★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0218_20191209140408a63_202002071017474a4.jpg0219_201912091404109a5.jpg0220_201912091404117f9.jpg0221_20191209140412316.jpg0222_201912091404130e1.jpg0223_20191209140415756.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
ねぶた祭りに七夕祭りに阿波踊り。ここ日本では、季節を問わず各地で様々なタイプの祭りが開かれている。奇祭と呼ばれるものも少なくなく、長野県大社では、巨大な丸太に跨り山から滑り落ちる祭り。兵庫県には御輿を激しくぶつけ合うケンカ祭り。猛スピ—ドで山車が街中を走りぬける岸和田のだんじり祭りも有名だ。
そんな数ある祭りの中でも、しねり弁天たたき地蔵まつり
自ら「奇祭」と銘打つあたり大胆だがその冠に恥じぬものである。
『この風習は江戸時代の中頃から始まったらしく、近年、地元の人はもとより近県の観光客の間でも人気を集め、大変な賑わいを見せています。尻をつねられ逃げ回る女性。仕返しとばかりに肩を叩かれ、顔をしかめる男性。年に1度の無礼講が許されます
「つねる=しねる」ということらしいが、つまりここには尻を触られたい女と、触りたい男が全国各
地から集まり、このときばかりの無礼講を楽しんでるらしい。しねり叩かれることで、気分が高揚した女たち。その体を頂戴するオレ。そんな映像がぼんやりと目に浮かぶ。
娯楽の少ない田舎町での祭りは特別な意味を持つ。日頃の憂さを晴らし、単調な毎日にアクセントをつける数少ないチヤンスといつてもいい。古き時代から祭りの後は夜這いと相場が決まっている。
決めた。祭りに行こう。行って本当の無礼講をこの目で確める。
浮かれた女たちと夜のしねり合い楽しそうではないか。
周囲の大自然もさることながら、人がまったくいないのだ。明日、この地でエロ祭りが行われるのだろか。
「すみません、祭りに来たんですけど」
「ああ、しねり弁天ですか…。お祭り自体は明日だけなんですよ。今日は何もないんじやないかな」
駅員さんのテンションはがっくりするほど低い。せっかく来たのに
「あのお、祭りは盛り上がるんですかね」
「どうかな—、いつも3 〜4 時間で終っちゃうし、それなりだと思いますけど」
赤い提灯の連なりを発見した。ようやく祭りの匂い。近づけば、50メ—トル四方ほどの小さな公園である。提灯は公園を中心に広がっている。
入口付近に高さ2メ—トルほどのお地蔵が立っている。あれが叩き地蔵なんだろう。ちょっと寄っていくか。
「ゴメンください。旅のものですが」
「は〜ぃ」
寺の奥から、温和な顔をしたメガネの住職が
「いや私そのものに、あまり関与してないんですよ。ほとんど商工会の皆さんがやってくれてるもので」「はあ…」
大丈夫か、しねり弁天。照りつける日差しの中を再びさまよい、ようやく商店街の道路わきで、3人組の若い男を発見した。
ね一ね—、明日の祭りについて何かえてよ。毎年いい思いしてるんでしょ。部外者にも分け与えてくんなきゃ
「えっ?オニ—サン、祭りのためにわざわざきたんですか?」
ん?なぜにそんな驚いた顔を?
「ショボイっすよ」
笑いながら互いに顔を見合う3人組。
「あんま人が集まんないんすよ。オレらの歳の人間は行かないですよ。」
それじや、若者たちはどこか別の場所に集まるわけ?
「いつもと変わんないすね。友達の家とか…。ほとんど隣街に遊びに行っちゃうからなあ」
そこまで言うか、小出の若人よ。しねりしねられ、無礼講じやないのか。ぅ—ん、俺はとんでもない
勘違いをしているんだろうか。
祭り当日。何もないまま会場の公園に足を運ぶ
背中に「しねり弁天」と書かれたハッピを着た男たち数人が。青の人たちだろぅか。
ん?なんだ?全長2メ—トルほどの木製巨大チンコがしめ縄で縛られ、台座に乗ってるぞ。
「これが商店街をグルっと1周するんです。
そのあとお寺に戻ってカップルを乗せたら、また弁天堂に戻るんですよ」
男性によると、弁天堂はここから50メ—トルほど離れた場所にある
マックスに巨大チンコにカップルを乗せ、前後に動かしながら奉納するらしい。
商店街などの道を、数百メ—トル練り歩く。距離は短いが、嫌が応でもエロ気分になるってもんだろう。ところで、肝心のしねって叩いてはいつ始まるんでしょう。
「御神体が動き出すと同時に、我々と飛び入りの者たちが踊るんです。そのついでに僕たちメンバーがしねり始める、という感じですか」
ちよっと待った。祭りに集まったお客さんたちは、しねったり叩いたりしないってこと?
「そうですね、僕たちが頑張って盛り上げていく形になると思いますよ」
昨日すでに嫌な予感はしていたが、どうやら本の無礼講は期待できないようだ。シャイな日本人は、乱れられないんだ。が、このままハイそうですかと引き下がるわけにもいかない。俺は考えた。見す知らずの男がいきなり女性の尻を触ってはされるのがオチ。祭りを盛り上げようと頑張る街の男なら無下にはしないはず。
「すみません、そちらのハッピをお借りできますでしようか」
「いいですよ、一つぐらいなら余ってると思いますから」
なんと、あっさりゲット。はじめると、会場周辺はようやく活気にあふれてきた。
商店街が通行止めになり、メイン会場の公園付近には多数の夜店、ビ—ルなどの売店が建ち並ぶ。子供連れの夫婦や忠重の集団なども顔を見せはじめた。いったいこれだけの人たちが、どこに隠れてたんだろう。にしても女の姿がない。青装が成功したところで、しねりしねられる相手がオバサンやバーサンばかりではうれしくも何ともないぞ
と思った瞬間、会場の端に若い女のコ3人組を発見。しかもそこそこカワイイじやないか。
ノリのいい3 人組である。やっぱ若いってのはええことやね。
ここで改めてチェックしてみると、男女チー厶の中に何人か若ぃ姿も見うけられる。
「しっねれや、しっねれや、たたけや、たったけ…」
正直、ショボィ。御揉が動きだしたにもかかわらず、町の住民たちは、屋台に夢中のご様子。当然、しねり叩かれといった所作も一切見受けられない。あんたら、少しぐらい参加したらどんだ。
もはや打つ手なし。途方に暮れる俺を尻目に、突然一人がまわりのオバさんたちの腕や背中をしねり始めた。なるほど。まずはおってワケね。あまり乗り気じやないが、俺もしねつてみることにする。
「しっねれや、しっねれや…」
子連れの主婦の腕をひとしねり。
痛て、叩かれた!でもなんだかうれしいぞ!
時には微笑み返すだけの主婦、時には強烈な反撃をしてくるおばあちゃん。お互い自然に笑顔がこぼれ、テンションは上がっていく。しねれやしねれ、たたけやたたけ一ビ—ルをガンガン飲み続けたせいで、否が応でもハイテンションである。
楽しい。楽しいぞ。たとえ相手がよいよいのオバアちゃんでも、5人の子供を連れたおっかさんでないしねり、叩かれるというコミュニケーションが成立した瞬間、何とも言えない喜びに包まれるのだ。これがお尻と股間だったらどんなに幸せかとも思うが。
ふと我に返った。いかん、このまま踊っていては単なる祭り好きだ。目的を思い出せ。女だろ。ナンパだろ。先方で踊る役場クル—プの中に若い女性が7、8人。オマエが狙うべきはあの娘さんたちではないか。行ったらんかい。
「ハハハ、楽しいっすね〜」
「フフフ」
「この後一緒に飲みませんか?」
「え、ごめんなさい。」
くっ、そんなに若いのに。結婚しても酒は飲めるだろ
ならばキミはどぅかな。ねえねえ、2 人で飲みに行こうよ—。
「ムリですよ—」
立て続けに数人に声をかけたが、玉砕。しかも同じチ—厶の男たちが不審に思ったのか、仲間のたちを囲いこむようになってしまった。う—ん、最悪じゃね—か。
すでにクラィマックスに突入している。ベロベロだ。もはや早く夕ーゲットを絞らないといなくなってしまう。フィナーレが近ついていた。御神体に新婚カップルが乗せられ向かう。
カップルによる餅まきが始まった。しねれやしねれやの掛け声のもと、これには町の住民も餅を拾っている。事態は一向に好転しなかった。
焦ったところで声をかける女すら見つからない。観客たちの数も激減。気がついたときには、男どもしか残っていなかった。
夜9時。再び動き出し、人もまばらになった公園に運ばれた。最後のしねり弁天叩き地蔵踊りである。やけくそだ。踊りだけに集まるが、寂しさは隠せない。
「みんな同じホテルに泊まりますから…」
「本日はありがとぅございました」
最後の3 本締めが行なわれ、祭りは完全に終了。にぎわっていた夜店に入っていく。
「これから慰労会をしますので、こちらに集まってください」
昼間から怪しい動きを続けていた俺に、最後まで優しい声をかけてくれる。なんていい人なんだ。
慰労会の場で思わぬことが起きた。偶然俺の隣に一人の若い女が座ったのだ。他県からのグル—プの一人らしい。ラストチャンス!俺は、彼女を口説きはじめた。
「これ終わってからどっかで飲み直しませんか」
「え…と、みんなで飲みにいくと思うから」
「それが終ってからでも行けるでしよ」
俺は完全に追い込まれていたのだ。いずれにしろ、脈はない。慰労会が終るころにはまともに会話も
してくれず番号を書いた紙を手渡すのが精一杯だった。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ