★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
201510_000060_20200207095945c3a.jpg201510_000061_20200207095946e52.jpg201510_000062_20200207095948459.jpg201510_000063_20200207095949e7a.jpg201510_000064_20200207095951a11.jpg201510_000065_202002070959525d7.jpg201510_000066_20200207095954878.jpg201510_000067_20200207095955b9d.jpg218_20200303091951b00.jpg219_2020030309195255a.jpg220_20200303091954e59.jpg221_20200303091955b69.jpg222_202003030919577ed.jpg223_202003030919586a6.jpg224_202003030920007a9.jpg225_20200303092001136.jpg
1、秋葉原駅前のこの大型アダルトショップは、どういうわけか首都圏の変態プレイ愛好家に人気があるため、様子のおかしな客が頻繁に出没する。薄手のワンピースを着てわざとブラジャーを透けさせている熟女とか、試着室でコスプレ衣装に生着がえする若い女と、その様子を他の客に見せびらかしているツレの男とか、男性客に対してチラチラ流し目を送るミニスカ女とか。
見かけたら、じっくり観察すべし。漫画のようにオイシイ展開にありつけることがあります。
2、「15分2000円」という料金の手コキ風俗だ。リーズナブルなので使いやすいわけだが、女の子の取り分を想像してみてほしい。なかなかガッツリとは稼ぎにくいと思う。故にこの手コキ店、援交が蔓延している。「5千円あげるからくわえてよ」「1万円でヤラせてちょうだい」みたいな提案をすると、応じる女の子がけっこういる。仮に渋られても、強引に現金を握らせば、何とかなることが少なくない。
3、過激ガールズバーといえば、嬢に飛びっこを装着できる店や、嬢の着替え姿を覗ける店などが過去に存在したが、当局の摘発により、その手の店は壊滅した。現存する中でもっとも面白いのはここだ。パンチラなんてのはあたりまえで、漫画のようなきわどいオプションが揃っているのだから。
いちおう女の子へのタッチ(漫画のような股間ギリギリも含む)は禁止されているが、なあなあになっているのが嬉しい。
娘のセーラー服を着てコスプレセックスする人妻熟女
「オリジナルナンパシリーズ」コミックでの「男の願望を叶えるシリ—ズ」と裏モノ誌上で多くの女と格闘してきたオレ。交わった相手はピチピチ女子大生から40代の脂の乗った主婦まで軽く50人は下らず、それこそ北は北海道から南は鹿児島まで全国を飛び回ってきたのだが、4 年以上にわたる経験で導き出された結論が一つだけある。
それは、ズバリ大阪の女はセックスに貪欲だ。
スワッピングサ—クルを運営しながら自らも男と乱交しまくっている主婦、エッチが大好きで「仕事で男の相手するだけじゃ全然もの足りない」と、テレクラに電話して援交しているデ—卜嬢などなど、それはもう強者のオンパレ—ドである。
もちろん、大阪の女がみんなスケベなわけではないし、逆に淫乱はどの県にもいる。単純にヤルだけなら一人暮らし率の高い東京の女の方が楽勝かもしれない。「情の濃さ」という点では九州の女に軍配が上がる。元来、日本女性は己の性欲を露わにすることを恥と教えられてきた。疼こうがどれだけ
男日照りが続こうが、自ら求めるべからず。それが大和撫子の在るべき姿とされた。
しかし浪速の女は正直だった。自分の欲望のままノ—パン喫茶で淫らな姿を披露し他人とセックスを見せ合うベくカップル喫茶に出向き、複数の男と絡み合うためスワップパ—ティに参加してきた。
…強引な理屈であることは十分承知している。異論反論もおありだろう。しかし、それら刺激の場が大阪で誕生し、今も極めて熱いのもまた事実(ノ—パン喫茶は除く) 。
その背景に、セックスに貪欲な女性の存在があることは、疑いようがないだろう。
さて今回から始まるこの新連載(隔月)では、そんな「大阪の女」の中でもとびきり好き者で淫乱な女性を毎回1人取り上げ、皆さんにリポ—卜していく。
東男に京女ならぬ、浪速男に浪速女の戦い。果たして軍配はどちらに上がるのか。
栄えある第1 回目に登場は、男の要求をなんでも受け入れてしまう底なし女、淑子だ。
不動産屋が定休日の水曜、待ち合わせのナンバに現れた淑子は、想像以上に地味な女だった。
化粧っ気はゼロ。165センチはラクにあろうかという身長が、その地味さを際立たせている。胸は服の上からでもわかるほどの貧乳だ。せめて口紅をつけるとか、もう少し色気のある服を着るとか、自分を飾ればいいだろうに。顔はさほど悪くないし、歳より若く見えるのに、何かもったいない。とりあえず、近くの喫茶店に入った。
「いろいろ教えて欲しいことあるって言ってたけど、なに?」
「あの…実は援助交際をはじめようかって思っているんですけど、全然経験とか知識なくって。やっぱり恐いじゃないですか」
お、おい!突然なんの話を始めるんだコイツ。
「こんなこと相談できる人もちろんいないし、河内さんなら相談に乗ってもらえるかなって」
なんか気乗りのせん相談事やなぁ。ま一ええから話してみれば。
「すいません。それで…」
話はまず、自分の身の上から始まった。ダンナの浮気が原因で離婚して以来、淑子は今の事務の仕事で生計を立てているが、契約社員で給料も安く中学の子供を抱えながらの生活はキツイ。このご時世、資格も持たない40前の女性がさらに条件のいい仕事を探そうとしても無理。どころか、へたすりゃ今の仕事だっていつクビになるかわからない。
そこで援交でも何でもして、少しでも生活費と貯金に回したい。とにかく、背に腹はかえられない。
別れたダンナを含めて過去の男性経験はたった2 人。浮気もしたことなけりゃ離婚後1 回もエッチしていない。最後は一年近く前らしい。
「そんなんで、欲求不満になれへんの?」
「エッチは嫌いじゃないんですけど、性欲が弱いのか、しなきゃしないで慣れちやうんですかね」
うーん。しかし、そんなに少ない男性経験で、よく援助交際なんてしようと思ったもんだ。キミ、これ売春やで。わかってる?
「ダンナがいないんだから堂々とできるでしょ。それに、よく考えてみると今まで全然男の経験少ないし、だんだん歳とってきて、女として相手されるのもあと少しじやないですか。これからはどんどん経験していった方がいいのかなって。でも、1番の理由はやっぱりお金なんですけどね」
聞けば、すでにインタ—ネットの出会い系サイトに登録し、何人かとメ—ルのやりとりを始めているらしい。で、いったい何が聞きたいねん。
「例えば、メールではすごく紳士的でも会えば全然違うかもしれないじやないですか。なにかこの人は大丈夫って見分ける方法とかないんでしょうかね?」
そんなもんわかるかい!援助交際にリスクはつきもの。それが恐けりややらないほうがいい。
「相手が河内さんみたいな人だったら安心なんですけどね」
おいおい、オレのことだって全然知らんやないか。
「教えて欲しいことって、それだけ?」
「いえ、よかったら一度お相手していただきたいなって」
「へ?それって援助ってこと?」
「まあ、できれば…」
なんや、結局援助交際の相手探してただけなんかい。申し訳ないけど、キミを相手に援助交際するほど女に困っちゃいない。
「お金は別に5千円でも1万円でもいいんです。それよりいろんなこと経験してみたいなって思ってるんです」
「いろんなことって、例えばどんなこと?」
「いや、具体的には思いつかないんですけど。でも、河内さんいろいろやったはりましたよね」
「じゃあ、レ〇プとか、外でしたいとかそんなこと?」
「いや、それもいいんですけど。ほんとに何でもいいんです。河内さんがヤリたいこと何でもやってもらえれば」
「何でもいいのほんまに?」
「はい、血が出るとか警察につかまるとか以外だったら何でも。あ、それから私の娘との親子丼はダメですよ」
…何考えてんねんコイツ。娘、まだ中2やないか。ちょっとおかしいよ、自分。もしかしてM?
「いや、自分ではわかりませんけど、あんまり深く考えずに気持ちいいこと何でもやっていこうと思ってるだけです」
彼女がなぜそう考えるのか、オレにはよくわからない。が、はっきりしているのは、彼女が本気で何をされても構わないと思ってる、その事実だ。あなたが望むならどんなことでも。こんな女性、なかなかいるもんじやない。もちろん、オレ自身お目にかかったのは初めてだ。おもしろい。やったろやないか。好きなことやったろやないか。
「とりあえず'日を改めようや。何をしてもらうか、それまでにいっぱい考えとくわ」
「なんか恐いですね。でも楽しみです!」
宿題を出されたようなちょっと複雑な気分だ。ま、じっくり考えてみよう。ノ —パンの足を10回以上組み直せ1週間後の同じ喫茶店。淑子はオレの指定どおりスカート姿でやってきた。
「こんなの何年ぶりかな、なんかスースーして変な感じ」
「じゃ、さっそく、トイレでパンツ脱いできてくれるかな」
「え今からですか?パンストはどうすればいいんでしょうか?」
「パンツ脱いだ後、直接穿いたらいいよ。それから、これも忘れずに付けてきて」
リモコン操作ができる
ロー夕ー飛びっこを手渡し、付け方を説明する。淑子は少し驚いた顔を見せたが、素直にトイレに向かい、5分もたたぬうちに戻ってきた。よっしゃ、そしたら、さっそく夜の散歩といくか。
人通りの多い地下街を歩きながら飛びっこのスイッチをオン。途端に、彼女の体がビクッと反応する。振り向いたその顔は明らかに紅潮していた。しばらくオンオフを楽しんだ後ホテルまで地下鉄で移動することにした。行き方はわかっているのだが、あえて駅員に尋ねさせた。
「あの、すいません、ナンバに行くにはここから…」
話の最中にスイッチオン。淑子は、一瞬言葉に詰まりながらも駅員の説明を聞いている。いいぞ、いい反応だ。電車の中では、ナンバにつくまでに最低10回は足を組み直すようノルマを出した。彼女の正面にはサラリーマン風の男が座っている。ノ—パンの淑子の股間が見えるかどうかは微妙なところだ。オレはその男性の隣に座り、リモコンを操作した。オンオフオンオフ。そのたびに真っ赤な顔で足を組みなおす淑子。これは興奮するわあ。
ナンバに着いてホテルに直行。さっそく股間をチエックした。おお、パンストの上からでも十分わかるくらい濡れとるやないか。
「足組むのドキドキした?」
「それもそうなんですけど、音が聞こえないかヒヤヒヤして…」
フフフ。こっちはそれが狙いなんや。
関連記事

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえH盗撮・エログちゃんねる

素人投稿・アダルトブログランキング内

あのプレステージMGS動画もマジックミラー号も見放題!U-NEXTアダルトがすごい!!

エロアニメも見放題
↓U-NEXTアダルトの無料体験はこちらから↓

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。