★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
7_2019080516524711a.jpg
ラブサーチはダントツの一番で女が食いやすいサイトだと思う。月2800円(定額制)の投資は決して高くない。ただし条件がある。食いまくれるのは、奇跡の1枚でもいいのでとにかく80点以上のイケてる顔写真を用意できる男に限られる。これが無理なら厳しいだろう。写真さえなんとかなれば、策は弄さなくていい。爽やかなメッセージを爆撃しまくるだけだ。
プライベートのSNSと出会い系で同じ写真を使ってる女の子に友達バレを匂わせてタダマン

出会い系、特にエンコーの場合は、サイトに貼ってある写メがいくら可愛くても、それが本物であるという保証はどこにもない。
そこで俺はいつもグーグル画像検索を使い、写メがネットからの拾いモノでないかどうか確認している。美形写メの場合は、そのほとんどが地下アイドルや台湾人のブログ、あるいはデリヘルサイトから拾ってきたものばかりで、まったくアホらしくなるものだ。 さて、いつものようにワリキリ女の写メチェックをしていたところ、自称コスプレイヤーのプロフィールが目についた。目にモザイクがあってそこまで可愛くなさそうだが、何かソソるものがある。たまにはオタク女もいいかと、彼女のコスプレ写メを画像検索にかけたところ…。 
なんと、コスプレイヤー御用達のSNSである〝Cure〞や〝コスプレイヤーズアーカイブ〞などへの掲載写真がモザイクなしでヒットしたではないか。
これ、どういうことか?
それらSNSから拾ってきたとも考えられるが、だったらなぜこんなルックス60点くらいの写真を?
もしかするとこのワリキリちゃん、プライベートのSNSと出会い系で、無警戒にも同じ写真を使い回しているのでは。試しにアポってみると、待ち合わせ場所に現れたのはほぼ写真のままの女だった。話してみれば、警戒心ゼロなだけにさすがにバカっぽい。
さくっと2万で抱かせてもらった帰り道、当然のようにふと悪いアイデアが頭の中に浮かんだ。これ、使えるかも!もしコスプレイヤーという人種が危機感のないバカばかりだとしたら、他にも素性バレする連中がいるはずだ。エンコーしてることをSNSの友人にバラすぞと脅せば、タダマンできるのでは?それから毎日、ワリキリ募集メッセージの中にコスプレ女の写メがあるたび、画像検索にかけてSNSが出ないか調べまくったところ、ついにターゲットが見つかった。自称ロリ系の22才。顔はまぁ65点と言ったところだが確かに身体はロリっぽい。この女がCureやアーカイブ、ツイッターまで同じ写メを使っているのだ。よっぽどお気に入りの1枚なのか。さっそく個人情報をあさったところ、ツイッターの会話から、通っている学校までわかってしまった。脇が甘すぎ!すぐメールを送信する。
〈こんにちは。面倒くさいこと抜きに、3でどうですか?〉 
もちろん払うつもりはないが、ここは大金で釣るべし。 いざ待ち合わせ場所に現れたのはやはり、写真どおりの65点女だった。さっそくホテルへ入ったところで、「お金いいですか?」と切り出してくる65点ちゃん。さあ、行くぞ。
「その前にちょっといい?ちょっと気になったんだけどさぁ…これって君だよね?」
SNSのページを開いて問いかけてみたら、それだけで女の顔はみるみる青ざめていった。
「えっ…あっあのっ!お願いします!友達に言わないでください!」
勘のいいヤツだ。そんなにビビるなら、最初から同じ写真使うなよ。
「うん、まあ学校の名前もわかってるけど、誰にも言わないでおくよ。その代わりタダでヤラせてくんない?」「え…」戸惑う女だが、ノーとも言わないのでOKってことなのだろう。結果その後3時間、たっぷり楽しませてもらったのだった。こうなればもうこっちのものだ。
「今日けっこう楽しかったし、定期的に遊べればなって思ってるんだけど」
「……」
かくして、彼女は便利なセフレになった。
それからというもの、ワリキリ掲示板で、「コスプレ」や「アキバ系」などのワードで検索をかけては、出てきた写メを画像検索して獲物を探している。ちなみに同じ写真を使いまわしている女には、「漢字2文字+ひらがな3文字」という、いかにもソレっぽい名前の傾向がある。参考までに。

フランス人
日本の大学に留学しています。フランス人の●●です。21才です。留学生だからいろいろ大変です。わりきってあえる人がいたらメールください
いまどきフランスなんて国に憧れを持つのは泉ピン子ぐらいのものでしょうが、それでもフランス人の女が東京でワリキリ募集していると聞けば、ちょっとした興味を覚えぬわけにはいきません。
タイ人や韓国人、ロシア人などではなく、おフランスのパリジェンヌ(とは限らないけど)が、オマタを開いてくださるなんて、かなり希少な機会といえるでしょう。外人デリヘルでも聞いたことがありません。さっそくホ別2で打診したところ、
『メールをありがとう。コンドームはしてください2・5がいいです。あうのは五反田えきがいいです』
と、やや高飛車な要求が返ってきました。さすが、おフランスの女性は自分を安売りしないようです。その要求を飲み、いざ五反田駅へ。といっても、まだフランス人と信じているわけではありません。西洋の人間は、我々の目がフシアナなのをいいことに、適当な国籍を自称してくるものです。ここは事前にフランス語のフレーズを学んでおき、ホテルに入る前にテストすべきでしょう。 
覚えた言葉は
①「Est-ce que c'est vraiment leFrancais?」
(本当にフランス人ですか?)
②「bonne gratuitement?」
(タダでいいかな?)
の2つです。待ち合わせ場所のファミマ前には、ひときわ目立つブロンド女性が立っていました。顔もそこそこ可愛らしく、しかも巨乳。出会い系にしてはかなり上玉です。
「こんにちは」「ども」
スタスタ歩き出す彼女に、質問開始です。「ねえ、フランス語でこんにちはってどういうの?」
「ボンジュール」
抑揚のない平坦なボンジュールです。とてもネイティブとは思えません。
そこですかさず①番の台詞を口にしたところ、
「……」 彼女はぼけーっとした顔のままです。
「ワタシ、日本語ダイジョウブですよ」
実に怪しい展開になってきました。では続いて②番です。
「…………」
またもキョトンとしています。では英語ならどうでしょう。
「アイハブノーマネー、OK?」
「オウ!ダメダメ!」「だってあなた、フランス人じゃないでしょ」
「ダメダメ!  お金ちょうだい」
「持ってないんだよね」
「約束したデショ!!」
ラチがあかないので走って逃げることにしました。彼女、おそらくウクライナ人あたりかと思われます。正直に書くとイチゴーに値切られるのでフランス人設定にしたのでしょう。
『トイレでワリキリしてくれる方を探しています』会ってみた
日本の底辺の現実をお見せしようと思います。 まず最初のカキコミはこれ。
『トイレでわりしてくれる方を探しています』
なぜトイレなのか。その謎は後にわかる仕掛けになっています。イチゴーでアポをとり、東京郊外の駅前で女を待ったところ、ジャガー横田を小さくしたような、推定45才の茶髪おばちゃんがやってきました。 ジャガーさんは軽く会釈し、そのまま歩き続けます。
「あの、どこへ…」「トイレですけど」
「いつもトイレなんですか?」「そうですね。トイレのほうがラクだから」
彼女が躊躇なく向かったのは、だだっ広い霊園でした。どうやら園内に馴染みのトイレがあるようです。「お墓とか怖い人ですか?」と問われ、お墓そのものは怖くないけど、お墓でワリキリしているアナタが怖いですと思わず口にしてしまいそうでした。ジャガーさんの案内してくれた障害者トイレには、無数の羽虫が飛び交っていましたが、彼女は気にする素振りも見せません。
「じゃあ、先にもらっていいですか」お金を財布にしまい、すかさずズボンを下ろしてフェラへ。そして流れるような手つきで持参のゴムを装着してきます。
「子供が熱出して家で一人だから、もう入れちゃっていい?」
そんな日にこんなことしなくていいのにと同情しながら立ちバックでコトを終えました。そう。彼
女がトイレでさっさと済ませたがったのは、子供が風邪だったからなのです。というのは大嘘でした。霊園を出たあたりで別れたあと、こっそり尾行してみたところ、ジャガーさんは家に帰るどころか駅前のパチンコ屋に入り、オロナミンC片手に、くるくるぱちんこダルマッシュを打ち始めたのです。トイレでの時短プレイは、打ちたくて打ちたくて仕方なかったからだったのでした。
不釣合いなカップルが…本番ヘルス嬢とタダマン
SnapCrab_NoName_2019-7-12_5-36-20_No-00.png
大学卒業後、長いグータラ生活に決別すべく、医療事務の専門学校へ通い始めたのは今年4月のこと。ところがこの学校、周りの環境がよくなかった。真後ろにホテル街が広がり、ちょうど授業が終る時間を見計らつたように力ップルたちがウョウョしだすのだ。まったくもって目障りこの上ない。そんなある日、奇妙な光景に出くわした。ホテル街にほど近い、汚い5階建ての雑居ビルから力ップルがー組、2組、3組、どんどん出てくるけど、ありゃ何なんだ。んっー人でビルに入っていく女のコもいるぞ。変じゃねーか。とうても変じゃねーか。とりあえず、出てきた一組の力ップルに後ろから接近してみる。男は40代と思しきスーツ姿のダサいサラリーマン。かたや女は持田香織似のモロオレ好みだ。なんでこんな不釣合な2人が肩を並べて歩いてるんだろう。
「ナホちゃんは学生なんだ。短大なのっ」「そうだよ、来年卒業だけど」
どうやら2人は出会ったばかりのようだけど、いったいどこへ行くかと思っていたらやっぱラブホじゃんーしかもナホちゃん、自分かーり率先してどんどん入っていっちゃったりして。もうワケがわからんじゃないの。よーし、こうなったら出てくるまで待ってやる。ラブホの目の前のコンビニで、立ち読みしながら張り込みだ。待つこと1時間半。ようやくお2人さんがお出ましになった。
さあ、次はどこへ行くのっと、この2人、ホテルの前で簡単に別れの挨拶を交わすと、別々の方角へ歩きだしてしまう。当然のようにナホちゃんを追いかければ、彼女が向かった先はさっきの雑居ビル。うーん、ますます怪しいぞ。ナホちゃんがエレべータに乗る。で、降りたのが4階。そら行けーとばかりに階段をかけ上がると、目の前の扉に「ホテルヘルス・ピンクパンサー(仮名)」の看板が現れた。
はあーん、ようやくわかったぞ。ここはホテルに女の子を派遣するヘルスの事務所なのだ。ただ普通のデリヘルと違うのは、客が直接女性を見て指名できること。オレが見た光景はその説明で納得がいく。ふーん、あのオッサンとナホちゃんは、客と風俗嬢の関係だったのね。帰宅途中人気のない路上でまもなく、実に素敵なアイデアが浮かんだ。
《彼女とタダマンできるのではなかろうか》
ホテヘルだろうがデリヘルだろうが、連中が追加料金を取って本番やってるのは、過去のオレ自身の経験からいっても明らか。でも、それは言うまでもなく違法行為だ。だったらどうだろう。彼女らに声をかけ、売春ネタをちらつかせたら
「お願い、エッチしてもいいから警察には言わないでえ」なんてことになっちゃったりしないだろうか。仮に「そんなことしてない」と突っぱねられても、この一帯にはクサるほどヘルス嬢が歩いている。手あたりしだいにアプローチをかければ、ー人ぐらい言うこと聞くんじゃないか。もちろん、彼女らが業者に雇われた身で、へタに手を出すと、恐いオニーサンたちに囲まれる危険もなくはない。ま、とりあえず調査してみっかな。
さっそく翌日より数日間、ビルの周りをうろついてみたところ、いつくかのことがわかった。まず、彼女たちはいつも同じホテルを利用し、事務所からホテルへの移動も常に同じルートが使われている。さらに、ラブホ前で客と別れた後は、事務所に戻る場合と、駅の方向に帰るときの二通りがあるらしい。狙うは当然後者だろう。仕事を終えた女のコたちが、人気のない路地まできたところで声をかけるのだ。なんか危ない気がしないでもないがモノは試し。やったるでー。
「け、け、警察の人ですから」
それから2週間、3週間と、オレは学校帰り、ラブホ前のコンビニでヘルス嬢を張った。しかし、これがどうしたワケか、駅に向かうコが一向に現れない。いや、正確にはいないこともないのだが、ブスやブタばっかりで全く触手が動かないのだ。
いっそのこと客として入っちまうか。そんなことを考えながら、雑居ビルを下から眺めていたとき、中からー人の女のコが出てきた。あれうこの前のナホちゃんじゃんーこれからホテルでお仕事っと思いきや、なんと駅の方向に歩いていくではないか。きたきたついにきた。行ったれー
付かず離れず7、8メートルの距離をキープしながら、彼女が路上に入ったところで足早に近づいた。「ちょっとキミ、さっきホテルで本番したでしょ」
「えっけ、警察の人ですか」
あらつこの子はナニを言ってるんでしょうか。確かにオレはスーツ着てるし、ロ調も努めて冷静。けど警察って。そんな都合よく間違えてくれるんなら、そのままニセ刑事になっちゃうよ。
「キミは学生か。そんなことしゃダメなのわかってるはずだよ。親はこのこと知ってるのっ」
「すみません」
べタな演技も完全に信じてらつしゃる様子。一気に攻めるよん。
「このことはなかったことにしてもいいんだキミ次第ではね」そう言って無言で歩き始めたオレの後を黙って付いてくるナホちゃん。話のわかるコでよかった。
ホテルに入っても彼女は信じて疑わずこちらの機嫌を取ろうと必死。進んで即尺にも応じてくれる。そんなナホちゃんをベッドで2発、風呂場でー発イ力してしまったオレって、やっば悪党だよね。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ