★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
02100_201912231841250a1.jpg02110_201912231841275ce.jpg02180_20191223184128b84.jpg02190_20191223184130784.jpg02200_20191223184131f87.jpg02210_201912231841337f2.jpg02220_201912231841347e9.jpg02230_20191223184136ad3.jpg
当温泉シリーズも、もう何度月になるのかわからぬほど数を重ねてきた。継続とは、成長の意でもある。フェラチオがかなえば、次は本番。お次は3P、そして4P。欲望の肥大化と共に、コンパニオンの過激度はどんどんエキサイトし、おかげか、いつぞや紹介した福島県の某旅館は警察の手入れが入り営業停止になったと聞く。どうなんだろう。確かにこの調子で、7P、12Pと数を増やせば、いくらでも新たな報告は可能だし、過激な絵面をお届けすることもできる。肥えた読者の旅心をも新たに刺激するかもしれない。でもそろそろいいのではないか。彼女らのことはすべてわかったと結論づけても。もはやこれ以上の展開は、どう転ぼうとも過去と同じベクトル上でのお遊びに過ぎない。もうよそう。コンパニオンからの卒業、これまた成長の証なのだから。そこで今回より私は、新たな場への入学を試みたい。温泉というフィールドは同じながら、これまでとはまったく違う対象に肉薄する、革命的な新機軸をぶちまけるのだ。新たなる対象とは、仲居だ。
和服美人の汗ばむ肢体を想像したまえ
アイドルグループしか思い浮かばぬ若き読者のために説明しておこう。仲居とは、食事の配膳や布団の出し入れなど、旅館宿泊客の身の回りの面倒を見てくれる女性のことである。追加料金も払わずにお世話してもらえるとはありがたいシステムだが、悲しいかな、仲居はたいていにおいてオバハンである。かつての経験上、平均で48才(推定)、ド手をすれば55、65なんてこともザラにある。むろん、モノにしようなんて気は起きやしない。ところがだ。あるいはそれ以下ならば、私のような若造をも十分にイキリ立たせてしまうほどの魅力が、あの職業にはある。この上限の高さは異例とも言えるだろう。概ね和服姿の彼女らは、実に献身的かつ精力的だ。着物の乱れを臆ともせず、ただただお客様のために尽くす甲斐甲斐しき姿勢。だからこそ、時折のぞくうなじやふくらはぎは一層の色香を放ち、我々男性客をドキリとさせる。彼女らはいわば雑用係であって、セックス要員ではない。ではないからこそ、そこには禁断の香りが激しく漂ってくるのだ。想像してくれたまえ。和服美人の汗ばむ肢体を。従業員にバレぬようおし殺されたか細き声を。伸居を押し倒すとは、かくもロマンに満ちた行為なのである。では作戦に移ろ、っ。今回はコンパニオンと違い、予約を入れて後は受け身一辺倒というわけにはいかない。ある程度、こちらで絵を描いておかねば。まず押さえる旅館は、できるだけ規模の大きいほうがよいだろう。もしも担当の仲居がとんでもない老女や醜女だった場合に、他室の担当仲居にちょっかいを出せるからだ。本道とはズレることになるが、あちらも客商売、担当じゃないからといってムゲにするわけにもいかぬはず。何かと理由をつけて部屋に招き入れてしまえば、後はこっちのものだ。そしてもうひとつ下調べを要するのは、客室での食事、いわゆる《部屋食》が可能かどうかだ。この確認を怠ると、旅館によっては大広間で食事を取らされ、極端にチャンスが減ることになる。部屋食は絶対条件だ。
熟考の未、長野県にある高級温泉旅館に宿泊することにした。客室数8強と随一の規模で、タ食朝食共に部屋食OKだ。
彼女、仲居としては「アリ」か「ナシ」か
9月初旬の平日、タ方4時。旅館前に到着した私は、大きく息を吸い込んだ。この後、フロントでチュックインすると同時に、どこからともなく仲居が現れ部屋へ案内してくれることになるだろう。今までのコンパニオンのように、風呂で汗を流しながら妄想を膨らませることもできず、館内に入るやいなやいきなり相手が決まってしまうのである。そんな一大事を前にして緊張せぬわけがない。深呼吸して、いざフロントへ。連絡先、氏名を記す。まもなく背後に人の気配が。さっそくおでましか。振り向けば、そこには満面の笑みを浮かべた女性が1人。「いらっしゃいませ。ご案内いたします」歳のころなら45といったところか。不必要に膨らんだ頬と、妙に目立つ目ジリのシワ。正月の福笑いの完成形が確かこんな顔だったような。
「こちらですので、どうぞ」「あ、はい、どうも」
彼女、冷静な目で容姿を問うならば、決して誉められたものではない。どうしたものか・・エレべータ内で、私は沈思した。はたして彼女は「アリ」なのか「ナシ」なのか。コンパニオンとしてならもちろん「ナシ」だ。それはいい。が、仲居としてならどうだ。それならまだ年齢は気にならない。この顔、愛嬬はある。乳房もふくよかそうだ。着物からこぽれればどうだ?色白の肌は?うむ、
ふむ…。よし、大丈夫だ。行ける。彼女なら押し倒す価値ありだ。証拠に、着物の下に隠された熟れた肉体を想像すれば、我が息子もかすかに勃起するではないか。仲居の力、やはりタダモノではない。ほんわかして素敵な方ですね
「で、こちらが非常階段になっておりまして・・こ部屋に入ると、ぬるいお茶を入れ終えた仲居が正座姿で館内の説明を始めた。上の空で聞き流しながら、私は自らの置かれた境遇を語る。
「1人ってのもさみしいよね。いやね、接待旅行のド見なんですよ。だから何もすることがなくて」「ああ、そうだったんですか。どうしてお1人なのかなって思ってたんですよ」
「いやー、まったく下っ端はこんな仕事ばっかりですよ」
「ほほほ、でもゆっくりできていいじゃないですか」
今夜は1人きり、付き合う時間はいくらでもありまっせ。そんな内容の事柄が今の台詞で伝わったはずである。では次に好意をしておこう。
「なんか、ほんわかして素敵な方ですね」
ほんわか。彼女について長所を語るなら、この言葉以外に思い付かない。美人では嘘くさいし、色っぽいもこれまた嘘だ。
「そうですかー?よく言われるんですよ」「長野の女性ってみんなこんなに優しそうなんですか?」「まあ、お上手ですねえ」「いや、ほんとにすごく得した気分ですよ」「まあ、そんな」効いた。今のジャブはかなり効いたはずだ。彼女の長い仲居生活でも、こんな粋な言葉をかけられた覚えはないだろう。「それではお食事のときにまた参りますので」ふくよかな顔に笑みをたたえ、彼女はそろりとふすまを閉めた。
勝負を決するは「飯盛り」ラウンド
今宵の決戦、私の経験則によれはラウンド数は4である。1ラウンドは、先ほどの「お茶入れー館内説明」。ここはまだ顔見せの段階なので強く押す必要はない。さっきのような展開で十分良しとすべきだ。次の第2ラウンドが「配膳」。わざわざ部屋食を頼んだのは言うまでもなくこのラウンドのためで、軽く酌などをしてもらううちに互いに打ち解け、酌から尺へ移行する期待も膨らむ。そして第3ラウンド。素人は見落としがちだが、実は重要なポイントとなるのが、この「飯盛り」ラウンドだ。温泉宿での食事は、まずビールや日本酒を飲みつつ海の幸や山の幸に舌鼓を打ち、最後の結びとして白いご飯をいただくのが常道である。そのため、食事中いったんは退席する仲居も、頃合になればおひつを持って再び現れるのが暗黙のルールとなっている。都合の良いことに客にアルコールが入っていることは自明の理なので、少々セクハラまがいの行為を働こうが、酔客の戯れ言として済まされてしまう。ここで一気に攻勢をかけるのがーつの手だ。最後の4ラウンドは言うまでもない「布団敷き」だ。これもまた、布団を敷くという行為そのものの淫ビさが、我々男性に「はずみ」でコトに至らせる勇気を与えてくれる。仲居としても、畳の上よりは布団で、との願望があって当然だろ、っ。以上4ラウンド。とりあえず1ラウンドは軽いジャブの連発で、かなり有利な判定が出たと見る。では次の戦いまで、ひとっ風呂浴びるとするか。
バツイチなら落いているはず
午後7時、ノックの音と共に仲居が顔を出した。「では、お食事の用意いたしますので」さあ来た。迎え撃つ私は、浴衣の裾からチンチンをさらけだす誘惑体勢だ。テープルに豪勢な判理を並び終えた仲居は、斜め向かいに座り、ビール瓶を両手に持った。
「お注ぎしましょうか」わずかに腰を浮かせ、トクトクと泡を作る彼女。この所作、そんじょそこらの若者にできる芸当ではない。「それじゃ仲居さんも一杯どうですか」「あ、では少しだけ・・」仕事とはいえこれぐらいのことは許されているのだろう、彼女はグラスに軽くロをつけた。「おいしい」雰囲気は、ある。もし何かが起きるとするならば、今この場面だとも思える。酌から尺へ。意外と展開は早いかも。ではイチモツを見せつけてやりますか。ほらっ。
「--」困惑する彼女。よし、いいムードだ。その手でちょっと触って…ん?表のドアが開きっぱなしじゃないか。ヤバイヤバイ、これじゃ廊下から丸見えだ。なんだよこれ、彼女なりの危機管理なのか。男性客だからと身を恐れているのか。ここはもう少し様子を見ておこう。
「仲居さん、若いですよねえ。独身ですか」「ふふふ、子供はいますけど、ー人です」「え?」
「ハハハ、意味深ですよねえ」深くなどない。少し詮索すればすぐにわかる浅い答だ。そうか、バツイチか。ならば何かと癖いているだろ、つに、まったくなんでドアを閉め忘れるかねえ。孤独な一人客と、未亡人。舞台は整った。
「だめです。子供にしかられちゃいます」
本格的な戦いを挑んだのは、第3ラウンド、飯盛り時においてだった。料理を食べ過ぎた胃袋に、白米の、人る余地はなかったが、この機会を逸するわけにはいかぬ。体力のあるところをアピールすべく、大盛りを頼む。「お漬物もおいしいですし、お茶漬けにいたしますか?」「いや、ご飯で」相変わらず今度もドアは開かれたままだ。やはりこれは自衛策なのか。となれば、時問をあらためて部屋に呼びつけるしか、隙は生まれない。「なんか、今ご飯食べ終わったら、何もすることなくなっちゃうなあ」「ええ、おー人ですとちょっとねえ」「お仕事終わったら、一緒にどうです?」「いえ、それはちょっと…」困った表情で、彼女は茶碗を差し出した。今夜いちばんの接近。今だ。人に見られりゃ、そのときはそのときのこと。ここで行くしかない。私は肩に手をかけた。
「キレイですね」初めての接近戦に、身を固くする彼女。茶碗を持つ手が止まる。腕に力を込めた私は、彼女の体を抱き寄せた。いや、抱き寄せる寸前に身をよじられた。
「だめですよ。子供にしかられちゃいます」彼女は拒む。台詞だけを読めばまだ脈はありそうにも取れるだろうが、現場にいた私の目には、このやり取りによってほぼ芽はついえたように見えた。身を翻してからの位置取り、表情、声色、どれも先ほどまでの艶やかな関係とは明らかに異なる。
「フラフラしてると、息子に怒られるんですよ」
笑ってごまかしながら、彼女は部屋をでた。自米と私を残して。こうなれば、残されたチャンス、布団敷きに賭けるしかないが、風向きの変化には逆らえない。なんと布団は、仲居ではなく電気工事人のような格好をした男3人が、手際よい分担作業で敷き終えてしまったのである。「失礼しましたー」野太い声が遠のく中、私は煙草をゆっくりとふかした。
★延長戦はまだ残されていた。翌朝の食事もまた部屋食だったのだ。「よく眠れました?」まだ布団の中にいる私に声をかけてくる仲居。太陽光で見るせいか、昨日よりも顔のシワが目立つようだ。「ええ、まだ寝足りないすね」「ふふ、そうですか。たくさん飲まれましたからね」そう言って彼女は、昨晩の気まずい出来事などなかったかのように、慣れた動きで布団を片付け、食卓を整えていく。いよいよ最後のチャンスと、浴衣からハミ出す朝勃ちマラを見せつけるようにウロウロしてみた私だが、彼女は味噌汁をよそうのに手一杯のようだった。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ