★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0073_20190724173400bfc_20191101092546f39.jpg0081_20171231201036fd8_20191101092616382.jpg1、いまもっともヤれるアプリとしてその名を轟かせてきたが、最近は多数のライバルが参入してきたせいもあり、やや入れ食いの勢いが衰えているとの声も入ってきている。むろん、このアプリが依然ヤれまくれるアプリナンバー1であるのは間違いないが、より確実に、より手っ取り早くセックスできる方法を紹介しよう。
 そもそもこのアプリ、年齢や住まいなどの条件を決めて、ランダムに表示される女性のプロフィールを「いいかも!」か「イマイチ・・・」のどちらかで評価していき、お互いに「いいかも!」になったときに「タップル」という関係が成立してメッセージのやり取りをスタートできる、というものだ。その後、適度に仲良くなったらアポを取り付けセックスへ…という流れがスタンダードだが、現在問題になっているのはなかなか「タップル」になれないこと、そしてタップルになれたとしても多数のライバルのせいでメッセージが続かないことだ。これらの問題をすべて解決し、入れ食い状態にする方法は簡単。女性の対象年齢を40才以上に設定するのだ。
 40才以上の女性は、男性からの「いいかも」が極端に少ない。大半の男性ユーザーは女性の対象年齢上限を30代に設定しているためだ。なもんだから、「タップル」になった場合の40女たちの勢いは凄まじい。向こうからの食いつきは他の年代の女性とあきらかに異なり、すぐに食事の話になることもしばしばだ。対象年齢に20~30代を含めないことは勇気がいる行為だと思うが、何事も選択と集中である。
2、俺は「タップル誕生」というアプリに登録している。
 このアプリは趣味にあった恋人を探すことをコンセプトにしているので、映画や漫画といったカテゴリーごとに気になった人にメッセージを送ることが出来る。
 実際の文面がこれだ。
〈映画デートして感想を語り合いたいです。好きな監督はウェス・アンダーソンです〉
 このように作品名ではなく監督名を入れるところが肝だ。
 一時間くらいで単館映画が好きだという32才の女性から返信が来たので次の土曜日に映画デートの
アポをとってみた。
19時に東中野駅で待っていると、ボブヘアにTシャツ姿の華奢な女性が現れた。しかし、よく見ると左手の薬指に指輪をつけている。
「えっ、結婚してるんですか?」
「ええ、一応」
 旦那がいながら、別の男とデートするなんて、サブカル女は尻が軽いというのは本当らしい。
 映画の内容が不倫をテーマにしていたので、その後の飲み会でもソッチ系の話になった。
「最近エッチしてますか?」
「全然ないですよー」
「不倫とかしないんですか?」
「うーん、イイ人だったらしちゃうかも」
 これはチャンスだと思い立ち、居酒屋を出たところで手を握ると、驚きながらも握り返してくれた。イケちゃうの? これイケちゃうの?
 期待を胸にホテルへ誘導した。やっぱりついてくる。どういうこっちゃ?
 すんなり入室して服を脱がすと、小ぶりで上品なおっぱいが登場した。乳首を丁寧に舐める。ビクン、ビクンと身体が揺れた。
「舐められるの好きでしょ?」
 尋ねると、真っ赤になりながらコクンとうなずくとこがかわいらしかった。
出会い系サイトが持つアングラなイメージのないタップル誕生最強説

入れ食い状態を満喫できる出会いメディアは、時代と共に移り変わっている。25年前ならテレクラ。出会い系の創世記はエキサイトフレンズやスタービーチ。その後はヤフーメッセンジャー。ここ数年はミクシィやフェイスブックを挙げる声もよく聞いたものだ。

では現在は? 即答できる人はいないだろう。そう、ワリキリ女や風俗業者が跋扈する昨今、素人とタダマンしま くれる舞台はすぐには出てこない。どこも一長一短、いや一長三短ぐらいで、どうにも食指が動きにくいのが現状だ。  

しかし、私、編集部・スズキは断言する。いま入れ食い状態なのはずばり『タップル誕生』である。このアプリ、まあとにかく凄い。針を垂らせばすぐに魚が引っかかるワカサギ釣りのような状況なのだ。以下に報告するヤリチン体験は、このアプリを使ってわずか一週間で我が身に起きた出来事である。

アプリをダウンロードし、簡単なプロフを作成した俺は、とりあえずアポに至りやすそうな「恋愛体質かも」「お酒を飲みながら」カテゴリーの女性プロフィールを順順に見ていった。特に考えもないまま「いいかも!」を押していくうち、あっという間に上限の20人だ。

すると、すぐに画面上に「タップル誕生」の通知が表示された。俺に対して「いいかも!」を押し てくれた女性がいたらしい。めでたくメッセージのやり取りスタートだ。  お相手は、バンドが好きで、ライブによく行くらしいみゆきちゃん。20才の学生だ。好きな歌手に は「乃木坂46」と書いてある。

アイドル好きなら話が盛り上がるかも。 はじめまして!アイドル好きなんですね! 毎朝、通勤のときに乃木坂46の『ガールズルール』を聞いてます♪ みゆきさんは好きな曲ありますか?乃木坂だったら『気づいたら片思い』ですね〜!  そこからアイドルトークに花を咲かせること1時間。さらにLINEに移行してから30分。他愛の ないチャットのみで、翌日ランチをする約束になったのだった。  当日やってきたのは、なでしこジャパンのフォワード・宮間あや似の女子だった。ニットキャップにTシャツ、下はデニム。スポーティなスタイルだ。

「アイドル好きな子ってもっと暗いと思ってたよ」 「ヒドイ! みゆき、意外とムードメーカーなんですよー!」  

さてこの彼女、まだこの時点ではアプリの善し悪しを判断できていなかった俺に、あるヒントを与 えてくれた。なぜタップル誕生をやり始めたのか、という問いに対してこう答えたのだ。

「アメブロ見てたら広告があったのかな?」  そう、タップル誕生はサイバーエージェントが手がけているため、アメーバ関連のいわゆる真面目系サイトにリンクが貼られているのだ。  

みゆきちゃんは、出会い系などこれまで一度も使ったことがないという。そんな彼女すら取り込ん だこのアプリ、相当な力量だとは言えないだろうか。 「あーおなかいっぱい! 

ていうか、みゆき食べたらすぐ眠くなるんだよねえ」

「いま家だったら間違いなくここにゴロンって寝転がるよね」

「うんわかる! ていうかダラダラしたい! どっかダラダラできるとこ知らない? 

って、こんな都会でそんな場所ないかあアハハ!」

この台詞。遠回しにラブホに誘ってるとしか思えないではないか。

「うーん、ここらへんでゆっくりできるところかぁ。ちょっと思い当たるとこもあるからブラブラ探 してみよっか」  店を出て、すっと右手を握ってみたら、すぐに握り返してきた。そのままラブホ街へと入っていく。「どこがいい?」  

冗談交じりで尋ねると、みゆきちゃんはニコニコしながら、噴水の流れるホテルを指差した。 「あそこに入ってみたーい!」  

そして一銭も払わずにセックスへ。どうだろう、この展開。単なるフロックなのか、それともアプ リの実力なのか。答えは報告を読み進むうちにわかるはずだ。

みゆきちゃんとセックスし終えたその夜、つまり6月2日。また何人もの女性に「いいかも!」を 押しまくった結果、タップルが成立した。  都内で事務の仕事をしているというかおるさん。

プロフィールには「32才のバツイチ」と書かれてある。プロフィール写真は小保方さんが少し老けたようなカンジで、 「バツイチなのでたまに寂しいときがあります。家と会社の往復なので、なにか自分が変わるきっか けになればと思い登録しました」とある。こんな真面目な女性を招き寄せる理由かもしれない。 はじめまして☆寂しい夜ってありますよね!

毎日、さみしいから猫と一緒に寝ています笑 僕も一人で寝る前、ふと人恋しくなって温もりを求めたくなるときがあります(つд⊂)笑 かおるさんは、そういうことってありますか?

ほんとうは人間と布団の中で寝たいんですけどね笑 僕でよければ一緒に寝させてください笑 だったら。。。いまから来て!…って何言ってんだろ私(・・;)笑 こんなおばさんなんかと話してホントにいいの? お仕事って、平日は何時頃終わるんですか? もし早めに終わる日があれば、ぜひかおるさんの「寂 しいトーク」の聞き役にならせてください笑  こんな調子で続けること30分。 いとも簡単に、2日後水曜日の夜に食事アポが成立したのだった。

当日。かおるさんはリアルの顔も小保方さんだった。まずは乾杯して、普段の生活を聞いてみる。

「仕事終わったらすぐに横になってね、お風呂入って寝るの。ほんとにそれだけ! あははは!」

「そういうの、いいですよね。リラックスできるのが一番じゃないですか」

「ほんと? こんなダラダラしたおばさんのどこがいいの?」

職場の話や、小保方さんに似てると言われる話、さらにタップルは本気で「恋活」をすべく始めたことを彼女は教えてくれた。出会い系サイトが持ついやらしいアングラなイメージはこのアプリに持 っていないらしい。

アプリがリリースされてからすぐにダウンロードしたのは、すでにサイバーエージェントが提供す る他のアプリを落としていたから「ついでに」といった意味合いもあったようだ。  すっかりリラックスしたかおるさんが一瞬真面目な顔になった。

「あのね、もう仲良くなったから素直に言いたいことがあるの。いい?」

「だいじょぶですよ」 まさか、いきなりの告白?そう思ったが、予想外の答えがかえってきた。

「実はね、わたしタバコを吸うんだけど」

彼女、本当に真面目なのである。 「ぜんぜん大丈夫ですよ。タバコ吸う女の人ってカッコいいし」 「ほんと? そんなこと言ってくれるの初めて!」 「さっきからずっと我慢してたんですよね? そしたらタバコが吸えるゆっくりしたところいきまし ょうよ」  手をつないで店を出て、最初の横断歩道で小保方さんの唇をじっと見つめた。 「ちょっと一瞬目つぶってもらっていいですか?」  素直に目を閉じた小保方さんに、一気にキスをきめる。抵抗はなかった。  横断歩道が青になったところで手をつなぎなおし、あっさりとホテルへ。終始マグロではあったも のの、これぞ素人という地味なセックスは感激モノだった。

タップル誕生をダウンロードして、週の真ん中、水曜日にしてすでに2人目ゲット。しかし勢いは止まらないのだった。30 才で保育士のゆみこさんだ。  

カテゴリでいうと「ぽっちゃり」と「恋愛体質」「お酒が好き」を選択している。お酒好きを表明しており、飲みに誘いやすいカンジがしたが、その読みは当たっていた。 お酒、好きなんですね! 

ゆみこさんはなにを飲まれますか? 僕は最近ワインが好きです! ワインはちょうど苦手克服中です笑

サングリアはおいしいのでよく飲みますよ☆ サングリア、さっぱりしておいしいですよね! ワインとサングリアがおいしいお店、もし時間が合えば行きましょう! ほんとですか? 都内の方はぜんぜんわからないので、いいところがあったら教えてください!o(^▽^)o  

その晩、仕事を終えた彼女はこんなメッセージを送ってきた。

おつかれさまです(o^^o)♪今日は男の子におっぱいをいっぱい揉まれました(´・ω・`) やんちゃだけどみんなカワイイんです☆

ゆみこさん、おっぱい大きいんですか? (・∀・)笑 だったら混じってモミモミしたいかも笑 みんなかわいいの☆ (^ω^) 子どもに混じってモミモミしてたらすぐにバレちゃうよ!笑  

やりとりは、こうしたほのぼのとした下ネタがほとんどだった。

ノリが合うから飲みながら話そうと誘ったところ、金曜、仕事終わりにワインを飲みながら食事をする約束が成立した。  

当日やってきたのは、ぽちゃ体型の女性だった。ただし顔はぽちゃにしてはキュートな部類に入る。渡辺直美よりは2ランク上だ。  

ワインを飲みながら尋ねてみた。「そういえば、タップルってアプリ、よくわかったね」

「アメブロやっててお知らせみたいのが来て、すぐ登録したから出た時期なんてわかんない」  

出会い系サイトと言えば街頭看板広告やティッシュ配りが主たる宣伝方法だったが、時代は変わる。このように、彼女たちが何気なくスマホをいじっている延長線上に出会い系アプリが存在するのが現在なのである。  

埼玉の郊外に住み、プライベートの大半をスマホいじりに費やす彼女のようなタイプを取り込んだ タップルの功績は大きい。  話が盛り上がってきたのでセックスの話を具体的に聞いてみた。

「エッチのときは責められるほうが好き?」 「私責めるほうも好きなの、へへへ」 「小悪魔フェラみたいな?」

「小悪魔っていうか悪魔みたいなカンジかな、アハハハ!」  ワインが進んだこともあり、下ネタに華が咲く。手を絡ませるなどして軽くいちゃつき、そのまま 手をつないで店を出た。時刻は21時前だ。

「俺らの話ってきわどい話が多いから個室に入ったほうがよくない?」 「あはは! そっちのほうがいいかもね!」

「ちょっとそっちのほうブラブラしてみようか」  そして、蛍光色の照明が光るホテルの前で立ち止まる。 「そうそう、ちょっと充電ヤバいから中入って充電していい? ラブホって借りれるじゃん」

「そうだ! 私も充電ない! ヤバい!」 「じゃあちょうどいいね! 入ろっか」  すんなりホテルへと入室成功。 最後はお掃除フェラまでしてくれる、保育士らしい優しさを兼ね備えた女性だった。

もはやこのアプリが「現在最高峰」であることは十分証明されていると言ってよいだろう。みな、出会いに対して真面目なのだ。だからすぐに会ってくれるのである。  最後は、6月7日土曜日の出来事だ。  

ゆみこちゃんとのセックスをした翌日、土曜日の朝、スマホを開くとタップル誕生の通知が届いて いた。以前にこちらが「いいかも!」 を押した、バツイチの会社員ちひろさん・34才だ。顔はショムニに出てた頃の京野ことみにちょっと似ている。詳しいプロフィール文には以下のような自己紹介文が。

「犬と2人で仲良くすごしています! バツイチこどもなしです!再婚してこどもが欲しいです!」 かなりストレートな内容から、本気でこのアプリで婚活しようとしていることが伺える。あまりの マジさに一瞬躊躇するも、彼女がこちらに「いいかも!」を押してくれている以上、アタックすることにはなんの問題もない。 僕も犬が大好きです! 

アパートがペット禁止なのでめっちゃうらやましいです! 28才?Σ(゚д゚lll)若いね! こんなおばちゃんでもだいじょうぶ? ワンちゃんはかわいくて毎日散歩してあげてます♪毎日癒されっぱなしです☆ 年齢は気にしてないのでだいじょうぶです!いろんな経験をされてきたみたいですね! よかったらたくさん話をきかせてください(^▽^) あ、機会があればお散歩も笑ありがとう☆ こんなおばさんでも仲良くしてくれたらうれしいな(^^) 私の場合、あんまりしないほうがいい経験ばっかりだよヾ(´▽`;)ゝ笑ワンちゃんの散歩はそのうちね☆  

こんな調子で、テンポよくやりとりを続けること十数通。その日の夜に、食事のアポとなった。  夜、写真通り、細めの京野ことみちゃんがやってきた。34才という年齢は年相応だろう。  店に入るまでに軽くこのアプリを始めた理由を聞いてみたら、やはり、サイバーの他のサービスを経由していた。  

居酒屋で彼女は言った。 「ずっと旦那と2人の生活だったからこういうデートが5年ぶりとかなの」 「それめっちゃもったいないですよ! 若いのに」

「あはは! なに本気になるようなこと言ってるの? おばちゃんよ? そんなこと言われたら好きになっちゃうよ?」 「いいですよ」 「こんなおばちゃんに言い寄られたら困るでしょ?」  照れ隠しなことなど十分わかっている。恋愛からしばらく遠ざかっている彼女のようなタイプには、ひたすらベタな褒め言葉を重ねる作戦はやはり効果的だった。 「そんなこと言わないでくださいよ、いますっごく楽しいのに」 「ごめんね。今日、会ってくれてありがとね。こういうアプリで会うのなんて初めてでよくわかんな かったのにほんとによかった」  

ちひろさんが空いたジンジャーエールのグラスを見つめる。時刻は22時をまわった。勝負の時だ。  店を出て、並んで歩き出す。 「ちひろさん、最近男の子と手つないだりしてますか?」 「えー! そんなのハタチくらいからずっとないんじゃないかな?」 「じゃあ、いまからハタチのときに戻りましょうよ」 「えーっ!」と照れる彼女の右手を握ると、やや湿り気を帯びている。緊張しているな。  

しばらく無言で手をつないだまま歩き、ホテルの前で立ち止まった。駆け引きなしでさらりと提案してみよう。 「入りましょう」   堂々と手を引っ張る。 「ちょっとちょっと! 入るの?」 「はい」 「あー待って待って!」  まさか拒否? いやいや、最後に待っていたのはこんなセリフでした。 「待って! コンビニで飲み物買ってからにしよ!」

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内