★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0080_20190702072020656.jpg0081_20190702072021cd8.jpg0082_201907020720237ad.jpg0083_20190702072024b0e.jpg0084_20190702072026f17.jpg0085_20190702072028740_20200121202524010.jpg0086_201907020720307ee.jpg0087_2019070207203126f.jpg0138_201911131445161ab.jpg0139_20191113144517ee6.jpg

【概略・全文は上記記事をお読みください】

テレビの恋愛ドラマが、視聴率番組の常連に名を連ねるようになってはや久しい。世の女どもは2人の恋の行く末に熱狂、これは何を意味しているのか。その答を探るため、まずは先日テレビの深夜番組で自らの恋愛観をのたまっていた素人女たちのこのセリフに耳を傾けてもらいたい。

「彼氏ができる理想的なキッカケー?んー工レべーターに挟まれているところを助けられたい。で、後でその人と偶然コンパで再会。サイコーっしょ」

「アタシは、まず最悪の出会いがいい。電車の中で足とか踏まれてヤなヤツって思うのお。でも下車するとき、アタシの落とした定身を拾ってってやつ」

こうした都合のいい出会いは、恋愛ドラマでは定番中の定番である。『ビューティフルライフ』でも、キムタクが、常盤の乗った車と接触を起こしかけ、2人は知り合う。しかもは、そのときキムタクが向かっていた先という念の入り様である。賢明な読者の方はもうおわかりだろうには運命的な、ドラマのような出会いにている女が大勢いるということを。
ならば、そんなドラマのような出会いをこちらが作為的に演出してやればどうか。もしかして、ルックス十人並以下のボクでも「運命」ということばの魔力にあやかれば、ムリ目の女を落とせるかもしれん。こりややるしかないっしょ。
ではこの運命ナンパを実行するに当たり、大まかな作戦を練っていこう。ターゲット及び「初めて出会う場所」はすでに決まっている。優香似の彼女は恐らく女子大生なのだろう。

フリーライターという仕事柄、いつもというわけにはいかないが、たまに朝の通勤時間に地元のN駅へ出向くと、決まってその姿を見かける。正直、もろタイプである。ターゲットは彼女以外、考えられない。むろん、出会いの場所は地元駅だ。では、最初の出会いをどんなシチュエーションとするか。どのドラマでも、主人公とヒロインの出会い方は、ありがちな中にも、印象深いものが大半だ。熟考の末、出た結論は「ぶつかる」と「助ける」だ。

「ぶつかる」は学園ドラマによくあるような、道端でぶつかった相手が実は転校生だったというアレである。もう」つの「助ける」は文字どおり、ピンチにサッと現れ相手を救うというもの。しかしこれは、「ぶつかる」より効果的なものの、あまりに不確定要素が多い。もちろん、友人を使い、優香を襲わせたりすると疑われる可能性は大。どころか、警察に通報でされたらシャレにならん。ここはやはり「ぶつかる」を選択するのが無難か。そして肝心の「運命的再会」。これは「最の出会い」の結果が出た時点で作戦を練るとにした。とにかくまずは実践だ。
某日、午前8時。ふあーとあくびをしつ、駅の改札付近で張り込みをスタート。缶コーヒー片手に、普段の生活とは縁のな層い通勤ラッシュの風景を眺める。オーやだやだ。みんなあくせくしちゃってさ。ホント、ライターになってよかったぜ。そんな強がりをブツブツ15分。と、来た来た。ターゲットの優香が茶色のロングコートにブーツという出で立ちで駅の入り口に差しかかるところだ。ボクがいる場所は、ちょうどキヨスクに阻まれており、優香からは死角となっている。このまま彼女が接近するのを待ち、勢いよく飛び出してやろう。腰を屈め、タイミングを計る。よし、行けードカツー

「痛ったーい」甲高い声が構内に響く。予定では自分も倒れるつもりが、思った以上に勢いがついたょうだ。なんと彼女だけが思いきりひっくり返ってしまった。コートの裾がはだけ、生足が丸見えである。やべー。

「ちょっと何すんのよ。危ないじゃんー」「すいません、大丈夫ですか」

とりあえず爽やかに声をかけたものの、もはやそれどころではない。優香、激怒である。さらにボクが座ったままの彼女に手を差し伸べても、パシンと叩きつけられ、キッとこちらを暁み付けてくる始末。こりゃ真剣に謝らねばー

「ホント、すいません」
しかし、必死の取り繕りいも虚しく、彼女はその場を立ち去っていく。「ム力つくんだよ、バー力」と一言い残して。
落ち込みながら、ボクは反省した。やっぱ公衆の面前でぶっ倒されれば、誰だって怒るわなー。ボクが一緒に倒れなかったことも痛い。優香を一方的な被害者にしてしまった。もはゃ彼女のことはきっぱり諦めるより他ない。気分一新、新たな獲物を探すとするか。いやその前に「ぶつかる」という方法に少し改良を加えなきゃいけない。どうしょうか。いっそコケるのはボクだけにし、相手の罪悪感を煽った方がいいかも知れない。

ならば、こういうのはどうか。ターゲットに軽くぶつかって、倒れる際にカバンの中身をぶちまけ、女の子に拾うのを手伝わせる。ダメ押しにフレームの壊れたメガネをカバンに忍ばせておくのも有効かもしれない。そして青ざめる相手に「平気平気。大丈夫ですよ」と心の広い男だという印象を与え…。うん、いいじゃないっすか。
次の日、再び午前8時に駅へ出発。優香とバッティングしては気まずいので、駅から50メートルほど離れた道端で目標を物色することにした。街路樹に寄りかかり、行き交う人々を観察する。今度は大人しそうなコがいい。怒鳴られるとパニくっちまうからな。が、こちらの要望に叶う女はなかなかおらず、ようやくそれらしいのが現れたのは4本目のタバコに火をつけたときだ。年齢は24、25くらい、深緑のジャケットに程良い長さのスカートが良く似合う。肌の色も白く、優雅なお嬢様タイプといった感じである。出会い頭に衝突してやろうと、急いでわき道に身を潜めた。待っとけよー。おりゃー今回は相手をはじき倒さぬよう、うつむいて歩くお嬢様に軽くぶつかった。

「わっ」彼女の靴に足を引っ掛け、大げさに吹っ飛ぶボク。と同時にカバンを中身を思いっきりぶちまけた。

「あっ。だ、大丈夫ですか?」

おお。昨日と大違いの優しい反応に思わずニヤリとしそうになるが、そこは我慢。飛び散った荷物に視線をやり、お嬢様が拾うよう仕向ける。ボクは瞬時に壊れたメガネの位置を確認し、反対方向の荷物を拾うことにした。すると背後から、あっ、と落胆の声。ふふ、見つけちゃいましたね。

「あの、すいません…。これ」

彼女はメガネを手に、心底申し訳なさそうにボクのことばを待っている。

「あ、いいっすいいっす。気にしないでください。それより怪我ありませんかっ」「あ、はい」よしよし、いい展開だ。これで印象づけはバッチリ。後で再会しましょうね。
律儀に謝り続けるお嬢様を駅へ向かわせるふりをしながら後を追う。慎重に距離を保ちつつ、電車と徒歩で尾行する。お嬢様はとある銀行へと入っていった。ふーん、ここが職場ですかあ。とりあえず近くの公園に場を移し、第一段階成功の祝杯を上げる。くあー、朝っぱらのビールは効くぜ、なあ諸君。って浮浪者とへらへら話しているヒマはない。実際のドラマであれば、最初の出会いを経て再会するとき、決まって男と女どちらかの身にイベントが発生している。例えば、誰かに追われていたり、大事なモノを落として探していたり…。となると、答は出たも同然であろう。今朝、ボクはカバンの中身をぶちまけたのだ。ぶつかった現場でオロオロ家のカギを探すボクを、帰宅途中のお嬢様に発見してもらえばええんとちゃうんけ。

作戦が決まれば、後はお嬢様の帰宅を待つのみ。とりあえず午後5時半までマンガ喫茶で休憩し、それから彼女が勤める銀行付近のコンビニへと向かった。6時。ようやく同僚2人を引き連れ、お嬢様登場。おっしゃ、尾行再開だ。同僚らは帰りの方向が逆らしく、やってきた電車に1人乗り込むお嬢様。隣の車両に乗車したボクは、接続部のドア窓からこっそり彼女を監視する。電車がN駅に着くや、ボクはホームに溢れるサラリーマンたちを押しのけ、猛ダッシュを図った。こっからが勝負だ。お嬢様ょりも早く、今朝の衝突現場に到着しなければ。何とか彼女に見つからず、目的地に辿りついたボクは、すかさずモノ探しの演技を始めた。

しばらくして、そっと駅の方を振り返ってみる。遅えなあ、まだ来ねえのかよー。と、ビックリ。なんとお嬢様が10メートルも離れてないところを歩いてらっしゃるじゃないすか。が、彼女はボクの存在にまったく気づいてない。

こら、バ力。こっち向け、こっち向けよ・・。悲痛な念が届いたのか。フッとお嬢様がこちらを見た。その瞬間、彼女は一瞬あっと驚きの表情を浮かべ、ツカツカとボクの方へ歩み寄ってきた。よっしゃー
「あのー、今朝の方ですよね。メガネ大丈夫ですかっ」

まだ気にしているのか。なんだか気の毒な気分である。

「いや、ホント気にしないでください。・・ただ家の力ギがなくなっちゃって。さっき気が付いて戻ってきたんですよ」

「えっそうなんですか?」

「実はメガネがないからよく見えないんですよ。一緒に探してもらえませんか?ちょっと見てないようなら諦めますんで」

「ああ、はい」

あるはずのないカギを懸命に探す彼女の姿にボクは大いに満足した。同じ目的で作業をすると気持ちが1つになりやすいのはドラマで勉強済みだ。よし、ではそろそろ…。
「あっ、これっ」カギ探しを開始して3分後。お嬢様が差し出した手の平には、にゃんまげ君のキーホルダーが付いたカギがチョコンと置かれていた。どうなっての?なんて、実は先ほど、彼女の目を盗みこっそり街路樹の根元に落としておいたのだ。

「あ、それですー」「わあ、よかったよかったあ」

まるで自分のことのょうに喜ぶ彼女。メガネを壊し、カギまでなくさせたという罪悪感を完全に払拭したのだろう。ボクに対し、グッと親近感を増したに違いない。切り出すなら今だ。

「ホントにありがとう。お礼にお茶でもおこらせてよ」

「エー。そんな大したことしてないし」

口ではそう言うものの、まんざらでもなさそうだ。もう一押しで落ちるはず。

「まま、これも何かの縁じゃん」「うーん、じゃちょっとだけ」

ほらね。もったいぶるんじゃありませんっ。この後、近くの喫茶店に入り、映画の話で大いに盛り上がった。彼女、名前はエミといい、24才。間近で見ると、その透き通る白い肌が何ともそそる。

「ところでさ、会社の昼休みって何時からっ」

「え、12時からだよ。なんで?」

「明日、用事があって近くまで行くんだ。よかったら昼飯でもどうかなって」

「あーいいよ。おいしいパスタの店があるからそこ行こっか」

おいおい、マジで脈アリでしょ、これ。もうホテルにでも誘って…。おっと、ここで下品になるのはまだ早い。今日はもう帰してやるとしよう。別れ際、彼女とケータイ番号を交換したボクはウキウキ気分で家路についた。
翌日、正午。待ち合わせの店に行ってみると、エミはすでに待っていた。パスタを食べながら、ペチャクチャとよくしゃべる。昨日今日で3度もボクと会っているのだ。そろそろ「この人は運命の人なのかも」とかなんとか思ってもいいんじゃないか。もう絶対、思っているに違いない。誘っちゃえー

「あのさ、どう。今晩飲みに行かない?」

「え・・。こめんなさい、夜はダメなの」

「へっ」「私、結婚してるんです」「・・」

わかっていた。ガンガン攻め通すべきだったのはわかっていた。独身だろうが人妻だろうが、落とせれば問題はないのだから。が、旦那のことを楽しそうに話す彼女を目の当りにすると、どうにもヤル気が失せてしまう。無念、あきらめよう。うなだれたまま帰宅途中、お嬢様の携帯番号を消去。気分は完全にハートブレイクだった。
N駅に着き、軽くタバコを一服。重い足を自宅の方に1歩踏み出したそのとき、見覚えのある顔がボーッと件んでいるのに気づいた。

「アイツは…」優香である。気マズー。とっさに逃げ出そうとするも、ふと足を止めた。どうも彼女の様子がおかしい。ボクの前方十数メートルで立ち止まっている彼女は、駅横の駐輪場を困惑した表情でウロウロしていた。なるほど。ど、つやら放置自転車が多すぎて、自分のチャリンコにまで辿り着けないらしい。意を決したのか、彼女は1台ずつ脇にずらし始めた。チャンスである。ここで手助けしてやれば、彼女はボクをどう思うだろう。最初の出会いが最悪な分、少しの親切でも彼女にとっては倍以上の効果をもたらすのではないか。あら、本当はいいヤッだったのね、と。よし、善は急げだ。
「あの、手伝いますよ。キミのはどれっ」とりあえず身近にあった自転車を横にどかしつつ、優香に話かけてみた。一瞬、怪詠な顔をしていた優香だったが、すぐにボクが昨日の間抜けだと気づいたらしい。「ああ」と生返事をしたまま、それっきり何も言おうとしない。憎たらしい女である。
「一昨日はホントこめんね。ケガなかったっ」

「ええ、別になんともないです。ってか、ありがとう。もうチャリ出せるからいいよ」「あのさ、この間のお詫びといっちゃなんだけど。飯でもおこらせてよ」

「なんですか、ナンパですかっ」

「はは・。んなわけないじゃーん。けど、せっかくだからと思ってさ」

「ふうん、別にいいけど。じゃどうせなら居酒屋に行かないっ」「はあ」

どうにも優香の本心が見えん。やけにツンケンし一
大喜びのボクは彼女を連れ、ソッコーで駅前の居酒屋へ向かった。とりあえず生ビールを注文し、乾杯。ゴクゴクと喉を鳴らす優香の飲みっぷりは実に素晴らしい。聞けばまだ20才にもかかわらず、毎晩友人と飲み歩いてるという。キミ、随分オッサンしとるのー。

「あのときぶつけたお尻、アザになっちゃってんだよ。どうすんのよ、これ」

「だからー。何度も謝ってんじゃん。もう堪忍して」

どうやらこの乱暴なしゃべり方も、いうほど怒ってなかったようだ。それがわかると不思議なもので、途端にボクの舌も滑らかになる。

「さあさあ、もっとググーっと行けよ。楽しく飲もうぜ」

「でもさあ、ぶつかったのがきっかけで知り合いになるって、マンガだよね」

「うーん。ホントだな」

辛うじて冷静さは保てたが、湧き上がる狂喜の念に耐えきれず、唇の右端がつり上がる。飲み始めて3時間。暗黙の了解とでも言うのだろうか。居酒屋を出た後、完全に酔っぱらったボクと優香は、やんややんや大声で話しラブホテルへ直行した。服を脱ぐなり、2人同時にベッドへ倒れ込優香のパンツを脱がしてみると、確かに青いァザができていた。
みなさんはこの結果についてどう思われるか。手間がかかり過ぎと思われるだろ。ハッキリー言ってボクも同感である。撃つだけなら、繁華街に繰り出し、数を打に方がナンボか効率はいい。にだこれだけはいっておく。あれ以来、携帯は優香からの電話で鳴りっぱなしだ。口にこそ出さないが、彼女はボクとの出会いを運命的と信じているようなのだ。

カフェで隣で同じ本を読んで運命の出会いを演出する

ちょっと前に喫茶店へ行ったとき、隣の席のおひとり女がたまたまオレと同じ小説を読んでいた。
「おねーさん、それ、宮部みゆきですよね?ほら一緒一緒!」
思わず声をかけると、相手も目を丸くする。
「ほんとですね」
「今どのへん読んでます?」
「まだ最初。中学校で生徒の死体が見つかったところです」
「そこから面白くなりますよ」
「そうなんですね。というか宮部みゆき好きなんですか?」
親近感からか、普通に会話が続き、気付けばすっかり盛り上がってLINE交換までしていた。はからずも出会いに繋がった格好だ(後の進展はないが)。そこでピンときた。この偶然、狙って作り出すことができないだろうか。作戦はこうだ。喫茶店で読書
中の女を見つけたら、本の表紙を見てタイトルを確認し、急いで書店で同じ本を買ってきて、偶然を装って声をかけるという流れだ。
年末の夕方。神田神保町にやって来た。本屋が多く、読書好きのメッカのような町だ。
さっそく付近の喫茶店やファーストフードを回って読書女を探すことに。声をかけやすいのは、小説とかマンガを読んでいる人間あたりだろう。何やかんやしゃべりやすいし。旅行ガイドブック系なんかもいいかも。しかし、読書女自体はチラホラいるが、ブックカバーをつけている人間ばかりでタイトルがわからず、なかなかアクションを起こせない。しかも、ようやく見つけたカバー無し女は、川谷拓三っぽい風貌の40代後半くらいのオバサンだ。
本のタイトルは『木暮荘物語/三浦しをん』スマホで調べてみると、小田急線沿線のぼろアパートを舞台にした愛とつながりの小説らしく、偶然の出会いにはぴったりの小道具だが、アラフィフ女とつながりたいとは思わん。パスそんなこんなんで探しあぐね
ること3時間ほど。そろそろあきらめかけていたとき、書店に併設されたカフェスペースで一人の若い女を見つけた。カバーを付けずに新書を読んでいるが…!?
『南京事件』すごいタイトルだな…。ひとまず隣の書店で探してみると、すんなり同じ本は見つかったが、内容は完全な戦争研究本だ。…ま、ここまで来たら行ってみっか。本を購入し、そばの席に陣取ってページをめくる。さあ、声かけだ。
「あの、一緒ですよね?」
「えっ、あっ。すごい。びっくりしました」そりゃビックリするよな。本の内容も内容だし。「歴史の勉強ですか?ぼくは、そんな感じなんですけど?」
「いいことですね。私は中国人です」えっ!?
「留学で来てます。私も勉強したいから読んでます」
「…そうなんだ」
「いま、日中関係が悪いじゃないですか。それは、やっぱり戦争に原因があると思う」
「……」
「日本の本にはどう書かれているか、ちゃんと読んでおきたい 本を購入し、そばの席に陣取ってページをめくる。さあ、声かけだ。
「あの、一緒ですよね?」「えっ、あっ。すごい。びっくりしました」
そりゃビックリするよな。本の内容も内容だし。
「歴史の勉強ですか?ぼくは、そんな感じなんですけど?」
「いいことですね。私は中国人から。アナタの感想も聞かせてください」
「…いやぁそれは」読んでないし。というか、オレ、ナンパしたいだけだし。
「…まぁ難しい話になるんで、できればじっくりしゃべりたいんだけど…。よかったらゴハン食べに行きません?」
「すみません。今日はダメです。けどアナタの意見聞きたい。チャットできますか? 
今度、私の友達も一緒に呼びます」 
…みんなで一緒に日中関係を語りあおってか。ハードル高すぎだっつーの。何だよこの展開は?いい作戦だと思うけど、やっぱり小説などを読んでる子に絞ったほうがいいでしょう。

関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ