★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0218_2019122809245681b.jpg0219_20191228092457b44.jpg0220_20191228092458c13.jpg0221_20191228092500db3.jpg0222_201912280925016d9.jpg0223_20191228092503dcc.jpg
今回は久々に自ら仕掛けて大阪のスケべな女をゲット、ヒーヒーいわしてみせようか。むろん、単純にナンパしてヤルだけじゃ能がない。己に高いハードルを課してこそ、達成したときの悦びは大きい。さあどんな女にしようか。超美人限定女教師っていうのも興奮しそうだなあ。
40才を過ぎたオッサンがナンパを成功させるには、街角でただ声をかける《ストリートナンパ》は適していない。それこそ俺が編み出した力ップル喫茶の取材を装う《オリジナルナンパ》や、あらゆる環境・状況をナンパに繋げるというシチュエーションナンパがオッサン向きだ
(詳細は拙著「「きっとうまくいくナンパの本」を参照いただきたい)
では、今回のテーマにはどの手法が合っているか。巨乳女性が集まる場所でもあれば、それに合わせた《オリジナルナンパ》も有りだろう。が、そんな都合のいい空間は現実に無い。ならば、採るべきは日常のありとあらゆるシーンをナンパに繋げ、巨乳を見かけたら必ず声かけをするという《シチュエーションナンパ》の実行あるのみだ。こうして取材を始めたのが、9月の半ば。それこそ自宅にいる時間以外はすべて、巨乳女性を見つけては何かしらのアプローチを試みた。街で巨乳ちゃんを見つければ必ず道を尋ねる。この際、本当に行きたい目的地を聞く必要はない。尋ねるべきは、彼女が向かっている方向に存在する場所なぜなら教えてもらった後、一緒に歩きながら話せる可能性がアップするからだ。電車の中も同様で、可能な限り巨乳女性の隣に座った。彼女が大きな荷物を網棚に載せていれば「取りましよか」と声かけて取ってあげる。時には、おもむろに手帳を取り出し、ペンがないフリをして「すいません。何か書く物、お借りできませんか」と声をかけたこともあった。その他、レストランや喫茶店、ショットバーなど、ありとあらゆる場所で巨乳ちゃんにアプローチ。スタートから半月で、30人近くには声をかけただろうか。正直、この間の成果は大阪ー京都間のJR車内と、ショットバーで各ー名、巨乳OLのメアドをゲットできただけである。が、こうした地味な活動の積み重ねか次につながることも忘れちゃいけない。それより気づいたのは、胸が大きい女性は結構いても、必ず挟める大きさとなると、ぐっとその数が減ること。しかも、そうした女性に限って食指が動かないようなブスなデブだったりする。こりゃ大変そうだ。10月の頭、本業の外回りの合間を見て、ミナミのパチンコ屋に入った。むろんパチンコがしたいわけじゃない。玉が出そうな台ではなく、巨乳の女性客を物色しながら店内を一回り。ー人の巨乳女性を発見した。ピンクのノースリーブのセーターの中でメロン大の2つの乳房がはちきれんばかりだ。ややぽっちゃりだが、このおっばい、合格でしょ。30才前後の主婦と見た。迷わず隣に座り、打ち始めたら程なく目が合った。すかさず「やあ」って感じで軽く会釈を返す。実は、この軽めのファーストコンタクトが重要で、後々自然に話がしやすくなる。彼女がそこそこ勝っているのも好都合だった。全然玉が出ていないと席を替わられる可能性が高い
「結構出してるね。どれくらい打ってるの」「ー時間くらいかな」「へえ、すごいやん」
警戒心を持たせずに、少しずつ距離を縮めていくのが正解だ。にしても、真横から見るメロン大のおっぱいの迫力はどうだ。余裕で挟めるな
店内にコーヒーサーピスのおねーさんが回ってきた。ー杯おごって、距離を縮めるとするか
ちなみに、こういうとき、「コーヒー飲む?」といっ聞き方は「結構です」と遠慮されやすいのでよろしくない。あくまで強引に進めるべきだ。
「砂糖とミルク有りでいいよね」
「え、いいの?ありがとう一じゃ、有り有りで」コーヒーをきっかけに、彼女かり積極的に話しかけて来るようになった「営業さん」「あたり」「さぼったらアカンやん」自分のこともベラベラ口にした。専業主婦で子供はいない。帰りが遅いので時々遅くまでパチンコするらしい。この日も7時位まで打って、軽くー人で食事して帰る予定だという「ひとりで晩飯って寂しくない?」「時々、女友達で居酒屋行ったり、力ラォケ行ったりしてるしね」
誘えば、間違いなく付いて来そうな雰囲気だが、焦りは禁物。俺は彼女の連チャンがストップした頃合いを見計らい、勝負に出た。「今日、何食べる予定なん?」「うーん、決めてない」「ほんじゃ、ちょつと早いサど軽くいっとこか」「せやね。今止めるのが賢かと思うし」一あっけなく、誘いに乗っできた。
「実はお昼食べ損ねたからペコペコやねん」パチンコ屋を出て、近所のシティホテルにあるイタリアンレストランに入った。決して高い店ではないが、彼女はうれしそうだ。
「こんなちゃんとしたところで食、ぺるの久しぶり。いつも喫茶店か居酒屋やから」
「旦那さんとは行けへんの」
「普段外食やから、土日は絶対家でしか食べへんねん。たまにはどっか連れて行ってくれたらええのに」・酒が入り、彼女はますます饒舌になった。下ネタも全然OKだ。32才で名前はヒロコというらしい。たまに短期バイトをするがそれ以外は買い物かパチンコか女友達とのカラオケ。旦那とはここ2、3年まったくのご無沙汰状態らしい。2年ほど前に出会い系サイトで何度か浮気したことはあるそうだが、最近はまったく遊んでないとか。
「ちょっとしつこくメールしてくる人がいて、怖くなったんで」
んじゃ、2年以上そのおっぱいは誰にも操まれてないってことね。
「はい、でもそんなにおっぱいが好きなん?」「えっ」「だって、ちらちら私の胸を見てたでしよ」いかん、バレバレじゃないか。こうなちゃ単刀直入に行こう。そりゃ触りたいよ。
「駄目ですよ。」ことばで断っていても、本心じゃないのは明らか。あまり時間をひっぱるのは逆効果だ。早めに決着をつけよ。食事を済ませ店を出た後、当然のようにホテル街へ向かって歩き出すと、ヒロコも何もいわずに付いてきた。
ホテルに入って、まずはキス久しぶりのエッチだからか、ヒロコは少々興奮気味で鼻自いが荒い。舌を絡ませながら、服の上から胸を弄る完全に俺の手に余っている。片方の手で黒いスカートを捲り上げ、パンティの上から陰部を愛撫続けて、股のところから指を滑り込ませから、案の定ヌル又ル状態だ。もちろん、すでに俺もギンギンである。そのままベッドに移り、彼女の服を剥ぎ取る(乳房は確かにデカいが悲しいかな、重力に負け少々たれ気味)身体もだいぶ肉付きがよく、特に胴回りにはくひれがほとんどない状態だテンションは少々下がったが、風呂場での洗いっこで再び上昇。興奮をキープしたまま、ベッドで乳房にむしゃぶりつく。乳首を吸いながら左手でクリトリスをコリコリ、右手の中指と薬指をズッポリ。たっぷり濡れているのでスッと入る。
「あうー、あうー」指の動きに合わせて動物的な瑞ぎ声をあげるヒロコ。俺の股間に手を伸ばし、激しくペニスをし、こき出した。もう欲しくてたまらんご様子だ。じゃ挿れる前に念願のパイずりをお願いします。「うふふ」彼女は、今までに何十回とやっているような慣れた手つきでペニスを両乳で挟み、右腕で抱きかかえるように上下運動を始めた。うーん、なんと言えばいいのだろう。特別に気持ちいいわけでもなく、手や口で刺激されているよりは快感は明らかに劣る。では興奮するかと言えば、そうでもない。乳房に囲まれて窮屈そうにしている自分のムスコの姿が少々滑稽に見え、笑いそうになったくらいだ。パイずりって大したことないやん。そんな俺の気持ちを知ってか知らずか、ヒロコが自ら仕掛けてきた。「あーん、久しぶりでおいしい」
実にうれしそうにしゃぶりまくっている。お返しに舌と指で攻撃すると、ヒロコは再び「あうー、あうー」と瑞ぎながら腰をカクカクと痩墜。同時に、一ペニスをしごき始めた。
「ああ、ちょうだい、これ、ちょうだいー」
お待たせしましたてはまず正常位で、お次はバックで激しく突きまくろう。「あおおー、あおおーぎもちいいのー」もう瑞ぎ声というより除り声、叫び声、何だか獣とヤッているような妙な興奮の中乗位でフィニッシュ。
気持ちよかったし興奮もしたが、それは相手がスケベなぽっちゃり人妻だったというだけで、巨乳ということでの悦びはさほど感じなかった。特にパイずり2は期待はずれだ。ただ、ー回こっきりの経験で巨乳&パイずりを否定するのも早計。せめてもうー人、できればもう少し若くてスタイルのいい巨乳ちゃんとお手合わせした上で結論を出してみたい。
ある土曜日、客先での用件を済ませ、駐車場から車を出そうとしていたら、目の前を若い巨乳ちゃんが通り過ぎた。格好からして女子大生かフリーターすぐに追いかけないと彼女を後ろから付けながら、思い出した。進行方向に結構有名なケーキ屋がある。確か以前に一度だけ行ったことがあるな。Nという店だったか。いい口実ができたと、俺は足速に彼女に近づいた。
「すいません。この辺にNっていうケーキ屋さんありますか」「はい、ありますよ。この道まっすぐいって、2つ目の信号右曲がってちょっと行ったとこ。途中まで一緒なんで近くまで行きますよ」「ありがとう。助かります」なかなかエキゾチックな顔立ちだ(体つきは小柄だが、Tシャツの下で、歩くリズムに合わせて大きな乳房がゆっさゆっさ揺れている。ゲットしたいなあ。さあ、ケーキ屋までの道すがらが勝負だ。数分しかない。ここは積極的に話しかけよう。「Nでケーキ買ったことある?」「はい、何回か」「どんなケーキがおいしいの?」「チョコレート系がすごくおいしいですよ。でも結構高いんで私はあんまり買えないですけど。買って帰られるんですか」「ううん。食べに行こかなって」「えっ、ー人でですか」「そう、ケーキ好きやねん。でも、さすがにちょっと恥ずかしいし、時間あったら一緒に入ってくれへん?よかったらケーキおごるし」「まあ、バイト終わって帰るだけなんで時間はあるんですけど…」「んじゃ、決まりや。ありがとう。助かるわ」こういう話は、ニコニコ笑いながらドンドン自分のペースで進めていくのがミソ。相手に「まあ、ええか」と思わせる程度の軽いノリを心がけるべきだ。
「今日は、めちゃラッキーやわ」
店内の喫茶スペースで、好きなケーキを前に彼女はうれしそうに言った。ラッキーなのは俺の方や。彼女は、ビジネス系の専門学校に通う19才のアヤ。彼氏と別れて半年で現在はフリー。学校が厳しいのであまりバイトができず、常に金欠状態なのだそうだ。
「食いしん坊なんで、お金あったら毎日田心いっきり食べまくりたいのにー」「何食べたいの」
「ケーキは今食べたから、次は焼肉か寿司かな」
「へー、じゃ、今度今日のお礼に寿司でもおごるよ」「やったー絶対ですよ。河内さんっていい人ですよねー」君には警戒心というものがないのか?君こそ人が良すぎるよ。携帯番号とメアドは交換したものの、できれば今日モノにしてしまいたいところだ。とりあえず車で家の近くまで送るよと車に乗せ、彼女の家方面に向かって走る。「俺、これから結構忙しくなるから、今日、寿司いっとけへん」「でも、今日ケーキお、こってもらったばっかりやし…」「ええやん。ちょうど帰る途中においしい寿司屋あるしご、ちょっと寄っていこうや」
例によって強引に誘うと、さっそく、今日はツレと食べて帰るからと母親にメールを入れるアヤ。とことん押しに弱そうだ。「なんか、デートしてるみたいですよね」「こんなオッサンでもええんかいな」「私、けっこう年上好みなんですよ。同い年の男は子供っぽくて嫌やし」
弱めで人のいい若いコはできるだけうまく聞き役にまわることが重要。うまく相槌をうって、気持ちよく話させてあげる。そして、肝心なところでは少々強引にこちらのペースに持っていくのだ。このまま寿司屋で盛り上がれは必ずヤレる。
アヤは非常に上機嫌でいい状態に仕上がていった。スキンシップもまずまず、エロトークにも乗ってくる。寿司屋を出た俺は迷わずラブホに車を向けた。
「えー、しちゃうんですか?今日会ったばっかりなのに」
「そう、しちゃうんです。せっかく会えたからね」「そっかあ。じゃ、しちゃおか」
ラブホに入りキスをしながら、彼女の服を脱がせた。その身体は19才の割にやや張りに欠けるが、相当なナイスバディ。乳房も服を通して見るよりも迫力満点だ。お互いに指や口で愛撫をしていると、頼みもしていないのにアヤが乳房を俺のペニスに押し付けてきた。ん?パイずりしてくれるの。ヒロコのそれとは違い、アヤは優しく柔らかい胸をこすりつけ。る。なんかくすぐったいけど妙に気持ちいい。その後睡液をたっぷりと絡ませた濃厚なフェラ。ジュポジュポと音をたててながら舌を絡ませる。うますぎるやん。お前、ほんまに19才か?唾液でたっぷり濡れたペニスに再び大きな胸を擦りつけてくるアヤ。唾ですべりがよくなったパイずりは、さっきとはまた違った気持ちよさだ。ソフトな素股って感じだろうか。しばらくウエットパイずりを楽しんだ後、女性上位で挿入。
俺の上でアヤが激しく腰を振る。ホテルに入るまでとはまるで別人の積極的な動きだ。腰の動きに合わせて、大きな乳房がユサユサ揺れている。もうタマラン。正常位に体位を変え、今度は俺の下で揺れる乳房を見ながら射精した。ヒロコはともかく、アヤのパイずりには新鮮な快感があった。
結局のところ、巨乳&パイずりよりも、2人のスケべっぷに興奮させられた。やっばりは、おっぱい星人のようだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内