★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0222_201911281913130d7.jpg0223_20191128191314c5d.jpg0224_20191128191316d95.jpg0225_201911281913172a6.jpg0226_20191128191319571.jpg0227_20191128191320cc4.jpg224_20200314144204344.jpg225_2020031414420681d.jpg226_20200314144207b32.jpg227_20200314144209f08.jpg228_20200314144210004.jpg229_20200314144857cc0.jpg230_20200314144213bda.jpg231_20200314144215e8b.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
上司に恵まれないサラリーマン、OLの皆さん、毎日お勤めご苦労さんっす。社会人やってて何がイヤかって、バカで嫌みな人間の下で働くほど不快なことってないですよねえ。
部下にはガミカミ怒鳴るくせに、上の方にはヘーコラしやがって、まったくテメーいつかぶっ殺してやるみたいな(笑)。逆らったらどんな仕打ちが待ってるかわかんないってアハハハ、そりゃそうだ。上司に楯突いちゃいけませんよ、出世に響きますからねー。でもね。もしその上司に娘がいたらどうします?しかもそのコが年頃のけっこうイイ女だったりしたら。実はオレんとこの部長、ちょうどそんなオイシイ娘をー人持ってたんすよ。あの胸くそ悪い野郎の鼻をへし折るに絶好の娘を、ね。
ある日突然やってきた新任のイジワル部長
卒業して、今の会社に入ったのが4年前。社員300人の電気部品メー力ーという地味な職場ながら、花形ともいうべき「商品開発部」に配属され、オレは張り切った。開発部長をトップに、8人の男がーつの商品を作りあげていく」
ヤンチヤしたオレにとって、経験したことのない充実した日々だったといえる。しかし、そんなヤル気ばりばりの毎日も、昨年秋あっけなく幕を閉じる。チームの要である開発部長が大きな病を患い退社、代わって、とんでもない野郎がオレの上司に就いたのである。
この商品開発部をまかされることになった小林だ。よろしく頼む
神を呪った。この小林、オレの入社当時から良からぬ噂が飛ひ交っていた男で、日く、機嫌によって性格が変わる、えこひいきがひどい、給料を下げられた、新入社員をイジメて辞めさせた等、とにかく、コイツの部下だけにはなりたくないと思っていた人物なのだ。それがよりにもよって、なんでオレの上司に…。
部長の嫌がらせは就任当日から始まった。オレか茶髪にピアスという、ヤツ言うところのチャラチャラした格好だったこともあるのだろう。ターゲットは最初から決まっていたようだ。
「矢崎君、ちょっといいかな」「はい」
「君の企画だけど、まったくダメ。前かりこんな企画書作ってたわけ?あと、この報告書も書き方がよくないね」「…あの、どの辺りかダメなんでしょうか」
「ハハハハ。全部だよ。」
オレが提出した企画書で机を叩きながら、潮笑する部長。少し前に同僚が出した、明らかに内容的に劣る企画書がストンと通って、オレのがボツってか。その同僚がオレと違って、地味な格好してるからなのか。あまりにわかりやすい、えこひいきに、ただ呆れるしかなかった。
オマエとウチの娘じや天と地の差がある
「どうして何回言っても直らないのかな。君の書いたコレさ・・…」部長が来てー週間。その朝も、
報告書の不備で呼び出しを食らったオレは、ヤツの机の脇でイヤミまじりの説教を聞かされていた。ったく、いちいちケチつけやがる。ムカつく野郎だぜ・・
下を向いて聞き流しているとき、ふとー枚の写真が目に止まった。机のビニールシートの間に挟まれた家族写真。左端に満面の笑みの部長。右側におばさん太りの奥さん。そして2人に挟まれて、長髪の色白美人。このコ、ひょっとしてアンタの娘ふーん。可愛いぶん妙にムカつくなーと思ったら、その夜、近くの居酒屋で行われた部長の歓迎会で、ヤツが娘のことを好き放題ホザいた。
「俺の娘はなー、〇〇大学に行ってるんだ、スゴイだろ?親にも優しいし、見た目もキレイだし」「そーなんですかー。ホントうらやましいですよ」
地味な服装のおかけで企画書が通った同僚が酒を注ぐ。このイソギンチャク野郎・・
「おい、ヤザキー。お前相変わらず耳飾りなんかつけてるのかー」「はあ、すみません」
「オマエみたいな男には、ウチの娘はゼッタイついていかんよ。オマエとウチの娘じゃ、天と地ほどの差があるって。ハハハハ」「・・・」
娘自慢は、飲み会が開かれるたびに繰り返された。仕事中も散々嫌みを聞かされた上でのこの暴走。ヤツに対するストレスはすでにパンパンである。なんとかして、クサレ部長に一泡吹かせる方法はないもんか。そのヒントは、10月初めの日曜日、年賀状を整理していた際、唐突にひらめいた。そんな時期になぜ年賀状をと思われるだろうが、半年ほど前に祖父が死に、喪中ハガキを出す必要があったのだ。昔かりなぜか挨拶儀礼の類に律儀なオレは、届いた年賀状と会社の総務部から借りた社員住所録をもとに、さっそく喪中ハガキの作成に取りかかる。と、住所録の中に小林部長の名前かあった。やはり、コイツにも出しておくべきか。とうせ、年賀状など来ないだろうかりいいか。
神奈川県〇〇市×××町4-5ふーん、一戸建てに住んでやがるんだ。あの娘の部屋は2階にでもあるんだろうか。待てよ…。もし仮にオレが娘と付き合ったらどうなる?オレが娘と寝ちまったらどうなるフ小林の野郎、発狂でもしちゃうのか。《コレっておもしれーじゃんー》オレの中に、ぽんやり邪悪な思いつきが浮かんでいた。
とりあえず家でも拝んでおくか
翌週もクサレ小林の虐めは続いた。オレがターゲットにされていることは、もはや部内全員の人間に明らかだった。屈辱と怒りで、肩が震えてくる。茶髪を黒に染め、ピアスを取ればいいのか。うるせーよ。やるべき仕事をきちんとこなし、成果を出すことが重要じゃねーのかよ。ま、いいだろう。アンタがそういう能農で接し続けるなら、オレはオレで動かせてもらう。正直、この時点でとこまで本気だったのかは自分でもわからない。何が最終目的なのかも、はっきりしていなかった。ただ、あの写真に映った、いかにもお嬢さん然とした娘にちょっかいが出せれば、少しは溜飲を下げられるのではないか。そんな程度のことだったのかもしれない。むろん、彼女がイイ女だからこそ、抱いてみたいという気持ちが大きかったのも不是はできない。
土曜の夜、名簿に書かれた部長宅に車を飛ばした。とりあえず家でも拝んでおこう。軽い気持ちだった。同じ様な建て売りが並ぶ一角に、小林部長の自宅はあった。2階に明かりがついている。あれが娘の部屋か。さてどうする。さっさと帰るか、しばらく娘が出てくるのを待つか。いや、そんな都合よくいくわけがない。夜8時も回って、ー人娘が外出するなんてな。オレは愚かな行動をしているのかもしれない。沸き上がる空虚感に、エンジンをかけようとキーを入れた、そのときだった。突然、部長宅の玄関に明かりが点いた。ヤバーとっさに体をスラして頭を隠す。もし、こんなところを部長に見つかったらシャレになんねーぞ…。恐る恐る顔を上げたら、若い女が玄関から出てくるところだった。間違いない。娘だ。
長く美しい栗色の髪、バランスのとれた細身の体は申し分ない。こんな夜にどこへ行くんだろう。一瞬、追いかけようかと体を起こしたところで思いとどまった。ま、いい。今日はナマ娘が見られただけで十分だ。部長が自慢するのも納得がいくあの美貌。負の工ネルギーを注ぐターゲットとしては申し分ない。翌週日曜は朝かり自宅を見張った。かろうじて玄関先が確認できる空き地に車を止められたのは、ラッキーとしか言いようがない。待つこと4時間。娘は昼の2時過ぎになってようやく姿を現した。歩く方向からして駅に向かってるのは間違いない。横浜で買い物か。それともデートか。駅に先回りしてロータリーで娘を待つ。ほどなく現れる女。さあとこへ向かう。電車に乗るなら、とことん後を追わせてもらうよ。娘はコンビニに立ち寄った後、ベンチに座り携帯を触り始めた。メールをピコピコしている様子は、誰かと待ち合わせと考えるのがいちばんすんなりいく。が、それから30分たっても彼女の前に現れる人間はいない。相変わらずメールに忙しい娘。もしかして単にヒマなのかよ。オレは意を決して彼女に近づいた。
「おっすー何してんの」「え、べつにー」
おお、上げた顔がかなりイケてるじゃん。
「待ち会わせ?」「べつにー」
「あのさ、オレ、仕事でこっち来たんだけとトタキャン食らっちゃってさ。どっかでメシでも食おうかって思ってんだけど、この辺、ファミレスとかないフ」「・・・・・」
「なんか今日、すげー寒いじゃん。どこか教えてくんない?車あるから案内してよ」
「ガストならあるけど…案内してあけてもいいよ」
おおー誘いに乗ってきやがった。へへへ、オレが誰とも知らずに、簡単なもんだぜ。ねーねー部長さん、アンタの娘、俺には絶対ついてこないんじゃなかったっけ?
娘は19才、ユイと名乗った。「学生」「ん、フリーター」
おいおい、部長様のお話では、〇〇大学に通ってるんじゃありませんでした?
「大学は入ったんだけど、すぐに辞めたの。なんか性に合わないんだもん」
天然ボケというのだろうか、話の端々から、物事を深く考えないキャラが見え隠れする。いいよキミ、とってもいい。「純一君は何してる人?」(むろん偽名を使った)
「会社員がそんな頭でピアスなんてしないでしょ」
「そうそう。だかりいっつも課長に怒られてんの、オレ」「え、マジ7ハハハハ。超おかしいー」
おかしいオレ?そうなんだよ、いつも君のパパに怒られてるんだよ。だかり、そのお詫びにユイちゃん、オレにヤラしてよ。いかにも軽そうじゃん、キミって。
「どう、この後ドライブでも行かない?」
「ゴメン、これから用事あるから帰りたいんだよね」
「あ、そうなんだ。んじゃこれからメールとかしちゃっていい?」
「いいよー。今、送るね。純一君のメアドいい?」「おうおう、ちょっと待ってね」
この後、駅まで車で送り、笑顔で別れた。脈があるのかないのか、よくわかりない。ま、焦らず攻めていけばいいか。と思ったら、事は想像以上に早く進んでいく。
「初めて会ったばかりだったけど、楽しかったよ。」
お嬢さん、オレのことすっかり気にいったみたいっすよー(笑)。
翌土曜、再び彼女に会った。今度は横浜の駅近くで居酒屋デート。こっちが勧めるまでもなく、ユイはカクテルをがんがん空けていく。話はやそー。2時間も立たないっちグロッキー状態になった彼女を車に乗せる。
「うーん、気持ち悪いー」
「帰れそう?」「帰れないー」「どっかで休んでく?」「やすみたーい」
あまりに簡単すぎて笑いたくなった。もしかしたらこの女、最初からオレと寝る気だったんじゃないの。ま、どうでもいいすね。部長さん、遠慮なく娘さん、いただきますわ。正常位とバックでー回ずつ。あ、それと娘さんがいいっておっしゃいましたんで、ー回はゴックン、もうー回は中出しさせてもらいやした。
娘を傷物にされた父親はどう変化するか
いざ娘をモノにすると、オレの心境は劇的に変化した。いくら部長がイヤミを言おうと企画書が返されよ~っと、全然悔しくないのだ。ヤツのかわいがっているものを汚す。アンタが叱るその相手が、まさか娘を食っちゃったなんて夢にも思ってないだろ。ははは、ざまーみやがれ。オレとユイは、毎週末ホテルでー日中お互いの体を求め合った。どこで覚えたのか、彼女のおロ使いは特別で、モノをおいしそうにしゃぶりたおし、両手の使い方にもソツがない。が、何よりくわえながら上目遣いをしたときの表情である。このフェラチオは癖になる。誘えばヤレる都合のいい女。それ以上でも以下でもない。一方、ユイはそれ以上の関係を望んでいた。すっかり恋人気分で携帯ストラップまで同じデザインのものを付けたがる。正直、ウザイんだよ。元々か腹黒い気持ちで接近した女。誰かあの部長の娘となんかラブリーな間柄になれるか。
プリクラー緒に撮りたい?冗談じゃねーよ。ヤツに見つかったらシャレになんねーべよーそんなオレの能度に、しだいに彼女は不満を口にするようになっていく。そろそろか。さんさんもて遊んだし、そろそろポイ捨てしてやっか。便利なだけの女でいたら、しばらくセフレでいたかったけど、仕方ないだろ。部長への復讐は十分果たしたんだしな。
「ちょっと話があるんだけど」「え?どうしたの」
「なんかさ、このまま中途半端な関係続けるの、もうやめない?」
「じゃあ、ちゃんと付き合う」逆だよ逆。別れたいっていってんの。どこまでバ力なんだよ、おまえ。男に振られた傷心の娘を持つ小林部長。この後、ヤッの態度にどんな変化が現れるか、それを想像するだけで胸がワクワクするんだ。そう、そんな邪悪な男なんだよ、オレつて人間は。
★小林部長が時々、会社を休むようになったのは、今年に入ってからだ。出社しても心なしか顔色が悪く、オレに対する嫌みも少なくなった。オレは今、どう切り出そうか迷っている。蔀長、最近元気ないじゃないですか。どうされたんですか。もしよかったら飲みにでもいきませんか。たまにはボクに著らせてくださいよ。グチでも何でもこぼしてくださいよ
果たして、部長は誘いに乗ってくるだろうか。
友人の嫁と優越感と背徳感の入り交じる不倫SEX
再会をきっかけに、オレとヒロシはたびたび飲み歩くよぅになった。が、これが次第に苦痛へと変わる。たびたび誘いの電話をかけてくるのはまだしも、何かとオレに威張りくさるのだ。特に、ヒロシの紹介で始めたねずみ講で40万近く稼がせてもらって以降は、恩義を着せるようにオレをパシリとして使った。
ヒロシは留年組で、実際は一つ年上のため、仲間内でも『君づけ』で呼ばれていた。本人もそれを自覚してか、リーダー然と振る舞い、オレも調子を合わせていたのだが、ここまでデカい態度を取られては、さすがに我慢できない。そして1年。事件は起きる。
その日、オレはレイ子を助手席に乗せ、車を走らせていた。彼女から子供の車椅子を実家まで運んでほしいと呼び出されたのだ。何でも、いつも手伝ってくれる実父やヒロシが今日はたまたま不在らしい。くそ、オレはオマエらの家政婦ちやうつちゆうねん。
「あのな、ちよつとミッ君に言いたいことあんねんけど」
車が実家付近に差し掛かったとき、レイ子がロを開いた。
「ん、どないしたん?」
「私…もしかして、ミッ君のこと好きかもしれん」
え、何やて? 慌てて車を近くのパチンコ屋の駐車場に入れ、改めてレイ子の顔を見る。紅潮した頰、潤んだ瞳。本気らしい。困った… 。いくら昔憧れていた女とはいえ、相手はヒロシの嫁。もう彼女に恋愛感情を抱くことはあり得ないし、付き合う気もない。が、考えようによっては、セフレを作る絶好のチャンスかも…。
アホッ、何を言うとんねん。いくらヒロシがムカつく野郎でも、ヤツは友達やんか。その嫁さんとハメるなんて、最低やろ。半勃ち気味のチンポを押さえ、必死に本能と戦っていたそのとき、ふと車の外に視線を感じた。ヒロシだった。後で聞いたところ、ちようどヤツもレイ子の実家に寄る途中で、たまたまオレたちを見かけたらしい。
「おいっ光郎!オマエ何しとんねんコラ」「ちゃ、ちゃうって。誤解や、ヒロシ君」
「うっさい、ボケッ」
必死に事情を説明するも、聞く耳を持たぬヒロシ。どころかオレを蹴り上げ、胸ぐらを掴み、ヤツは
はいた。
「ねずみ講で稼がしてやったちゅうのにオマエは人間のクズじゃ」
修羅場は、オレが一発ブン殴られたところで収拾がついた。手を出して我に返ったのかヒロシは、レイ子の説明に耳を傾け、大人しく頷いている。そして、
「なんや、そうならそうとはよ言えや。ハハ、光郎、悪かったな」
「…早合点は止めてや、もう」
家に帰っても、腹の虫は収まらない。むしろ時間がたてばたつほど、憎しみは募る一方である。ふと、高校時代のある事件を思い出した。ヒロシがイヤがるオレを強引に他校生とのケンカに駆りだし、それが元で、無期停学の憂き目に遭ったあの事件…。もう我慢できん。絶対オマエに復讐したるぞ。翌日、オレはレイ子を近所の喫茶店に呼び出した。
「レイ子ちやん、昨日はありがとう。うれしかったで」「え…」
「今まではヒロシ君に遠慮しててんけど、やっぱ言うわ。オレも、レイ子ちゃん好きやねん」
「うそ…私、めっちやうれしい」
「大つぴらに付き合うことはでけへんけど、これからもこっそり会おぅや」
白々しい台詞を並べ立て、レイ子を乗せまくるオレ。コ—ヒ—を飲み終え、ホテルへ誘ぅと、彼女は素直に応じた。チエックイン後、彼女を抱きかかえベッドへ。荒々しく衣服を剥ぎ取り、体中を舐め回すと、かすかな嗚咽が聞こえてきた。
考えてみれば、15才でヒロシと付き合いだしてから今まで、彼女は他の男を知らない。あんなボンクラを愛し、結婚してしまった女。ソイツがいま、ラブホで何をしとる? ったく、ザマ—ないな、ヒロシちゃんよ。ヤツの泣きっ面を想像すると、興奮は最高潮に。たまらずレイ子を引き寄せ、正常位でブチ込む。優越感と背徳感の入り交じる中、オレは夢中で腰を振った。レとレイ子はちょくちょく密会を重ねるよぅになる。実家の稼業を手伝っていたオレは、ヒロシが働いてる昼間に、いくらでも時間を作れるし、レィ子も、自動車学校への通学を口実に、子供を実家に預け、外出できた。が、それも一年が限界だった。いくら嫁をこっそりハメ倒したところで、所詮はただの不倫。直接ヒロシを苦しめることには到底なり得ない。ならばいっそのこと、レイ子とヒロシを別れさせるってのはどうだろう。上手くいけば、ヤツのダメ—ジは計り知れない。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ