★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
1_20191125195700906.jpg2_201911251957019e5.jpg3_20191125195703f7d.jpg4_201911251957042c0.jpg5_20191125195706b8f.jpg6_2019112519570717d.jpg7_20191125195709f41.jpg8_201911251957105cf.jpg9_20191125195712982.jpg
お茶っ引き風俗嬢がNo.1になり本指名を取れるようになった理由は?

20190915154159.png

就活は全滅、ホストにはまったなど転機は様々だが女子大生やOLから風俗嬢になった女性も増えているが風俗業界も甘い世界ではない。お茶っ引き風俗嬢がNo.1風俗嬢になり本指名を取れるようになった理由は?

関東の、とあるフーゾク店密集地域で、1人のヘルス嬢が働いている。
26才、容姿は中の上・スタイルにさして取り得はない、見た目だけならどこにでもいる女性だ。
しかし彼女の出勤日は、朝から店に電話が殺到し、ほんの数分ほどですべて予約客で埋まってしまう。押しも押されぬナンバーワン人気嬢である。
わずか4年前、彼女は日に2人の客がつくのがやっとの、平凡以下のヘルス嬢に過ぎなかった・業界を辞めようと決意したこともある。
彼女が変化したきっかけは、ある1人の男との出会いだった。
ふらっと飛び込みでファッションヘルスに遊びに行ったと想像してほしい。
初めての店なので勝手はよくわからないが、店構えはちゃんとしているし、写真指名もできるそうなので安心してよかろう。呼び込みのニイちゃんに誘われるまま、階段を下りる。
5枚並んだポラロイドから、断トツに可愛い真由美ちゃんを指名。まもなく個室へ案内される。
「いらっしゃいませ」
写真よりやや見劣りする本人は、すべてをソツなくこなした。流れ作業的な態度は見え隠れするものの、特に粗相は無し。きっちり射精を迎え、残り時間はおざなりな雑談に費やされた。(ふう)
わずかな虚無感とわずかな充実感ないまぜに、あなたは店を出る・顔は可愛かった。胸も大きい・サービスは可もなく不可もなく。満足したにはした。
だが、しかし後日、またこの店に来て彼女を指名することはあるだろうか?
「そうなんです。可愛いだけの女の子は写真指名は取れるけど、リピーターがつかないんです。だから稼げなくなると簡単に店を移るんです」
坂本和弘(仮名)は話す。西郷隆盛のような人懐っこい風貌に、丸々と太った大柄な体。肩書きは小さな土建屋の社長である。
その本業とは別に、彼は関東某所一帯の風俗店から一風変わった依頼を引き受けている。
「ウチの不人気な子を稼げるようにしてやってくれないか」
在籍嬢が稼いでくれれば本人も店も潤うから・そんなムシのいい依頼を第三者にお願いするとは、おかしな話である。店があの手この手を使って教育すればいいだけではないか。
しかし現実には、店と風俗嬢とは、教師と生徒のような関係にはない。雇用主と従業員、ともまた違う。下手に機嫌を損ねて辞められたくない店と、働いてやってるという意識の強い風俗嬢。これが実像だ・長年勤務し、仕事が軌道に乗っている子ならば信頼関係も生まれようが、不遇をかこっている風俗嬢にとって、店とはあくまで給料をピンハネする敵でしかない。
オーナーや店長、あるいは店員が口を酸っぱくして教育を施そうとしたところで、聞く耳など持たないのが実情なのだ。
そこで《再生》を期すには、第三者という外部の立場が必要となる・いや、ほとんどの店ではそんな発想すらないかもしれない・稼げないならお茶を引いてもらうか自発的に辞めてもらうか。入れ替わりの激しい業界、どうせまた新しい子が面接に来るだろうから。
現実に、新宿でも池袋でも渋谷でも、稼げる場を求めて各店をさまようジプシー風俗嬢はゴマンといる。坂本の仕事内容を知るには、彼に依頼が舞い込むようになった6年前の話にさかのぼるのが手っ取り早い。当時(今もだが)、大のフーゾク好きだった坂本は、繁華街にある1軒の情報喫茶にしょっちゅう入り浸っていた。壁中パネルだらけの現在の紹介所ではなく、昔ながらの喫茶店形式の店舗だ。
1杯500円のコーヒーを飲みながら、女の子たちのボラ写真を眺め、この子はいい、あの子はダメだったとマスターを交えて雑談をかわす。土建屋社長ならではの優雅な暇つぶしだ。
ある日、いつものように情報喫茶で趣味に興じていたところ、1人のヘルス店長が近くのテーブルにやってきた・情報の集まる場には、一般客だけでなく関係者もふらっと現れるものだ。
店長が写真を取り出して、マスターにグチリ出した。
「この子、見た目は悪くないんだけど、なかなか本数取れない(客が付かない)んだよね」
近くにいた坂本も写真を見せてもらった。なるほど、そこそこ可愛い。これで人気がないなんて性格に問題でもあるのか?悩む店長にマスターは言った。
「それじゃあ、坂本さんに講習を頼めばいいじゃない。この人、すごく好きなんだしさ」
マスターは冗談半分のつもりだったのだろうが、店長は身を乗り出してきた。ぜひお願いしてよろしいですか?
「3万円くれるって言うから、じゃあやってみようかってなったんですよ。別に仕事だってつもりはなくて、俺の気持ちいいプレイを教えればいいんだろって」
むろん彼は講習などしたことはない。あくまで1人の客としての願望しか持ち合わせていなかった。しかし彼女らの接する相手が一介の男たちである以上、自分の願望こそが反映されるべきだとの思いもあった。
講習日、聞けば彼女、なんと慶応大学に通うお嬢様で父親は会社経営者。しかし父の商売が傾いたのを機に、浪費癖の抜け切らぬ彼女自身も借金を重ねるようになり、やむをえず風俗入りしたという。
ポイントはそこだと見た。おそらく彼女の育ちから来るプライドが、客を見下す態度に表れているのだ。
だからといって彼は「お客様を大事にしろ」とは言わない。むしろ逆。「お前の演技で客を編せ」とプライドを煽った。
「この仕事ってのは客を編す仕事なんだよ。いわば女優みたいなもんだな」
後に、彼が頻繁に使うことになる《女優》というキーワードは、この時点で発明された。陳腐ながら、彼女らにとってはどこかくすぐられる言葉らしい。なぜA嬢は坂本の言葉を素直に受け入れたのか・その分析は後回しにするとして、ともかくこのやりとりで彼女は変わった。ハードサービスと接客方法を教え込まれ、現場で忠実に再現してみせた。ただそれだけで、彼女は実に月160本の客を取るまでになったのである。
噂が広まらぬはずがない。平凡な子を月160本指名に変えた男がいるらしい。まずへルス関係者が聞きつけた。さらに現役で働く女の子たちも、どこで連絡先を知ったのか、私にも稼がせてくれと直接電話をかけてきた。
フーゾク界の景気も、世間同様、良好なわけではない・浮上へのちょっとしたきっかけを誰もが望んでいた。フーゾク嬢たちが聞く耳を持ち、彼女らが結果好成績を収めれば、また噂が広まる。
元来どんぶり勘定がまかりとおる世界、最初は3万円だった再生料が、5万とふっかけても依頼は途切れない。いつしか収入は本業に迫る勢いを見せた。
「自分では何か特別なことをしてるつもりはないんですよ。ただ俺ならこうされたいと思うことを伝えるだけで」
彼の説法は、いつも同じことの繰り返しである。
1いくら金が欲しいのか
2 なぜそれだけ欲しいのか
3俺の言うとおりにすれば必ず稼げる
1の問いには、誰でも素直に答える・1日に5万、月に100万、いくらでも稼げるだけ欲しい。答は明快だ。
そこで2の質問に移る。なぜ、それだけの金が必要なのか?普通の仕事じゃなぜダメなんだ?実はこの問いが一種のカウンセリングになっている。
理由を答えるには、彼女らは必然的に自らの境遇について語らねばならない。家庭環境か、恋人に貢ぐのか、借金問題か、夢のためか。いずれにせよ、女性が赤の他人のチンチンをしゃぶってまで金を欲する理由は、必ずある。とはいえ彼女らの理由なんて、くだらないものが多い。それを大げさに誉めて、行動を認める。
「お前はスゴイな、それだけ借金あっても頑張ってるんだもんな。なかなかできることじゃないよ。まだ若いのに偉いよ」
「ホストにハマってんのか。悔しいけどあいつら格好いいもんな。まあ、金はかかるだろうけど、喜んでもらえるならお前もいっぱい稼いで通ってやれよ」
西郷隆盛似のオッチャンが、目をクリクリ丸くして誉めてくる。親兄弟ならすぐバカにしそうなことなのに、このオッチャンは私を認めてくれている。坂本は言う。
「あの子たちってどれだけあっけらかんとしてても深層心理では負い目を感じているから、自分を認めてくれる人間には本当に弱いんですよ」
だから時間をかける・聞く、誉める、聞く、認める。どうやらこの人はキレイ事を言う大人ではなく、フーゾク大好きな人間味あふれるオッサンで、さらに稼ぐ術も教えてくれる人らしい。心が開く。
最後にワンエピソードを。冒頭に登場した26才のヘルス嬢についてだ。彼女はなぜナンバーワンにまで上り詰めたのか。いったい彼は何を仕込んだのか。
「じゃあ明後日の晩、試しに行ってみますか?俺が言えば指名取れるから・絶対また通いたくなりますよ」
もったいぶる彼がくれたヒントは《ディープスロート》。喉の奥までくわえこむアレである。
当日、期待して店を訪れると、情報どおりの容姿十人並みの
女性が現れた。いよいよフェラチオという段になり、思わず納得せざるを得なかった・彼はこのことを言っていたのか。
彼女、ディープスロートの状態のまま、長い舌でタマを紙め回すのである。想像できるだろうか、奥までくわえてタマ祇めなんて・こんな技、普通は思いつかない・できるはずがないと考える。当の本人も自分の特殊性には気付いていなかった。

彼の説法は、いつも同じことの繰り返しである。
1いくら金が欲しいのか
2なぜそれだけ欲しいのか
3俺の言うとおりにすれば必ず稼げる
1の問いには、誰でも素直に答える。ー日に5万、月に100万、いくらでも稼げるだけ欲しい。答は明快だ。そこで2の質間に移る。なぜ、それだけの金か必要なのか、普通の仕事じゃなせダメなんだ?実はこの問いが一種の力ウンセリンクになっている。理由を答えるには、彼女らは必然的に自らの境遇について語らねばならない。家庭環境か、恋人に貢ぐのか、借金問題か、夢のためか。いずれにせよ、女性が赤の他人のチンチンをしゃぶってまで金を欲する理由は、必ずある。とはいえ彼女らの理由なんて、くだらないものが多い。それを大げさに誉めて、行動を認める。
「お前はスゴイな、それだけ借金あっても頑張ってるんだもんな。なかなかできることじゃないよ。まだ若いのに偉いよ」
「ホストにハマってんのか。悔しいけどあいつら格好いいもんな。まあ、金はかかるだろうけど喜んでもらえるならお前もいっぱい稼いで通ってやれよ」
西郷隆盛似のオッチャンが、目をクリクリ丸くして誉めてくる。親兄弟ならすぐバ力にしそうなことなのに、このオッチャンは私を認めてくれている。坂本は言う。
「あの子たちってどれだけあっけらかんとしてても深層心理では負い目を感じているから、自分を認めてくれる人間には本当に弱いんですよ」
だかり時間をかける。聞く、誉める、聞く、認める。どうやらこの人はキレイ事を言う大人ではなく、フーゾク大好きな人間味あふれるオッサンで、さらに稼ぐ術も教えてくれる人らしい。心が開く。
3の段階でようやく、いわゆる講習に入ることになる。おおよそ想像かつくように、彼の講習内容もまた。態度と技術の2点に集約される。能度とは、文字どおり客に対する身の施し方である。ムダなおしゃべりは極力避け、客が話したがってれば、聞く間はチンコを握っていろ。終了時間ギリギリまで寄り添って体の一部を触ってろ。これだけでも印象は明らかに変わる。技術客の好みは様々なので一概には言えないか、最大公約数はやはり濃厚なサーピスを求めている。男は、妻や恋人にはとても求められない快楽のために一尚い金を払うのだ。足指舐め、タマ舐め、アナル舐め、口内発射、射精後のお掃除フェラ。自ら実験台になり、大けさに感じなからツボを伝える。
「それほどうるさく注文はつけません。俺が気持ちいいことを教えれば他の客も気に入るだろうぐらいのノリですから」
気取ったヘルス嬢は、よくこれらハートサービスを「できない」という。NGだという。しかし、衛生上の理由で断固拒否している子は意外と少ない。「する理由かない」からしないだけだ。「店もNG項目を認めてるし、客も怒らないならしなくていいやってなっちゃうでしょ」
ヘルス嬢と客という関係である以上、感じてしまうのは本来恥ずかしいことのはずだ。だから耐えに耐え、それでも反応してしまう女としての身体。グッと来ないだろうか。
以上見てきたのは、少なくともフーゾク嬢本人も金が欲しいと願っているケースである。稼ぎたい、稼がせてやる。互いの利害関係が一致しているので、当人が開眼しさえすれぱ話は早い。しかし中にはいるのだ。特に大金が欲しいわけではなく、タラタラその日暮らしできる程度の給料をもらえればOKと考える子が。
「佐藤さんもそういう子に当たったことないですか。口数も少なくて、ずっとうつむき加減で、ありがとうございましたも言わないような」
いる。生気のない顔をした、もう二度と会いたくない嬢。確かにいる
本人に稼ぐ意思がなければ放っておきたいところだが、店かりの依頼である以上、デタラメな真似はできない。悪評を立てられれば今後の活動に影響する。力ネへの執着なしと判断すれば、彼はゆっくり諭す。
あきらめ半分で彼は説いた。
お前はブスかもしれない・でも男の立場から言えば、それが理由で客が付かないんじゃないぞ。
お前はまだ本気で気持ちよくなってもらおうと思ってないんだ。どうせこの客はもう二度と来ないと思ってるんだろ。面と向かってブスと言われたのは初めてだったのか、彼女は声を上げて泣き出した。そして素直に話を聞いた。わかりました・やってみます・足指なめもアナルなめもします・ゴックンもします。
「それで稼げちゃったんですよ。ルックス目当てじゃない客ってのもいるものなんですね」
彼女はその後2年で目標額を達成し、フーゾクを引退してめでたく結婚。今でもときどき坂本にメールを送ってくるという。取材途中、子供と写った彼女の写メールを見せてもらった。
やっぱり目が離れているのがおかしかつたが、ちゃんと正面から撮っているところに好感を覚える・彼女こそが本当の意味での《再生》を果たした例なのかもしれない。少し疑問に感じたことがある。
何も難しい講習などしなくても、本番させれば済む話なのではないか?ヘルス本番を至上の喜びとする男は多いはずだが。
「確かに客のときは俺も好きなんですよ、本番・でも本番好きの立場から言うと、あれは1回できればもう満足なんです。また指名しようとは思わない。だって次も必ずできるってわかってるんだから」
本番を解禁すれば、必ず噂は広まり、本番マニアが大挙してやってくる。いきなり指名数が伸びる。
しかし波が引くのは早い。誰にでもヤラせる女にありがたみは少ない。男の身勝手な価値観ではあるが、それが現実だ。
「むしろ、本番してる子をさせなくする仕事が多いんですよ。店にとっては、長期的に見れば絶対そのほうがいいから」
在籍嬢の本番は、店も薄々気付いていながら確証を持てないケースが多い。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

タグ