★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
02080_20191226145452112.jpg02090_20191226145453dda.jpg02100_20191226145455392.jpg02110_20191226145456b8d.jpg02120_2019122614545870c.jpg02130_201912261454593a0.jpg02140_201912261455010d3.jpg02150_2019122615004758b.jpg
フーゾク好きな男性なら一度は考えたことがあるであろう、お気に入りのコを店外デートに誘い出す。そのノウハウをオレ自身の体験を通して語ろうというものだ。で、改めて自己紹介しておく。まずオレは30代半ばの、オッサンである。体型は典型的なデブ。チンコだってこくごく日本人の標準、いや周りに付いた脂肪に埋没しているから、3割方は短いかもしれん。優雅にピアノを弾くこともできなければ、社会的なステータスが高いわけでもなく、ましてやどんな女のコでも潮を噴かせる指テクなとさらさら持ってやいないし、駅弁ファックだって腰を痛めちゃうから無理だ。いわゆる男としての外見的な魅力や性技は、ほとんど、いや自慢じゃないが、まったくない。そんなヤツがフーゾク嬢と店外テートする方法を教える、なんてホザいたところで、誰もマトモに耳を傾けてくれないかもしれない。が、一方、この3年間で50人以上のフーゾク嬢と店外デートしたことは紛れもない。わずか3カ月だが同棲をしたこともある。なぜ、そんなことか可能だったのか。
まずはここをはっきりさせておきたい。単にヌキたい、セックスしたいなら、その目的は店に通えば果たせるし、女のコを口説く過程を楽しみたいのなら、キャバクラ嬢相手の方が醍醐味を味わえるように思える。が、キャバクラにおけるデートは、あるプレイのーつ。いかに口説きベッドインに持ち込むか、実に疲れるし出費もかさむ。その点、フーゾク嬢はフェラチオだの本番だの、最終目標にはすでに達している。つまり、いったんデートに誘い出せれば、いきなり欲望を全開にして構わないのだ。フーゾク嬢との店外デートがいかに楽しいか。オレが12月に敢行した、箱根温泉1泊2日エロエロツアーを例に紹介しよう。新宿・歌舞伎町の某ヘルスで、すっかりオレの噌好を知られた店員に入店2日目のコを案内され、60分のプレイの最後に携帯番号をゲット。翌日には焼き肉屋でデートと相成り、そこで温泉に行きたいねと、さっそく週末、箱根へ出かける話かまとまった。出会ってわずか4日の早ワザである。土曜、新宿駅の小田急口マンス力ー乗り場に現れた彼女に、オレはある大人のオモチャを手渡した。これを彼女に装着させ、車中、思いっきり楽しもうという算段だ。いや、これはぶっちゃけ楽しかった。コートの中にスイッチを隠し持ち、ホームの列に並びながらON電車の中で「キップを拝見します」と重掌が来ればON車内販売のオネーチャンからジュースを買えばON。ハァハァーいいながら、オレの肩にもたれかかってくる彼女に「隣のオヤジがイヤらしい目で見てるよ」と嚇きながりオッパイを操んでれば、あっといつ問に箱根に到着だ。むろん、タクシーで旅館に向かう途中もON・OFFを繰り返し、おまけにわざと彼女にチェックインを任せ、記帳している問にまたまたスイッチONーこの、スイッチを入れた瞬間の、ビクッとする彼女のしぐさ、オレのイタズラを普めてはいるけど、体は気持ちいいという微妙にうつろな視線もはやオレのチンコもギンギンで、部屋に案内され仲居が出ていくまでバイブさせた後は、当然の如く、前戯いらずのセックスと相成った。さらに料理に舌鼓を打ち、ゆったりと温泉につかれば、後はまたまったりとセックスを楽しむのみ。翌朝は、露天風呂で丹念にフェラチオしてもらい、朝食後に最後のセックスをして、ようやくチェックアウトだ。とにかく、今こうして原稿を書きなからも、思い出して一発ヌケてしまうほど、最初から最後までエ口爆発の2日間。むろん、交通費、宿泊代以外は1銭たりとも支払っていない。
口説くピンサロ嬢はー店舗ー人が原則
むろん、いきなりこんなエロデートができるのも、彼女がフーゾク嬢で、すでに店でお互い裸の付き合いがあったからに他ならない。この前提があれば、気取ったり、欲望を隠す必要は微塵もないのである。問題は、女の子をいかにデートに誘い出すかだ。プレイ後、唐突に今度メシでもと誘ったところで、笑って誤魔化されるのがオチ。やはり何事も順序ってもんがあって、フーゾクのオネーチャンを口説く際も、素人のコ同様、まずは携帯番号、もしくは携帯のメアドをゲットすることに全力を注がねばならない。では、その番号なりアドレスをいかに聞き出すのか。ここからは体験に基づき、ピンサ口とヘルス、それぞれの傾向と対策を解説していこう。
まずはピンサ口編。基本は若いコが多い人気店を選ぶことだ。ピンサ口は奥が深く、女性かオバチャンだらけでも、花びら回転や凄いフェラテクだけで超人気の店も数多くある。ただし、こうしたおばちゃんピンサ口嬢は、ギョーカイ歴が長いぶんその世界に染まっており、誘いにはまず乗ってこない(といつか、オレはまずての手の店には行かない)。その点、若いコが多い店は、女のコの新陳代謝が激しく、春・夏休みだけのアルバイトと称した女子大生などにヒットする確半が高い。場所でいえは、都内ならズバリ、吉祥寺・国分寺・立川を中心とした中央線沿線の店。平日でも平気で30分1時間待ちだったりするが、誘い出す対象としては彼女らをおいて他はない。店に入ると、まずはじつくりポラを眺め、デートに誘いたいコをセレクトする。このときよく見かけるのが、本日出勤の欄だけを眺めている人だ。確かに今宵の快楽のためだけならいいが、ゼヒ出勤していない女のコにも目を配りたい・もっともピンサ口の場合、ポラは受付にしか貼っていない店が多い。もし、好みドンピシャの女のコが出勤してなければ、出直すべきだ。別のコを口説いて、次回また好みのコがいれば改めて、なんて考えは持たない方がいい。ピンサ口は他のフーゾクとちがい、女のコが全員一緒の控え室に待機している。当然、横のつながりは強く、会話の内容はさっきの客がどうしたこうしたといった話題が中心。同時期に複数の女のコをデートに誘うと「私も言われた」「あいつヤバいよ」ってなことになり、敬遠されるのがオチだ。口説くピンサロ嬢は1店舗に1人。失敗したら、しばらく間をおくべし。
笑わせまくって最後にフレンチキッス
目当ての女のコに巡り会えたら、最初はこく普通にサービスしてもらうのだが、ここで印象に残る会話を交わしておくのが大切だ。印象に残る会話とは何ぞや。ピンサ口は回転率が高く、ー人がー日、最低でも7、8人の客を相手する。普通に話していては、まず女のコは顔さえ覚えてくれない。ルックス的に全然好印象を与えられないオレが心理テストやらマジックやらといろいろ試したところ、意外に簡単で女のコの食い付きがいいとわかったのは、化粧品の話だ。ファッション誌で最近流行のブランドを覚え、暗い店内でじっと顔を見つめながら「フアンデーションとかって何使ってるの?」なんて言うと、驚いたような顔で、いろいろ話し始める。そこで、さらに言ってのける「でも、マックとかって流行ってるけど、日本人の肌にはキツイっていうよ」もはや相手は「すこく詳しいね」と尊敬の眼差し。印象に残ること請け合いだ。実際、オレはこの話題で盛り上がり、3人のピンサロ嬢(すべて別の店の)とデートがてら上野のアメ横にある輸入化粧品店(免税店並に化粧品が安い)へ出かけたことがある。むろん化粧品を買わされはしたが、その後、きっちり力ラタをいただいている。ま、とにかく最初は軽く種を撒いて退散。2回目に女のコが自分を覚えてるかどうかすばやく察知し、覚えてたら次のステップへと進む。オレの伝家の宝刀フェラチオなしで、時間いっばいしゃべりまくりのスタートだ。入店したら、約30分間笑わせまくる。話題はなんでもいい。芸能関係だろうが、友達の失敗談だろうが、仕事の愚痴とかの暗い話題にさえならなければOKだ。ある程度、時間が過ぎて、女のコかそろそろ…とか言っても、かまわず続行。結果、タイムアップとなり女のコがゴメンねと謝ってきたところがボイントだ。ううん、いいよ。じゃまたで帰ってしまったら、ただのいい人で終わってしまう。で、ちょっと未練がましくんー、じゃあ、最後にキスしてとおねだりしてみる。ただし、問違ってもディープキスはいけない。あくまで軽いフレンチキスだ。言いたいことはおわかりか。要するに、本当はやりたかったんだけど…という態度を演出することが重要なのだ。何もせず、会話だけで終わる客というのは意外に多いからだ。特に人気姫ともなれば、最初から会話目的で来店する客がわんさかといたりする。そんな輩と一線を画すためにもヤルために来たという能度は忘れてはならない
美容師見習いのコに「オレの髪、切っていいよ」
勝負は3回目だ。すでに彼女は、この人は話かおもしろいから、上手くいけばサービスせずに終われるかもと半分ぐらい田心ってる。彼女にしてみれば楽な客である。それに乗じて、こちらもキミと話すのが楽しいから、また来ちゃった的なアィーリンクで接する。もちろん、最初かりトークは全開だnだが3回目ともなれば、さすがに話題に社一叩まる。というか、わさと詰まらせる。と、話をすればサービスしなくていいかもと思っている女のコは、チラホラと自分のこともしゃべり出す一1学生ならだいたいの学校名、働刀
いているなら職場、その他住んでる場所、住まい等々。個人情報が入ってくれは、デートに誘いやすくなることは言うまでもない。坂井真紀似の19才のピンサ口嬢は、3回目の来店の際、自分は美容師見習いで、まだシャンプーしかさせてもらえないと打ち明けた。そこでオレは、すかさず言った。「じゃあ、オレの髪切ってみるっ・J今はほとんど坊主だからこの手は使えないが、当時は髪を後ろで束ねるほどの口ン毛(というよりほとんど長州力)だった。実敗してもいいからバッサリ切ってよ」「ええ・・こ「勤めている美容室に行くのはまずいでしょ。だからシティホテルを予約するよ」最初は、冗談でしょ、と本気にしてない様子だったか、オレに2回連枕でサーピスをしていないという負い目と、おもしろいし、悪い人じゃなさそうという気持ち(後から婆に聞いた〕かり、結局、彼女はオレに携帯の番号を教えてしまう。そして、ー週間後、ついにプレ
イは実現する。シー三ホテルのツインルームで、オレの体をシーツで巻き、ベッドカバーを下に敷いて髪を切った彼女。その後、オレも彼女の髪を洗ってやり、組んずほぐれつの展開になったのは言うまでもない。
最初、無愛想に徹しシャワー室で変身
徐々に親密さを増す作戦が使えるピンサ口とは異なり、ヘルスは一発勝負と考えるべきだ。特に最近はー回目の出会いでメアドを教えてくれるかどうかで、勝負の行方はほぼ決まってしまう。最初にゲットできなければ、2回、3回と通っても無理。あきらめるしかない!よく「初めてあった人だから、なんか怖い、次、来てくれたら、そのとき」などという女のコがおり、確かに再び足を運べば教えてくれる可能性は高い。だが経験上、このパターンでアドレスをゲットし、メールしたところで、デートまで持ち込める確半は限りなくゼ口に近い。せいぜい次回の出勤日を教えてくれるのが関の山だ。オレはヘルスで好みのコと遊ぶ際は、最初、無愛想に徹している。「いらっしゃいませ。〇〇です」女のコが挨拶しても、軽くうなずくだけ。さらに部屋に入ってもブスッとしている。と、女のコは「服を全部脱いでください。シャワーに行きます」と事務的にコトを進めていくのだが、ここで今までの能侵を豹変させる。じっと女のコを見つめて可愛いいねとほめるそんなこと一言っても何も出ないよなとと定番なセリフを返す彼女。しかし、オレはいう。
「いや可愛いいっていうより、美人ってタイプかな」
彼女がアハハと笑いながら、胸のあたりをボンと叩いてくる。
「いや、マジで可愛いいって」ヨイショを続けつつ、体を洗ってもらってる途中、指先で女のコをツンツン。徐々にスキンシップを図っていくわけだが、このとき、間違っても肌若いねとか水弾くねなどとオヤジ発言をしてはいけない。オヤジギャグはOKだが、オヤジ丸出しは厳禁だ。その後はとにかく彼女を笑わせ、同時に甘える。
「(舌を出し)ペコちゃん似。あ、オレ男だからポコちゃんか」「オレ、イソジン嫌いなんだよな、口移しでやってくれない」
とにかく、ほんの5分のシャワータイムに、すべての情熱を総動員して、女のコとコミュニケーションをとるのだ。
「なにか忘れ物?」「うん、キミの心を」
部屋に戻ったら、軽いギャグをかましつつ女のコを寝かせ、ソフトタッチで愛撫開始{自分が最初に資める)。徐々に本気モードに入り、舌ワザを駆使して全身を紙め上けていく。クン二でほどよく濡れてきたら、本番に誘う。むろん、挿入はルール違反だが、男が女を責めているんだから、礼儀みたいなものと考えればいい。もっとも、ここでOKになる確率は10%にも満たない。おかねでもあければ性交率は跳ね上かるが、目的はデートなので、援交癖をつけると後々やっかいだ。
じゃあ、あっさりと引き下がるのかというと、そうではない。「もっと気持ちよくなろうよ」「いますっごい感じてる、オレ」悩ましげな声を出せば、女のコによっては言うかもしれない。
「おにーさん、いつも、そんなこと言ってるの」「そんなわけないじゃん。キミだからそんなに責めてるし、やりたくなったんだよ」サムイこうしたサムイ台詞が、結構、彼女の心に響くのだ。さて、終わった後は、すっこく親密になるモノで、突っ込んだ会話も可能だ。元力レ、家族構成、借金等々。中にはショッキングなエピソートを披露するコもいる。シャワーの前にあまり話さないのは、この時間を多くとるためだ。お互いを探りながらの会話より、一発やった後で話す方が、より密度が高い。メアドを教えてもらうタイミングとしては、女のコが名刺もらってくれる?と聞いてきたときがべターだろう。
「もちろん。メアドも入れてね」
「いいけど、割引使えなくなっちゃうよ(名刺そのものが割引券になっている店が多い」
「そんな割引より、キミのメアドの方が重要だよ」
ここまで雰囲気を壊すことなく順調にいけば、8割方は教えてくれる。昇でも次来てくれたときにねとなれは、すっぱりあきらめる。さて、帰る間際、オレは最後の仕上けに取りかかる。部屋を出るとき、女のコは必ず聞いてくる
「忘れ物ない?」そこで、とりあえす部屋を見渡し、体を半分出したあたりであつとっぶやき、クルっと振り返る。
「忘れものあった?」「キミの心」そして素早くフレンチキス。笑ってはいけない。サムがってもいけない。すべては女のコに印象付けるため。徹底的に道化になれはいいのだ。
実際、このパフォーマンスは確実に受けるし、その後、最初のメールを送る際にも有効なつかみになる。みなさんも一度、是非。ちなみにヘルスの女のコに対しては、同じ店で同時期に何人にアタックしても問題はない、同じ店で働き、しかも同居しているという友達と、それぞれ別々にメールを交換してデートしたこともある。
ソープ嬢のデートは時間を買うしかない
ピンサ口、ヘルスと来たら、お次はソ―プランドと来るのがスジだ。か、ソープ嬢を店外デートに誘い出すのは、極めて難しい。何よりバイトの女のコかいないというのか最大の難点で、長期戦で通うか、色恋沙汰にならない限り不可能と考えるべきだろう。金が絡めは、もちろん話は別だ。というより、3枠貸し切れば、大半の店で店外デートは可能だ。その間、こ飯を食べるもよし、ヤルもよし。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

タグ