★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
芸能人性接待SEXエロ漫画芸能人性接待SEXエロ漫画芸能人性接待SEXエロ漫画芸能人性接待SEXエロ漫画芸能人性接待SEXエロ漫画芸能人性接待SEXエロ漫画芸能人性接待SEXエロ漫画芸能人性接待SEXエロ漫画芸能人性接待SEXエロ漫画芸能人性接待SEXエロ漫画芸能人性接待SEXエロ漫画芸能人性接待SEXエロ漫画芸能人性接待SEXエロ漫画芸能人性接待SEXエロ漫画芸能人性接待SEXエロ漫画芸能人性接待SEXエロ漫画
ハタチ前後のムスメを喰いまくっとります。僕ら芸能プロダクションの者なんだけど、でよかったら写真撮らせてもらえないかな一と思って友達には内緒だけど、キミ事務所にスカウトしたいんだ。だから後で電話をくれないかな…答えさせ、そのままデビュ—と交換条件に身体を頂いて
SMや、道具を使ったアナルセックスばかりでそれがタマラナイとか
聞けばエリカと名乗るこの彼女、以前はモデルなんぞをやっていたそうです。ハッタリに全く動じません。だったら作戦変更!やはり本物の上玉はそう上手くいきませんね。
相手をホメまくるスカウトマンの口説きのテク
20190615184621.png

オネ一チャンたちで街が彩られてゆく春。ナンパという視点で見れば、オイシイ季節であることは間違いないが、一方、まったく免疫力のない彼女らにとっては、この先様ざまな都会の洗礼を受けていかねばならないのもまた事実。街を歩けば当然のように声をかけてくる、キャッチ&スカウトマンたちとのやり取りもその一つであろう。しかし、考えてみればキャッチセールスやスカウトというのもなかなか大変な商売で、路上で見知らぬ女の子を勧誘するばかりか、ノルマだってこなさなきゃいけない。ある意味、プロ根性が無ければつとまらない仕事だろう。そこで今回は、そのプロの仕事術、ナンバ好きな人にも気になるところの「口説きのテク」をリサーチしてみることにした。
取材場所は、東京。新宿駅周辺。
質問内容は、ズバリ「あなたが声をかける女の子の基準と、その勧誘法」だ。
何度逃げられてもへこたれず、
数々の女性をその気にさせるには何か特別な秘訣があるに違いない。
絵画(ラッセン)の販売勧誘

笑顔が最大の武器
やっぱ狙いは、暇そうにダラダラ歩いている人じゃないすか,僕の場合は、とにかく思いきり自然な笑顔を心がけてて、まず相手に目を合わせてもらう。で、最初は全然カンケーない話をしながら、相手がこのチラシ(ラッセンの絵画)に目をやったとき本題を切り出していく、みたいな感じです。

スキューバダイビング勧誘21才

(照れくさそうに)お尻の大きい人は、おっとり型でやさしい人が多いんで、よく声をかけます。色付きタイツを穿いてるコもいいですね一、なぜかわかりませんけど。逆に、細くてキレイな人はダメですね一。あと、ギャルには絶対いきません。いいかげんな人が多いですから。コツですか?

鼻から抜く感じで「すみませ~ん」って、やわらか~く語尾を伸ばして、照れくさそうに、「海のすばらしさや楽しさ」を語るっていう(笑)。

エステサロン勧誘21才・キャリア9ケ月

体が駅に向かってるかおしゃれなコは声かけるだけムダだよ。選ぶんならやっぱり地味なコ、これからキレイになっていきそうなコがいいんだけど、気をつけなきゃいけないのは、相手がどっち向きに歩いてるかってこと。駅を向いてるか背を向けてるかで「ヒマ度数」が違うから、ここは考えなきゃいけない話すときのポイントは、腕をいっばいに伸ばして届くか届かないかの距離を保つことかな。

ホストクラブの顧客勧誘24才キャリア約1年

文通からはじめようオレは選り好みしない。賛沢言わない。何でも来い、ですよ。パターンとしては「文通しよう」って切り出した後、政治や経済の話に持ち込んじゃう。最終的に店に来てくれるのは、やっぱバカな女が多いかな。

化粧品販売勧誘21才・キャリア1年半

俺たちの仕事は最終的にカウンセラーのとこまで連れていくことなんだけど、いきなりエステとかネイルサロンとか言ったってついて来ないじゃない。だから最初は「メイクの宣伝です」と「宣伝」だって言えば、話ぐらい聞いてくれるんだよね。

力ウンセラーのとこまで連れていけるのは、意外に自信過剰なコが多いな

セクシーパブ勧誘22才・キャリア3ケ月

厳しい親のいる娘が狙い目。ブランド物や金が欲しそうな女めがけて「どこいくんスか一」とか。笑いながらも、ナンパじゃないぞってみせるのがコツです。で、世間話から「最近欲しい物とかないの一」と。早く実家を出たいなんて思ってるコは落ちやすいよね。
笑いながら嫌がったら、もらったも同然
最初は強引に攻めて、わざと悪い印象をつける。バ力にする感じのノリで軽くいくね。顔では笑うけど目の奥は笑わないみたいなこともするし。相手が「笑いながら嫌がったとき」が、もらった、と思う瞬間で、その後俺自身の悲参な目に遭った話なんかすれば完壁。あと、「アンタなんか興味無い」って言うコは、もうはまってるケースが多いかな。

工ステ、化粧品の販売勧誘24才・キャリア4年半

ずばり口説き文句は「君だから声をかけたんだよ」って台詞。とにかく親身になってくれてると相手に思わせることがポイントなんだよね。例えは買い物袋を持ってるコだったら「服を買う前に、肌の心配するほうが先なんじゃないの?」ってマジメな顔で話をするとかね。タイプでいえば白い肌のお水系がいちばんイケルかな。彼女ら、キレイになりたい願望強いからね。

逆に「黒いお水系」は、肌質どうこうじゃないから。落とすのは難しいな。

AV女優のスカウト30才・キャリア3年半

与えて安心させる。オレが欲しいのは、ちゃんと会話ができるコ、誰彼なしに声かけ
てチャランボランな女を捕まえても、撮影当日来なかったりしたら会社が被害を被るからね。それと、金を持ってそうな女は避ける。あいつら稼ぎ方を知っているからね。あくまでもビジネスの紹介だという気持ちでやってるけど、結果的に一番多いのは学生がアルバイトの形でやるパターン。ハマルのは田舎者の方が多いよ。口説くポイントとしては「断ってもいいから」って逃げ場を作ってあげることだろな。そう言って安心させた方が逆に話がまとまりやすいんだよ。

キャバクラ等のスカウト23才・キャリア2年

力ネが欲しそう、上京したてのヤツ、着てる服が新しい、ここらへんに照準を合わせてるな。やり方としては、バリソとしてて、靴が高そうな女はプライドも高いからちょっと下手に出ていく。逆にラフな女には軽いノリで近づいて、ーボケ、ニボケはかましとく。あと、仕事したいのにギャラなんかで迷ってる女ってのもいるんだけど、こういうコには「オマ工がいったいナンボ社会に貢献できんだ、」って、真実を見せてやりゃいいんだ。ま、結局話が決まるのは「枝つながり(話を聞いてくれた女性の友人)」が多いんだけどさ
この春上京してきた女子の皆さん、これからナンパに繰り出す諸君、今回のリサーチを参考に対応を考えてくれたまえ。意外にも(失礼)快く取材に協力してくれたキャンチ&スカウトの皆さん、どうもありがとやした。

相手をホメまくるのはナンパの基本

しがないライター業で細々と生計をたてている「冴えないクン」のオレにも、唯一胸を張って自慢できることがある。実はオレ、今年だけで24人の女性と対価も払わずに性交渉を結んだ。ルックスも平均以下、金も無ければ車も無いオレが、それだけの人数のナンパに成功してきたのはなせか?

そっと目を閉じれば、まぶたに浮かぶ、ひたすら女をヨイショする己の姿。そう、オレのナンパ法とは相手をホメまくることだ。そんなの基本だろ、とツッコミたくなる気持ちをグッとこらえて聞いてほしい。オレの褒めはちょっとやそっとのリップサーピスじゃない。スタイルやルックスなとは序の口で、性格から一族郎党にいたるまでとにかく褒めて、褒めて、褒め倒すというものなのである。

きっかけは2年前だ。当時、安居酒屋でバイトに励んでいたオレは仕事が終わってかり始発までの間、夜遊びOLやクラブ帰りの女子大生を狙ってナンパに明け暮れていた。が、見るからに貧乏臭い男が易々攻略できるほど六本木ギャルは甘くない。その日も、惨々たる結果に肩を落としてファーストフードへ退散。そこに、いかにも水商売風のムッチリ系女がー人寂しく溜息をついている姿が目に止まった。

「こんはんはー、ひとり?」「あ、間に合ってます」

性懲りもなくヘラヘラと近づいていくオレをまりや似は一蹴。まったく気持ちイイほどピシャッとした拒絶である。と、そのとき、突然、稲妻で打たれたように天啓が下った。

「アレっ、キミ何か雑誌とかに出てる人じゃないの?」「えー、何言ってんのよ」

「キミによく似たカワイイ子いるでしょ。ホラ、モデルの、・・。名前何だっけ?」
「ハハハそんな人ホントにいんの?調子いいねー」

まんまと居酒屋に誘い、さらに焼魚の食べ方からマニキュアの色までホメちぎると、その女ケイコ(20才。専門学校生。キャバクラでバイト中)はしだいに上機嫌になり、いともあっさりラブホに向うことを承諾した。そのあまりにもスムーズな展開に、美人局ではないかと疑ったほとだが、翌朝、渋谷駅で別れる際のケイコが咳いた言葉でその謎が解ける。彼氏にフラれてブルーだったけど、おかげで元気が出たよ一オレの褒めが孤独な女の魂を癒したのである。

それからというもの、東にデブがいれば「セクシー」と褒め称え、西にペチャパイがいれば江角マキ子みたいなモデル体型とゴマを擦り続けた。オマエに男のプライドはないのか、という批判も聞こえてきそうだが、相手を褒めペースにのせてしまえば、実際かなりの確率でヤれるのだ。プライドだけじゃオイシイ思いはできないのである。
ただし、一ロに褒めるといってもこれがなかなか奥が深い。21才の女子大生、マキをカラオケに誘ったときのことだ。ちなみにオレは、周囲を気にせずに「褒め」に集中できるので力ラオケボックスをよく利用する。マキは部屋に入るなり、浜崎あゆみを熱唱した。が、ここでいきなりハイテンションでホメまくれば、ガキの合コンと同じ。オレは黙って歌を堪能した後、こう咳いた。

「ひょっとしてオーディションとか狙ってんの」「え?」

「いや、すごくイイ声だから」「そ、そう」

力ラオケを終えた2人が何処へ向かったかは言うまでもないだろう。あと、注意しなけれはならないのが、表面的なものばかりに目をとられないことだ。中にはルックス、ファッション共に地味、おまけにスタイルも甲乙つけ難いという『褒め泣かせ』のような女だっている。そういうときは

「キミって独特の雰囲気があるよね。ちゃんと自分の世界を持ってるっていうか」

女性は「私らしく」とか「個性的」みたいに内面を褒められることにも喜びを感じる動物だ。女心を察知して臨機応変に褒めることが重要なのである。

ケッ、なにをエラそーに言ってやかる。そんなくっさーいセリフをホザくのもホテルに連れ込むまでだけじゃねーか、と呆れ返る人もいるだろう。が、とうか誤解しないでいただきたい。オレはセックスに持ち込んだ途端に態度が豹変するような男では決してない。皆さんは覚えているだろうか。小学校の解散時に言われた

「自宅に帰るまでが遠足です」という言葉を。オレもこれと同様、

「セックスが終わるまでがホメまくりナンパ」と信じている。つまりベッドでもホメまくり。それがオレのポリシーだ。先日、新宿のデパートで24才のOLをゲットしたときもそうだった。彼女は着痩せするタイプでベッドで脱がすと想像以上にナイスバディ。さっそくその肢体を隅から隅までホメまくる。

「うーん。すこくイイ形だね」

クン二の最中に顔を上げてしみじみ咳くと、ミホは生娘のように手で顔を覆った。

「アン、そんなにじつくり見ないでよお・恥ずかしいい・・」

「オレ、こんなキレイなマンコは初めて見たよ」「アン、アン、アーン」

マンコ礼賛が快感中枢を刺激したらしく、ミホは隣室からクレームがきそうなほどの叫び声で迎え入れる。パンパンパンパン激しく腰を振るオレ。

「うっー」「工ッどーしたのー」「・・」

数々の褒め言葉を吐いてきたオレだが、ナンパという目的のため、口八丁手八丁で心にもないことを平気で口走ってきたことは否めない。が、ベットでの褒め言葉に嘘偽りはない。イヤ、少なくともこの言葉だけは。

「変だな?キミの締りってスゴ過ぎるよ。オレ、普段はこんなに早くないもの・・」

芸能事務所のニセスカウトナンパ、タレント志望の女を喰う

SnapCrab_NoName_2019-7-6_20-22-49_No-00.png
芸能事務所、タレント志望の女を喰うの漫画ルポを読み、正直、驚いた。
実は私も、同じような手口で女を喰ってきた男である。ボイスメールで偽装工作。この手のヤリ逃げは、雑誌やテレビなどオイシイ話をデッチ上げ、出演を匂わせて身体を要求するのがパターンだ。が、女も口先だけの話を簡単に信じるほどバカじゃない。やはりそこはそれなりのテクニックを示す必要がある。じつくり話を聞き、時には悩みの相談に、時にはHトークで場を盛り上げていけば、女は勝手に股を開く仕事で寝るなんて当たり前。これまで釣ったトビキリの3人を紹介しよう。
まずは舞台女優のナナ。身長172cmの江角マキコ似で、稽古に行く述中で声をかけたら、あっさり喫茶店までついてきた。さっそくあらかじめ用意していたニセ女優の写真を見せ
「どう?キミもつちの事務所で活躍してみない?」
「スイマセン。これ、なんですか」
「へっ?舞台女優なのに、宣材写真も知らないの?」
「…ええ。マズイですか」
「いや、大丈夫、大丈夫」
肩を叩けば、ニッコリ笑顔が可愛らしい。くっー、めちゃ喰いたい。
が、この日はここまで。ひと通りニセプロダクションの説明に耳を傾けると、彼女はそそくさと帰ってしまう。まあいい。あとは名利の効力を信じよう。
数日後、連絡があった。明日、舞台の公演です。よろしければ、そのあとお話しさせていただけませんか。お願いします。むふふふ。やけにしおらしい声を出しおって、私の魂胆を知っておるのかい、キミは。コトは予想以上にスンナリ運んだ。公演終了後、渋谷で飲んでそのまま彼女のマンションへGO。なんでもここ半年Hしてなかったらしく、ナナの乱れ様はハンパじゃなかった。
裕子(33才)はもっと話が早かった。声をかけて、彼女が芸能プロダクション社長をやってると知ったときはさすがにマズイと思ったが、苦し紛れのこの一言が事態を好転させた。
「いやー、ウチは企業のカタログやポスターに強いんだよね、ははは」
「えっ、そうなの!?だったら直接のコネある?できればウチのタレント紹介してくれないかな」
おいおい。スーツの谷間から胸をチラつかせやがって。それが"本物の業界"のシキタリなのか。銀座の某ホテルラウンジで酒を飲めば、裕子はイヤラシイ上目遣いで曙いてくる。
「部屋に行くなら、赤坂までのタクシー代を出してくれる?深夜、別の打ち合わせがあるの」
「あ、ああ」
かあー。打ち合わせってやっぱりアレか。肉体のご奉仕ってやつか。
「仕事で寝るなんて、当たり前でしょ」
彼女はシレっと一言い放った。部屋に入ってからの乱れようったら、そりゃあスゴイのなんの。彼女の要望にお応えして、まずは目隠し&縛り。髪を引っ張りながら尻を叩き、イチモツを徐々に埋め込んでいく。根元までガッポリくわえこむ様の淫らなことよ。シーツにヨダレを垂らし、泣きよがる裕子を眺めながら、私は2回果てた。
ラストはベストフィッシュ、美砂だ。驚くなかれ超美人スチュワーデスである。
御徒町のアメ横入り口で姿を見かけ、ダメ元で上野の東天紅(中華料理屋)へ誘って
みたところ、意外にも「話を聞いてみたい」と乗ってくるではないか。
何のことはない。モデルの話など特に興味もなく、常日頃の不満を聞いてほしかっただけらしい。
「先輩に、すごい性格の悪い人がいるんです」
「へ〜。美砂さんは外国へ飛んでるんですよね?」
「ええ・・」
うつむきかげんで美砂は言った。仕事は十数人のグループ単位で行われるのだが、ノリがもろに体育会系で、上の命令は絶対。イヤな先輩がいると、それこそ地獄のような日々らしい。
「それで身体の調子がおかしくなっちやったの」
「じゃあ、ちやんと彼氏に支えてもらわなきやだね」
「埼玉の〇×に住んでてなかなか会えないんです。もツラすぎて・・」
海外では満足に電話もできないし、日本にいるときくらい支えてほしい。が、大学時代は、ほぼ毎日Hしてたのに、最近では月に1度がいいほうだという。
「カップルってどうなんですか?私たちってもっダメですか?」「ダメですかって・・」
すでにチンコがカチンコチンだった。米倉涼子のH。見てみてー。確かめてみてー。不忍池を歩きながら、そっと肩に手を回す。身体を預けてくる美砂。池を横切り、湯島のホテル街を目指しても何も一言わない。
欲求不満というのは本当だった。入室と同時に、ねっとり舌をからめる熱ーいキス。コートを脱がしてセーターの上から胸をモメば、それだけで瞳がウルウルしてる。おいおい。そんなに欲しい顔すんなよ。まだシャワーも浴びてないんだぜ。
ズボンの上からオレのイチモッをさすってきた。細く長いキレイな指が、オレの股間をサワサワサワ・・即尺はさすがにムリだろうと、風呂へ誘えば何てことはない、彼女の方からべッドの上でくわえてきた。それからは2時間ほとんど挿入状態で射精3発。彼女はそれでもまだ足りなそっだった。ふ、っー。
★他にもデパガ、フリーターに女子大生。モデル事務所をチラっかせれば、オチる女は楽勝でオチる。ただコレだけは言っておく
この方法、成功率は極めて低一い。私の場合は8年間で500人に声をかけ、ヤレたのはわずか20人。相当な粘りが必要とされることは承知いただきたい。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内