★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
出会いカフェキラリ出会いカフェキラリ出会いカフェキラリ出会いカフェキラリ出会いカフェキラリ出会いカフェキラリモモカフェ
「モモカフェ」と「キラリ」はどちらも東京にある出会いカフェの名称だが、両者にはひとつ、決定的な違いがある。料金設定だ。
システムの細かい説明は省くが、入店からトーク(しゃべり放題)を経て女を連れ出すまでの料金を比較すると、
・キラリ・4200円
・モモカフェ・8000円となる。
必然的にこの差は、両店の女のレベルにも顕在する。カネ払いのイイ客が集まるモモカフェにはかわいい子の、貧乏客ばかりのキラリにはブスの割合が高いのだ。
そして新宿のとある雑居ビルにはこの両店が3階と地下1階に分かれて併存している。さて、それぞれの店に出入りするワリキリ嬢は、互いのことをどう見ているのか?
入店し、さっそく男性ルームからマジックミラーをのぞいたところ、気になる女を見つけた。正統派の美人ではないが、どこか品のある風貌でスタイルも抜群。歳は20前半くらいだろうか。よし、彼女にトークを申し込むか。
 女はすぐに個室に現れた。
「こんにちは〜」
「どうもどうも。オネーサン、よくここに来てるの?」
「いや、半年ぶりかな」
「キラリには?」
「ああ。あそこは1回だけ行ったことあるけど、それっきり」
「なんで?」
 彼女が眉をしかめた。
「キモいオヤジばっかりだったもん。1万でナマでやらせてとかあり得ないこと言ってくるし」
「この店の客とそんなに違う?」
「この店もキモい人いるけど、カネ払いは相当マシだよ。ワリで3くれる人、フツーにいるし」
ちなみに彼女がキラリで3万を要求したときは誰ひとり応じる客がいなかったそうな。
「へえ、じゃあキラリにばっか行く女の子は何でだろうね」
 間髪入れず答えが戻ってきた。「見た目が悪いからでしょ。実際さ、ヤバいの多いじゃん。何日も風呂にも入ってないような、コジキかよって感じの。ここにはそういうのほとんどいないもん」
まったく容赦がない。見かけによらずかなりの毒舌家だ。
「でも、フツーの見た目の子もキラリにはいるよね」
「そうかな? そういう子はきっとキラリとここを両方行き来してるんじゃない? キラリオンリーはデブスとコジキばっかだと思うよ。底辺でしょ」
もはや清々しさすら感じる。同類の女をここまでこき下ろすとは。
キラリのマジックミラー越しの風景は、モモカフェとはだいぶ趣が異なっていた。先ほどのモモ嬢の言う通り、デブスの多いこと。水商売系だろうか、ひどくケバい女もチラホラいるし。
トークルームに呼んだのは、無料の菓子をむさぼるように食っていたショートパンツ姿のおデブちゃんだ。何となくキラリ代表に思えたというのが選んだ理由だ。
すぐにカーテンの向こうで覇気のない声が響く。
「こんにちはー」
「どうもどうも。今日は何時からここにいるの?」
「昼の1時くらいから」
てことは5時間以上ここにいるのか。まあ、いかにも買い手がつかなそうではあるが。
「ワリキリの場合、いつもどんくらいもらってんの?」
「ホ別でイチゴー」
「ふうん。そう言や、モモカフェには行かないの? あそこだとここより相場高いらしいじゃん」
ぶっきらぼうに女が答える。
「行かねえ」
「なんで?」
「ぜんぜんお金にならないし。ずーっと座ってるだけだもん」
口ぶりから察するにモモカフェでは一度も連れ出されたことがないようだ。そら足も遠のくわな。
「あそこに比べたらここの方がまだマシだよ。今日はまだ一回も外に出てないけど(ワリキリが一回も成立してないの意)」
「モモカフェにばっかりいるコってどういう感じ?」
「あんましゃべったことないけど、ホストに人生狂わされた元マジメちゃんってイメージあるよね。てか、ずっと話してるけど冷やかし? 外出しないなら戻るよ」
露骨にこちらを睨みつけると、女は不機嫌そうに出ていった。1_201912131525294f2.jpg2_201912131525313df.jpg3_20191213152532810.jpg4_20191213152534f07.jpg5_201912131525359f2.jpg6_20191213152537ec0.jpg7_201912131525387c4.jpg8_20191213152540322.jpg9_2019121315254169a.jpg10_20191213152543561.jpg0228_201912131525450da.jpg0229_2019121315254644a.jpg0230_201912131525471c0.jpg0231_20191213152549889.jpg0232_201912131525502d2.jpg0233_20191213152552183.jpg
東京の繁華街を歩くと明らかに異なる光景に出くわす。
道端の看板やサンドイッチマンの抱える広告がどれもこれも出会い喫茶ばかりなのだ。喫茶ではなく カフェあるいはマンガ喫茶と名乗ったり、卜—ク喫茶ナンパ部屋逆ナンパ部屋などと銘打つ店もあるが、どれもほぼ内容は同じ。要は、出会いを目的としたシロウ卜男女が相手を見つける場というのが表向きの売り文句だ。 元々は数年前に大阪で始まったといわれるこの業態、しばらくはさしてブ—ムにならなかっ たのだが、昨年あたりから急激に店舗数が増え始め現在では東京だけでも歩けば出会い喫茶にぶつかる状態だ。 少し遊び慣れた方なら、この盛況ぶりを見て、おそらく同種の印象を持たれていることだろう。どうせサクラやエンコ—女の巣窟なんだろ、と。 間違ってはいない。サクラと しか考えられない女は確実にいるし、エンコ—女が大多数を占 めることも紛れもない事実である。 では、何故こんなに流行しているのか?騙されるバカ男がそんなに多いのか? 昨年から現在にかけて都内の出会い喫茶ほぼ全店に入会してさんざん遊びまくってきた私がその魅力と正しい遊び方を お教えしよう。 出会い系では探せないエンコ—女が目の前に単刀直入に言えば出会い喫茶の楽しみは、 番がハイレベ ルな女とのエンコ—で、次点が タダマンである。
この順番を間違えると「なんだまたこいつも エンコ—女かよ」とがっかりするハメになる。あくまでタダマンは偶然が重なったときのラッキ—な結果だと考えるべきだ。また残念ながら純粋な出会い彼氏を求めている女は、私がこの一年ほどでしやベった二百数十人中、わずかに2人しかいなかった。常識的に考えれば、彼氏を作るためにうらびれ た雑居ビルに出入りする女など そうそういるわけがないのでまず間違いない。
したがって出会い喫茶は、実物を見て決められ、在籍嬢が日によってまちまちで、定価のないデ—トクラブと認識しておくのが正解だ。この「定価のない」という部分こそが、我々に夢や希望あるいは失望を味合わせる要因となっておりおかげで八マるとなかなかやめられないのである。勝ったり負けたりするからこそ通い続けてしまうパチンと同じことだ。出会い喫茶で見つけられる女は、以下人種である。エンコ—目的のブサイクな女エンコ—目的だが、見た目はイケてる女本番手前までのプチエンコ—目的の女数千円の交通費、デ—卜代目的の女詳細は後述ただ客としやベってお金をもらうだけのサクラエンコ—好きの貴兄なら、このラインナップにはよだれが出ることだろう。テレクラや出会い系サイトにも腐るほどいるが、番番となるとなかなか見つけにくいもの。実際に今から出会い系サイトでキレイ時にタダマンの可能性が秘められている貴重な存在だ。さてここで知っておくべきは、彼女らが常に同じ目的で店に来ているわけではない点だ。店に売春を管理されていないため、確固としたプ意識はなく、その日の気分や相手次第で、どこまでやるかを決めているのだ。番のつもりで来店した女が、金を提示するうちに番番へと昇格?することも普通にあるし、他の客と本番したはずの女が、手コキまでしかしてくれないことも多々ある。不安はいらない。だからこそ出い喫茶は面白いのだ。毎回、誰がいくらでどこまでしてくれるかを探る過程。ひよっとしてタダマンできる子がいるのではないかと表情を読み込む推理。他のフーゾクではとても味わえないゲーム性がそこにはある。マンガや雑誌を読む女は安売りする傾向あり出会い喫茶は大きく種類に分類される。オープン系個室系オープン系は、オープンスペースでパソコンや読書に耽っている女たちの中から気に入った子を選び交渉の末、外に連れ出すシステムである。最近増殖中の店はこの形式を採るところがほとんどだ。
いまやセミプロ売春婦か茶メシ女(お茶や食事で小遣いをもらう)だらけとなった出会いカフェだが、それでもまだ“素人”とヤラしく遊べる可能性は残っている。さて、どの女をどう買うのが賢明なのか。

処女が来ることもあるプチっ娘『待ち』戦法

プチっ娘とは、本番ではなく、フェラや手コキどまりの割り切り娘たちのこと。彼女ら、容姿についてはなんともいえないが、ウブさを残した点、男としては実に興奮する相手だ。探すのはもちろん出会い系だが、『口だけでもいい方』などと書き込んでいる女は、どこか頭のおかしいようなのばかりだ。したがってこちらから書き込んでじっくり待つのが正解。『渋谷軽めで遊べる子いませんか?』過去に出会った数十人は、「なぜプチなの?」という質問に同じような答えを返してきた。お小遣いが必要だから出会い系を見てみたけど、本番はできないしどうしよう…あっ、これなら!
という流れらしい。プチっ娘はスレたエンコー女とは人種が違い、処女の大学生、専門学生2人組なんてのが現れたこともある。ちなみに相場は、手で5千円、口なら1万円が上限だ。

出会いカフェの茶メシとエンコーしたい人へ

いま、出会いカフェで上玉を見かけたら、まず間違いなく「お茶だけ」「ご飯だけ」の茶メシ女だと考えていい。可愛いワリキリ娘などまずいないし、仮にいればただ買えばいいだけのことだからノウハウなど必要ない。いかにして茶メシ女を抱くか、金の力を借りてでも股を開かせるか、それが我々カフェマニアのテーマだ。まずポイントとなるのは、その女がかたくなに茶飯にこだわっている常連か、あるいは「ご飯で3千円もらえればラッキー」ぐらいの軽いノリかだ。狙うべきはむろん後者でその見極めはトークルームで行う。たとえばこちらの申し込みカードの名前欄を『徳川家康』などとしておき、「絶対ウソだぁ」的なシロート臭ただよう反応があれば見込みはある。常連茶メシ女はこちらの名前や年齢などに無関心なものだ。他、「いつも5千円もらってます」だの「1時間だけ」だののたまう女もNGだ。もし、コイツ慣れてないなと踏めば、向かうべきはカラオケがベスト。酔わせてなんとかするより、個室でどさくさまぎれにタッチを重ねていくほうが早い。
女がお金に困っていることは確かなので、たとえばハグで+千円、服の上から胸タッチで+千円、ディープキスで+千円と、徐々に崩していく。私はこの流れでトータル2万円ほどで本番にたどりついたことが5回ほどある。結局はエンコーといえど、その喜びは格別だ。

出会いカフェ閉店後のギャルと朝までイチゴー

出会いカフェはどこの店も夜12時くらいに終わりますが、閉店時間まで残っている女ってどんな人種だと思いますか。都内の店だと、一軒あたりその数は5〜6人ほどでしょうか。売れ残ってるだけあり、見た目はだいたい小汚いギャル風です。しかし彼女たち、狙い方によってはオモシロイです。カフェを出ても他に行くところがないオンナが大半なので、「朝まで付き合ってほしいんだけど」と提案すると、安値で応じてくれるんです。そこで私は、閉店時間にカフェの入り口で張っておき、出てきたところに声をかけるという作戦を行っています。これだとカフェ代(入店料や連れ出し料)が掛からず、リーズナブルですし。声かけのときは、店にやってきたけど入れなかった客を装い、「あれ、もう店終わっちゃったんだ?キミ、よかったらちょっとお話しませんか?」朝までエンコーの交渉は、いつもイチゴーでまとまりますよ。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

タグ