胸へ移していく。「あっ、ヤッー」脇を舐めあげると、初めて彼女が声を出した。「ストップじゃないよね?」「でも、そんなとこ、恥ずかしいし…」
「痛い、怖いはしないから。恥ずかしいは我慢して」両手で顔を覆ったトモコが微かに額く。そのまま乳首に吸い付き、左手で反対の胸を操みしだく。「ん…、ん…」と切なそうな声が上がる。かなり感じてる様子だ。ゆっくり下半身に手と口を移し、クンーーを始める。その瞬間、トモコが叫んだ。「ストップ」
セックス経験どころか付き合ったこともない
背中を向け、大声を上げ鳴咽していた彼女がやっと話し出した。「こんなに優しくしてくれる洋都さんでダメなら、一生できないんじゃないかとか考えて涙が止まらなくなっちゃって…」なんでも学生時代の彼氏は強引にのしかかり、怖がる彼女が「ヤダ」と突っ張ると、「処女は面倒だからもういい」と怒られたという。その彼氏の気持ちもわかるが、私は頼られると張り切ってしまう性格。結局、その日はローションを使って何とか挿入に成功した。シーツに赤く、瓜の印が付いていたのが印象的だった。その後も時間を作ってはトモコと会い、7回目にしてローションを使わず彼女の中でイケた。そろそろ、お役こ免でいいだろう。その日、私は約束どおり彼女の連絡先を消し、本名も住所も知らないまま関係を終えた。数日後、私のブログにーつのリンクが貼られた。《好きな相手じゃなかったけど、洋都さんが最初の相手で本当によかったと思う》トモコだった。ホッと胸をまでおろした。一回りも年下の女のコを抱け、その上、彼女が満足してるなら言うことはない。一人納得していたところ、思わぬ副産物が舞い込んだ。トモコのブログを読み、《私ともHしてください》メールが3通も届いたのである。ー人は超遠距離。残った隣県に住むOLと会うことになった。四代半ばの小柄な女性で、ロリコン男が好きそうな童顔グラマーさん。なんでこのコが、と不思議に思うが、男性経験どころか彼氏と付き合ったこともないらしい。その日は顔合わせだけで、2度目にホテルへ。私は、誰も触ったことのない若い体を思う存分に味わった。
イッたことのない私をイ力せてください
ブログが《釣り場》になるのはわかった。が、私は処女を抱きたいわけではない。時間をかけてコトを運ぶのは正直、面倒だし、相手からの愛撫が期待できないから、勃起薬を服用せねばならない。ならば、今度は年上の女性をテーマにブログを書いたらどうだ。お姉様に弄ばれる。この方が私のタチに合っている。
いきなりのフェラ攻撃。これが凄い。厚ぼったい唇に長い舌、唾液をダラダラ垂らしながらのディープスロートに、思わず声が・・
県内だけでなく、隣県まで間口を広げて女性を検索、足跡を付けまくった。さあ、スケべ女よ来い。アクセスは順調に増えていった。が、日に300を超えても、誘いメールは皆無。どころか《こんなこと書いてないでしっかり仕事してください》など、説教じみたコメントばかりがアップされていく。この反応の違いは何だ?考えてみるに、相手をした2人を含め、これまでメールを送ってきたのは、男性経験が持てず困っている女性たち。私は彼女たちの悩みを解決できる人間と見込まれたわけだ。なのに今回の。フログでは、単なる女好きのスケべ男でしかない。この釣り場では【相談】がエサだったのだ。考えた末、携帯電話を買い換えたのをきっかけにブログを閉鎖、ケータイのサイトに引っ越した。会員数がーケタ、いや2ケタぐらいは多い。期待大だ。反省点を踏まえ、トモコとの一件と、ー回のHで4、5回イッたコの話を書いた。トモコはマクラみたいなもので、今度の狙いはHでイッたことのない女性だ。ダメ元で、ブログの最後に【同じような体験をしたい方、募集】の一文を加えた。PCサイト同様、女性会員を検索し、足跡機能で宣伝をかける。と、途端に反響が返ってきた。アクセス数が日に千単位で上がっていく。別にー千人が私のページを見たわけじゃなく、ー日分を読んでー力ウント、2日分なら2カウントされるのだろうが、とにかく半端な数じゃない。《Hでイったことがないのでー度、相手をしてください》
今春、ついに待望のメールが届いた。20代半ばの女性である。何度もイ力せたと。フログに書いたのは実話だが、実際は単に相手が敏感だっただけのこと。なのに彼女は狙いどおり、私を相当なテクニシャンと思ってくれたらしい。そんなことをすればボロが出るのではっ
皆さんの突っ込みが聞こえてきそうだが、私には奥の手があった。何度も使い、効き目絶大な婿薬(姫アグラ)だ。ところが当日、彼女は飲みたくないと拒否った。仕方なくローター&ローションを駆使し、30分ほどクン二に努めたが、結局、イカセられず。無念。
目隠しから亀甲縛り飛びっこ遊びまで
この後、私はSM経験を。フログにアップした。狙いをSMに定めたのは、願望があっても、自分の口から彼氏に切り出しにくいと考えたからである。《私もイジメてください》SMブログを書き終えた翌日、さっそくメールが届いた。OLで、彼氏がいてフツーにセックスしているが何かモノ足りない。常々自分にMっ気があると感じていたが、どうしても縛られてみたいとは言い出せないでいたのだとか。《ブログのように縛ってオモチャでイジメてください》何度も何度もメールを寄越す。もともと5っ気のある私にとっては願ってもない相手である。このコとは意気投合し、月ー回ペースで続いてる。目隠しから亀甲縛りとエスカレートし、先月は、リモコンバイブ(飛びっこ)を使って野外プレイにまで発展。どこまでいくのかちょっと怖い。他にも、2人のセックスフレンドができた。ブログの内容ではなく私に興味があるとメールしてきた人妻(36才)とOLだ。人妻とは力ラダの相性抜群で、有休を取ってはー日中ラブホでセックス。OLの方はまだつきあってー力月だが、初々しい彼女も捨てがたい。3人のセフレに迫られ、夏本番を前に疲れ気味の今日この頃だ。
関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえH盗撮・エログちゃんねる

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!

エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

タグ