★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
1_20200122090125fbf.jpg
2_202001220902413fb.jpg
ケーキ屋で働く女の子は乙女チックで可愛く見えてしまうので手紙でナンパ

20190728202320.png20190728202331.png20190728202337.png

ケーキ屋で働く女の子は、なぜか可愛く見えてしまうものだ。彼女らも、客が女性のためいのチャンスは少ない。男がケーキを買いにくるなんて、子供の誕生日ぐらい。

ケーキ屋で働こうなんて精神構造の子は、ラブレターに弱い気がする。乙女チックというか少女趣味というか。ということで今月の狙いはケーキ屋の乙女さんたちである。文面は定番のこいつで行こう。
「こんばんはー初めまして」「こんばんはー」

待ち合わせ当日、笑顔で登場した大石さんを改めて見てみると、記憶よりも色白の美人で驚いた。さすがは美容部員である。仕事帰りでハラペコだという彼女と世間話をしながら、歌舞伎町の飲み屋に入る。緊張しているのか照れているのか、彼女は口数が少なく声のトーンも落ち着いた印象だ。
私の下の名前は桜といいます。うちの店にもう一人、大石という苗字の方がいるので、竹中さんが手紙を持って来てくれた時はてっきりもう一人の大石さんへのお手紙かと勘違いしてしまいました

スイマセン。こっちの大石で間違いないですか?(笑)

3月になれば仕事も落ち着くと思います。シフトがでるのが月末ギリギリなので、また連絡させて頂きます
和やかな雰囲気だ。ィケるかどうかはメールだけでもわかるものだにれは期待できる。
こんなに色白美人だった
「大石さん、クールですね」

「お店でももっと笑えって言われるんですよね。黙ってると恐いっていつも突っ込まれてます」

会話にはなっているが、こちらから質問をしないかぎり自分から語ろうとしないし、彼女もコチラを詮索しようとしない。メールではあんなにフランクだったのに。名前の読み方まで聞いてくれたのに。

「なんで化粧品売り場に来てたんですか?」

急に質問が飛んできた。しどろもどろになりながら、適当な答を探す。

「たまたま知り合いと売り場の近くで待ち合わせしてたんですよ。駅の入り口のところで。それで大石さんが目に止まって」「あーなるほど・・」

なんとなく疑われてるような感じがする。大丈夫だろうか。

彼氏と呼べる相手はいないらしい。半年ほど前までは恋人もいたが、彼が単身海外に渡ってしまったのをきっかけに別れたようだ。

「今はそういう相手が欲しいと思わないの?」

「うーん、あんまりないんですよねー。自然の流れでって感じで。私、1人が好きなんですよねー」

「寂しいと思うことはないの?」

「うーん・あまりないかな」

とはいえ、ラブレターにこうして反応してるんだから、男に興味がないはずはないのだが…。気分を変えて別の店に移動しようと提案すると、明日も仕事があるのであまり遅くまで飲めないと釘を刺されてしまった。

「7時起きなんですよ」
「早いんですね」

「なんか、しばらく起きてボーとしないとダメなんです。準備って感じなんで」

ホテルや家に連れ込むのは無理だろう。かと言って、微妙な距離間のまま帰してしまっても次への期待がない。じゃあ一杯だけでもと粘り、なんとか近くのバーで飲み直すことになったが、かなり静かな店だったこともあり、彼女の口数はさらに減ってしまった。

「どんなタイプの男が好きなの」

「決まったタイプはないかな。いつも変な人と付き合っちゃうんだけど、みんなまったく違うので・・」

「変な人?」

「まあ変じゃないんですけど…うーん」

色っぽい雰囲気に持ち込むため、恋愛観を掘り下げようと試みたが、どこか歯切れが悪い。試しにこちらから質問を止めると、長い沈黙に包まれてしまった。いい打開策が見つからぬままタイムアップとなり、2人は駅のホームで別れた。連絡は途絶えた。

111_20200626170433868.png

お店でポツンと店番をしてる店員さんがターゲットだ。一発でヒマだとわかる彼女たちは、退屈すぎて死にそうになってるはず。そこにラブレターを持った男が現れたら大きなインパクトを受けるだろう。さっそく配りに行ってきます。

いったいどの子が来るのやら?ワクワクしながら待ち合わせ場所へ足を運ぶと、6番の子が待っていた。なんとなく安達祐実に似てる子だ。
「こんばんはーみのやです」
「あっ、どうもはじめまして。」あいさつを軽く済ませ、近くの居酒屋へ向かう。
「お酒何にする?」「じゃあ生ビールを」
 ではビールで乾杯。
「けっこう前に手紙渡したから、もう連絡ないと思ってたよ〜」
「ごめんなさい。そうですよね、でもあのときはまだ好きな人が
いて…」 以前にも書いたかもしれないが、手紙にはこういう効果がある。渡したときは無視されても、人恋しくなったときについ連絡してしまうような効果が。
「そうなんだ、全然気にしないで。でもその人のことはもういいの?」
「うん、もう脈ナシだなって思えちゃって…」いきなりマジメな恋愛話になった。ここは一気に聞かせてもらおうか。
「職場の人?」
「仕事の人じゃなくて、習い事の先生」
「先生に恋してたわけだ」
「そう! でも結構遊び人ぽくて、まわりの人はアイツには気をつけたほうがいいよって。アハハ」
「そっか、じゃあ付き合わずに終わったの?」
「うん、まぁ、そういうこと…」
 なんかすっきりしない感じだが、本人が諦めたというんだからいいか。
「英子ちゃん、結構落ち着いてる感じに見えるけど、いくつなの?」

「28です」まぁそんなところか。
「なんか、みのやさん聞いてばっかり。みのやさんの方はどうなんですか? 恋人とか…」さて、なんて答えよう。
「俺は3カ月くらい前に別れたけど…」
「どれくらい付き合って?」
「半年くらいかな。うまくいかなくなって…そのまま別れた感じ…」何となくさっきから疑いの目で見られてるような気がする。テキトー過ぎたかな。
「よく手紙渡すんですか?」
 わ〜やっぱそれ聞くか。うん、毎月撒いてます! なんて言えるわけがない。
「いやいや、手紙なんて書いたの高校以来だよー」
「なんか慣れてるような…。なんで私なのかなって思って」
 グイグイ来ますねえ。鋭い突っ込みだ。
「接客してるのを見て、感じのいい人だな〜と思って。それでずっと印象に残ってて、一度会って話ししたいなと思ったんだよ」
「そんな、印象いいかな、私…」
 そろそろ話題を変えなくては。シモ系でも大丈夫かな?
「英子ちゃんその先生とエッチはしなかったの?」
「アハハ、何ですか〜突然! う〜ん、あったようななかったような」
なんだそれ、ヤッてるってことでしょ。この子、聞けば何でも答えてくれそうだな。
「でも最後まではしてないですよ」「途中まではしたの?」
「してないですよー、されそうになっただけ!!」
「されそうになっただけ? どこまで!?」「えー、ご飯行って、帰りに…」
「帰りに?」「キスされて」「キスだけ?」「キスだけ」
「ふ〜ん…。それだけ? 怪しいけど」
「それだけですよー、だって強引だったんだもん…」
強引はだめかぁ〜。でも、なんか先生の気持ちはわかる気もする。英子ちゃんMっぽいし。強引に攻めればやれそうな気がするんだよね。
「でも、押しに弱いタイプじゃない?」「やっぱりそう見えますか」
自覚症状もあるみたいだ。これは面白くなって参りました。時刻は10時。そろそろ俺も彼女もほろ酔いになってきたし、勝負に出てみよう。
「お店変えよっか」「いえ、今日はもうヤメときます」
え〜なんでだよー。せっかくこれからだというのに。「じゃあさ、帰りがけにウチの近所で飲み直さない?」「う〜ん、でも…」
押しに弱いことはまず確実だ。会計をしながらレジの横で軽く彼女の腰に手を回してみる…。嫌がる素振りはない! アレ、やっぱりいけちゃうのかな?
店を出て、階段のところで腰に回した手を少し胸の方へ動かしてみた。
「も〜ダメです〜」「明日早いの?」「まぁ、普通だけど…今日は早めに帰りたくて」

いかん、こりゃ今日は無理だな。深追いはせずに今度に期待した方が無難かも。時にはガマンも大事だよね。

【ナンパで口説くには】
近所のコンビニに力ワイイ店員がいるんですが、周りに人がいて声をかけられません
どうナンパしたもんスかね
今回はみなさんのリクエストにお応えして、そんな日常風景の中にいる女性を攻略する方法をお教えしましょう。
写真の彼女(19才)は、いわゆる行列ができるケーキ屋の店員です。フロアにはコマダムが10数名、ショーウィンドウの向かい山に同僚が5、6名、彼女自身も忙しそうに立ち回ってたんですけど、そんなの全然関係ありません。こうアプローチすればいいんです
「すいません。このショートケーキいただけますか」
「おいくつですか?」「あ、ちょっと待って。他にオススメとかありますっ」
「うーん。こちらのレアチーズケーキなんかどうでしょう」ここでちょっくらまを置きまして。「・・あ、ゴメン。考えことしてた。もう一回教えてくれる?」
「フフフ。レアチーズケーキですよ」「じゃあ、それーーつください」
「ありがとうこざいます。900円になりますねー」
よっぽどボーッとしてたんでしょねー。実はボク、お金だけ払って、ケーキを包んでもらってる間に、店の外に出ちゃたんですよ、慌てて彼女が「お客さん、お忘れてますよー」って追っかけてきてくれたから助かったって、もちろん、シナリオどおりなんですけどね(笑)。
「あー、またやっちゃったよ。サンキュサンキュ。ところでさー・・」
後はナンパトークをかますだけです。彼女の場合は、その場で携帯番号をゲットして、次の日にアポってヤッちゃったのかな。ね一簡単でしょ。商品じゃなく、お釣りをもらい忘れて引っかけたのが左ベージ写真の彼女(21才、コンビ二店員)です。最初のコの応用なので詳細は省きますけど、ちょいとエロイ体してたんで、一応載せておきました。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内