★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
aba1066_20190808214324673.jpgaba1067_20190808214326105.jpgaba1068_20190808214327bad.jpgaba1069_20190808214329ed0.jpgakl062_20190808214330bd7.jpg0062_20171003224539576_20190808214343fb0.jpg0063_2017100322453561d_20190808214345933.jpg0072_20171027164834687_20190808214348e17.jpg0073_2017102716483630b_20190808214349e49.jpgaba1063_20190808214320bc0.jpgaba1064_20190808214321771.jpgaba1065_20190808214323001.jpg
日本人女性スタッフ在籍のマッサージ店だ。ホームページには「 当店は風俗店ではありません 」とキッチリ記してあるが、店の住所が書 いていない。出張タイプでもないのにどういうことだろう。
システムは「 電話予約制 」で、その際に店舗の場所を案内されるようだ。何か引っかかる。そこで先日、実際に電話し、教えられたマンションの店舗に行ってみた。代金 (1 万3 千円 )を支払って個室で待っていると、若い日本人女性スタッフが現れた。さっそくマッサージが始まり肩、背中、腰と揉まれていく。だが、いつまで経っても、期待するハプニングは起こらない。結局、そのまま最後まで普通のマッサージだった。帰り際、出口で女性スタッフが声をかけてきた。
昨年末、新大久保で体験した出来事である。
 夜8時ごろ、立ちんぼスポットのラブホ街を冷やかし半分歩いていると、40代くらいのオッサンが
カタコトの日本語で声をかけてきた。
「オニーさん、遊び?」
「いや別に」
 客引きか。まったくこいつらってのはどこにでも出没するな。
 無視して立ち去ろうとしたところで、相手がぼそっとつぶやいた。
「あのコ、13才」
「えっ?」
 さっと男の言う方向を見る。おかっぱの少女が座っていた。
「中出しオッケー、3万円」たしかにかなり若い。背は少しあるが、体はかなり細く、ぱっと思い浮かんだのは、新体操選手だ。
「…日本人なの?」
「そうそう」
「…でも13才って」
「別にいいならいいよ」
 男はそのまま去って行った。いったい何なんだ。本当に13才かどうかはわからないが、気持ち悪いっつーの。以降、何となく気になり、声をかけられた付近をたまにのぞきに行っている。その子を見かけるのは、週末の夕方が多いだろうか。ある日は、男と一緒にホテルに入っていく姿も目撃した。実に不気味だ。一時期メディアに大きく取りあげられて大流行した添い寝専門店。が、案の定というか、女の子によっては個人オプションとしてエロいことをして小遣いをもらうなんて状況になっていたこともあり、それらの店はなくなっていった。
普通に添い寝オンリーを楽しんでいたオレとしては悲しい出来事だ。
 しかしいまでも添い寝専門店はわずかに残っている。オレがいつも使ってる店は、下はあどけない
年齢の子から、上は20代前半ぐらいが在籍している。
 さてその店、昨年の後半ぐらいから、妙な雰囲気の子が増えてきた。
 ある日、指定のレンタルルームにやってきた嬢は、いかにも若すぎる感じでクリクリしたお目目が可愛らしい。
 並んで寝転んだところで耳打ちされた。
「アタシ他にもいろいろできるんでオプしてもらえませんか?」
 いろいろ、オプ。明らかにやっちゃイケないことの誘いだ。シャツごしの大きな膨らみのせ
いでついついお願いしてしまいそうになったのだが、どうにかこらえて添い寝のみで終わらせた。彼
女は「手だけなら安くしますよ」と粘ったけれど、泣く泣くガマンだ。
 それ以降、やってくる嬢の半分以上がこんな感じで個人オプションを持ちかけてくる。毎回断るの
はツライけれど、若い子と隣で寝転がれるだけでいちおう満足です
池袋の立ちんぼスポットは、時代とともに様々な場所を移動してきた。かつては池袋駅北口の喫煙所前がその定番として知られていたが、最近はめっきり見かけなくなった。
 先日、東口周辺をウロウロしていたところ、区役所裏手の公園で無目的にスマホをいじっている若い女を見かけた。ほう、まさかこ
の公園が立ちんぼスポットになってるの? 近づいて話しかけてみた。
「きみ、ちょっと遊んだりできる?」
「お願いアリですけど、はい」
 吉高由里子をロリっぽくした彼女がクールに答える。声からしてけっこう若いのは間違いない。聞けば、時間は40分ほどしか取れないらしいが、最後までちゃんとってくれるという。これは買って
もいいかも。
「若いよね、年いくつ?」
「秘密です」
 聞いた瞬間、なにか悪い予感がして言葉が詰まった。なんでも彼女、平日夕方の18時〜22時ごろまで気まぐれでこの公園に立っているらしい。ほかにも40前後のおばさん立ちんぼも見られるが、別の日に彼女以外にもやけに若い子を数人見かけた。この公園、いま池
袋で一番ヤバいスポットだと思う。
制服コスプレの若いコがマッサージしてくれる、表向きはありがちなリフレ店ですが、ここのウリはなんと言っても「30分ハグ」や
「シースルーセーラー服」などの過激なオプションがあること。これらのオプションを同時に試せばどうなるか、ちょっと想像してみてください。
 まず、女のコがシースルー素材でできたセーラー服を着て個室内に現れます。そして客はそんな半裸状態の女のコと抱き合うわけで
す。右手は女のコのケツに、左手はたわわなオッパイに。ハグも30分もすれば、それはもうハグじゃないですよね。
 過去にこの手の店で5秒千円で女の子とハグできるとこなんかがありましたが、この店の30分ハグはペッティング以外の何物でもありません。
 さらにさらに、こんなに過激な衣装とプレイがある店で働いているコたちなだけに、生乳を触ったり、パンツをズラして「具」を見たりしてもまったく動じません。
 ただ、最近女のコがあまりにも若すぎるのがちょっと不安で、ビビって足を運ばなくなりました…
ミニスカから伸びるナマ脚にニーハイソックスが加わると凄まじい破壊力になる。その絶対領域と呼ばれるニーハイ太股が見放題のイベント「ニーハイday」を毎月開催しているのが、この出会いカフェだ。
イベント当日は、スカートで来店した女の子全員にお店がニーハイソックスを貸し出すため、一度に大量の絶対領域をマジックミラー越しに楽しめるのだ。まったくもってイイ試みだ。スタッフの女の子とカウンターテーブル越しにトークを楽しむカフェである。酒も提供しているためガールズバーーみたいな雰囲気だが、そこらのガールズバーよりも格段に客が入っている。理由はずばり、スタッフに現役女子高生が多いからだ。
学校の授業がどうしたとか部活がどうしたとか リアルな学生トークを肴に飲む酒は、僕のような人種にはタマらない。同性愛者のメッカ・新宿2丁目には、レズ向けの飲み屋がけっこ ある。夜な夜な女たちが集まってイチャこいているのだが、だいた いどこの店も男禁制なので、我々野郎は様子を覗くことができない。しかしこのレズバーは、“2部制”なるシステムを採用しており男の入場も可能だ。そこには興味深い光景が広がってます。
過激なセクキャバというと、手コキやフェラのオプションがあるとかないとか、どうしてもヌキの方に目が行きがちだが、この店の場合はちょっと毛色が異なる。
 毎晩、ラストの深夜1時を過ぎると、入り口に鍵がかけられ、延長客と嬢たちがハチャメチャなことをやりだすのだ。
 嬢を亀甲縛りにして、勝手に緊縛ショーをはじめる客。チップ欲しさにどんどん服を脱ぎ、最後は全裸になって店内を練り歩く嬢。そしてその嬢のマン毛を引きむしって大事にポケットにしまう客。とまあ、とにかく乱痴気ぶりがハンパなく、中にはそのカオス祭りだけを目的にやってくる連中も結構いるらしい。
 この店がいつも夜11時以降にやたらと混み出す理由は、まさにそこにあるのだ。
このガールズバーへはじめて遊びに行ったときは、本当にビックリした。カウンターで店の女のコと下ネタトークで盛り上がっていたら、彼女がいきなり言うのだ。
「お客さん私とエッチしたい?これだけ(指を二本立てて)くれたらホテルに行ってもいいよ」
 そんなバカなと思いつつ、お願いしたところ、なんと本当に彼女を近くのラブホへ連れ出し、合体することができた。こりゃいったいどういうことだ?
 女のコに聞いたところ、実はこのガールズバー、大手風俗チェーンが経営しており、夜、グループ店でお茶を引いてるフーゾク嬢を集め、バー店員として働かせているらしい。その間に連れ出し希望の客が現れた場合は、女のコの外出を認めているそうな。
 まったく大胆な店もあったものだが、客としては素晴らしいシステムという他ない。実際はフーゾク嬢とはいえ、ガールズバーの店員として知り合ったコを抱けるなんて、興奮するなという方が無理な話だ。いわゆる「イチャキャバ」という類の飲み屋だ。女の子が横についてお酌をしてくれ、生オッパイとかも触らせてくれ、基本料金は50分5千円。
 だがこの店、行けばついそれ以上使ってしまうことになる。女の子がこんな裏メニューを提案してくるからだ。
「5分5千円で、奥の個室に行けるんだけど」
 かくして個室に移動すると、フェラが始まるのだが、5分で終わらなければ、10分、15分とどんどん金がかかっていく。ニクイ店だ。一応、業態は「カラオケスナック」らしいが、こんなにも
ブッ飛んだ飲み屋も珍しい。客もホステスも全裸なのだ。
 ママを筆頭に、ホステスのノリはとにかくいい。店内が盛り上がってくると、「カギかけて〜」と入り口を施錠して、チンコをしごいたり、軽いフェラも。抜きこそないが、まさに乱痴気騒ぎだ。客もホステスも全裸。ブッ飛びすぎた。
この洗体エステ、最初はもう一つな印象でした。美人ギャルが泡まみれでマッサージしてくれるんですが、抜きは無かったんで。
 でも1回目の帰り際、スタッフが言うんです。
「うちは2回目からは手コキがありますんで。携帯番号を教えてくれませんか?」
 次に来たとき番号を伝えると、抜きが加わるシステムなんだと。
 なんでそんな面倒なことをするのかと訝しく思ってたんですが、そう言われると次も訪れたくなるのが男の性。結果的に二度三度と手コキを味わいに通っています。店のシステムではうたってませんが、手コキが付いてる密着エステです。まあエステの裏サービスとしてはそんなに珍しくはないかもしれません。
 ただこの店、手コキの仕方がひと味違います。ミニスカ+Tバックという格好の女のコが、お客の顔の上に尻を乗っけた逆顔面騎乗スタイルでシコシコしてくれたりしますから。
 歌舞伎町には密着エステがいくつもありますが、顔騎サービスの店はおそらくここだけでしょう年末、歌舞伎町の路地裏の立ち飲み屋に入ったところ、店主のジイさんが〝客引き〞について教えてくれた。
「そのヘン立ってるヤツは騙しが多いよ。まあ付いて行かんほうがいいわ」
「そうなんですね」
「ちゃんとした客引き紹介してあげようか?」
 ジイさんはどこかに電話をかけ、まもなく一人の小太りオヤジが現れた。この人が信用できる客引きなのか…。
 ところが小太りオヤジは、よくわかないことをしゃべり始めた。
「若いコも紹介できるよ。こっちの人によく回したりするんで」
 そう言って、人差し指ですーと頬をなぞる。
「3万でいいわ。今はこっちもうるさいけど」
 今度は握り拳を作ってオデコに当てた。何を言ってんだこのオッサンは? 意味がわからんし止めとくわ。ちなみにこのオッサン、現在も歌舞伎町に立っている姿をよく見かけます。
ホームページを見ると、どこからどう見ても一般的なマッサージ店である。にもかかわらずオレは東京出張の度にこの店を利用する。
 院内マッサージではなく、ホテル出張時に限り「オイルマッサージコース」に手コキがついてくるからだ。
 こうした非公式での手コキサービスをしてくれる真面目なマッサージ店は都内に何軒かあるらしい
が、不満なのはどこも40〜50代の店員が多いことだ。
 でもここの女性スタッフはちがう。ほとんどが30代で、しかもマッサージもうまい。摘発なんてさ
れたら、出張のモチベーションはダダ下がりだ。なんとか生き残り続けて欲しい。
関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!

エロアニメも見放題U-NEXTアダルトがすごい!
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。