★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
1_20200122113021225.jpg2_20200122113024254.jpg3_20200122113027e95.jpg4_20200122113027e92.jpg5_20200122113028f44.jpg6_20200122113029b51.jpg7_20200122113029e43.jpg8_20200122113029e5f.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
宮古島と石垣島のあいだにぽつんと浮かんでいる多良間島
気がついたら島の女の人がすっと横にいて、最初は入っちゃいけないと注意しにきたのかなと思ったんだけど、微笑んで見てるんです。気がふれているのかなと思ったんだけど、あとで友人に聞いたら、ただ人恋しいんだよって。知らない人が来るとすっと寄っていっちゃうんだってー
イヤー、これはちょっとあんまりだろ。たまたまあった出来事をムリに解釈してるとしか思えんよ。現代日本にそんなおとぎみたいな逆ナンスポットがあったらドエライことだって。
多良間島。宮古島から西に70キ口、サンゴ礁でできた直径5キ口の島で、人口わずか1400人。確かに人恋しいと持ってきたい気持ちもわからんでもないが、いきなり女が横にいたらコワすぎだよ。しかし、このエピソードから島の女性がかなりフレンドリーなのは伺える。考えようによっては、いい話ではないか。
逆ナンはさておき、この島に行って、フレンドリーなオネーチャンとお近づきになるってのはネタとしてオモシロイ。聖域とやらにも足を運ぶ。絶対にありえんとも限らんしな。
某日、南国・宮古空港に到着。目的の島に向かっには、ここで小型機に乗り換晃なければならないらしい。が、又「日と明日は満席です色カウンターのネーチャンはピシヤリ。観光地でもないのにエライ混みっぷりじゃん。まさかオレと同じ目的で。んなワケねー
「9人乗りだから住民だけで一杯なんです。今日はいい天気だからフエリーが出ると思いますよ」
「兄ちゃんこそ、あんなヘンピな島ヘナニしに行くんだ」
「まあ、観光みたいなモンですわ。ハハハ」
と2時間半。大海原に浮かぶセンベエのような島が見えてきた。辺りは見渡す限りの林と砂浜。地図を開けば港から居住区までは2キ口ほどある。歩くしかなさそう。
少し進んだところで軽トラに乗った気の良さでつなオッチャンにクラクションで呼び止められた。「兄ちゃん、乗っでくか」「え、いいんですか」
さわやかな笑顔でオレを迎えてくれるオッチャン。いやー、いい島じゃないか。サトウキビ畑と牛の群ればがりを5分も走ったところで、ポツポツ民家が現れだした。どうやらココが多良間村の中心地らしい
「で、ドコに行くんだい」
「あ、宿も決まってないんで」
「案内してやろう。ここには3つの宿があるんだけど・・」
「はい、わかりました」
オッチャンに薦められるまま足を運ぶと宿のオバチャンが露骨に不審な顔を向けた。
「工事の人でもないのに珍しいねえ」
彼女の話ではで現在この島で観光客はオレひとりっってことは、島のオネーチャンたちにモテ過ぎてケンカなんかおきちゃったりしてククク。さっそくチャリを借りて村へ飛び出した。
「こんにちはー」
「え、あ、こんにちは」
行き交うオバチャンや子供たちが必ずペコリ。いいなー、このフレンドリーな雰囲気。ひょっとしたら逆ナン女ってのもあながちウソじゃなかったりして。ま、とりあえず御獄とやらに行ってみっか。
島に6つある御獄のうち、オレが目をつけたのは塩川御獄。そこの650メートルにも及ぶ参道にはフクギの大木が植えられているという。聖域へと続く木のトンネルーなんか『千と千尋の神隠し』みたいでオシャレじゃんか。村の中心かりチャリで10分、確かに畑の先に並木道があった。奥には林に囲まれた鳥居と木造の小屋がポツンとあるだけ。ずいぶん質素な印象を受けるが、これこそ御獄。住人にとってはお祈りを捧げるありかたい場所なのだ。
さーて、それじゃ入っちまうよ。藤原新也の本によれば、この辺で島の女が登場するハズなんだけど・・気配はゼ口。そりゃそーか。
ま、せっかく訪れたのだ。軒先に腰掛けてしばらく様子を見ることにしよう。木漏れ陽が差し込む聖域にー人。神々しいオーラが漂ってくる。島のオネーチャンよ、現れるもんなら早よ現れてこんかい。
何も起きない。遠どから潮笑うかのような牛の鳴き声が聞こえるのみだ。やっばねー、コレが現実だよなー。それでも念のため、居住区に近い御獄でも同様に実験してみる。が、結果は同じ。待っていても何も始まらん。『攻め』の姿勢でオネーチャンをゲットしてやるーと、意気込んでみたものの、実のところ、上陸してから若い女をー人も見てない。いくらフレンドリー女でもキッカケがなければお話にならないではないか。ひとまず、村のメインストリート中央スーパーの前で張ってみることにしよう。
タ飯の買物に訪れるオバアチャン、子供、オバハン、子供…。ドップリ陽が沈む時間になっても、若い娘は現れない。厳しい現実を叩きつけられ、ガックリ肩を落として引き上げたオレは宿のオバチャンに泣きつく。
「あのー、素朴な疑問ですけど,若い女のコはトコにいるんでしようか」
「今日は公民館で三味線の練習があるからソコじゃないの」「え」
なんだなんだ、そんなトコに隠れておったとは。やっば聞いてみるモンだね。それにしても、三味線を奏でる島の娘とは工キゾチックな匂いがプンプンだぜ。
公民館かりは三味線の音色と女性の唄声が聞こえていた。受付で見学の旨を伝えたらあっさり奥の会議室へと案内される。イヤー、緊張するなあ。ノリのいい女だらけでハーレム状能になっちまったらとうしよう。
おおートキドキしながらドアを開けたオレの目に十数人の若い娘。
「ここは中学校までしかないから、みんないい歳になると島を出てしまうんですよね」
ベンベンベン和やかなムードで練習は終了。
ホッと胸を撫で下ろすオレの前に、どこからともなく峰竜太似の男がオリオンピール片手に現れた。かなりゴキゲンなご様子である。
「ささ、青年会の若者も来ますから、一緒に飲みましょうよ」
青年会つーことはオネーチャンも来る、よっしゃえーぞ
まもなく刺身とおつまみ、泡盛の一升瓶を抱えた若者数人か続々ときて宴を始めた。おお、3人ほど女性もいるではないか。
「今日は特別ゲストかおいででーす」
峰竜太が立ちあがって何やら挨拶している。特別ゲストそれってオレのこと?これって歓迎会?イヤー、そんな気を遣ってもらっちゃって悪いなあ。さっそく若い女性とお近づきになるぜー
場を仕切る峰竜太似がオレに気を遣って隣でなみなみと泡盛をつぐ。おかまいなく。オレはオネーチャンとコミューーケーションが取りたいだけですから。なんて魂胆が通じるワケがない。峰は「ま、ま、飲みましよう」と酒をススめてくる。しゃーねーな。周囲を見ると、注がれた酒は一気飲みが礼儀らしい。郷に入っては郷に従うべきか。クイッ「ほう、なかなかイケますな。この菊の麗はこの辺じゃ一番ウマイ泡盛なんです。」グイッ独特の風味はあるが確かに美味。
気がつけば、誰かれなく始めた三味線に聞き惚れ、すっかりイイ気分になっていた。
「アンタ、なかなかいいね。カメラマンだったら公民館祭りまでいて写真とってくれよ」
「ハハ、そうしちゃおっかなー」薄れゆく記憶とともに、島上陸初日の夜はふけていった。
「朝食ですよー」
午前7時、強烈な吐き気の中、宿のオバチャンにたたき起こされた。頭は力ンカン、足元もおぼつかない。しかし、今日こそオネーチャンをゲットせねば帰るに帰れん。オレは朝メシを5分で食らうや、宿を飛び出した。いない。若い女はどこにもいない。ワラをも掴む思いで残り4つの御獄を巡ってみても、相変わらず牛の泣き声しか聞こえない。チクショー、わかっていたこととはいえハラがたつ。
あきらめかけたタ暮れジャージ姿の若い女が
ヤバイ。オレは何のためにこんなところまで来たんだ・・資料館を後にして、再び島中を俳個する。相変わらず女性は見つからず、時間だけ虚しく過ぎていく。いよいよ笑えない状況に追いこまれてきたようだまったく、こんな島で若い女をナンパできたら、それこそ寄跡だよ。だっていねーじゃん若いのが。いないもんどーしろってんだよーオレはタ暮れの中ー人ふてくされていた。奇跡はそのとき起きた。目の前にジャージ姿の女が歩いていたのだ。ややポッチャリ系で普段だったら絶対に声をかけないタイプだが、今のオレには天使に見える。ここで会ったが百年目、なんとしてでもゲットせねば。
「こんにちわー」「ハイ」「観光客なんですけと、お土産を売ってる店を探してて…」「えー、アタシ、この島の人じゃないから、わかんないです」
聞けば彼女、例の新空港関連の仕事で宮古島から3日間だけ滞在しているらしい。そうか、多良間の人間じゃないのか。・・いやいや、そんなの関係ない。この際、若い女なら誰でもいいんすよ。
「もしよかったらオレの宿で飲みません」「え」
「イヤ、オレ、ずっとー人旅だったから、誰かと話したいと・・」
人恋しい女を探しに来ておいて、オマエが寂しくてどーすんだHとも思うが、意外にも彼女の食いつきはよかった。
「明日は仕事遅いし。部屋でテレビ見ててもつまんないし」
「うん、うん」
善は急げといっことで、さっそくスーパーで酒を購入する。
「アタシ、ビールって苦手」「だったら、サワーとかカクテルでもいいじゃん」
「ん。あ、あった、いつもコレしか飲まないんだ」
まずは、宿の食堂でカンパイ、お互い住んでいる土地の話などですぐに盛りあがる。そしてそのまま2時間ほど、酔いもまわったころ、その女、栄子(仮名。25才)が思いも寄らぬことを口にした。
「私、実は出会い系にハマっているんだ」
「出会い系」
こんな所まで来て、その単語を聞くとは思わなんだ。何でも栄子さん、全国に十数人のメル友を確保していらっしゃるらしい。
「そういえば、大阪のメル友がわさわざ会いに来てくれたこともあったな」
ガッカリである。これじゃ南の島にいても変わらんじゃんか。・・いや、待てよ。例の本で藤原新也はこんな風に語ってなかったか。
散財というのかな。仮に自分の肉体やものの考え方をひとつの財産とみなすなら、誰もがそれをなくすまいと防御している。たとえば僕が会った宮古の女性なんかはこれをいとも簡単にバッと散財しでしまう。あれを熱帯の中のやさしさとでもいうのか。男にとっては怖いことで、非常にまどろっこしい表現だが、早い話、宮古島の女性とヤッちゃったってコトだろう。奇しくも今身の前にいるのも宮古女。
「それじゃ、もう遅いし、上の部屋で飲み直そうか」
栄子はオレの想像以上に、豊満な肉体を散財してくれたのである。
★翌日、島を去るオレに栄子が空港まで見送りに来た。
「メールして、約束よ」一晩枕を共にしただけとはいえやはり別れはツライもんだ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ