★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
0110_20191219163054c91.jpg0111_20191219163055570.jpg0116_20191219163056339.jpg0119_20191219163406017.jpg0120_20191219163102587_202007211133199e0.jpg0121_20191219163103cd9.jpg0052_2018010621561000f.jpg売春キャバクラが屋号を変えて復活
大都市の繁華街にある出会い喫茶は、マジックミラー越しに女性を指名して個室でトーク後、話が合えばそのまま外出してデートというのが基本的な流れだ。テレクラやツーショットダイヤルの衰退以降、素人女性とすに会える利便性の高さから一気に人気を集めてきた。だが、出会い喫茶に来る女性で純粋にデートを楽しもうとする女性などいない。ほぼすべてがエンコー相手を探している売春女たちである。個室に「売買春の交渉を禁ずる」と形式的な警告文が貼られていても、事実上、そんな決まり事は守られていない。店側もそのへんは承知しているはずだが、当人同士のやりとりには関与していないので管理売春には問えないと開き直っているようだ。
女子大生ビジネスを牛耳る某プロダクションを糾弾する記事が載っていた。有名大学のミスキャンパスを始めとする美人女子大生を、雑誌モデルや女子アナになれるとそそのかし、合コン要員や風俗嬢として働かせる。金持ちと業界人だけがイイ女を独り占めする実態に呆れる一方、思わず関心してしまったのも事実だ。若くて可愛い女の子というのは大なり小なり芸能界に憧れを抱くもの。俺のような一般入がどう足掻いても、そんなオイシイ思いにはありつけない。ところがーーー。
ネットで、東京・渋谷に「読モカフェ」なるお店があることを知った。読モとは、ファッション誌などに登場する読者モデルのことで、最近ではプロのモデルより人気を集める子もいると聞く。何でも、その店には誰にでも手の届きそうな手ころな可愛さと華やかさを兼ね備えた現役読者モデルや、モデル志望の女の子たちが多数在籍しているらしい。恐らく、彼女たちは華やかな世界に羽ばたきたいという野心を持っているはず。そこで考える。業界人を装って彼女たちに近づけば、簡単に股を開いてくれるのではないか。べタな発想とは知りつつも、さっそく週末の夜、会社の後輩ー人を引きつれ、渋谷に向かった。オシャレ雑誌の編集者を装うため、私服のジャケツトに着替えての出陣である。店は渋谷駅から徒歩30秒の、小さな雑居ビルの中にあった。中は力フェというより、小奇麗な和風パブ風の造りで、男性店員によれば、読モカフェは週末だけの営業で、平日は岩盤浴の店になっているらしい。料金はー時間3千円。キャバクラよりも安い値段で読者モデルと飲めるなら悪くない。入店してまもなく我々の目の前に現れたのは、某女子大に通うMちゃんとSちゃん(共に21才)だ。2人ともなかなか可愛い。
「読者モデルやってんのっ」「一応。何回か出たことはありますよ」「Sちゃんは?」
「私はないんですよね。出れたらいいなーぐらいで。今、劇団で女優やってるんですよ」「へーすこいすこい」彼女らの話では、ここで働く女の子たちは現役読者モデルもいるが、一度雑誌に載ったことがある程度の子が大半とか。この素人っぽさ。実にリアルだ。
「お兄さんたち、なんのお仕事してるんですかっ」「雑誌の編集だよ」「えー、すこーいーどんな雑誌作ってるんですかっ」
「この人は写真週刊誌のグラビア担当だよ。頼めば、キミたちだって載せてくれるかもよ。すこい仕事できる人だからさ」「ホントですかー・え、ちょっと、マジでお願いしたいんですけど」「ハハハ」Mちゃんが目を輝かせて食い付いてきた。なんてわかりやすいんだ。
俺たちは打ち合わせどおり互いを褒めあった。
「こいつ会社の後輩なんだけど、今は写真家の作品を載せる雑誌を担当しててさ、頑張ってるよ。モデルさん次第で売り上げ変わるからね。2人に出てもらったら売り上げ伸びるかもなー」
自分でも何を言ってるのかわからないが、ソレっぽいセリフを並べ立てて業界人を演じ続ける。どうせ彼女たちも素人。詳しい突っ込みはできないだろう。オレはそのままの勢いで隣に座ったMちゃんを、後輩はSゃんをロ説きまくり、いとも簡単に電話番号とメアドをゲットした。3時間ほど飲んで騒いでー人ー万円。確かにキャバクラよりかなり安い。その後、Mちゃんとの関係はトントン拍子で進んだ。
『今日は〇〇へ撮影のロケハンに来てるよ』
『今、カメラマンと打ち合わせ中なんだ』
適当なメールを何度か送り、後は食事の約束。しこたま酒を飲ませ、その日のうちにホテルに連れ込むことに成功した。その後も何度か関係を持ったが、ラッキーなことに、俺を利用してデビューしてやるとぶつけてもこなければ、後腐れもない。実によく出来た女の子だった。ちなみに、後輩とSちゃんは、一緒に食事する以上の関係には発展しなかったらしい。
★読モカフェにはその後、2度足を運んだ。前回同様、業界人を装い、簡単にメアドと携帯番号をゲット。合コンの約束までとりつけたが、結局やれず仕舞いだ。現在、三度目の来店で出会ったモデル志望を口説いてる最中だ。宮崎あおい似のE力ップ。すでに連絡先は入手済みだ。読モカフェ。その辺のキャバクラに行くよりは絶対お得だと思います。ただしマスコミ業界人に限っての話だけど。
日本人やミスヤンジャンも在籍する連れ出し売春キャバクラ
看板のない紹介制のキャバクラで、在籍する女の中にはタレントやモデルがずらり。元ミスヤンジャンに会ったこともある。しかも、そのほとんどと愛人契約が結べちゃうのだから驚きだ。昨年「売春キャバクラ」として摘発の憂き目にあったが、場所を変え屋号を変え、また再開したようだ。店にいる女たちはみな「遊びに来ているコ」という建前つまり接客しているのではなく、同席して一緒に飲んでいるに過ぎないというていだ。席に着くと、女が入れ替わりやってくるので、オキ二がいればこう切り出す。ー愛人になってよ」言葉はストレートで構わない。愛人希望の女なら、決まってこう返してくる。「月に20万くらい欲しいんだけど」庶民にはあまりに高額だ。しかしモノは考えよう。週2回会うとする。ならばー回2・5万。ヤル度に分割で払って、飽きればボイ捨てすれば安くすんでしまう
六本木駅から西麻布方面に歩いて5分。派手な病院の看板近くの雑居ビル
客引きに呼び止められた。運れ出しキャバどうっすか?どの子も外で楽しめます。試しに行ってみた。料金は90分で1万円(飲み放題)。内装は一般のキャバクラと同じだが、キャストは下は18才、上は40才近くと、てんでバラバラ。総勢15名ほどの中には中国人も数名交じっている。容姿は可もなく不可もなく、といった感じ。
「ホテル行けるって聞いたんだけど、キミも大丈夫なの」「はい。私はこれくらいです」
そう言って、女は指を3本突き出した。そしていざベッドの上で抱き合ったところ、女がさらなる交渉をしてきた。「あとー万円くれるなら生でいいよ」キャバの値段も入れると総額5万を超えるお遊びだが、景気のいい客はけっこういるようだ。「値段はマチマチだけど、みんなOKのコだよ。お金は全部ウチらの取り分になるから。いざヤレるってなるとだいたい言い値を払ってくれる。お酒が入ってるし」
女は「オフザケはやめてください」と手をたたいた。部屋に入るやキスをした。「私って誘いやすいのかしら、お店でもよくやられる」「そうなんだ」「でも、誰でもってわけじゃないのよ」
言い訳をして舌を絡ませてくる。ウソつけ。俺みたいなハゲオヤジにホイホイついてくるってことはエロイ証拠だ。脚を開かせて陰唇に口をつけ特有の匂いも気にならない
デフ女がこんなに可愛思えたのは初めてだ
誰でもいいって。
デニムのスカートを脱がせると「オタクも」と俺の、ズボンとパンツを脱がしにかかった。「わあ、お歳にしてはすごいわ」女がペニスの皮をむき、ウエットテイシュで拭いた後、口に含む。デブだが、口は小さく絞り込みもいい。写真のことは言ってなかったが、力メラを構えても「いいのこんなデブちゃん」と拒否しない。ただ「してるとこはダメ」らしい。
ともかく2カ月ぶりのナマの女体だ。ウエットティシュも使わず、キスして乳首を紙め陰部に愛撫。続けて、無理やりクリトリスに舌をつける。かなり肥大しており、紙めがいがある。田心い切り舌と唾液をつかって奉仕した。もう挿入したい。「お風呂に入ってからしようよ」女が制し風呂場へ。陰部と肌門を念入りに洗ってやる。女も「後で舐めてあげる」と肛門を洗ってくれる。ただの薬剤師にはみえない。フーゾクの経験はあるな。風呂場を出ると、女はベッドにころんと寝て、まさに尻尾を切られたマグ口みたいになって脚を開いた。右手で乳を操みながら左手で女のアナルを、そして舌でクリトリスを刺激する。俺も感じたい。脇にいって尻を向けた。
「うまいっていわれたことある」ベトッとした舌を感じた。周りを舐めては中心に舌を突っ込む。いわゆるアナルドリルだが、回りを紙める時のほうが気持ちいい不思議なアナルキスだ。そろそろ挿れ時だろう。枕元のコンドームに手を伸ばす。と、「いい、ピル飲んでっから平気。そのまま入れて」女が正常位の受け入れ体制になり少し脚を上げた。そのまま腰を進ませるとぴったし腔と平行になり、すんなりペニスが入った。デブにしては陸の圧力がちょうどよく肌の接触感もいい。デブ女がこんなに可愛く思えたのは初めてだ。デ力い乳を操みながら腰を入れていると、だんだん快感が高まってくる。「イッてもいいよ」と女が微笑む。思いやりのある女だ。少ししてキスしながら射精した。
ーカ月ほどして、薬局のトイレで『オナ見』でもしてもらおうと訪ねたが、男の店員だけだった。聞けば、女は西東京地区の担当になり、今の俺の足ではいけない場所に移っていた電話をかけると、女が言った。「彼氏ができたの。ごめんなさい」ウソつけ、若い客を誘ってやってるんだろ。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ