★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0020_20191214085802c7f.jpg0021_201912140858036e9.jpg0022_20191214085805049.jpg0023_201912140858065a9.jpg0024_20191214085808421.jpg0025_201912140858092e2.jpg0230_20191214085811fd6.jpg0231_2019121408581225c.jpg0232_201912140858148fb_2020021910162141f.jpg0233_201912140905089fb_202002191014508d3.jpg0234_20191214085817b4b.jpg0235_2019121408581874b_202002191015332c4.jpgルックスも10人並だし、路上ナンパの腕も、50人に声をかけー人落ちるかどうかといつレベルだ。にもかかわらず、学園祭でのみ好成績を収められたのは、女どももまた、そこに出会いを求めてやってくるからに他ならない。サークル、合コン、バイト先。世間では出会いに事欠かないと見られがちな女子学生たちも、実際は思ったほどチャンスに恵まれておらず、ならば年に一度、大勢の他校生や社会人が訪れる学園祭に期待するのは、ある意味、当然なのだ。さらに、彼女たちにとって学内で声をかけーりれるという状況は、「ナンパされた」というより「知り合いになった」との意識が働くため、相手の誘いにもノリやすい。女性心理の面から見ても、学祭は街ナンパより断然有利なのだ。以上の点を踏まえ、今回、俺は、一つの実験に挑む。果たして圏才のおっさんでも、学園祭ナンパで結果が出せるや否や。もちろん、簡単には行かないことは承知している。女子大生の冷たい視線に晒され、浮きまくる可能性は大だ(でも、怯まない)おっさんでも目的が完遂できることをキッチリ証明したろうやない
俺は地下鉄東西線「早稲田駅」に降り立った。目指すは早稲田大学の学園祭だ。毎年、2日間の開催で10万人の観客動員数を誇り、規模、質ともに日本一と言われているらしい。ということは、訪れるオネーチャンたちの数も日本一に違いなく、まさに本企画に打って付けといえよう。噂は本当だった。正門へ足を一歩踏み入れると、周囲は人、人、人、人。容易に身動きがとれぬほどの混雑ぶりである。「想像以上だな、コレ」いきなりの出迎えに、同行を頼んだナンパ好きの友人、金本(31才)が呆れる。
「ホントだな。ここじゃ声をかけるにもかけらんないって。どっかテキトーな場所探すか」
幸いなことに、オネーチャンの数は全体の6割以上。落ち着いて声をかけさえすれば、すくにでも引っかけられそうな気がする。甘いかしら。人の流れに任せ、ノロノ口とキャンパス内を歩き回るうち、格好のポイントを見つけた。そこは「10号館前広場」と呼ばれ、露店やステージの類はない。混雑に疲れた人たちの休憩所のようになっている。肝心のオネーチャンたちの姿は2人組が計10組ほど。片っ端かり行くか。
「どうもこんにちはー。キミたち早稲田の学生さんっ」「ううん、友だちが早稲田に通ってるから来ただけ」
某女子短大のー年。2人ともオシャレさんで、顔もなかなか。突然のオッサンの襲来にも、引いてる様子はない。実に良い子じゃないか、キミたち。と、そのとき意外なことばが女の口から飛び出た。「オニーサンたち、早稲田じゃないのっ何年生っ4年っ」
相手の顔を凝視する。どうやら本気で俺たちを大学生と勘違いしているようだ。ホンマかいな。加齢臭、始まってんだけど。「へえ、別にいいんじゃないっオヤジでも」うう、握手してもらっていいですか。泣いてもいいですか。それから15分ほど話して、バイバイ。話を振れば、一応ことばは返してくれるのだが、いかんせん反応が鈍く、盛り上がらないのだ。どう考えてもこの後、構内を一緒に回ったり、飲みに行ったりという展開になりそうにない。まあいい。女は腐るほどいるのだ。次だ。次へ行きましょうぞ。
アルコール類の販売は一切していない学園祭ナンパでは、高確率で女が足を止めてくれる。この法則はやはり、10年以上経った今でも健在らしい。なんせナンパを始めてから3時間、7組計14人にチョコバナナやヤキソバをエサに話しかけた結果、2人とメアド交換し、ー人からは電話番号まで聞けるという、実に幸先のいいスタートを切ることができた。もちろん中には、俺たちが社会人だと知るや、露骨に「オヤジのくせにナンパしてんのっキモッ」的な表情を浮かべたり、実際にそんなことを抜かすタワケたビッチもいた。正直、傷ついた。
が、大半のコはおっさんだとわかっても気さくにしゃべってくれる。少なくとも俺には、彼女たちに歳の差を気にしているようには感じられない。どうやら我々が考えるほど、年齢は障害にならないようだ。
「どうもどうも。キミたちここの学生っ」少々気がラクになったところで、またー組、いいのを発見した。とびっきり力ワイイわけではないが、ノロノロと歩きながら綿菓子を食べているあたり、かなり脇の甘いキャラと見た。
「うん、そうだよ。ウチらここのー年生」ミチコとヒトミ。隣に腰を下ろしつつ聞けば、2人は商学部のクラスメートで、今日は午前中からずっと構内を冷やかしていたらしい。ヒップホップなど全然聞かないくせに、この日のためにボーイファッションで決めてきた金子が、ネックレスをジャラジャラ鳴らして言う。「ね、ノド乾かないっお茶でも買ってこようか」
「えー、マジ助かるんだけど。この綿菓子めっちゃ甘くてさあ」
本来ならここでビールでも買い与え、酔っぱらわせたら話は簡単。後はあれやこれや理由をつけ、校外へ連れ出せばいい。ところがどういうワケか、早稲田の学祭ではアルコール類の販売は一切林ーホ止。自然、コトの展開も遠回りになる。総じて食いつきは悪くないだけに、なんとも口惜しいところだ。さて、ミチコとヒトミである。この2人もまた、かなりノリのいい連中だった。特にヒトミと俺は音楽や映画の趣味が合い、すくに意気投合。当然、この後の誘いにも応じてくれるものだと期待していたのだが。
「ホント、ゴメン。今晩友だちと飲みの約束してるんだよね」「いいじゃん。そんなの断って俺たちと遊びに行こうよ」「えー行きたいんだけど、今日はマジ無理なんだって」
約束は6時。そろそろミチコと一緒に新宿に向かわなければならないという。うーん、体よく断られたっぼいなコリャ。お互いの連絡先を交換して2人を見送ったあたりで、周囲の露店が次々と後片付けを始めた。時刻は午後5時半。早稲田祭初日はこれにてお開きらしい。はあー疲れた。
確実にセックスしたいならこのナンパ法しかない
翌日、俺は猛省した。確かに、昨日の成績はまったくの空振りとは言えない。たくさんの女のコと話せたし、連絡先もそれなりにゲットできた。おっさん、よく頑張ったってなもんだ。でも、それだけではダメなのである。ちゃんとホテルに行き、フェラされて、腰振って、精子を垂れ流さないことには意味ナッシングなのである。
強引すぎる安田の行動に、当初はドン引きしていた俺も、気がつけばヤツと共に、目に入った女の腕を手当たり次第ゆりまくっていた。学園祭で出会いを求めているカワイイ女はどこにおるのだ。仕事で自宅に帰った安田と別れ、再び早稲田へ。わずかな望みをかけ、大学近くの居酒屋を回り、駅周辺に出向き、ヒマそうな女を探し求める。でも、ダメ。とうとう一度もオマンコを拝まずに、本企画も終わってしまうらしい。ふう。ため息とともに、ドッと疲労感が押し寄せてくる。ブーン、ブーン。突然、ポケットのケータイにー通のメールが届いた。送り主は昨日会ったヒトミだ。
連絡遅れてゴメーン。別に飲みに行ってもいいよ。いまミチコとブクロにいるから来てくれるっ
1時間ほど前、ダメ元で送ったメールの返事だ。オオー神様、ありがとう。家で寝ていた金子を呼び出し、大急ぎで池袋へ。駅前で彼女たちと落ち合い、そのまま近くの居酒屋に入った。「かんぱーい」昨日、たっぷり学園祭を楽しんだから、今日はー日中池袋で遊んでいたと話す2人。へえ、そうなんだとクールに受け流しつつも、俺の目は、すでにヒトミのふっくらとした胸元に釘付けだ。ああ、はよ操みしだきたいのう。これといった展開もなく1時間が経過。そろそろ下ネタのーつでも言って場の空気をそっちへ持って行きたいところだが、目の前の2人はなかなかスキを見せない。所属しているサークルの先輩がどうだ、将来の就職先はああだなどと、どうでもいい話をするばかりだ。いったい、どっちなのだ。今晩、ヤレるのか。ヤレないのか。
俺は勝負に出た。「ねえねえ。この後、2人で店出ようよ」トイレ前で待ち伏せ、ヒトミが出てきたところを捕まえる。「えーダメだよ。ミチコを置いてったら怒られちゃう」ツレないセリフを言いつつも、ヒトミはニタニタと笑みを浮かべている。なんだ、まんざらではないのか。ならばもう一押し。「大丈夫だって。金子が面倒見てくれるって。ね、出ようよ」「うーん」「いいじゃん、はやく」「わかった。じゃミチコにバイバイしてくる」店を出て手を握ると、無言で体をすり寄せてくるヒトミ。俺は彼女の肩を抱き、ホテルヘチェックインした。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ