★★★TENGA発・専門医推奨の男性のSEXの強い味方の新商品★★★
☆☆専門医推奨オナニーしながら早漏改善☆☆

☆☆こちらはオナニーしながら遅漏改善☆☆
◎遅漏改善用TENGA◎
☆☆こちらは勃起力を改善☆☆
◎TENGA活力支援サプリ◎
1_201912081955117a3.jpg2_20191208195512775.jpg婆はなぜ、入れ歯を自分の乳に乗せているか
この不可解な行為にみなさんは戸惑いを覚えたに違いない。実に困った婆さんだ。そこでまず、このミステリーを解明するため、入れ歯の意味から考えていこう。ナゾを解くヒントは《お歯黒》にある。お歯黒とは、歴史の教科書などでお馴染み、歯を黒く塗りたくる日本古来の風習だが、今回、話の舞台となるのは江戸時代。当時、遊廓街の吉原に、一風変わった身体的特徴で、ズバ抜けた人気を誇る遊女がいた。なんとその遊女、フェラチオの邪魔になるからといって、歯を全部抜いていたのだ。いわゆる《歯茎フェラ》を武器に、江戸の男のハートを射止め、一大ブームを巻き起こした。これに面食らったのが他の遊女たちだ。客は寝盗られる一方。といって、自らの歯を抜いてまで取り返す根性はない。打つ手ナシ。と、そこへ一筋の光明を与えてくれたのがお歯黒なのである。彼女らは薄暗い飾り窓の中で歯を真っ黒に塗り、遠目からは《歯抜け〉に見えるよう細工したのだ。これほどまでに圧倒的な支持を受けた《歯茎フェラ》。男なら一度は試してみたいだろう。が、残念ながら21世紀の世の中では、アジアへ飛ぶか地下風俗でしか体験できない。唯一の例外が老婆というワケだ。もはや画像の謎は自動的に解明されるだろう。乳に入れ歯を乗せる行為は、次のような意味を持つ。
「アタイは歯がないよー?吸われたら気持ちいいよー」
シワシワの婆さんにアピールされても…と言うなかれ。彼女のアピールが有効か否かは海の向こうに目をやれば一目瞭然である。海外ではシワシワ度の高い老婆に価値を置く文化が成熟しており、特にアメリカのマニアには驚かされるばかりなのだ。彼らにとって、50代などまだまだ子供、60代で熟女と見なされ、70代からようやくストライクゾーンに入るという。日本なら20才のAV女優に
「ババァ登場ー」と拍手喝釆を浴びせられても、アメリ力では噴飯ものの行為だ。なにせかの国には70才の現役AV女優が存在する。しかも、そのセックスは
「クンニをされながらいきなり天気の話を始めたり、フェラの最中に突然数10秒間動きが停止する」など、常識を覆すシーンが満載。筆者が主演作を確認してみたところ、
「森繁久弥が悶えている」印象を受けた。この環境を「病んでる」と唱える日本人に私は喝を入れたい。恥ずかしながら我が国では、老婆文化が未発達なぶん、犯罪の形で欲望が噴出する傾向にある。老婆専門の下着ドロ騒ぎは毎日のように起きているし、つい先日もこんな事件が世間を騒がせた。『男が老婆をレ〇プ。悲鳴を聞いて駆けつけた老婆まで暴行される』
もはやコメントの言葉さえ失う。はけ口がきちんと用意されたアメリ力より明らかにタチが悪い。最近は、ようやく日本でも「大正13年生まれのAVギャル」こと『久本ウメ』が登場した。ただし、緊張のあまり、アメリ力人の〈仏〉世界を感じさせるレベルまではいかない。日本のマニアの救世主となるのは、まだまだこれから先の話だろう。ところで、前述の幻ポルノ女優は、
「自分の職業についてどう思うか」との問いに答えて、微笑みながらこう言い放ったという。
「シワの数だけ愛があるのよ」意味はよくわからないが、スゴイ自信ではないか。豊富な人生経験と「歯茎フェラ」テクをもつ衿持のあらわれか。彼女に限らず、老婆ポルノ女優のほとんどは、無闇な自信にあふれている。今は口リコン全盛の日本でも、「いずれ老婆の時代がやって来るかも…」と感じずにはいられない。そのときまで、ぜひ久本ウメさんには生きていてほしいものである。
関連記事
★★★裏モノジャパン電子書籍絶賛販売中⇒⇒⇒★★★

本日の人気動画情報

街行く素人美女捕まえ中出しH盗撮・エログちゃんねる

素人の女性の裸とオマンコ写真・アダルトブログランキング内

カテゴリ
タグ