★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0083_201910051145457b9.jpg0084_20191005114546d02.jpg0085_20191005114548fa5.jpg0086_2019100511454982e.jpg0087_20191005114551eae.jpg0088_20191005114552753.jpg0089_20191005114554c95.jpg0090_20191005114555809.jpg0091_20191005114557fc2.jpg0092_201910051145581c1.jpg0093_20191005114600644.jpg0094_20191005114601249.jpg0095_201910051146039b2.jpg0096_20191005114604007.jpg0097_2019100511460612b.jpgSnapCrab_NoName_2017-9-10_13-40-4_No-00.png
趣味はノゾキだ。夜な夜な住宅街へ繰りだしては民家の窓にへばりつき、若い女の痴態をこっそり拝む なんてことを日課としている。下着姿でまたぐらを掻きながらTVを眺めたり、タンクトップから乳がはだけたまま居眠りしていたり。そんな、他人には決して見せない無防備な女の姿にタマらなく興奮するわけだが、ひとつ不満なのは、ターゲットの新規開拓がなかなか上手くいかないことだ。
せっかくノゾキに適した物件を見つけ、かつ、そこにカワイイ女が住んでいたところで、相手が必ず窓もカーテンもびっちり閉める用心深いキャラでは意味がない。
ところが今夏、俺のノゾキ人生に革命が起きた。
地元の電気屋が出していたエアコン取り付けスタッフの募集にたまたま応募し、そこでしばらく働くうちに、ふと素晴らしいアイディアを思いついたのである。
この記録的な猛暑が続く夜に、エアコンがぶっ壊れたと したら、彼女たちはどんな行動に出るか?    少しでも涼を取ろうと、自室の窓を開け放つに決まっているではないか。
エアコンを人知れず故障させる方法は難しくない。室外機のカバーをはずし、中にある2つの●●のうち細い方をペンチで潰せば、フロンガスの循環がとまり、エアコンから冷気が出なくなるのだ。
腹を決めたところで、さっそく動いた。
今までノゾキスポットに昇 格しきれなかった物件から、アパートや民家を7、8軒ほ どチョイスし、深夜、ひとつ ずつ室外機の●を潰して回る。作業の内容上、物音はほとんど出ない。ターゲットに気づ かれる心配はまずないだろう。結果は笑ってしまうほど期待どおりのものになった。
細工したすべての部屋の窓が、以降、開けっ放しになったのだ。暑くて気が狂いそうだという女たちの悲鳴が聞こえてくるかのように。
生理用のデカパンを履いて大の字に寝転がる女子大生風、真っ裸で缶ビールを飲み干すOL風などなど。これほど大量の新鮮なオカズをゲットで きたのは初めてのことだった。
女性の皆さん、夏はご用心を。
エロライブカメラをノゾキ見してたら性犯罪が生中継されていた
0212_20190715091848226_20190810220509915.jpg0213_20190715091850223_20190810220511ab2_2020011215225048c.jpg0214_20190715091851546_20190810220512500.jpg0215_20190715091853038_2019081022051437d.jpg0216_201907150918549a1_20190810220515e8c.jpg0217_201907150918566e0_20190810220517a6d.jpg
私のパソコンには、女をむりやり押し倒す男の画像が映し出されていた。慣れた手つきでパジャマをはぎ取り、嫌がって首を振る女の胸を下からすくいあけるようにもみしだく。と、画面の左上から新たに男が出てきた。髪型、服装ともに、いかにもソノ筋といった風体の大男は、チャックを引き下げ、自分のモノを女の顔に突きだす。追い討ちをかけるようにコワモテの男がさらに2人。女は観念したかのように抵抗を止め、両手に掴んだイチモツの方へ唇を寄せて。
これは、ネットで配信されている、作り物の画像ではない。とあるマンションの一室で起きた紛れもない現実である。それが私のパソコンに、リアルタイムで送られてきたのだ。
ことの起こりは、いまから2年前にさかのぼる。『のぞき放題110分間無料ー』
いつものようにインターネットのサイトを巡回していた私は、こんな煽り文句を見つけた。どういうことかと読み進めてみれば『エッチな極上ギャルの私生活24時間生放送』とある。コチラへといっボタンを迷わずプッシュ。現れたのはマンションを模した画面だった。
「ケイコ」や「ミキ」など8つの扉が用意されている。どうやら、ドアをクリックするとー分20円で中の様子が楽しめるようだ。いわゆるライブカメラってやつだろう。ライブカメラとは、コンビ二に設置されているような監視カメラで映した静止画像を、インターネツトに配信する技術だ。当初は観光地の風景などを公開するために使われていたか、そこにアダルト業者が目をつけた。折しもエロサイトは、いかに過激な画像を用意できるかでシノギあっていた時代。素人娘の無防備な姿を覗かせる斬新なシステムは、ネットの産業革命として大評判になった。私もすぐにクレジットカートナンバーを入力したクチだ。
実際、女のコがオナニーやセックスをする時間を推測してアクセス、見事ヒットしたときなど、一流の釣り師にでもなったような感動である。マンコ丸見え画像に何も感じなくなっていた私が、「キャミソールの若い女が掻きむしる姿」だけで興奮したのだから、その効果は抜群と言えよう。
しかし、ライブカメラの重大な欠点が表面化する。肝心要のセックスシーンがあまりにも少ないのだ。当たり前ではある。毎日同じ時間にHする女なんているわけがない。それどころか、いさ連れ込んだ男が早漏だった日にゃ、10数分で終わるのだからやってられない。試しにHシーン計算してみると、とんでもない数字が浮き上がってきた。仮に、週3回、ー時間ほどセックスに耽る女がいたとしよう。彼女を毎日24時間監視しても、お目見えできる可能性はわずか17%なのである。覗ける時間を考えれば、実質2%ぐらいまで下がるだろう。
さらに難儀なことに、セックス中は一箇所にアクセスが集中し、画像か見られない現象まで起きた。予約殺到で何週間も待たされる人気風俗嬢みたいなものだ。
ー分20円も取りれるのに、なにが悲しゆうて2%のチャンスを待たねばならんのだ。それでも、しつこく粘ってみたものの、男と数時間イチャついたあげく、本番をバスルームで済ます女を見るにつけ怒りが頂点に達した。なんなんだ、その態度は。もう少し全世界に放送されている自覚を持てやーパソコンのモニター相手に無駄な悪態をつき、退会希望のメールを送る私であった。
それから2週間。いったんはナリを潜めたノゾキ願望が、再びメキメキ湧いてきた。が、金を払う気は毛頭ない。なんとかタダで見られないものか。
調子に乗った私は、さらなる禁じ手を用いることにした。ずばりハッキングである。業者のセキュリティホール(抜け穴)を突き、タダで見てやろうという魂胆だ。その詳しい手口は省かせてもらうが、所詮は素人の作った穴だらけのシステム。あっさり裏口からの侵入に成功した。
私はいったんそのサイトを退室し、他の業者が提供するライブカメラを覗いてみた。と、映っているのは今とまったく同じ風景ではないか。名前か違うだけで、女のコは明らかに同一人物である。察するに、ライブカメラ付きのマンションを所有する元締めがいて、それにたくさんの業者が群がっているものと思われる。元締めの正体は、おそらくソノ筋の御方だろう。だとしたらこんな危険な真似はそろそろやめたほうが…。
そんなある日、興味深い異変が起きた。数日前から空室になっていた部屋のファイルサイズが急に大きくなったのだ。これは動きがあった証拠。新入りでもやってきたに違いない。さっそく覗いてみよう。あらためて申し上けるが、その部屋は一般には公開されていない。プログラムミスをつき、私だけが秘かに潜入した秘密の花園である。そこでいったい何が行われているのか。軽い胸騒ぎを覚えながら画像を開くと、部屋は数人のコワモテたちで埋め尽くされていた。
ある者はシーツを替え、ある者はカーテンを外している。新しい女のコを迎えるために模様替えをしているようだ。
あはは、こんなシーンまで撮影しているとは・まさか、自分たちが覗かれているとは思いもしないのだろう。みな真顔で働いている。なんて笑っていられたのもこくわずか。しだいに、ハンパじゃない恐怖が湧き上がってきた。やはりコレ、バレたらシャレにならない。集まった画像も数10万枚を超えているし、いいかけん潮時だろう。こうして私はついに、3カ月間働きづくめだったパソコンの電源をオトした。
全世界にチンコが生放送されちゃった
しかしその半年後、私はひょんなことかり再びライブカメラに手を出すことになる。
腐れ縁である田島と飲んでいたときのことだ。
「オレ、全世界にチンコを生放送されちゃったよ」
出し抜けになんなんだコイツは。ピールを噴き出す私にたたみかけてくる。
「このまえ駅前でさ、いかにもナンパ待ちの女にダメ元で声をかけたんだよ。そしたら、妙にノリがよくてさ、近くに住んでるから来ないかって誘われちゃって」
「はあウソだろう。そんなオイシイ展開あるわけねーじゃん」
「いやいや、ほんとマジなんだって。あまりにも簡単なんで、さすがに怪しいと思ったよ。そしたらね、案の定オチがあったんだ。ヤリ終わって天井を見たら、カメラがぶら下がってやんの。あはは」田島もインターネットの知識は多少ある。それがライブカメラだとすぐに気がついた。が、すでに己のチンコは全世界へ配信済み。どうすることもできない。
「アクセスを上けるために、ときどき男を連れ込むんだろうね。まあ、いい思いができたし、笑い話
にもなるから気にしてないけど」「そっか・・」
実はこのとき私は、まったく別のことを考えていた。
『そのライブカメラ、遠隔操作ができるんじゃなかろうか』
ライブカメラはインターネットにつながっている。女のアドレスを探り当て、少し細工をしてやれば、ホームページを見るような要領でアクセスが可能。そうすりゃ、力メラを操れるハズだ。さっそく私は田島から彼女のアドレスを入手し、作業に取りかかった。
話によれば、マンションは業者が用意したものでなく、女の本物の部屋にあるらしい。ならば、力メラのアドレスも、女のメール近辺にある可能性が高い。例えるなら、目標の住所を調べるのに、お隣さんの郵便番号かり当たるようなものか。しらみつぶしに探していくこと30分…。ビンゴーパソコンのモニタに、ライブ力どフの映像か写しだされた。隣にいた田島も
「おお、マジでこの部屋だよーちくしょー」と、大興奮である。予想どおり\画面にはカメラの操作キーも表示されていた。これでクリックすると、コチラの手元でズームや画像のサイズ変更までできてしまう。女が力メラの前で股を開こうものなら、マンコに向けて即ズームアップ。画像が見づらいときは、サイズを変更すれば、細部のシワまで超クッキリ。いっぱしのAV監督気分だ。気を良くした私は、調子にのって、さらにライブカメラを探して5みた。すると、出るわ出るわ。
ほんの少し調べただけで8人分の力メラを見つけてしまったのだ。今回はライブカメラに直接アクセスしている。細かい説明は省略するが、業者に気がつかれる可能性は極めて低い。こうして私は再び覗きの世界にのめり込んでいった。
精神を病んだ女のオナニーシーン
ひさしぶりのライブカメラは、以前と比べるとレベルがずいぶん上かっていた。マジで女の寝室に力メラが入るようになったのはもちろん、容姿やスタイルなと女の質も抜群に向上している。面賛も進歩しているので、特徴もつかみやすくなった。私は、8つのライブカメラかりお気に入りを3人選び、重点的にチェックすることにした。まずは、公称22才のノリコ。平山綾のように顔が愛らしく、ルックスは最高だ。こんな美女がとんな姿を見せてくれるか。想像するだけで股間は熱くなるが、何度見ても、ひたすら水着で寝っころがるだけ。特に過激な行動をしなくてもアクセスが稼げるってか
くそー。ナメんなー次に24才のミ力は、弾力のありそうな体に、彫りの深い顔立ちが妙にソソった。しかし、なんといっても彼女のセールスポイントはサービス精神である。ヒマさえあれば力メラに向かって自分の巨乳を操みしだき、ときにはマンコを指で拡げ、くっつかんばかりの距離でオナニーを披露するのだ。うーん、わかっていらっしゃる。もちろん私は、カメラの解像度を上げて細部をじっくり眺めるわけだが、画像を片っ端かりチェツクしていると、気になる点が出てきた。
彼女、オナニーをする前に、必ず話しているのだ。ひょっとして…。おそらく業者から「もっと過激にやれ」といった指示でも出ているのではなかろうか。ならは過剰なまでの演出も説明がつく。本物の淫乱女と思っていただけに私の落胆はハンパじゃない。
ラストのユカ(23才)は、線の細い身体に、ストレートの黒髪が目を引く女だった。特に美人というわけでもない。それでも私が注目したのは、彼女の部屋だけ、トイレとベッドの2カ所に力メラが設置されていた点である。トイレで興奮する性癖らしく、便器の前でしきりに腰をくねらせオナニーに耽るのだ。もちろん、その瞬間を狙って、ズームアップだが、そんな彼女に対し、私は次第に不気味な空気を感じるようになっていく。原因は表情である。
よく見ると視線は宙をさ迷い、口元だけ歪んだ形で笑っている。それでもオナニーだけは続けるのだから、精神が病んでいるのは明白だ。実際、後にライブカメラに詳しい人に事情を聞いたところ、かつては借金返済のために働く女ばかりだったが、評判を呼ぶにつれ人手か足りなくなり、精神のタガが外れた人間を採用するケースが増えてきたというのだ。いくら挑発的なポーズでも、これじゃあ興奮しようがない。私は、ユ力に見切りをつけ、新たなお気に入り探しを始めることにした。
恐怖にかられながらムスコをしごき…
何か否風味な違和感を感じたのは、久々にライブカメラのトップページを眺めていたときだ。各部屋の状況が表示されている中、ユカの部屋だけ「空室」になっている。つまり正面の入り口からは誰もアクセスできない状態だ。ひょっとして彼女、いよいよ引退したのだろうか。好奇心に駆られた私は、裏口からユ力の部屋に接続してみた。するとノンキにウーロン茶なんぞを飲んでいるではないか。これはいったいどういつことだろう。
ライブカメラは基本的に24時間体制。単純な表示ミスでもあったのかもしれない。とりあえず私は、再びュカの画像チェックをONにしておいた。事態が急変したのは、それから約2日後の深夜12瞳」ろである。別のマシンで仕事をしていた私が、なにけなくライフ力どフ用のパソコンに目をやったそのときだ。何かに怯えてるユ力の画像が飛び込んできた。事前にカメラの解像度を上げていたので、表情まではっきりと読みとれる。2枚目を見て私は腰を抜かした。
明らかにヤクザ風の男が、ユ力をベッドに突き倒していたのだ。3、4枚目は、彼女の服を脱がそうと格闘する様が、コマ送りになって届けられる。おい、なんなんだよ、コレ。ひょっとしてレ〇プじゃないのか。急いでもうー台のパソコンかり部屋の入り口へ飛んでみる。
ということは、今、このシーンをネットで覗いているのは裏口かり侵入した私だけ。ユ力も、彼女の腹を殴る男も、よもや見られているとは気つきもしない。私の驚きを裏付けるかのように、6枚目、新たな男がイチモツをユカの顔の前に出し、フェラチオを強要していた。最初の男は、馬乗り状態で乳首を吸っている。さらに2人の男が登場した7枚目、ユ力の顔はすでに諦めた様子だった。その後は、全裸にさせられた挙句、入れ替わり立ち替わり、ー時間ほどヤラれまくる。
「おいおい、これってヤバすぎんじゃねーかー」呆然と眺めていた私は、そこで我に返りインターネットを切断した。今もユ力は4人の男たちに犯されているかもしれない。そんな恐怖にかられながら私は、パンパンになったムスコをしごき、不覚にも大量の精液を放射してしまう。途端に後悔の念が襲ってきたー。
★自分たちが雇った女を、その部屋で犯す。これははたして日常的なことなのか。それとも私が一回限りの事件を偶然に目撃しただけなのか。当然、理由は不明である。確かなのは、ライブカメラを使ったエロサイトは、着実に増え続けていることだ。最近は、女子寮やラブホテル、はてはトイレの盗し撮りをウリにするサイトまで現れた。しかし今の私には、再びサイトを覗く気力はない。その裏に潜む光景を妄想してしまうからだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内