★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
ホストにハマって身を持ち崩した女の例は、世の中に腐るほどある。フッーのOLが、いつしかソープ嬢に転身したりサラ金地獄に落ちたり。ホストクラブに通い始めて年になる私も彼女らの気持ちはわからないわけじやない。甘いマスクの男に持ち上げられ甘えられすれば、つい高いお酒を注文してしまうし、ばんばんお金を使っている自分のことを誇らしくも思ってしまう。でも、あの日以来、私は肝に銘じている。バカな見栄だけは張るまいと。
都内の某ホストクラブで、不定期にあるイベントが開かれている。客同士が参加するオークションだ。商品は、ホスト愛用の携帯ストラップやぬいぐるみなど、ほとんどゴミのような物なのだが、その場のノリで酔っ払った女たちが額を競り上げていくのだ。
「千円からスター卜で。はい、誰かいませんか」「1万円!」「5万!」携帯ストラップなんぞに5万単位を支払ぅおバカさんたち。これも女の見栄ってやつだ。さてこのオークション、実は裏ではしっかり不正が行われている。額をつり上げる役のサクラがいるのだ。常連客の私がサクラを頼まれた。役割は他の客と競り合って、適当なとこで下りるだけ。もし自分が落札してしまってもお金を払う必要はない。謝礼はもらえないみたいだけど、お気に入りのホスト君に頼まれれば断る理由はなかった。本題に入ろう。このオークションで、今年の春にとんでもないことが起きた。
「はい、じゃあ次はこのスペシャルドリンク行ってみよう」
はしゃぐホストが手に持つのは、1本のヤクルトだった。ウケ狙いのつもりなのだろう。「1万円」すぐに手が挙がった。風俗嬢っぽい一人客だ。今まで顔を見たことはなかったけど、慣れたたたずまいからして、何度か来店してるみたいだ。ブサイクの癖に見栄張っちゃって。隣のホストにそそのかされたのか。「3万!」すかさず私も応酬する。私がサクラということは一部の人間しか知らないものだから、周囲から歓声が上がる。「ヒューッ」しかしブサイクちゃんまだ付いてきた。「5万!」あちゃー、ヤクルトに5万って。あなたもやるねえ。
「はい5万出ました。もうないですか、もうないですか」早々と下りておこうと思ったが、隣のオキニ君が「もっと上げられるよ」とせっついてくる。そう、じやあふっかけようかしら。「10万!」「おーっと10万出ました!さすがスペシャルドリンク!」
店内は完全にヒートアップしている。勢いに釣られたか、
ブサイクちゃんが応戦。これまでにも周りのホストに煽られて、ウン十万の金をオークションにつぎ込んだ子は見てきたけど、さすがにヤクルト1本でそれはないだろう。いや、この際、商品は関係ない。彼女はヤクルトがほしいんじゃなく、私に競り勝ちたいだけなのだ。
すぐに掛け声は100万まで上がった。このへんで場の空気が緊張してきそうなものだけど、ホスト連中も、他の客も、そして本人すらも、こんな馬鹿げたオークションが実際に成立するとは思っていないようで、ただの余興のようなノリになっている。「じやあ」「てんでめちゃくちゃになってきたとき、ブサイクちゃんが叫んだ。「千万!」はあよく言うよ。さすがにもう止めておこう。これ以上続けてもシラけるだけだ。「はーい、千万出ました〜もうないですか〜。よろしいですか〜。はい、では一千万で落札です!」ソフアに座ったまま万歳したブサイクちゃんは、お盆に乗って運ばれたヤクルトをグラスに流し込み、ぐいぐい飲み干している。悔しそうなフリをしながらも、私はほっと胸をなでおろした。サクラとはいえ疲れる。
彼女が一千万の借用書を書かされたと聞いたのは、次に店へ遊びに行ったときだった。ゴネる様子もなくあっさりサインしたのだとか。「へぇ、マジで払わせるつもりなの?」「たぶん、そぅなんじゃないかな」以来半年余り、店へ行くたびに私は彼女のウワサを聞き出している。やはりどこかのヘルス嬢だったそうで、従業員が毎週のように店を訪れては数万ずつ回収しているらしい。
法律スレスレ、というより、おそらくアウトなんだろうけど、警察にも駆け込まず律儀に返済してる彼女のことを思うと、つい涙が出そうになる私だ。
→もう一人の女性もホスト通いはやめられない様で
0221_20190428222622de1_201910292058061d9.jpg0220_2019042822262184b_201910292058055b2.jpg0222_20190428222623980_20191029205808836.jpg0223_20190428222625155_2019102920580916d.jpg0224_20190428222626f3f_201910292058112a5.jpg0225_20190428222628a1a_2019102920581216d.jpg

0082_20180312101242f3d_20200731095628f3a.jpg0083_20180312101243cc2_20200731095630d20.jpg


ダマされても借金しても私がホストクラブに通うワケ

新宿歌舞伎町の超有名ホストクラブのナンバー1が未成年者への飲酒接待及び淫行で逮捕されたのをご存じでしようか。埼玉から家出してきた女子高生2人を勧誘、1カ月で1人あたり100万も金を使わせていたとか。補導された女のコは、恐らくや援交で金を稼いでいたはずです。

こうしたニュースが報じられるたび、世の識者なる方々はいいます。なせ、ホストなどに血道を上げるのかと。おつしゃるとおり、ホストは女に貢がせるのが仕事。本気で客に惚れるわけがありません。しかし、わかっていてもういつい足が向いてしまうのが、ホストクラブの魔力なのです。

実は私、20才でソープに勤め始めてから月60-70万稼ぐお金はおろか、街金にウン百万の借金してまでホストに貢いできました。その額およそ2干万。なぜここまでハマってしまったのか。私の話を聞いてください。

ホストクラブなら正直になれる
高校卒業後、保母さんを夢見て保育専門学校へ進んだ私は、バイト先で青年実業家を名乗る男性と知り合いました。
高そうな外国製のスーツを着くずした彼は、私から結婚資金を奪うとそのままトンズラ。それどころか数百万の借金まで残していきました。保母や、普通のOLでは利息も払えません。手っ取り早く返済してしまおうと、思い切ってソープに勤めることにしたのです。
お陰でー年後には借金もきれいサッパリなくなり、昼間の仕事にトラバーユしようと思った矢先のこと。同僚に連れられていったホストクラブで、ケンジ(仮名)に出会いました。GLAYのボーカルに似た甘いマスクに一目惚れ。週に4日は店に通い詰めました。「エ~ミのことが世界で一番好きだよ」

毎日、電話でそうささやく彼の言葉を信じて、半年後に婚約。みなさんは不思議に思うかも知れません。一度、手痛い目に遭っているのに、なぜ、そんな簡単に男、それもホストを信じるのかと。これは、職業的な後ろめたさが関係しています。

例えば、高校の同級生と飲んでも、街でナンパされても、職業を聞かれて正直に「ソープ嬢をやってますとは言えません。別に恥じているつもりはないのですが、その場になると口にできず、テキトーにごまかしてしまうのです。

自分の素性を話せないのはストレスが溜まるモノが、ホストクラブでは隠す必要がありません。風俗嬢の客が多いため、店の名前も堂々と言えるし、愚痴や悩みも相談できます。

「オレだってしょせんホストだよ。これからずっと、一緒に頑張ろうぜ」

そういうケンジの言葉にどれだけ慰められたかしれません。この人は私のありのままをわかってくれる、そう思ったのです。彼の売り上げを上げるためにせっせと店に通いー本10万はくだらないトンペリを開け、同伴にもつきあい、車まで贈ったのです。

「そろそろ将来のことも決めないと」

婚約してー年ほど経ったころ、私は彼に切り出しました。休まず働いても自分の服を買うどころか、満足に家賃も払えない暮らしになったのです。

「わかった。じゃあまず親に会ってくれよ」

そんな甘い返事を期待した私がバ力でした。彼は私のことばを聞くや無言で外へ飛び出すと、一切の連絡を断ったのです。そして私は、少ない手がかりを追いかけ、やっと見つけた系列店のホストかり衝撃的な事実を告げられました。

「オレたちは毎週、どの客からいくら引っ張るかミーティングで遂一報告してんだよ。『今週は、××さんに20万使わせます』とかさ。ケンジは、エミちゃんに彼女だって言ってるからヘルプに付いたら話しを合わせてくれって言ってたぜ」

頭をカナヅチで殴られたような、とはまさにこのこと。ケンジは、誕生日だから、ノルマがキツイからと皆に教えられた口実で私からお金を引き出していたというのです。おまけに女性不信でセックスできないというのもウソ。同棲してる本命の彼女に義理立てする彼に、店長が「女性不信と言え」とアトバイスした結果だったのです。
一時は自殺しようかと思いましたが、仕事が終わると私の足はついついホストクラフに向いてしまいました。お金さえ出せばチヤホヤしてくれ、その場だけでも寂しさを忘れられるのです。

私が新聞沙汰になったホスト、聖也(仮名)と出会ったのは、歌舞伎町でいちばん有名でした。

「ねえ、いつもどんなとこで遊んでるの。あしたからオレに会いに来いよ」

強引にアプローチをかける彼は色黒の30男。歌手の松崎しける似で、とてもホストには見えません。それでも次から次にまくしたてる彼のトークに翻弄され、気つけばその日のうちにシティホテルへ。私を女王様のように扱う優しいエッチに夢中になり、それからー週間、私は家にも帰らずセックス漬けの日々を送りました。いま思えば、それは客を手玉に取る彼の手口だったようです。自分に夢中になったとみるや私を突き放し、会いたいなら店に来いと連絡してきた聖也。私の仕事はタ方5時から深夜まで、対し彼は深夜1時から朝7時勤務。まるっきりのスレ違いでしたから、会うには彼の店に行くしかありません。

「店、来るんだろ」深夜0時を過ぎると、私の仕事が終わったのを見計らったように聖也から電話が入ります。最初こそ、お前は特別な女なんだからとお金は取りませんでしたが、そのうち2万でも3万でもおいていけ。オレのためにドンペリを入れてくれと能崖も変化。そして、出会って約2カ月後。肺炎をおこして病床に伏している私に、彼はこう言ったのです。

「うちの従業員が30万円の売掛を残したまま逃けたんだ。お前、出してくれないか」

★ホストたちが狙っているのは私か運ぶお金だということは十分すぎるほどわかっています。なのにヤメられないホストクラブ通い。こんな私の生活は、いつまで続くんでしょうか。

ホストの売り掛けが払えなくなった女に、エンコーを持ちかける

ホストラブ→ホスト総合→売り掛け払えなかったら
ホストに金をつぎこんだはいいものの、売り掛け(ツケ)を払えずに困ってる女たちが集まるスレッドだ。どうしよう、月末までに払わないと…みたいなせつない書き込みが溢れている。そうなればオレみたいな悪い男が注目するのも当然で、女の書き込みに混じってときどきこんな文言が書き込まれることに。〝困ってる子いたら助けるよ〟そう、エンコーしてあげまっせってな意味である。オレも他にならってときどきエンコー募集をしている。連絡をしてくるのは9割型お水系やフーゾク嬢だ。多くのホストクラブが月末締めのシステムをとっているため、困ったオンナが増えるのもその時期だ。

パチンコで金をすった女が安く身体を売ってます

パチンコに熱くなり、カネがなくなってしまった女がこの掲示板に書き込んでいる。〝いまパチンコ●●にいるんですけど、お金がなくなっちゃったんで誰か助けてもらえませんか…〟助けるとはすなわちエンコーしてくれとの意味だ。こんなメアド付きの書き込みを見つけたらオレは即座に連絡するようにしている。3千円で手コキ、5千円でフェラ、1万円本番など、驚くくらいの安価でカラダを売ってくれるからだ。しかも中にはパチ屋のトイレでサクっとエンコーして、札を握り締めて台に戻るツワモノまでいる。女ってのは強いというか、なんというか…
ホストに騙されてキャバクラで働く女
4月から5月にかけて、全国あちこちに出張予定が入った。
大半は地方都市で、現地で一緒に飲みにいくような知り合いはいない。せっかくの機会。誰か一緒に酒でもと、ミクシィの日記に出張の予定を載せてみた。
結果、何人かのマイミクからメッセージをもらい、うち一人の男性と食事する約束を交わした。残念ながら女性はゼロ。まあ、現地でナンパすりやいいか。
そう思っていたら、出張の直前になって1人の女性から、ミクシィでのメッセージではなくEメールが届いた。
《はじめまして、ミヤビといいます。広島で水商売してます。裏モノで河内さんの『大阪で生まれた女』いつも読んでるんですよ☆河内さんの出張予定、ミクシィで見ました。5月○日に広島に来られるんですよね。めちゃくちゃ会いたいですよ.ご迷惑でなければお返事ください》
ご迷惑なはずがない。さっそく《会いましょう!》と返したところ《ホントですか?メチャうれしい》とレス。何度かメールをやり取りした上、彼女が働いている店(キャバクラらしい)に行くことになった。
肌の色はやや浅黒く、顔はあびる優に少し似ている。
「河内さん、ホントに来てくれたんですね。なかなか来られないんで心配してたんですよ」
少し笑みは浮かべているものの、そんなにうれしそうに見えない。メールでは、それこそ感激のあまり抱きついてきそうな勢いだっただけに、肩透かしというか、ちょっと寂しいというか。
つまり、アレか。裏モノの誌面で想像する河内真佐久と、実際の俺に相当なギャップがあるのか。でもって、ガックリしてるのか。それでも彼女は繰り返し言う。
「本当に会えると思わなかった。うれしい」
ん、やっぱり口先だけに聞こえるなぁ。
「あ.緊張してるっていうこともあるけど、もともと喜怒哀楽があまり顔に出ないんです。この仕事して、これでもだいぶマシになったんですけど」
何でも、いつも不満気な顔をしておると、子供のころから親や教師によく怒られ、友達からも『なんでそんなにテンション低いの〜?』とつっこまれることが多かったという。ところで君みたいな若い女の子がなんで裏モノ読んでるの?
「友達の彼が大好きで、家にいっぱい置いてあったんですよ」
俺の連載は、タイトルが気になり読み始めたらしいのだが、
「あの妄想癖の奥さん、結構きれいっぽくないですか?」だの
「おじさま好きのOLさんはエッチっぽい身体してますよね」
だのと、相当な読み込みよう。
「大阪弁のやり取りもなんか懐かしくて…。やっぱ大阪っていいですよね」
そもそも、なんで広島に出てきたん?
「1年ほど前、借金で逃げてきたんです」
へ?どういうこと?
「高校卒業して美容系の専門学校に通ってたんですけどね。カラオケ行った帰りに一人で歩いてたら、ひっかけ橋でホストに声かけられたんです」
ひっかけ橋とはミナミの道頓堀にあるナンパのメッカで、ナンパ目的の素人より若い女の子に声をかける茶髪のきたないホストであふれかえっている場所だ(最近は取り締まり強化でだいぶ少なくなったが)。そこでホストにつかまり、強引に店に連れて行かれたらしい。
もちろん、初めてのホストクラブ。何人ものホストにほめまくられ、舞い上がり、ノリノリで飲んでしまう。精算のとき、最初声をかけてきて、店でも一番相手をしてくれたホストに『1万円でいいよ。残りは俺が立て替えとくから』と言われた。専門学校生にとっては少々高めだったが、楽しかったし不満はない。ん、まんまとヤシらの術中にハマったという感じだが、そこまでカッコよかったのか、そのホストは。
「ルックスは全然いけてなかったんですけど、遊んでるって感じがそのときはかっこよく見えて…」翌日の昼、そのホストから電話があり、再び店へ。しばし飲んだ後、甘えながら、『いくら立て替えてくれたん』と聞けは、昨日だけで10万以上、今日も併せると30万近くになるという
「耳を疑いましたよ。そんなお金払えるわけないし」
驚く彼女に、男は言った。心配するな。いいバイトを紹介してやる。ミヤビも夜のバイトしようかなって言ってたやろ。金は返せるときに返せばいい。そのことばに《なんて男らしいんだ》と感激したというかりミヤピも相当おめでたい。
ともかく、こうして彼女はホスト君に紹介されたキャバクラで働くことになった。その間、男の家には週2、3日泊まりにいく《通い妻》状態に。学校はしんといからとーカ月ほどで辞めてしまったそうだ。で、彼には毎月いくら返してたの
「給料日になるとだいたい10万くらいかな。月によってお給料が変わるので渡せるだけ渡してました。それ以外でも彼かほしいものがあればお給料前借して買ってあけたりとかしてたし」
男の態度はしだいに変化し、言うことを聞かないと暴力を振るうようになった。ボコボコにした後、泣いているミヤビにやさしく声をかけ、セックス。いかにも、悪党のやりそうな手口だ
「そのときはほんとに優しくエッチしてくれるんですよ。ああ、やっばり愛してくれてるんやなあって思いました」だから、大きな勘違いしてるって
半年ほどキャバクラで働いた後、彼の勧めでセクキャバに鞍替えまたその半年後には、デリヘルに勤めるよう勧めてきた。
「さすがにもう別れたほうがいいのかなって。彼か浮気してるのも知ってたし」
気持ちを伝えた彼女に、男は言った。別れるなら借金を耳をそろえて返せぜんぶで100万。逃けても必ず探す。
「もう限界でした。で、専門学校の同級生で辞めて広島に帰っている友達に相談したら、こっちにおいでよって。すぐに行こうって決めました」
広島では、その友だちか働くキャバクラに就職した。が、不安は消えない。携帯番号は変更したものの、大阪方面からの客が来るたび、自分を捜しに来たのでは、とビクビクした
「もうー年近くたつし、そろそろ大丈夫かなとも思うんですよ。それに、河内さんの連載読んでて、やっばり大阪に戻りたいなって気持ちも強くなったし。今日、会って話してやっぱり大阪弁で話すのはええなって・・。やっぱり大阪に帰ろかな」
うん、それも何かのきっかけでしょう。んじゃ、大阪で生まれたミヤビが広島にいたって証に《大阪で生まれた女》に登場してよ。「うん、そうするわ」二つ返事かいーやっぱり君、編されやすいのわかるわ。さて、そろそろ午前2時前、閉店時間も近づいてきた。この後、もちろんオッケーだよね。「ごめんなさい、今日はアフターか入っていて。さっき話した私の友達いるでしょ。そのコのお客さんのアフターに私もついていかないとあかんねん」そんなん他の女に代わってもらえよと言ってみたのだが、とうしても無理らしい。まあ、嘘をついてあしらうことができる女だとも思えない。来月また広島出張があるし、そのときでええか。今度は、店が始まる前に時間作ってくれるらしいし。
翌月、広島への日帰り出張当日。早々に仕事を済ませ、5時にミヤビと会った。黒いミニス力姿。店と違い、髪をアップにしていないせいか、キャバクラで見るよりやや幼く見える。
「念のためやけど、裏モノに出るのホンマにオッケーやね」
「うん、でも前の彼が見たら大変なんで、絶対顔は出さんといてね」
「わかってる」
最終確認が取れたところで、ラブホへ。部屋で裸になったミヤビの体は、胸はやや小ぶりだがスレンダーでなかなかスタイルがいい。シャワーを軽く浴びた後、すぐベットに移動した。
驚いたのは、異常なまでの感度の良さだ。指と舌で愛撫を始めた途端、ビクンビクンと身体を震わせ、眉間に雛をよせながら色っぽい声を上げる。普段のテンションの低さかりは、想像できない表情と反応のよさだ。
「アアン、アアン、イヤン、気持ちいい」
性器に沿って動かす俺の指がすぐに愛液でヌルヌルになった。こんな濡れやすい女もそうはいない。「ああ、もう入れてほしい」
手コキもフェラもまだ何もしてもらっていないが、愛液が溢れてトロト口になっている性器を見るだけで、ペニスはギンギン状態だ。あかん、俺も我慢できん。まずは正常位で挿入。横ハメかりバックに移行して突きまくった。どの体位でも、挿入部分からフシュッ、ブシュッといやらしい音が聞こえる。手で触ればまさに大洪水ー俺の太股まで愛液でヌルヌルだ。ミヤビの手を取り、自ら触らせてみ
た「ああ、すごい濡れてるっ。いやーん、はずかしいー」
さらに激しく腰を振る彼女。ったく、このハイテンションはなんやねん。ベッドはもう、ミヤビの愛液で染みだらけだ。2回戦を終え、タバコを吸いながら彼女に聞く。いつ帰るつもりなん
「うーん、まだ迷ってるんですよね、こないだ河戸ノ内さんと会った次の日に行ったホストクラブにすごいかわいい男のコがいて…同い年なんだけど私のことねえさん、ねえさんって呼んで甘えてくるんですよね。付き合おうかどうか迷ってるんですけど」
大阪で生まれたミヤビは、広島に来てもまったく懲りていなかったようだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内