★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
201502102.jpg 201502103.jpg201502100.jpg 201502101.jpg0146_20191225143925acb.jpg0147_20191225143926ed2.jpg私の方法、まったく脳みそを使わず、使うのは身体だけです。あらかじめ言っておきますが、20〜30
代前半のきっちりした女性は相手にしてませんのであしからず。狙うのは30代なかば以上のブサイクさんだけです。でもいいんです。あのコたちが喜んで私のちんぽを咥えてくれるのですから。
方法は、フリータイム中に女性の手を握ること。これだけです。決して彼女たちを口説いて手を握っているのではありません。世間話をしながら手を握るきっかけを探すのです。「腕細いね、腕相撲
したら絶対負けそうだね」といってギュッ。
「そのネイル、派手すぎるからスタッフに見つかったら退場になっちゃうよ?バレないようにテーブルの下に隠しておこうよ」でギュッ。その意味では握るというよりも掴む、といったほうが正確かもしれないです。とにかく手を握り続けることが大事なんです。
これに抵抗のなかった女性はその日のうちに間違いなくベッドにゴロンとしてくれます。ホテル前のグダもゼロ。手を握る時もそうですが、強引になんでもできちゃうのでついついセックス中いじめすぎちゃうんですが、まあそれは許してください。なにごとにも従ってしまう気の弱い女、断れない女というのはもっとも性奴隷の候補になりやすい。事実、俺が現在抱える性奴隷は全員このような特徴を備えている。では、彼女たちをどこで捕まえてきたのか。答えは路上である。街中やエレベータなど、人ごみの多い場所でわざと女にぶつかるのだ。ただし、俺が仕掛ける相手は不美人の女性のみ。綺麗な容姿の女性にアタックできる男などまずいないだろう。この作人を相手とするから成立するの戦、不美だ。合、女たちの反応わざとぶつかった場はおおむね三種類だ。
1 無視
2 イラつく
3 謝る
俺がターゲットにするのは三番目の謝る女。すぐに近づき、そこからはいわゆるナンパとなる。ナンパといっても尻込みの必要はない。相手は不美人で、しかも先ほどの「非がないのに謝る」ことで、気が弱いことが証明されているのだから。サエない俺も、この方法だと本当に臆せず声かけできているので、みなさんもお試しあれ。もちろんセックスまでこぎつければ、この種の女は面白いように従順になる。
婚活ブームと少子化問題を受けて、最近では自治体が男女の出会いを斡旋する場を設けていることが少なくない。その形態はさまざまだ。結婚相談所のように条件に見合う男女のお見合いをセッティングするものから、料理やスポーツなどのレクリエーション活動を通して男女の出会いをプロデュースするものまで。薄々気づいているだろうが、このような場に来る女性というのはとにかく地味だ。化粧もほどんどしていない。もっと言えば処女の可能性も高い。これまで恋人がおらず、結婚相手を見つけるために行政のシステムを利用するというのだからその真面目っぷりは察しがつくだろう。だが、モノはなんでも使いようである。俺はこうした行政主催の婚活パーティで地味女を食いまくっている。もっと言えば、便利な肉便器として使わせてもらっている。
その方法はいたってシンプルだ。彼女たちとヤるのにチャラい会話術も派手ファッションもいらない。むしろそれは地味女の前では逆効果ですらある。自らの職業を「公務員」にすること。ただこ
れだけだ。
この公務員という職業、絶大な効果を発揮する。地味女たちは30代後半であるケースが多く、良い条件の人がいれば即結婚、というマインドでその場に臨んでいる。そのため、一度気に入られたらセックスへの道はとにかく早いのだ。彼女たちの考えはこうだ。公務員だったら結婚してもいいかも、公務員だからセックスしてもいいかも、公務員だからイラマチオされてもいいかも、公務員だから精子は飲んでいいかも、とすべて「公務員だから」という理由で俺の要求を受け入れるのだ。幸いなことに、処女の場合、ほかとの比較ができないのでより性奴隷化は容易だ。
素人女性ばかりの見合いバーティ
見合いバーティに通い出して、かれこれー年になる。参加したバーティが15回、使った金が約30万。力ップル成立経験はいまだゼロだ。原因は痛いほどわかっている。自分の容姿や条件もさることながら、サクラ女性がやたらと多いのだ。せめて素人女性ばかりなら、何とかなりそうなのに
昨年11月、仕事で広島に出張することになり、事前にインターネットで地元情報を調べていたところ、実に魅惑的な文句が飛び込んできた。
〈クリスマスイベント開催ー出会い満載、素敵なクリスマスを過こしましよう☆〉
詳細を見れば、地方自治体が主催するお見合いパーティ費用は4千500円程度と格安。参加資格が地元民限定ってことは、当然、素人ばかりのはずだ。ソソられる。大いにソソられる。でも、東京人の私にはムリだ。いゃ待てよ・広島県民のフリして参加しちまうってのはどうだ。応募には審査があるようだが、言い訳次第では。思うが早いか、目治体の事務局に電話をかけ、直談判に打って出た
「すいません、いま東京に住んでるんですけど、来年ー月から広島に引っ越す予定なんですよ。お見合いバーティに参加できませんか」「本当に住まわれるんですねっ」
「ええ、住民票も即刻移しますからお願いしますー」「うーん、それなら特例ということで許可しましょう」「ありがとうこざいますー」
こうして私は意気揚々と、会場の広島市内の結婚式場へ向かう?さて、どんな女が待ってるやら
午後7時半、会場に設置された丸テーブルには、ドレスとスーツで着飾った60名ほどの男女が、繁張の面持ちで座していた。一見すると、普通のお見合いパーティだ。
「は、はじめまして。今日はどういった理由で参加を」パーティ開始から30分、バイキングの料理をつまんでいると、隣の巨乳の30代が話しかけてきた
「実は、もう5年も交際相手が見つからなくて。今回は勇気を振り絞って参加したんですよ」
「そうなんですか。私は今日が初めて参加なんです。でも、紫張してしまって何もしゃべれなくて」
普通、お見合いバーティというのは、トークが業者に仕切られてるせいか、男性から女性に話しかけるケースがほとんど間違ってもその逆などありえないのだが?これは期待できるんじゃー
フリートークの時問、携帯画面を寂しげに眺めていた然女に話しかけたところ、想像以上の反応があった?「ワタシ、数年前に離婚したんですそれからずっと寂しくて。もうどうしていいかアタシ、アタシ」事務系OLの佐和子、35才、結婚するも、5年目に離婚以釆、彼氏なし生活を送っているというよくよく見れば、中森明菜をぼっちゃりさせたような憂いのある横顔である。あとは彼女が私のことを気に入ってくれるかだが
「実は私、東京から来てるんだけど、それでも良かったら、このあと、どこか飲みに行きませんかっ」「ワタシでいいんですかっう、措しいです」
あっさり力ッフル成立である(告白タイムなどはなく、参加者それぞれ勝手に行動していい決まり〉ー時問後、私たちは市内のレストランバーで向き合っていた
「出会いに乾杯しましようもしあなたと付き合えるなら、ボクは広島人になってもいい。そして、キミを大切にする」「サトシさん、本当にお付き合いしてくれるんですね。アタシ、婚しくて嬉しくて。今日は出会いがありました」レストランを出て、夜風にあたりながら、広島の街を歩く。こんなすてきな女性と、付き合えるなんて。本当に生きててよかったー「今日はありがとう。もっと一緒にいたいけど、親が心配してるから帰ります」結局、その日は何もないまま終了。後日、電話で東京に帰ることを告げると、「だったら、アタシが空港まで送ってあげるから」10分後、ホテルの前には、軽自動車に乗った彼女の姿があった。あまりの感激で、涙がこぼれそうだ。
東京に帰ってから、私は悩みに悩んだ。彼女と付き合ったはいいけど、場所は広島。やはり距離が離れ過ぎている。いや、このチャンスを逃したら、一生、女と付き合えないかもしれん。広島に住むことになったって柵わないではないか。仕事なんて、どこでも見つけられる。大事なのは結婚だ。年明け羽田から広島へ中飛行機を降りると、すでに彼女が待っていた。「佐和子、キミに遭いたくて、広島まで来ちゃったよ」「うれしい。私も早くアナタと遭いたかった」佐和子の運転する車に乗り、
市内のシティホテルにチェツクイン会いたくても会えなかったぶん、心臓が壊れそうな高鴫りだ。焦る気持ちを抑えつつ、束京土産の境酎を取り出し、2人で乾杯?頃合いよろしく、力ラダを抱き寄せた
「結婚、してくれるよね」「あ、当たり前だろー」
唇を奪う。「あああん、ダメよ。また付き合ったばかりなんだからお幸せすぎてダメ」
軽い抵抗を見せる彼女を、たまらず押し倒り。なんたる幸せ、なんたる興奮、私は天にも昇るような気分だった。その後、私たちは腹が減ったら繁亜街に繰り出し、性欲が湧いたうホテルでヤリまくり、という欲望三昧の二泊三日を過こした★あれから3カ月、現在、私は彼女とメールのやりとりを続けながら、広島に移り住むかどうか、真剣に脳んでいる。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内