★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0073_20190607191253f14.jpg52_20201118075836d3f.jpg5_20190805165244980.jpg0035_20180819094714525_20191022163636849.jpg
1、出会い系アプリ『ASOBO』には、「サークル」という機能(一般的に言うところのコミュニティ)がある。誰もが自由に趣味の集まりやオフ会グループを作ることができるため、人妻に興味を持たれそうなテーマを考えてサークルを作ってみた。

 結果は、「既婚者同士で飲みましょう」も「セックスレスを語ろう」も、男の入会希望はパラパラ来たが、女はゼロだった。しかし、次のサークルには人妻2人が引っかかった。
『関東・年上女性と年下男性の出会いサークル/年下メンズが好きな40才以上の女性と、年上レディが好きな30~40男性の出会いの場です』一人は40代半ば、もう一人は50代だ。狙いどおり、熟女にとって年下男は魅力的らしい。オレは熟女好きだが、さすがに50代はシンドイのでスルー、40代女性にメールを送ってみた。「ありがとうございます。まだ作ったばかりのサークルなので人が少なくてスミマセン」対して、女からの返事はかなり親しげだった。サークル主催者だからか勝手にゲタを履かせて見てくれている感じだ。ならばと、メール数回のやりとり後、「ゴハンでも」と誘ってみると、すんなりアポれてセックスまでできた。熟女人妻ってのはキッカケさえ掴めば何とでもなるんだろう。その後、この「年上女性と年下男性の出会いサークル主催者」作戦で、さらにもう一人熟女をいただいた。私が使っている『お気に入りトーク』は、プロフィール欄に「未婚・既婚」の選択項目が設けられていない。そこで当初は「自己紹介スペース」に「主婦です」とか「結婚してますが」と書いてる人間を探していたが、数が少ないのでやめた。
 現在は、30代以上の女にとりあえずファーストメールでこう聞いている。
「もしかして人妻さんかな?」
するとどうだろう、10人中1人は「そうですよ~」なんて返事をしてくれ、スムーズにやりとりが始まる。この反応、私の分析はこうだ。人妻たちは家庭を壊したくないはずで、基本的には素性を隠さずに出会いたいと思っている。ただ、自己紹介スペースに「結婚してます」なんて書くと、男が寄って来ないかもしれないので、何となく伏せている。が、本当はやっぱり最初から事情をわかってくれている相手のほうがいい、ってなところだろう。
 最近、オレはこのファーストメール作戦をもう一考。自分のプロフ写真(3枚設定可能)に『タモリ』を加えて、こうアプローチしている。
「もしかして人妻さんかな? チャット、してくれるかな?(いいともタモリ風)」

 つまり、気さくなおっさんキャラを振る舞うわけだが、これがなかなか悪くない。返信率は10人中3人にアップした。このタモリキャラは、アポを提案する際も「来週あたり、会ってくれるかな?」と切り出しやすくて重宝している。
2、出会い系アプリ『ASOBO』の掲示板に、以下のメッセージを書き込んでみた。
「同世代の40才以上の方と会いたいです。仕事が自営なので、時間の都合は付きやすいほうかと。よかったら、体で会話をしましょう」
最後の一文は少々下品かもしれないが、熟女にはこういうストレートな表現が響くだろう。週1で同じメッセージを投稿すること1カ月。ついに一人の女性から連絡が!
45才の人妻さんだった。やりとりをしてみると、昼はダンス教室の先生をしており、夜は旦那が店主を務める居酒屋を手伝っているという、けっこう忙しそうな方だった。アポを切り出すと、すんなり応じてくる。その気で連絡してきてくれているようだ。当日、待ち合わせ現場にやってきたのは、ひざ上のスカートを履いて、ダンスで鍛えた美脚を出した熟女だった。俄然、こちらのテンションも上
がってくる。24時間営業の居酒屋の個室に向かい合って座り、しばし世間話をした後、行動に出るこ
とに。テーブル下で足をぐいっと伸ばし、スカートの中に侵入させ、指先で股間をつついてみる。普通に会話を続けながら。
「へー、ダンス教室の生徒同士も、いろんな人間関係があるんだ」
「そうなんですよ」
触らせたままだ。ノリがわかってるじゃないか。1時間ほどで居酒屋を出ると、もちろんまっすぐラブホへ。では、本格的に体で会話しましょう。彼女は抜群のセックスを披露してくれた。さすがはダンス教室の先生というだけあり、体が柔らかいうえ、手足や腰の使い方がわかっており、テクニックが素晴らしいのなんの。
3、女はサクラやキャッシュバッカーをのぞけばほとんどがエンコー希望で、特にアプリ世代ともいえる、18才~20代前半の子が多い。この状況でどうセフレを作るのか。どう考えても無理だろう。そう、非常に難しい。しかし毎日、1分ほどの単純作業を繰り返すと、半年に1人ほど獲物が引っかかる。効率が悪いので、他サイトをマジで、こちらは上手くいけば儲けモンぐらいの感覚でいればいいだろう。ではその手法を。
毎日、夕方6時くらいにサイト内の「オトナ掲示板」に以下の文を投稿する(無料)。〈自宅マンションで1人お酒を飲む予定の29才フツメンです。趣味が料理なんで好きなモノ作ってあげるから誰か食べ&宅飲みしに来ませんか? 大宮駅から徒歩5分くらい! ちゃんと終電までに帰すから心配しないでね~〉お察しのとおり、リターンのほぼすべてが普通のエンコー誘いメールだ。それらはスルーする。ところが、半年に一度くらい、エンコーには触れずに「お願いします」みたいな女があらわれる。エンコー女ではあるのだけど、客が見つからないし泊まるところもないような、本当に切羽つまった状況になってメールをよこしてくるパターンだ。若いエンコー女が多いこのサイトだからこその現象だろうと思う。家に来てしまえば、エンコー女であろうとタダでどうにかなるもの。彼女らにも一飯の恩義ぐらいはあるのだろう。
4、私がパパ活女子を探すのに利用しているサイトはASOBOです。老舗の出会い系ですが、他の大手サイトに比べて知名度が低いので、パパ活女の人口もそこまで多くありません。また、売春目的のユーザーが半数以上を占めていて、エンコーのために利用する男女が多く、パパ活目的の女は少ないです。では、なぜ、セミプロが多いこのサイトをプッシュするのか。答えはライバルになる男たちとの差別化にあります。エンコー狙いの男が多いので、パパ活をしてみたいと登録した女が受信するメールは、気持ち悪い内容ばかりです。
「ホ別苺でどう?」「生中なら3で!」
こんなメールを最初から送られるピュア女の気持ちを考えてみてほしいです。その後に紳士的な内容でパパ活を提案されれば、この人なら会ってみようかと思うのは自然な流れです。このように他の気持ち悪い援交男とメールの段階で差別化できるというのが、このサイトの利点です。
まあ、結局は会ってからはエンコーの交渉をするんですけど、ピュアっぽい女とアポれる確率が他のサイトとは段違いです。具体的な方法は、ピュア系のカテゴリの「ともだち掲示板」の中から「今から遊べる人」というタグで検索し、パパ活の提案メールを送るのが正攻法。
パパ活女の数は少ないが、アポまでの成功率は高い。そんなサイトです。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内