★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0226_20190907125318057.jpg0227_20190907125319ef5.jpg0228_20190907125320d5c.jpg0229_20190907125322bf8.jpg0230_20190907125323cc8_20200127043553286.jpg0231_201909071253251fd_202001270435544f0.jpg0232_20190907125326cb8.jpg0233_201909071253287c3.jpg
皆さんはどんなオカズを用いてきただろう。
グラビア、DVD、返ってくるのはおおよそそんなんだろうか。
隠さないでいただきたい。
最初に宣言したのは聞きたかったからだ。
そこのあなた、そしてそこのあなた。特定の知人、その女をことある度に使ってきませんでしたか?
半年ぐらい思い出さなかったりするけれど、ふと困ったときはソィツに頼ってしまう、
そんな女はいませんか?
オレにはいる。DVDがないとき、ムラムラしたからさっさとヌキたいとき。そんなときはいつもソィツが頭の中で淫らなポ—ズをとるのだ。
その女、増村沙希は中学1年のときの同級だった。
目は細めでキリつとしカワイらしくて頭もよく、結構モテていたと思う。
ただ、美術部に入るような地味な子だったため、オレとはほとんど接点がなかった。席が隣になったとき、教科書を見せてもらったぐらいだ。
好きだった、というのとはちょっと違う。付き合いたい女は他にいた。なのにオカズになったのはいつも増村だった。エロ本のグラビアに増村の顔を脳内コラージュしてはシコリまくった。好きな女を使わずに。このあたりの機微は、男ならわかってくれると思う。
中学2年の夏休み前、親友のノブが彼女と付き合いはじめた。
「昨日はウチで宿題やってったよ」
「この前初めてキスしたよ」
ノブから聞くことすべてが新鮮だった。キスをしてるってことは、セックスもまもなくじやないか。オカズ頻度はますます高まった。
1日5回使ったこともある。そのころから増村の胸は大きく膨らんでいった。まるでオレに、もっともっと妄想してねと言わんばかりに。
当時、そして今も利用する定番の妄想シーンがある。
美術室で絵を描く増村に近づくと、彼女は言う。
「建部くん、脱がせて」
ゆっくりとYシャシに手をかけてボタンを外す。現れるのは白いブラジャーだ。ブラを外すと大きなおっぱいが飛び出してくる。乳首は小さめでピンクだ。
増村は「フフッ」と笑いながらパイズリをしてフェラチオをはじめ、そのまま服を脱いで正常位の態勢でオレを迎え入れる
さすがに中学時代ほどではないにせよ、高校、大学へ社会人へと進んでも、ときどき彼女は頭の中にあらわれ、そしてあの放課後の美術室でたわわな胸を操みしだかれた。
ありがとう、増村。オレが放出したタンパク質の は君によるものです
そぅ
すると同時にオレは軽い自責の念にもかられる。長年にわたりコソコソ影に隠れてオカズにしてきたなんて、ずいぶん女々しくないか?博よ、お前はこれからも日陰者としてシコり続けるのか?
決めた。男らしく正々堂々と伝えよぅ。ずっと君をオカズにしてました、と。これからはまっすぐ陽の当たる道を歩くために。まずはノブに電話をした。風のウワサでは高校生になっても付き合っていたようだし、現在を知っているかもしれない。
「久しぶり、元気か?」
「おお、元気だよ。どうしたんだいきなり? 」
「いたじゃん、オマエの元カノ。まだ連絡とってんの?」
「ああ、いたね〜。連絡はとってないなぁ。でもウチの妹と沖良かったから、もしかしたら番号知ってるか が聞いてくる。も。聞いといてやるよ」
そぅいえばノブには下の妹がいた。チヤンスだ。ドキドキしてきた。この番号に電話をすれば、何度もオカズにしてきたあの子とつながるのだ。仲がよかったわけではないだけに気まずい会話になりそうだけど、頑張れオレ。
「もしもし、増村さんのお家ですか?」
「はい、そうですが」
「あの、覚えてるかわからないんだけど、Wの同級生の建部です。ノブのの…」
「あ一、建部くん、覚えてるよ!どうしたの?」
うれしい。覚えていてくれたか。
高ぶる気持ちを抑え、アルバムを整理してた云々の作り話を伝える。
「そっか一。いまワタシ都内で一人暮らしなんだよね」
「だから、どっかで待ち合わせない?久しぶりに話もしたいしさ」
「いいよ〜。じやあ新宿とかで」
電話を切ると手汗をびっちょりかいていた。一人暮らしってことは独身なんだな。
金曜の午後7時。新宿駅に早めに着いてタバコを吸おうと喫煙所を探していると、懐かしい顔が見えた。メガネをかけた彼女は増村に違いない。でも少し太ったようだ。
「うす。久しぶりだね」
「建部くん太ったね〜ワタシも人のこと言えないけど」
こんな明るいキャラだったつけ。目を下にやると服の上から巨乳がこれでもかと主張している。居酒屋に向かって歩きながら2人は近況を報告しあった。
「仕事ってなにしてるの?」
「衣料品販売の事務だよ。建部クンは市ヶ谷なんだ?ウチ代々木だから近いんだね」
長年のオカズは意外にも近くにいたようだ。テーブル席に座る。増村の胸がテーブルに乗つかっている。ホント、大きくなったな。オレは妄想のなかで何度もこの胸でパイズリをしてもらったんだ。
「再会を祝して、カンパーイ!」
グイっと口にして一息ついたところで増村が聞いてくる。
「あ、見せてよ」
「やく、忘れてきた!ゴメンな」
「え、何それ」
マズイ空気になるかと危倶していたが、彼女は笑ってる。
「そんなに話さなかったよね、私マジメキャラだったし、建部くんは真逆だったもん」
ビールをグイっとあおった。さらには力バンからタバコを取り出し火をつける。
「タバコ吸うんだ?」
「うん、お酒飲んでるときはつい吸っちゃうんだよね」
オレの脳内の増村は、酒もタバコもやらない真面目な子だ。ただ少しパイズリが得意なだけの。幻想が崩れていく。増村は3杯目のビールを空けた。酔ってきたようだし、伝えるなら今のタイミングしかない。いいのか?言っちゃっていいのか?さえぎったのは彼女のほうだった。
「建部くんグラス空いてるよ」
「あ、うん…」
「どうしたの?なに飲む?」
「…実はさ、今日は話があって」
オレが既婚だとはまだ伝えていない。この流れからいけば、愛の告白が始まってもおかしくない空気だ。増村の表情が緊張している。これまで何度か目にしたことのある、告られることを察した女の顔だ。違うんだ、増村。それとはちょっと違うんだよ。
「唐突でごめん。オレね、ずっと増村をオカズにしてたんだ」
…不思議そうな顔で増満はオレを見つめている。
「オカズ?」
「うん、だから今まで、増村のことを思いながら、その、オナニーしてたんだよ」
言ってしまった。恥ずかしくて顔を見ることができない。
「意味、わかるよね?」
「…え〜、うん。…え〜?」
そっと顔を上げた。増村は笑ってない。
「こんなこと言われても困るだろうけどさ、どうしても伝えたかったんだ。黙ってコソコソしてるのもイヤだったから」
「…コソコソしてるって、そういうものでしよ」
正論だ。コソコソするのがオナニーというものだ。困ったまま、言う。
「え、じゃあ写真を渡すってのは?」
「ごめん、ホントはそんなのはないんだ。会うための口実で。あの、どうなんだろう。こんなコト間きたくなかったかな?」
「う〜ん、正直ちょっと引くよ」
そうか、引くのか。そりゃそうだよな。
「でも、それだけオレにとって魅力的だったってことだょ」
「そうかもしれないけど…」
沈黙が続く。こんなに真正面から告白したのに、男らしさを感じてくれていないのだろうか。
「それでさ、オレ、絵を描いてきたんだけど」
確かめたかった。オレの妄想はとんでもない的外れなものだったのか、それともあり得なくもない設定だった。「なにコレ?」描かれた絵は、オレにパイズリをしている姿だ。
「そんなシーンを想像しながらしてたんだよ。パイズリしたことあるの?」
逃げられるかと思ったが、アルコールのおかげかノってきた。
「あるある。むしろみんな言ってくるもん」
そぅなんだ。あり得ない話じゃなかったんだ。オレのもたいしたもんだ。
「そのときは相手の目を見るの?オレの中ではずっと見ながらしてくれたんだけど」
「なにそれ〜」
「わかんないよ。見るときもあるでしょ」
そうか、見るときもあるんだな。よしよし。
他にも使わせてもらった、ノブのセックスを覗いてる絵や、大人になり騎乗位で激しく腰を振る増村の絵を順番に見せたが、実際は「想像にまかせるよ」で済まされてしまった。いだろうか。
が立ちあがりトィレに向かった瞬間、。開きかけた女子トィレに入ろうとしている。
「え、なになに!?」
「いいから!」
そのまま個室になだれこむ。
「ダメだよ、ここ女子トイレだよ?」
「頼む、おっぱいだけ見せてくれ」
「ダメだってば、バカ言わないでよ」
「もぅこれ以上は言わないから、才カズにしたいだけだからお願いだ!」
「…わかったわよ、ちよっとだけね!」
増村がみずからシャツをめくると、ピンクのブラに包まれた曲議な乳房が現われた。ブラからはみ出
るほどの大きさで、色も浅黒い。これが、これこそがおっぱいなんだ。
「終わり!もう出てって!」
トイレから戻り言う
「なんであんなことするのよ」
「ごめん。でも…」
「もう帰ろう」
家に帰ったオレはトイレに菴ってチンコを握りしめた。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内