★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0101_201907030704263fb.jpg
Tバックしかり、紐パンしかり、セクシー下着業界では必ず一定のスパンで画期的なアイテムが生まれるが、ここ数年、新たにじわじわとキテいるのが、レース(あるいはクロス)テディと呼ばれる下着だ。簡潔に説明するとブラとパンティがヒモ状のレースでつながった上下一体型の下着だが、そのレースがある分、エロ度がハンパなく高くなっている。
そんなわけで、グラビアアイドルの撮影で頻繁に使われはじめているのも、ある意味当然。セフレや彼女に着せればド興奮まちがいナシだ。
夫は写真をとるだけの3P希望・レースのパンティ付きメッセージの謎
SnapCrab_NoName_2019-5-29_11-39-57_No-00.png
今年ある日、雑誌の取材で大阪・鶴橋に行ったときのことだ。約束より20分ほど早く取材場所に着いた私は、自販機でジュースを買い、近くの公園で休むことにした。冷たいモノを飲んだせいか小をしたくなり、公園内のトイレへ向かう。周りでホームレスが2、3人洗濯していたその公衆便所は、入るのをためらうほどの汚さだ。が、背に腹は代えられない。溜まった水分を放出しホッと前を見ると、壁の出っ張りに置かれた小さなビニール袋が目に飛び込んできた。ゴミだろうとは思ったが、電話番号のような数字が書かれた紙が見える。思わず手に取りビニール袋を開けた。と、入っていたのは女性用のパンティとー枚の紙切れ。淡いブルーの下着はフロント部分がレースになっており、かなりイヤラシイ。
しかも使用済みらしく、アソコが当たる部分は汚れている。私は下着フェチでも何でもないか、紙切れに書かれたメッセージを読み、思わず股間が熱くなった。
「36才、主婦。156cm色白。処置済(コンドーム要)。夫と3P希望といっても夫はポラロイトで写真をとるだけ。長根でスタミナ有る方、メッセージ下さい。」
私は以前、「裏モノ」の取材で行った単独男性入店OKの力ップル喫茶で、他の客とハメまくる妻と、それを横で見る夫という変態夫婦に出会ったことがある。そのため夫は写真をとるだけという一文に興奮を感じとったのだ。取材を終えるとさっそく紙切れに書かれた番号に連絡
翌朝、確認したところ、なんと「あああーん、ああ…。はあ、ああ…。き、気持ちイイ・・」
といっう実に悩ましい声が登録されていた。すっかりコーフンした私は、メッセージを返そうと受話器を持ち上げたが、裏モノライターの悲しい性。「何か裏があるに違いない」という考えが頭をよぎる。3Pの相手を探すならテレクラやカップル喫茶に行けば相手をその場で確かめてからプレイすることもできる。
なのに大阪の、それもホームレスがたむろするような公園のトイレにわざわざこんなメッセージを置くのか。もう一度、紙切れをよく読んでみると、次々と湧いてくる。「3P希望と云っても・・」とあるが、36才の女性が“云“という漢字を使うだろうか。「スタミナ有る方」のも怪しい。ここで連絡を取るのを止めた。
断捨離セミナーの受講者はパンティを捨てる可能性大! 
昨年、居酒屋で知人がふとこんなことを口にした。
「この間、嫁が断捨離セミナーってやつに参加してさ」
断だん捨しゃ離り
という言葉は聞いたことがある。不要なモノを徹底的に捨て去って、家の中をスッキリさせようという考えのことだ。セミナーは、その具体的なやり方を教えてくれるところなんだろう。
「へえ。で、効果はちゃんとあったの?」
「もうテキメン」
もともと知人の嫁はいわゆる〝捨てられない人〞で、家の中は常にガラクタであふれていたしいのだが、セミナーで指導を受けて以来、すっかり人が変わったという。
「健康器具とか古本とか洋服とか、今までかたくなに捨てようとしなかったものをバンバンゴミの日に出すもんだから、家が見違えるようにスッキリしちゃってさ。ははは」
きれい好きな知人はよほど気分が良かったのだろう。冗談めかした表情で、こんなことも付け加えた。
「ホント驚いたよ。あのドケチの嫁が、古い下着もごっそり捨てたんだから。今までだったら穴が開いたパンツでも『人に見られるワケじゃないからいいの』とか言って、平気で履いてたのにさ」
マンガならこの瞬間、俺の目は、キラリと怪しく光っていたことだろう。  自己紹介が遅れたが、俺は20年以上のキャリアを持つ、パンティハンターだ。
ある時は民家の軒先に干されているブツを失敬し、またある時は、ゴミ捨て場のゴミ袋をゴソゴソと漁り、お宝を人知れずコレクションしてオカズにしている変態だ。
もちろん、目の前にいる知人も俺の秘密は知らないが、期せずして、ヤツが貴重な情報をハンターに提供する形となった。なるほどなるほど。
さっそくネットで調べてみると、折よく、近日中に地元で大規模な断捨離セミナーが開催されることが判明した。では出撃だ。
セミナー当日、イベントが終わる時間を見計らい、某ホール内の会場へ。しばらくして大勢の参加者が出口から姿を現した。9割は30前後の若い女。その一人一人にこっそり、しかし、きっちりと視線を向ける。 こいつはブス。こいつもブス。うーん、これもちょっと厳しいからパスかなぁ。
吟味を続けていた矢先、ようやくこれはと思える女が。どことなく女優のハセキョーに似た美人で、ボリューミーなケツがなんとも魅力的だ。見た目年齢から察するに、人妻さんだろうか。よっしゃ、コイツを尾行だ! 
電車を乗り継いだあと、住宅街をテクテク歩いて女が消えたのは、1軒のこじんまりとした民家だった。 
女の自宅を突き止めたあとは、このエリアのゴミ収集日をチェック。えーっと、可燃ゴミの日は…火曜と土曜か。では直近の可燃ゴミの日である火曜にまた戻ってくるとしようか。 
ここまで読めば、俺の目的が何なのか、すでにおわかりかと思う。そう、本日のセミナーで断捨離に目覚めたハセキョー似の古パンティをゲットしようというのだ。
なんせ彼女が〝お宝〞をゴミに出す可能性はほぼ確実。調べたところ、古下着を捨てるのは断捨離に欠かせない行為のひとつらしいのだ。結果は大成功だった。
数日後、早朝からクルマの中でハセキョー家を張り込んでいた俺は、彼女がゴミ集積場に出した5つのゴミ袋をすべて回収、自宅に持ち帰って中身を調べたところ、クロッチがいい具合に汚れた透け透けパンティ他、計6点のお宝を見事ゲットしたのだ。ひゃっほーい!そんなわけで、現在も俺は地元や近隣エリアで断捨離セミナーが行われると聞けば、可能な限り出動するようにしている。 
もっとも、苦労してターゲットのゴミ袋を入手したところで、中身を見てみれば、パンティがハサミで細かく切り刻まれていたなんて失敗もあるのだが。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内