★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0056_201910170421275d3.jpg0057_20191017042128fe1.jpg0058_20191017042129018.jpg0059_2019101704213123b.jpg0060_20191017042132280.jpg0061_2019101704213469d.jpg0062_201910170421355d7.jpg0063_201910170421377d2.jpg0064_201910170421385b7.jpg0065_2019101704214060c.jpg0066_20191017042141e15.jpg0067_201910170443279a4.jpg
『乱交パーティに潜入!』昔、こんなタイトルの原稿を書いたことがある。まだ乱交パーティが珍しかった十数年前のことだ。訪れた都内某シティホテルのスイートルームは薄暗く、中で数十人の男女があふれていた。あちらこちらからあえぎ声が聞こえてくる。小一時間ほどして休憩タイムとなり、部屋が少しだけ明るくなった。と、目の前のベッドでやたらデカイ声を出していた1人の女が話しかけてくる。「参加しないの?」
「え、うん・取材で来てるから」「ふ-ん」
バスタオルを巻いただけの彼女が、ベッドから降りて隣に座る。そして俺の耳元に顔を近づけ…。てっきり何かを耳打ちしたいのだと思った。が、次の瞬間、俺の耳に生暖かい何かが触れた・彼女の舌だった。
「ライターさんなの?」
「そうだよ」
「私もライターになりたいんだよね」
何でも、まだ大学生で、今日は彼氏に誘われてやって来たという。パーティでセックスする男は彼氏だけ。でもバイセクシャルだから女とはセックスする。そんなことを聞かされた。自宅の電話番号を聞いて数月、パーティの原稿を書いた出版社から、女性ライターに知り合いがいないか電話が入った・女子トイレの落書きを写真にとってまとめる仕事らしい。これが彼女のデビュー作となった。「本当はライターだけで食べていけれ
ばいいんだけどねえ」
都内某私鉄駅から徒歩数分。訪れた1DKのアパートの部屋で、彼女は言う。確かに、ひと昔前に比べ、女性がライター1本で生活していくのは相当難しくなっている・だから、あんなかは電話応対のバイトもしている。稼ぎはこっちの方がよっぽど大きいらしい。にしても、先ほどから鼻をつく生臭い匂いは何だろう。特別、部屋が散らかつてるわけでもないのだが…。
「動物か何か飼ってる?」「なんにも」
じゃこの獣のような匂いは、何だ?もしかして牝の匂い?ま、慣れてきたからいいんだが。
「ところで、その本棚さ、雑誌がいっぱい返ってるけど、なんでよ?」
「え、親なんかが来たときに困るからさあ」
彼女が、ひっくり返して背表紙を見せてくれる・大半が、あんなかが連載していたSM雑誌だ。ちなみに、その連載、彼女がSとして女性を責めるというもの・男はNG、相手は女性のみ。それが彼女のこだわりらしい。「10分でイケるSEX絶頂体験貢データハウス社)があった。「未遊」という著者名で女性の絶頂体験を取材したものだ。おもおもしろいことに、女性エロライターというのは、ある程度キャリアを積むと、データハウス社からこの手の本を出す。他にも何人か知っているが、悲しいかなそうした仕事は続かない。工口で食ってくのは、本当に厳しいのだ。そう言えば、最初に仕事を紹介した数年後、別の雑誌の編集者からAV男優の加藤蔭と絡んでくれる女性ライターはいないかと聞かれ、彼女を紹介したことがあった。覚えてるかな?
「もちろん・あれはね、いい経験だったわよ・おいしい思いをさせてもらったわ」
あんなかは、ニヤリと笑う。その顔、オヤジ臭くて、なかなかい。
ハプニングバーで3Pする近相姦の母子がいるという事実

他人の性癖に文句を言うつもりはない。ただ何故そうなるのだろう?

先月、新宿のハプバーへ遊びに行ったとき、隣席に妙なカップルが腰を下ろした。大学生になりたてのような初々しいイケメンが、40オーバーのケバい熟女を連れているのだ。
 まもなく、そのカップルのもとに単独のオッサン客が近つき、しばし雑談をかわしたあと、熟女を連れてヤリ部屋へ消えていった。残された若い男はひとり平然とビールを飲んでいる。
 驚いたのは、その後、例の熟女が別の単独男を取っ換え引っ換えして、ヤリ部屋への出入りを繰り返したことだ。何ちゅう性欲ババアだ。思わず、隣に座わるババアの相方オトコに声をかける。

「お連れさん、ずいぶんアグレッシブですねえ」
 彼はニコニコと答えた。
「あはは、ホントですよね。でも、昔からずっとああなんすよ」
「けっこう、お付き合い長いんですか?」
「長いっていえば長いですねえ。なんせ僕が生まれてからずっとなんで」
「え?」
「あの人、母親なんです」
「ウソでしょ?」
「マジっす。一応、こういう店に来るときは歳の差夫婦ってことにしてるんですけど」
「じゃあ肉体関係は…」
「あはは、なけりゃハプバーなんて来ませんから」
 彼はやけに気軽に、近親相姦に至った経緯を話し出した。
物心ついたころからすでに母子家庭だったこと、彼が学生になったころから、母親が次々と男を自宅に連れ込むようになったこと、そんな母親の喘ぎ声を隣室で聞いているうちに、いつしか自分も母親とヤリたくなったこと。
 そしてついに彼が15才のとき、風呂上りの母親を抱きしめて
「セックスしたい」と申し出たのだという。
「そしたら『実はアタシもしたかった』とか言って。あの人、マジ、ヤバいっすよね」
 いやいや、キミも相当ヤバいから。すぐによこしまな気持ちが芽生えてきた。この親子と3Pしてみたい! こんな経験、滅多にできるもんじゃないぞ。
彼はあっけらかんと承諾した。
「いいっすねえ。でも母にはいま聞いた話は内緒にしてください。人に言うと、すっごい嫌がるんすよ」
 当たり前だ!息子くんの呼びかけで3人でヤリ部屋へ。プレイは本物親子の濃厚なディープキスから始まったのだが、成り行き上、息子くんが挿入役、俺がフェラを受ける役に回ろうとした際、母親から「待った」が入った。
「何してるの? 普通はゲストの人から先に挿入でしょ? せっかく遊んでもらってるんだから、もっと気を利かせないさい。わかった?」
「はいはい、わかりました」
 うわ、こいつらやっぱり親子なんだな…。
 プレイ中、この手の会話は他にも何度かあった。
 たとえば騎乗位で俺が挿入している最中、息子くんがフェラをさせようとしたときの母親の反応。
「いまフェラすると私が集中できないでしょ。もっと空気読みなさい」
 たとえば息子が正常位で挿入していたときの彼のひと言。
「もう〜挿入中にマンコ締め付けるの止めてって言ったじゃん!」
 プレイを通じて最も印象的だったのは、俺が先に射精を終えた途端、親子が交わしたこの会話だ。
「あーん、ヨシ君(息子の名前)、はやく入れて!」
「何を入れてほしいの?」「ぶっといチンポ。はやくそれブチ込んでイカせて〜〜」
 2人が日常的にこういうやり取りをしているのかと思うと、おぞましくもあり、逆に感服するところもあり…。まったくどえらい親子がいたもんだ。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内