★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0380_20191215222012cb6_20200212115938f05.jpg0390_201912152220130e5_20200212115939fa4.jpg0400_20191215222014a28_20200212115941d5f.jpg0410_2019121522201664e_20200212115942809.jpg0420_20191215222018624_2020021211594432c.jpg0430_20191215222019d49_20200212115945f55.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
外国人パブに足繁く通っておられるお父さんは多いことだろう。フィリピンや韓国バブに始まり、口シアンパフや、珍しいところではルーマニアパブまで
居ながらにして各国のガイジンネエちゃんかお相手してくれるこの日本という国は、稀なパブ天国なのかもしれない。ぼくも若いころから外国人パブに通ったクチだ。日本人スナックやキャバクラは金の関係ばかりが目につき、とうしても好きになれなかったせいでもある。スケべな男から金を引っ張ることばかり考えている連中に愛想を振りまかれるぐらいなら、まだ異国の地で必死で頑張ろうとしている外国人女性のほうが、ピュアな関係を結べるんじゃないか。そんな考えかりだ。でもそれは誤解でしかなかった。なるほど言葉が通じにくいだけあって、一見したところ彼女らの内心は読みにくい。でも通えば通うほど、笑顔の裏に隠された本質が見えてきてしまうのだ。結局は金なんじゃん。少し油断すると、ニ言目には何かねだられ、ボトルを入れさせられる。そんなことを繰り返せば、誰だってそう思う。そんなぽくたちに、彼女らは無言でこう伝える。
気に入られたくないの?そもそも水商売の女性に、金の関係以外の何かを求めることが間ちがいなのかもしれない。あくまで彼女らの目的は出稼ぎなのだから。それが昨年、ふとした拍子に入った外国人パブで、ぼくは長い間忘れていたある想いに突き動かされてしまう。過去のどんな店でも感じなかった胸の高ぶり、しかしおそらくや心の奥底で求めていたあの感動が沸き上がってきたのだ。それは恋だった。
妻子あるぽくが40を超えて大人げなく恋に落ちた場所。それは千葉の田舎にあるー軒のモンゴルパブだった。初めて聞く方も多いだろう。全国どの地方でも見かけるフィリピンパフなどと違い、ぽくの知る限り、現在関東近県でモンゴルパブがあるのは、福島(福島)、南柏(千葉)、金町(千葉)、小田原(神奈川)ぐらいだ。
大半の日本人がそうであるように、ぼくもまたこの国について思いを巡らせたことなど、ただの一度もなかった。強いていえば、馬に乗って草原を走っている人たち、というイメージだけれど、そんな人がなぜ日本のパブなんかに「ちょっと覗いてみる?」「そだね」友人もぼくも何かを期待していたわけではなかった。モンゴル人ってどんな感じなんだ?ただそれだけの興味だ。「いらっしゃいませ」つたない日本語で迎えてくれたのは、日本人とほとんど同じルックスの、でもわずかに雰囲気が違う女性だった。
これがモンゴル人なのか。席につくと、それぞれの隣に座った女性2人が、黙ってはにかんでくる。年齢は20代前半か、やはりどこか古くさいルックスだ。「君たち、モンゴル人?」「ハイ、モンゴル」「へえ」通常この手のパブでは、初回の客であれホステスは精一杯の笑顔で歓待してくるものだ。気に入って指名してもらえれば収入もアップするのだから、むしろ初めての客にこそリキを入れるとも言える。ところが、この彼女たちの愛想のなさといったらどうだ。ビールこそ黙っていても注いではくれるものの、こちらから話しかけなければ、口を開けようともしない。あまり日本語を解さないかりとはいえ、これでは水商売失格だろう。ならば肩を抱いてみるかと腕を回せは、相変わらずのはにかみ顔でサッと身をかわされる。
他のテーブルを見ても、どことなくぎこちない接客が見て取れる。オープンしたばかりで慣れていないだけなのかとも思ったが、聞けはすでに開店2カ月目だという。これがモンゴル人なのか、それともこの店の方針なのか。あまりのサーピス精神のなさに、ぼくたち2人は苦笑いしなからピールを煽るしかなかった。
ところかー週間もしないっちに、ぽくは再びPの扉をくぐることになる。わざわざ金を払って、愛想のないモンゴル人に会いに行くというのもおかしな話だが、何かと客に金を使わせようとする店ばかりが目につく中、彼女らの商売っ気のなさに新鮮さを覚えたのだろう。前回、隣についたサラントヤ(仮名)を指名し、たどたどしい日本語をまじえて会話をかわす。
金はないながらも昔なからの苦学生のような清貧さすら漂っている。チップもねだらず、何か買ってくれとも口にせず、ただオトオド、そしてニコニコと横に座っているだけの彼女。だからこうしてフルーツをパクつかれても、お腹を空かせたペットを見ているようなおだやかな気分になれるのか。水商売の女なんて金こそがすべてといっ固定観念は、彼女によってくつかえされてしまった。サラントヤだけではない。Pで働くモンゴル人女性は皆、色気を売りにするでも骨箱一笑いを振りまくでもなく、素のままの姿でソファに座っていた。化粧っ気のない幼い顔つき。そのクセ、西洋人のように細く長い脚。破廉恥な行為が行われている様子はなく、みんなおとなしく、そしておだやかに酒を飲み交わしている。うるさくてギラギラしたパブに慣れた目には、異様としか言いようのない光景だ。
紛れもなく恋じゃないか彼女に会いたい。
正直、40を超えて沸き上がってくるなんて思ってもいなかった。仕事中も家にいるときも、気つけばサラントヤに会いたくて会いたくてたまらない自分がいるのだ。これは紛れもなく、恋なんじゃないのか。40過ぎの大人がみっともないなとは思う。妻も子もいるというのに、恋だ何だとのたまう自分がギャグのようでもある。でもこのオカシな成借に支配されてしまったのはぼくだけじゃなかった。最初に一緒に行った友人も、ある日連れて行った先輩たちも、みなぽくと同じようにほうけたような顔をして言うのだ。「おれ、惚れちゃったよ」素人プロを問わず様々な女性と遊んできた強者たちがこのザマだ。いったいモンゴル人女性の何が、ぼくらをここまで骨抜きにしてしまうんだろう。まず第一に、国民性が考えられる。90年にようやく民主化したモンゴルでは、サーピスの概念が発達しておらず、自ら過剰な負風を振りまくことがない。
冗談でスカートをめくろうとすれば、本気になって怒り、ケ力をするまで指をねじ曲げてくる彼女らに、女の武器で客をトリコにするというのはないも同然と言っていいだろう。これが新鮮な驚きを生むのだ。二番目に、日本への出稼ぎが始まってから時間が経っていないことが挙げられる。フィリピンや韓国なら間違いなく先輩から連綿と受け継がれているはずの、「金を搾り取る技術」がわかっていないのだ。おそらく彼女ら、普段のままの姿で座っていればなぜかお給料がもらえる、ぐらいの成費でいるんだろう。現に、パパになってあけようかと誘った男性に、パパはモンゴルにいると、不思議そうに答えた子もいるぐらいだ。
また、後で知ったことだが、モンゴルでは日本への出国条件がかなり厳しく、ある程度の経済条件が整っていないとビザが下りないらしい。つまり田舎の貧乏人が我も我もと押し寄せる国と違い、上流家庭のお嬢さんたちしか日本には来れないのだ。給料は少なく食べるものに困ってはいても、悲壮感がなくどこか清らかに見えるのは、そんな環境のせいなのかもしれない。
いまどき、猿を見たがる女がいるか?
パフ通いをする男性にとって、お気に入りの子を店牲デートに誘いたくなるのは当然の欲求だ。食事をしてあわよくばセックスに持ち込みたいと考えぬ者はいないだろう。ところがぼくはサラントヤに対し、そんな邪な気持ちがまったく起きてこなかった。もちろん2人きりになれればいいなとは思っていたが、それは口説くためで支喪いかかるためでもなく、純然たるデートをしたかっただけだ。今、この日本に、心の底から猿を見たがっている成人女性が何人いるだろうか。たとえ日本慣れしていない外国人でも、女ならば銀座や新宿で買い物をしたがるのが普通じゃないのか。笑わば笑え。男とはこういっ台詞にぐっと来るものだ。
気つけば、P通いを止めらなくなっていた。週にー回が、2回3回と増え、ぼくも友人もその友人も家庭を顧みずに散財を繰り返す。こんな経験は初めてだった。キャバクラであれベトナムパフであれ、オカマバーであれ、その場こそ楽しんではいても、「通う」までに至った店などー軒もなかった。単にお気に入りの子と出会えなかったからではない。ぐっと来る女なら、それこそ山のようにいた。時間をかけて口説きモノにする喜びも味わえたかもしれない。でもそれは馴染み客となる原動力にはなり得なかった。なのに、ヤリたくもない、ただそばにいてニコニコしているだけの子らに、ぼくたちは毎日のように会いに行き、彼女らが他の客についたときには激しく嫉妬しているのだ。端かり見ればバ力としか言いようがない。ぽくらはそれを、恋と勝手に呼んだ。
でも半ば本気にさせてしまうところが、彼女らの怖さでもある。妻はもちろん、どこの誰も癒してくれない心の乾きが、あの笑顔に会うと潤っていく。よく海外に住む商社マンが現地の女性と結婚してしまうのも、その純粋さに惹かれてといっ理由が多いと聞く。同じ構図だと思う。わさわさ国外に出なくとも、日本のこの片田舎でそんな出会いがあるんだから、ハマって当然じゃないか。病気で寝込んだと聞けばあわてて駆けつけ、馬乳酒(モンゴルの酒)の飲める店に行きたいとせがまれれば、車で遠方に連れていく。「山崎サン、頭痛イトキ、私モ痛イニナレバ、山崎サンノ痛イガ半分ニナル」
「プレゼント、イラナイ。山崎サンオ金ナクナル」正座できずにだらしなくあぐらをかく様も、食べ切れずに残した食事を箸でつっつく品のなさも、その純粋さの前では気にならなかった。
彼女にとって初めての男
ここまで書いても、やはりまだ突っ込みは飛んでくるだろう。いくら現金を貢いでいないとはいえ、ヤっていない以上は、やはり体よく利用されているだけなんじゃないか。恋ではなく、おっさんの一方的な思い入れなんじゃないかと。なるほと、確かにぼくはあくまで客として店に金を落とし続けているわけだし、店外でのデートで金を出すのもいつもこっちだ。ときどき彼女の口からもれる「好き」の台詞も、商売の一環ととらえるのが普通だろう。反論はあえてしない。盲目になっている可能性を考慮できないほどぽくも子供ではない。ただ、彼女らモンゴル女性が優しさの見返りとして何か金品を求めてくることはいっさいなく、また最近になってデートをしたときは同伴出勤することといつルールが店によって定められたことも、彼女らの商売っ気なさを表しているように思うのだがどうだろう。そして最後に正直に言っておこう。ヤリたいとは思わないと言いつつも、やはりぼくは彼女と肉体関係を持ってしまった。無理矢理でも、もちろん金を渡したのでもなく、半年のつきあいが続くうちに、なりゆきでそうなった、としか言いようがない。
サラントヤにとってぼくが初めての男だったことに驚きはなかった。彼女らの貞操観念なら当然だろう。いくらぼくがこの関係を恋と呼んでも、周囲はそうは見ないに違いない。外国人にハマった、ただの田舎のおっさんといっ見方もあるだろう。そんな方は、ダマされたと思ってぜひ一度、モンゴルパブの扉をくぐってみてほしい。彼女らの瞳が、あなたを少年の日に戻してくれることを約束する。
関連記事

本日の人気動画情報

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!

エロアニメも見放題U-NEXTアダルトがすごい!
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

タグ