★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
見知らぬ女の前で体調の悪い急病人のふりをして看護をしてもらいつつナンパしてみた
01_20191207211059b93_2020020710094485b.jpg02_201912072111000fc_20200207100946842.jpg01140_20191207205807d80_202002071009471db.jpg01150_20191207205808010_202002071009493ad.jpg1、高級マットで眠れるよのきめセリフでお持ち帰り
しょーもない技だと思うかもしれませんが、けっこう実用的なことを教えます。
女の子と飲んでるとします。どんな流れでもいいので睡眠をテーマに会話を始めてください。そこで口にすべきはこんなセリフです。
「俺、浅田真央が使ってるとかいうマット買ったんだよ。10万円ぐらいするやつ。めっちゃ睡眠が深くなってさ」へぇと感心されて、まあそれで終わりでいいでしょう。あんまり引っ張る必要はありません。
で、いざ終電も近づいて、さあ帰ろうかという段階で切り出します。
「なんなら泊まってく? あのマットで寝てもいいよ。俺、床で寝るし」
こんなので釣られる女がいるかって? いるんです。しかも相当な数いるんです。
 女は思うんでしょう。何もされないはずはない、きっとされるだろう、でも満員電車で帰ることと高級マットで眠れることを比較すればマットは捨てがたい、ひょっとしたらマットだけ味わえて何もされない可能性もある、それなら泊まっていいのかも、何かされそうになったらそのとき考えよう。
こんな感じなんじゃないでしょうか。これ、部屋で猫を飼ってるだとか、いいDVDがあるなんて誘い文句と違い、
「疲れたところに高級マット」という、肉体に訴えかけられるところがミソだと思ってます。
え、部屋に来たときどうゴマかすかって? そんなの普通のマットレスでもバレやしないですよ。
2、イケメン写メで釣ってメールでオトして現場では当たり前のように抱く
20年ほど前に出会い系サイトができてから、ヤリチン君の数が劇的に増えた。これまで女を苦手としていた男すら次々とセックスをこなすようになった。身の回りにもいないだろうか。ダサ男のくせになぜか女に困ってないヤツを。
それは女がある習性を持っているからだ。すなわち、気持ちさえ持っていかれれば容姿なんて二の次、心が通じていれば体も許すという習性である。そのためメールのやりとりさえ上手にこなせれ
ば、セックスは楽勝となったのだ。
ところがいま現在、女はちょっと打算的になっている。男の容姿を気にしだしたのだ。どうせならイ
ケメンに抱かれたいってことだろう。そこで我々はこう動かねばならない。まず導入は、他人のものでいいのでイケメン写真を使って女を釣る。そしてやりとりへ。エッチな内容を繰り返しこなす。この段階で完全にデキあがらせてしまう。それからアポへ。女の捨てがたき習性を思い出そう。心さえ奪われていれば容姿なんて二の次というアレだ。そう、メール段階で惚れさせてしまえば、アポにやってきた男がブサイクでも、面白いことになぜか女は身をまかせてしまうのだ。
イケメン写メで釣って、メールでオトして、現場では何食わぬ顔でホテルへ。バカボンに似た俺が100人ほど喰ってきた手法なので、これで間違いはない。
3、ナンパ慣れしてるボク何十人とシカトされ続けると、メゲてくるもんなんですね。じやあ、自分からは声をかけずに女のほうを寄って来させることができないか。で、一つの方法を思いついてやってみたらこれがけっこう使えるんですよね。
ヒントは『時代劇』です。ほら、見知らぬ若い娘が突然道端でうずくまると、必ず誰かが「どうし
なすった?体の具合でも悪いんですかい」って駆け寄ってくるじやないですか。アレの逆パターンで男がうずくまるんです。
いや、笑っちゃいけません。誰だって、本気で苦しがってる人がいたら、助けないわけにいかないでしょ。特に女なんてのは妙なところで正義感を発揮しますからね
ひとたまりもありませんよ。
今月の写真の彼女もまんまと引っかかりました。昼間、ある住宅街の路地を歩いてたんで、これみよがしにバッタリ倒れてやったら。真っ青な顔して「大丈夫ですか!」つて。バカでしよ(笑) 。
相手のタイプによって、2つのパ夕ーンを使いわけてます。
A「ダメです。死にます。お願いだから乳もませてください」と、ギャグで自然とさとらせる。(軽そ
ぅな女)
「す、すいません。車にクスリがあるんで、ちよっと肩かしてもらえますか」と車に連れ込み、素
直に白状する。( マジメそぅな女)
Bだと踏んだ彼女には車内で白状した瞬間、「フザけんじやないね—。まあ、これからもパタパタ行き倒れるつもりなんで、ぜひとも看病を頼んますわ。あ、すぐに救急車呼ぶのだけは止めてくださいね。
特権を悪用し黒い金を手に入れる精神科医
部活に打ち込むでなく、かといって特にこれといった趣味もナシ。
せめて彼女でもいれば少しは張り合いのある日々を送れたのかも知れないが、童貞でナンパの度胸もない。当時の俺は、そんな退屈な18才だった。
卒業間近のある日、カーチャンは言つた。
「お前、看護師にならない?」
聞けば、友人が理事をやっており、そこが男子生徒の不足で困っている。入学金を半分免除してやるとまで言ってくれてるらしい。
「こんないい話は滅多にないよ。もう、お願いしますって言っといたからね」
自身も師である母親の申し出は少しも意外ではなかった。哀れにも大学受験に全敗。出来の悪い息子を思う親心なのだろう。ありがたいことよのう。
卒業後、少ない荷物を手に上京。俺はそこでまず、女の美しさに度肝を抜かれた。
顔の造形云々よりも、洋服、髪型、雰囲気、とにかくどれを取っても田舎の女にはない華がある。きっと看護学校にもカワイイ子がたくさんいるんだろうな。これならすぐ童貞を捨てられるかもしんないな。果たして、その図々しい予想は大当たりした。そもそも大勢の人間が志を同じくする環境では互いに打ち解けるのは早い。それが、女子生徒20名以上、男子は俺のみという我がクラスではどうなるか。言うまでもない、もう半ばハーレ厶状態である。
何の努力もなく、食事や映画へのお誘いが届く。アパートには酒や料理を持って女がやってくる。そうなると、もうどう言いますか。結局、俺は卒業までの3年間で14人の女子と関係を持ったのだった。
卒業後、学校の紹介で某総合病院のスタッフに採用された。
思わず下が硬くなる。何しろ女だらけの職場。すっかり女体の味を覚えてしまった俺は、看護学生時代のようなハーレ厶がまだ続くと信じていたのだ。
…希望は脆くも崩れ去った。何しろ忙しさが尋常じゃない。
日勤と夜勤が不規則に続き、急患でも来た日にはそれこそ殺人的なハードデイズ。職場の看護婦といい仲になるどころか、看学時代から続いている彼女の誘いすら断らなければならない有様である。日に日にストレスは溜まっていった。
「はい、お疲れ一」
病院勤めを始めて一年ほどたったある日の仕事帰り、数少ない先輩の一人、佐藤に居酒屋へ誘われた。この男、女性患者に見境なくちよっかいを出す典型的な好き者で、周りの評判は最悪。が、同郷のせいもあってか俺とは妙に気が合い、職場の先輩後輩以上の付き合いをしていた。
「なあおい。ちよつとあっち見てみろ。あいつらに声かけねぇ?」
佐藤の視線の先に、女が2人ビ—ルを飲んでいた。女子大生だろうか。かなり力ワイイ。
「うわ〜、ヤリてぇ—」
「だろ? んじや、ちよつくら声かけてくっから」
佐藤が、丸い錠剤を手渡す。デパスじゃん
デパスとは、頭痛の鎮痛剤として処方されるクスリ。医局に行けば簡単に手に入る代物だ。けどこんなもんど—して?
「頭でも痛いんすか」
「バカタレ。俺が飲んでどうすんだよ」
「は?」
佐藤はニタニタ言った。このクスリには酒と一緒に服用すると健忘状態を引き起こす作用がある。これを先ほどの女たちに飲ませれば、好きなことができる、と
「…マジで言ってんすか?」
「そうそう。楽しみだろ?」
ナニを考えてるんだこのおっさんは。いいすか、それ犯罪ですょ、ハンザイ。止めときましょうよ。
「じゃ何か?あの厶リ目な女とすぐヤレるって言うのか。普通にナンパしたんじゃ絶対落ちね一ぞ。死にはしないって、大丈夫」
自信満々の表情で女たちの方へ歩いていく佐藤。知らね一ぞ。
抱いてくんなきゃもっと騒ぐょ
佐藤の連れてきた2人組は実に無愛想な女どもだった。飲み代をおごると言われ、渋々誘いに乗ったようだ。
「ねえ、キミら何してる人?」
ノリ悪すぎ。こんなんでクスリ入れられるのか?
ところが幸か不幸か飲み始めて一時間もたつと、次第に女たちに酒が回りだした。もう全身スキだらけ。南無三!佐藤が目配せすると同時に俺は動いた。げらげら笑う。
2人に気付かれぬよう、粉々に砕いたデパスをサワーの中へ放り込み 。
「え一なにコレ!?」
翌朝、女の素つ頓狂な声で目が覚めた。
「なにつて、昨日お前がホテルで寝たいつていうから」
「全然憶えてない.」
女のオロオロした姿を眺めているうち、言いようのない感動がこみ上げてくる。こんなもんなのか。こんな簡単にヤレちやつていいものなのか。スゲエ—。
その夜以来、俺はデパスを手放せなくなつていた。職場で「悩みを聞くよ」と新人看護婦を誘っては、街で「飲もうぜえ」とナンパしては、片つ端から例の方法で眠り姫をしたて上げる。完全にタガが外れてしまったのだ。
もっとも、いつも旨い汁を吸っていたのかと言えばさにあらず。
もはやいつのころだったか忘れたが、ある同僚ナースに食事を誘われたことがあった。遊びにきた従姉妹のためにすき焼きを作ったという。
このナ—ス、俺に気があるのは知っていたが、なにしろ掛け値なしの百貫テブ。お話にならない。ふうん、すき焼きねえ〜。ま、食事くらい付き合ってやるか。
ところがその妹とご対面して驚いた。まだ19才という彼女、カワィイ上に胸もデカい、とびきり似女だったのだ。ヤリてえ。で、例によって、デパス入りビールを2人に飲ませたまではよかった。
ところが、デブの方だけいつまでたっても眠らない。恐らくや、クスリが脂肪に吸収され、効きにくいのだろぅ。
ハンパにハイになったデブは暴走した。ギヤーギヤ—ドスンドスン騒ぎだ
「好きなのお—」 と迫ってくる。
「静かにしろよ。他の住人に通報されるだろ」
「じゃ抱いてよ。じゃなきゃもっと騒ぐよ。ふふ、ぅふふ」
横たわる美少女の隣で、マンコを舐める俺。酸っぱさが目に染みた。悲。
ある日、来院した1 8才の若い女が、俺の心をグラつかせた。恐らくや処女であろう、その地味な顔立ちがやたら劣情を煽る。あのコのマンコがどうしても見たい…
衝動は抑えられず、ついにリカバリール—厶に忍び込む
緑色の手術着をソッと脱がすと、毛のまばらなワレメが露わになった。足を開いても、ビラビラを引つ張っても寝息は乱れない。大丈夫だ。
デパスを使つていたときにも感じたが、どうやら俺は無抵抗な女に快感を得る性質らしい。無意識なのにアソコを湿らせ、吐息を漏らす女。それをいじくり回す興奮といつたら。1 5分後、女の顔に白色の液が飛び散つた。この後も、気に入った女が来るたび続く。何しろ夜間、リカバリールームに入るのは自分だけ。バレようがない。歯止めはきかなかった。
※この記事はフィクションであり知的好奇心を満たすために読み物としてお読みください。実行されると罰せられるものもあります。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ